巨乳女子に聞いた!本当に困る「胸の大きい人あるある」

2016/08/08

みなさん、バストアップに励んでいますか?胸が大きくなったらやってみたい、あんなこと、こんなこと、色々あると思います。

でもやっぱり実際に胸が大きくなってみないと、意外に気付けないことも沢山あるんですよ。

今回は胸が大きい人がつい「あるある」と頷いちゃう、胸の大きな人にありがちなことをご紹介します。

胸が大きくなったときに備えて、ちょっぴり笑えることから、真剣に悩んじゃうことまで「あるある」を予習しちゃいましょう!

胸の大きさで毎回悩む!?服選びの「あるある」

日本人のブラジャーのカップ数は、平均B~Cだと言われています。当然、市販の服もそれに合わせたサイズの服が多く売られています。

そのために胸の大きい人は、服選びに困るわけなんですが、具体的には一体どんな服選びの悩み、「あるある」を抱えているのでしょうか。

スーツは【上下別売り】を買うのが鉄則!

スーツって安いものだと、上下セットで売っているものが多いですよね。しかし、胸の大きい人はそれが買えません。

何故なら、胸に合わせると腰がブカブカになり、腰に合わせると胸がパッツンパッツンに小さくなるからです。

ですので胸の大きい人は、上下が別々に選べるスーツを買うのが鉄則なのです。

欲しいサイズのブラジャーが売ってない!しかもカワイクない!

可愛い下着選びが趣味の人には悲報です。胸の大きい人は、自分に合うブラジャーのサイズがなかなか売っていません。
しかも困ったことに、あまり可愛いデザインのブラジャーが売っていないんです!下着売り場の人によると、Dカップ以上のブラジャーは元々入荷数が少ないんだそう。

そのためブラジャーが新発売すると、大きいサイズはすぐに売り切れになります。それが可愛いブラジャーとなるとなおさらです。

販売数が少ない上に発売と同時に購入が殺到するので、普通の下着売り場では、なかなか自分が本当に欲しいブラジャーは見つかりません。

大きいサイズのブラジャーは、海外の下着通販で多く販売されていますが、可愛いというよりはセクシー寄りのものが多いです。

かわいらしいブラジャーが欲しい場合は、大きい下着専門店を探して行くほかなさそうです。

狙っていなくてもいつでもセクシー?【Vネックの罠】

首元をすっきりとして見せてくれるVネックの服。しかし、胸の大きい人にはVネックの罠が待っています。

それは胸元が強調されすぎたり、谷間がチラっと見えそうになったり…意図しないセクシーさを出してしまうのです。

セクシーさを出したいときには手軽かもしれませんが、単純にデザインが好きなだけの場合は、セクシーになりすぎ注意ですね。

Lサイズでもカップが合わないの?【ブラトップの落とし穴】

近年、部屋でのリラックスシーンなどで活躍がもてはやされているブラトップ。

キャミソールなどにワイヤーなしのカップがついているので、胸が楽で、かつ胸を支えてくれるのが人気です。

しかしながら、胸の大きい人はブラトップ選びは要注意!ブラトップのカップが胸に合わない可能性が大いにあります!

ブラトップは基本的に、カップ数ではなく、胸囲のサイズだけでサイズを選んで買うことになります。

しかし、胸の大きい人が胸囲に合わせてブラトップを買っても、カップの形が胸に対して小さくて、胸が潰されてしまうことがよくあります。

かといって胸囲に余裕のあるサイズを選ぶと、今度はカップがしっかりフィットせず浮いてしまってブラトップの役割を果たしません。

胸の大きい人はブラトップは、諦めた方が安全そうです。

どうしてもブラトップのようなラクさを求める場合は、スポーツブラや寝る時用のナイトブラを着用すると良いかもしれませんね。

サイズ選びが難関!【ブラウス】は胸がはじけそう!

胸の大きい人にありがちな事件が、ブラウスの胸のところのボタンだけ取れやすい、ということです。気付いたらなくなってます。

肩幅に合わせてブラウスを選ぶと大抵、胸の所がパッツンパッツンでボタンがギリギリなので、はじけ飛ぶのも時間の問題です。

ピッタリサイズだと、常にギリギリで止めているので、胸のあたりのボタンホールだけ変形している、というのも「あるある」な話です。

ボタンが止まるギリギリのサイズを選んでしまうと、横から見たときに、ブラウスに隙間ができて下着が見える場合もあります。

ちなみに胸のサイズに合わせてブラウスを買うと、袖や肩幅があまりがちになることもあるので、ブラウス選びは至難の業です。

ブラウスを購入する時には、必ず試着をしてボタンが止まるか、胸を張ってもボタンが取れそうじゃないかを確認する必要がありますね。

落ち着いたデザインのゆったり目のブラウスは、胸元も余裕があるものが多いです。

ブラウス選びは身体にピッタリしたデザインのものよりも、ゆったりしたデザインを探してみると良いでしょう。

肩がこる!?胸が大きくなると現れる体の変化「あるある」

あなたは胸の重さってご存知ですか?カップ数は興味が尽きなくても、重さにはあんまり目を向けたことはないんじゃないでしょうか。

Aカップで約150g前後なのに対し、Dカップでは約750g前後、そしてEカップではなんと脅威の約1.1kgだそうです。

重い。実に重いです。

胸の大きい人は1kg近く、またはそれ以上の負荷を胸部に抱える訳なので、その分体への影響も当然ある筈ですよね。

胸が大きいことで現れる、体の変化をチェックしてみましょう!

あせもができる場合も!?胸の下にまさかの「汗」

何でそんなところに汗をかくんだ、という思いを抱くことでしょう。実は胸の大きい人は胸の下に汗をかきます。

もちろん谷間にも汗をかきますが、胸の下にも汗をかきます。お風呂の後や夏場の暑い時など、酷い人ではあせもができる人もいます。

胸は重力で下の方に多少垂れますが、その影になった部分の胸の下のあたりに汗をかきます。拭いても拭いても汗が吹き出ます。

夏場は特に、胸の下はブラジャーが常に密着しているので、あせもができてしまう人も多いんですね。

胸が大きくなったら、夏場には胸のあせも対策が必要になりそうです。

よく聞くけど肩が凝るって本当?

胸が大きい人がよく言うのが、「肩が凝る」という話ですね。

先ほど胸の重さに触れましたが、胸に1kg越えの重しをぶら下げていれば、肩が凝るのも当然というものですよね。

しかし「肩が凝る」と頷く人が非常に多いのですが、中には「全然凝らない」という人もいます。

その理由が「最初からずーっと大きい胸と付き合ってるので違和感がなく、肩が凝らない」というものです。

これは最初から胸が大きい人に限った話なので、やはり胸が大きい人の肩コリは「あるある」話のようです。

ちなみに、胸を持ち上げるとちょっと肩が楽になるという声もあります。肩凝り対策のために、胸をしっかりとサポートするブラジャーは必須になりますね!

肩凝りはストレッチでも回避できるので、ストレッチを日課にすると、健康にもいいですね。

揺れると痛い!胸が大きいと走れない!?

胸が大きい人は、ちょっと早歩きをするだけで胸が揺れます。走るとなおさら揺れます。

これは傍から見ていても判る事実ですが、実は走っているときに、胸がバインバイン揺れていると、とても痛いです。

どこが痛いかと言うと、揺れているときに引っ張られる胸の着け根や、引っ張られる胸の皮などが痛くなります。

普通のワイヤー入りのブラジャーは、大抵、下方向と横方向に流れていく胸をサポートするものなので、上方向へは支えてくれません。

そのため、走ったときに、普通のブラでは胸が揺れてしまい、痛いです。走りたい時にはスポーツブラが必須になります。

ちなみにそのスポーツブラも、胸が大きすぎると、走っているうちに胸がブラからこぼれおちてしまう場合があります。

大きすぎて充分なサポートが得られない場合には、スポーツブラを二枚重ねにする必要がある人もいます。

何にせよ、普通のブラジャーでは走るときに難儀するので、胸が大きくなったら注意が必要ですね。

うつ伏せが辛くて仰向けしかできない!?

胸の大きい人は、うつ伏せができません。何故なら胸が潰れて痛い上に、胸が圧迫されて呼吸が若干苦しくなるからです。

そんな馬鹿な、とお思いでしょう。残念ながら事実です。柔らかい布団の上などでは、胸が潰れにくいので多少、うつ伏せもできますが、硬い床の上でははぼ無理です。

もし寝る時にうつ伏せでしか寝れない、という人は胸が大きくなった時に備えて、仰向けで寝る練習をするといいですね!

そんなこともあるの?ちょっぴり意外な「あるある」

もう!さっきから胸が大きいことの「デメリットあるある」ばっかりじゃん!と憤慨してませんか?

そんな事もないんです。胸が大きいことで、ラッキーな事やちょっと笑ってしまうような事もあるんです!

胸は天然の浮き輪!お風呂に浮く大きい胸

胸は脂肪の塊です。実は胸が大きい人は、胸が水に浮きます。お風呂に漬かっていると、プカプカ胸が浮いています。

ちょっぴり面白いのが、すごく熱いお風呂に入った時です。熱いお風呂に入ると、お湯のせいで体が赤くなることがありますね。

胸の大きい人が、胸の真ん中当たりまでお風呂に漬かっていると、上がった時には身体の赤い部分は水平になっていません。

腕が赤い場所よりも、胸は下の方が赤くなっています。

これは胸がお風呂で浮いてるから、浴槽から上がった時に胸が下へと下がって、赤い部分も一緒に下がるからなんですね。

ちなみに浮くのはお風呂だけじゃなく、海でもプールでも浮くのですが、ちょうど胸元の水位の時が一番浮いているのがわかりやすいです。

胸が大きすぎるとおへそが見えない!

胸が大きすぎて、おへそが見えない!という人もいます。

裸の時には見えるけど、きちんとブラジャーをつけて背筋を伸ばして立っていると、へその辺りが見えにくい、という人は多いです。

おへそは見えなくてもあまり困りませんが、ご飯中にソースが飛んでたのに気付かなかった!なんてこともあるみたいですね。

服を汚しがちの人は、胸が大きくなったら余計に気をつけて服を観察する必要がありそうです。

胸の下側が見えません…鏡で見るしかない!?

胸の下側、特にアンダーバストの辺りは、見えないと訴える胸の大きい人は多いです。

一生懸命胸を上にひっくり返そうとしても、胸が潰れるばかりで、アンダーバストのラインが見えません。鏡で見た方が早いです。

ブラジャーのこすれなどで色素沈着などを起こしやすい場所ですが、胸が大きくなると見えづらくなってしまいます。

気付いた時には凄く黒くなっていた!ということもあるので、胸が大きくなったら鏡で見えにくい身体の部分をチェックする癖が必要ですね。

本当のサイズ以上にくびれて見える!胸の強調マジック

面白いことはあっても、メリットなんて無いじゃん…と落胆している人に朗報です。

胸が大きいと、多少ウエストが太くても、くびれているナイスバディに見られます!

胸が大きくて、胸が強調されるので、ウエストがさほど細くなくても、胸との落差でくびれて見られるんだそう。

胸の大きい人本人はそんなにくびれていないと思っていても、周りの人から「くびれてる!」と言われることが多いとのことです。

胸が大きければお腹についた多少の肉も許されるなんて、素敵過ぎますね!

胸が大きいと面白いことも悩むことも「あるある」

胸の大きい人「あるある」いかがでしたでしょうか。服選びが大変だとか、肩が凝りやすくなるだとか、本当に困ってしまう悩みも多いですね。

でも、胸が浮くとかおへそが見えないとか、ちょっぴり笑えるような面白いこともあります。

もし今後あなたが大きな胸になった時、悩みも嬉しさも体感して、新しい「あるある」を見つけて下さいね!

この記事をシェアする!