30代からの下着対策!早めの対策が鍵!アラフォー前に体型劣化を防ぐ

2016/11/28

「ずっときれいな体型を維持したい」女性なら誰だってそう思いますよね。

でもいつの間にやら、おばさん体型まっしぐら・・・そんな女性も多いようです。そうならないためには、なるだけ早い時期から対策を立てなくてはなりません。

「じゃ40歳くらいから本腰入れようかな」と思っているあなた、それでは遅すぎかもしれませんよ。女性の体型劣化は、実はもっと早くから始まっていることが分かってきたのです。

体型劣化を防いでいつまでも美しくいるためには、女性は30代に入ったら本気で下着のことを考えた方がよさそうですよ。

敏感な人はもう気づいてる!?若い頃とは違うお肉のつき方

40代、50代になってもきれいな体型を維持できている人を見れば、誰だって「私もああなりたい」と思うはず。でもすぐに「やっぱり素質が違うわ」と諦めてしまう方が殆どのようです。

でも女性の体型維持は、素質だけでどうにかなるものではありません。女性がいつまでもきれいでいられるかどうかは、本人の考え方や生き方とも大いに関連があります。

歳をとっても若々しい体型とは?

日頃から「あの人は若い」と言われる人には、何か秘密がありそうです。若々しさを感じる体型には、一体どんな特徴があるのか調べてみました。

  • 肩や腕はスッキリと細い
  • バストの位置が高くて上向き
  • 胴回りに肉がついていない
  • 背中に肉がついていない
  • ヒップや太ももにハリがある

シルエットにするとこうなります。左側は若々しく、右側はいかにも「おばさん」といった感じですね。しかも歳をとると男女差すらなくなり、おばさんもおじさんも似たような体型に近づいてきます。

若い世代からの体型変化イメージ

おばさん化の兆候を見逃すな!

先ほどの若々しさの特徴を正反対にしたものが、おばさん体型の特徴です。歳を重ねるにつけボディにお肉がついて丸っこくなり、同時にバストやヒップは垂れ下がってきます。

あなたは自分の体のこんな変化に気づいたことはありませんか?これは女性が自分でわかる「おばさん化」の兆候です。

  • 体重が増えた訳じゃないのにウエストがきつい
  • 二の腕の脂肪が気になる
  • ブラジャーから脇や背中のお肉がはみでている
  • バストが垂れてきた
  • デコルテ部分が痩せてきた

こうなってきたら危険信号ですよ!でも早く気づいてすぐに対策を立てれば、あなたも若々しい体型を維持できます。

おばさん化の兆候に危機を感じるかどうか・・・体型の維持はこれにかかっています。

いつまでも若々しい体型は憧れだけど、まだまだ大丈夫って思いたい気持ちも強いのがアラサーなのかも。

最近、二の腕の肉やブラのハミ肉が気になるんだ。前は肉がつかなかったところが太ってきたって感じ?これっておばさん体型の兆候なんだね。正直ヤバい・・・

10代・20代とはこんなに違う!女性の体の変化の謎とは?

「おばさんになるなんてずっと先の話」だと思っているあなた、女性はある日を境にいきなりおばさんになるのではありませんよ。おばさん化は、あなたが考えるよりもずっと早くから始まっています。

10代・20代は腕と体幹部の脂肪が少ない

この図を見ると、30代以前と以降で「お肉の付き方」が根本的に違うということが分かるでしょう。30代になると腕や体幹部に脂肪がつき始め、もうおばさん化の兆候が見え始めます。

女性の年代ごとの部位脂肪率バランス変化

実際の見た目がおばさんぽくなるにはまだ時間がありますが、アラサーが体型劣化のスタートラインに立っていることは確かなのです。予想外ではないものの、データを突きつけられるとちょっとショックですね。

女性は30才からおばさんに突入する!?

女性は20代後半の一時期に生涯で最も体が引き締まるポイントがあり、その後は加齢と共に各部位の太さが右肩上がりに増えていきます。

太ももの変化が最も少なくウエストやお腹周りの増加が目立ちますが、これぞおばさん体型の特徴。

アラサーが女性のターニングポイントだということですね。

加齢によって単に太るのではなく、からだの「かたち」が変わっていくということがわかりました。同時に、年齢による変化は個人差も非常に大きいということもわかってきました。
引用元:ワコール人間科学研究所

30代以降は女性の体の「かたち」が変わってしまうんですね。でも個人差も大きいということは、努力しない人とする人とで結果も違うということ。私たち女性は、なんとかしてこの「かたち」の変化を最小限に食い止めたいものです。

ちょっとちょっと!30歳前って、女性が一番体が引き締まる時期なんだってさ!てことは私は今生涯で一番いいカラダってこと?・・・ちょっと解せないとこもあるんだけど、正直これからが怖いよ。

実はちょっと前から、食べるとすぐ体重が増えるようになってきたんだよね。このままどんどん太っていったらどうしよう!

太らないよう気をつけるだけじゃ問題は解決しないわ。30代以降は体重も増えるんだけど、それよりもカラダの「かたち」が変わっていくことが問題なの。

30代以降はボディ部分に脂肪がついて、いかにもおばさん然とした体型に近づいていくからね。若々しくありたいのなら、ただ単純に痩せるだけじゃダメってことよ。

アラフォーが怖い!体型を気にする女性ほど陥りやすい罠

体型維持のために、早速何か始めなきゃと思った女性も多いのではないでしょうか?でも女性の体はデリケート。やたら頑張りすぎると、反対に体型の崩れを招くことがあります。

アラフォーになった時に取り返しのつかないことにならないよう、女性が陥りがちな危険な罠についてご説明します。

ダイエットで老化が早まるってホント?

すぐに思いつく対策といえばやはりダイエットですよね。でも30代以降の女性はお肉の付き方が違ってくるということからも分かるように、ただやみくもに体重を減らせばいいというものではありません。

それに30歳前後になると以前よりも基礎代謝が低下し、食事制限をしても痩せにくい体になっています。

■基礎代謝とは?
基本的な生命活動を維持するための代謝のこと。基礎代謝量は体温の維持や内臓の活動に使われるエネルギー量で、成人女性では1日あたり1,210kcal。成長期をすぎると代謝量は減っていく。
18歳から29歳 30歳から49歳 50歳から69歳 70歳以上
1,210kcal/日 1,170kcal/日 1,110kcal/日 1,010kcal/日

恐ろしいことに、過激なダイエットをするとますます代謝は悪くなってしまうのです。

それによって引き起こされるのは、このように女性にとって好ましくない悪影響ばかり。

  • 体が冷える、体温が低くなる
  • 女性ホルモンの分泌が悪くなる
  • 免疫力の低下

30代以降も美しい体型を維持するには、反対に基礎代謝を上げるべきです。30歳以上の女性がダイエットに成功すると、スタイルは良くなっても老けて見えることがありますが、これもあながち気のせいだけではないようですね。

体脂肪が減ると女性ホルモンも減るってホント?

たるたる二の腕やぷよぷよお腹をやっつけるには、筋トレが一番ですが、やり過ぎると体脂肪が減ってしまって逆効果です。

■女性の体脂肪率は20%から30%の範囲がベスト!
エストロゲンは、体脂肪率20%以下ではうまく働かない
体脂肪率30%を超えても、エストロゲンの代謝がうまくいかない

女性ホルモンのエストロゲンは、体脂肪が多すぎても少なすぎてもうまく働かず、肌や髪やバストを美しく保つことができません。

体脂肪率を減らすことに夢中になると、30歳を過ぎてからの女性らしい体型の維持という目的からはズレていってしまいます。筋トレをするなら、ベストの体脂肪率をキープできるような計画を立てましょう。

ランニングでクーパー靭帯が切れてしまうってホント?

ランニングは女性にとって最も手軽な運動法です。でもデリケートな女性の体、特にバストにとってはちょっと危険かもしれません。

下図をご覧ください。これは女性のバストの断面図です。ここで注目して頂きたいのは、クーパー靭帯という組織です。

バストの断面図

バストがダランと垂れないのは、大胸筋から伸びたクーパー靭帯が内側から支えてくれているから。実はこの組織は非常にデリケートで、重みや揺れで損傷すると二度と再生しないという性質があります。

ランニングでバストが揺れ続けると、大事なクーパー靭帯を傷める危険性が高いのです。

これを防ぐには、スポーツブラを着用してバストを衝撃から守ってあげなくてはいけません。

30代からの体型維持には下着が重要!

ハードなダイエットや筋トレが、その効果をフルに発揮するのは若い間だけです。30代に入ると、体型保持のためには下着の力も借りる方が賢明です。

残念ながら下着の効果について半信半疑の方も少なくないのですが、ブラジャーの機能を十分理解して着用すれば、ちゃんとそれに見合った効果が期待できます。

30代間近の女性のみなさん、これからはデザイン重視はやめて、本気でブラジャーのことを考えてみませんか?

実は最近太り気味なので焦ってたんですが、やっぱり女性は無茶なダイエットや筋トレは控えるべきですね。

ランニングくらいならいいかなって思ったけど、クーパー靭帯が伸びておっぱいが垂れちゃうと聞いてビックリ!早速スポーツブラ買ってこなくちゃ。

女性が30代に近づくと、下着が思ったより頼りになりそうですね!私もちょっとブラジャーについての考え方が変わりました。

驚くほど差がつく!本気で選びたい30代からの女性の下着

問題解決に取り掛かるのは、何だって早いに越したことはありません。おばさん体型になり始めるタイミングで対策を立てれば、あなたの40代、50代がかなり違ってくるはず。

30代からは、ぜひ下着のことを真剣に考えてみてください。そんなあなたにお薦めしたいブラジャーをご紹介します。

年代に合ったブラで体型維持を!

このイラストを見てください。20代向けのブラジャーを40代の女性が着用すると、サイズは合っていてるのですが、カップがブカブカで背中のお肉もはみ出していますね。

年代に合ったブラジャーをつけることが大切

こうなってしまうのは、40代になるとバストの位置が下がり、脂肪もより柔らかくなるからです。
でも同じ人が40代向けのブラジャーを着ければ、見事にきれいにフィットします。

あなたはブラを着けたときに、こんな自覚症状はありませんか?もしそうなら、年代に合ったブラジャーへの買い替えどきかもしれませんよ。

  • カップの上部がブカブカで隙間があく
  • バストの位置が前より下がってきた
  • 背中や脇にブラジャーが食い込むようになった

やっぱり30代には30代向けのブラジャーですね。そんな商品の一例をご紹介しましょう。

メーカー 商品名 特色
イマージュ(セシール) 28歳のブラ ワイヤーで下垂をケア・伸びるカップ
ワコール ラゼ 脇すっきり効果・谷間メイク
フェリシモ 30代のはみ肉対策 脇や背中の肉をガード

運動時はスポーツブラでバストを守ろう!

スポーツブラは運動の邪魔にならないために着けると思っている方がいますが、本来は激しい動きからバストを守るためのものです。

運動中のクーパー靭帯への負担は、バストの下垂をもたらします。

30代を過ぎればそうでなくても胸は下がってきますから、先々のことを考えると余分な負担は極力取り除かなくてはなりません。

スポーツブラはそれぞれ着け心地やサポート力が違いますから、いくつか試した上で気に入ったものを見つけてください。

メーカー 商品名 特色
Shock Absorber RunBra 75%揺れを抑える
ワコール CW-X サポート力の異なる4タイプ
adidas Snovaブラトップ 背中クロスでランニングに最適

睡眠中も育乳を!ナイトブラは30代からの必需品

およそ1日の三分の一を費やす睡眠中の姿勢も、実はバストに負担をかけているってご存知でしたか?

横向きに寝ればバストも横方向に流れ、仰向きに寝れば上方向や左右へ流れます。脂肪組織もそれに従って移動し、クーパー靭帯もそちら側へ引っ張られることに。

30代になるとバストの脂肪はとても柔らかくなりますから、一方向にばかりストレスがかかることはなるべく避けたいもの。それを軽減してくれるのがナイトブラです。

中には昼間用のブラをつけたまま寝る方もいますが、締め付けの強いものは血行を悪くする恐れがあるのでよくありません。やはりノンワイヤーで柔らかな素材のナイト用ブラジャーがお薦めです。

メーカー 商品名
ウィング おやすみナイトブラ
ワコール ナイトアップブラ
Viage ビューティアップナイトブラ
最近ブラのカップがパカパカするようになったのは、痩せたからと思ってたけど加齢のせいだったのか・・・ちょっとショック。

それにしてもブラジャーが年代別になってるとは知らなかったよ。私もそろそろ30代向けのブラを買った方がいいな。

スポーツブラやナイトブラってあまり意味がないって思ってたんだけど、ちゃんとバストへの負担を減らしてバストが垂れないよう予防してくれてるんだね!

30代からの下着対策で美しい体型をキープしましょう!

歳をとってからもきれいな体型を維持したいのなら、20代後半からが真剣勝負!体型が崩れ始めるこのタイミングを逃さないようにしましょう。

アラサーからは、ダイエットや筋トレよりも良質な下着で体型補正するのが効果的です。30代からは、これまでよりも下着にお金をかけてみてください。効果を実感できるのはかなり先のことかもしれませんが、投資の価値は大いにあります。

30代向けのブラジャーや、スポーツブラ、ナイトブラでバストをしっかり守って、40代、50代になっても女性らしい美しさをキープできるよう頑張りましょう。

私たち女性にとってかなりショッキングな話だけど、女性の体型は20代の後半が一番引き締まっていて、その直後から体型の劣化が始まるの。アラサーは正に体型のターニングポイントだったのね。

胴回りのサイズが増えると、一気におばさんぽく見えるから要注意よ。「まだ若いから大丈夫」なんて思ってると間に合わないから気をつけて。

そこでお薦めしたいのはダイエットや筋トレではなく、良質の下着をきちんと着けること。この地道な努力こそが、あなたの40代、50代の体型に繋がるってわけ。30代に近づいたら、これまでよりも下着に手間とお金をかけてみて。きっと将来大きな差がつくはずよ。

この記事をシェアする!