バストは大きさじゃない!男性が求めるのは実は「肌質」だった!?

2016/05/06

現在、好きな人がいる方はその人のことで頭がいっぱいの日々を過ごしていませんか?そして、その人の為にスタイルをより一層よくしたいと思うのが女心ですよね。

特に気になるのがバストではないでしょうか?

「バストに自信が無い・・・」と不安を抱える人も多いでしょう。バストが原因で振られることは無いに等しいとは思いますが、好きな人の為に頑張りたい!というその気持ちがすごく大事!

しかし、女性にとってはまず「大きさ」が気になってしまうバストですが、実は男性からしてみると大きさ以上に重視している点があるようなのです。

それは「肌質」なのです!

今回は主に男性目線に注目してバストケアをご紹介いたします!

なぜ「肌質」なのか?男脳を知ればその理由が分かる!

なぜ男性は女性のバストに「肌質」を求めるのでしょうか。大きさじゃないの?形じゃないの?と思いますよね。

しかし、グラビア雑誌等の2次元世界では「大きさ重視」で満足の男性陣も、現実世界での女性や特に好意を持っている相手に対しては、大きさ以上に「肌質」を重視しています。

そこには男性特有の「視覚重視」というのがキーワードになってくるのです!

ちょっと待って!「視覚重視なら、なおさら大きさ重視なんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、そこには男性ならではの思考回路があるのです!

男性の思考回路を理解しよう!

男脳・女脳という言葉を聞いたことありませんか?

単純に言うと男性と女性の「思考回路は異なる」ということです。


*一概に男性が全員「男脳」というわけではありません。男性には「そういう風に考える傾向があるんだな~」という参考にしてみてください。

例えば「一目ぼれ」です。実は、この一目ぼれ、女性よりも男性の方が圧倒的に陥ってしまう人が多いのです。

女性の場合、さほどその男性がかっこよくなくても「あ。なんかこの人いいな!」って思うことがあります。その人が持つ雰囲気で「好き!」と思えるのが女性です。

感覚的に相手に好意を持つことができるのですね。その為、女脳は「直感型」とも言われています。

それに対し、男性は「見た目が超タイプ!」という、100%見た目だけで惚れ込むことができてしまう「視覚型」であると言われているのです。

女性からしてみたら少し不快かもしれませんが、男性は「美人orブス」「スタイルいいor悪い」という単純なものさしで女性を判断していきます。

これが男脳の「視覚を重視する」という点です。

男性と女性で美人の解釈は違う

視覚重視するのが男脳ということが分かると「何よ!結局、努力したところで、美人が得じゃない!」と思うかもしれません。

しかし、男性と女性で「美人」や「可愛い」という解釈は異なるのです。

男性から人気の高いアイドルや芸能人って、なぜか女性から見たら「そうでもない」と思うことってありませんか?

これが、男性が思う「美」と、女性が思う「美」の違いなのです。

例えば、美人だけれども肌の汚い人と、冴えない普通顔だけれども美肌の人がいるとします。

不思議なことに多くの男性は「美人の汚肌」より「普通顔の美肌」に魅力を感じるのです!

これにはちょっと希望が持てませんか?

生まれ持った顔はいまさらどうすることもできませんが、肌質なら努力次第で変えることが可能ですよね!

しかも第一印象を決める時間は「3秒」とよく言われていますが、一目ぼれにかかる時間は、なんと「0.5秒」と言われているのです!

男性はこの短い時間の間に、男性的思考回路によって、パっと女性を好みか否か決めていくのです!要約すると下記のような感じです。

女性を見る

肌が綺麗

美人だと思う

好意!

いかがですか?

女性が男性に行為を持たれるか否かにおいて、「肌質」というのはとても重要なポイントになっていますよね!

好意を抱いている男性から同じように好意を抱いてもらいたいのなら、まずは肌質ケアです!胸の大きさというのは、二の次・三の次です!

とはいえ、今この記事を読んでいる方が好意を抱いている相手は「一目ぼれ」や「第一印象」の段階をとっくに過ぎているはずです!「もう手遅れかしら・・・」なんて思わないでください!

今度あなたを彼が見た時、「あれ?」と思わせるよう努力すればよいのです。

「あれ?こんなに可愛かったっけ!」と、彼を落とす時間はたったの0.5秒です!

そのわずかな時間の為に努力をしようとするあなたは、もう「美」に1歩も2歩も近づいているのです!

実際某サイトのアンケートで、男性の約8割は女性のバストに対して「大きさ」よりも「美乳」を重視という結果も出ているのです。

Q.男性に質問です。巨乳と美乳ではどちらが好きですか?

・巨乳……39人(20.2%)
・美乳……154人(79.8%)

何をもって美乳というのか、美乳の定義として最も挙げられたのは「肌が白いこと」だったようです。

肌が白いと、それだけで「透き通るようなシルク肌」であると思われますからね!

しかし、地黒の人も諦めてはいけません。誰も顔に対して白すぎるアンバランスなバストは望んでいません。

全身を通した上でのバランス良い白さと、何より「滑らか肌」は手入れ次第でいくらでも手に入れることはできるのです!

しかも、男性にとっては二の次・三の次となるバストの大きさも、「肌質」をケアすることによって、同時にアップすることも期待できてしまうのです!

次項では、そんな肌ケアから得られるプラスαの効果をご紹介します!

「肌質」改善で、他の欠点までカバーできちゃう!?

「色の白いは七難隠す」という諺があるように、古来から色白の女性は多少顔が整っていなくても美しく見られると思われています。

バストにおいても同じです。美しい肌を手に入れると、自分が気にしていたバストにおける欠点がカバーできるのです。

肌質整えてコンプレックス克服!

バストの肌質を良くすることで、どのような欠点をカバーできるのでしょうか。それぞれ多くの女性が抱いているコンプレックス別に見てみましょう。

  • 乳輪の大きさ

乳輪そのものを小さくすることはできませんが、乳輪の色を白く(淡く)することで、乳房との境界が淡くなり乳輪が目立たなくなります。

  • 乳輪にあるぶつぶつ

これは誰にでもあるものなのですが、他人と比較することも容易ではないので悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

このブツブツはニキビと同じようにケアしていくことで改善することができます。

  • 垂れ乳や離れ乳

バストの肌ケアをしていくことで血行がよくなり、バストの形を整えていくことができます。

肌質を向上することに比べたら時間がかかることではありますが、諦めずケアしていくことで改善は見込めます。

  • バスト自体の大きさ

垂れ乳や離れ乳と同じでケアを続けていくことで血行がよくなり、乳腺の発達を促すことができます。

時間はかかるかもしれませんが、ケアによって受けた刺激でバストアップ効果も期待できます。

このように、ザラザラした肌をツルツル肌にしようと思って始めたケアが、実は他のコンプレックスを知らず知らずの間に改善!なんていうことも期待できてしまうのが、この「肌質ケア」の利点でもあります!

では実際に、どのようにバストをケアすると滑らかな肌を手に入れることができるのか次項で見てみましょう!

自分でできる!「ツルツルシルク肌」にするケア方法

ツルツルなシルクバストを手に入れるには、どのようにケアすればよいのでしょうか?

バスト専用のクリームなども数多く販売されていますが、できれば身近な物で日頃からケアできる方法を知りたいですよね!そんな方法をご紹介します。

基本的にはニキビケアと同じ

バストと言っても顔となんら変わらない「肌」です。なので、顔と同じようにやさしくケアしていきましょう。

バストの肌はデリケートで摩擦に弱く、摩擦によって黒ずみやニキビを作ってしまうことがあります。なので、吸収性の良い下着をつけてバストが擦れないように、ジャストサイズのものを着用しましょう。

乳首周辺に痒みがある人は、保湿が不足していることもあり得ますので、化粧水等で保湿してクリームでマッサージしておきましょう。

マッサージの方法ですが、バストアップ効果も期待するのであれば、より血行促進に効果的な方法でマッサージしましょう。

  • 基本的には、バストの外側から内側に円を描くようにくるくるとマッサージ(バスト自体を持ちあげるような感じで行いましょう)
  • 右のバストは左手で、左のバストは右手でやるとより効果的です

ここで使用する化粧水やクリームは、バスト専用のものでなくても良いですが低刺激なものを選びましょう。

ブツブツや痒みに悩んでいる人に特におすすめなのが「ハトムギ」で作られた化粧水です。ハトムギは薬草ですが、血行促進や痒みを抑えるという効果があります。

ハトムギの成分を多く含んだ化粧水を顔だけでなく全身に使用したところ、二の腕のブツブツが消えてツルツルになったという人もいます。

バストも同じようにマッサージケアしていたら、痒みや乳首周辺のニキビのようなものが消え、バストアップ効果もあったという人もいます。薬草に抵抗のない方は是非お試しください!

食べ物にも注意

ニキビケアと同じようにケアするからには、食べ物にも注意が必要です。

ポテトチップスやフライドポテトなど、油分を多く含むものばかり食べていると、顔にニキビが増えるように胸の肌質も悪化します。

また便秘体質であると、肌にも影響を及ぼすので食物繊維の摂取に心掛けましょう。

辛い刺激のある食べ物なども肌に負担をかけてしまうので、食べ過ぎず、ほどほどに摂取するようにしましょう。

特にニキビに効果のある成分は、主にビタミン類やミネラルです。下記にまとめてみましたので参考にしてみてください。

成分 効果 食べ物
ビタミンC 肌ケア=ビタミンCという印象がある。コラーゲンの生成を促進し、メラニンの生成を抑制してくれる。 芋類・レモン・いちご、緑黄色野菜など
ビタミンA 毛穴の詰まりを解消してくれる 人参・カボチャ・レバーなど
ビタミンB群 皮脂の分泌を抑制してくれる まぐろ・鶏ササミ・など
ビタミンE 抗酸化作用があり、血行促進の効果がある。ビタミンCと共に摂取すると良い。 レバー・うなぎ・緑黄色野菜など
ミネラル ホルモンバランスを整え、肌の新陳代謝を促進する チーズや牛乳などのカルシウム・昆布などのマグネシウム・ナッツ類や亜鉛等の亜鉛など
コラーゲン 肌サイクルに合わせ、新しい肌を作る際の材料となる 鶏・牛筋等

どれも、スーパーなどで手軽に手に入れることのできるものばかりだと思います。肌質向上の為に是非積極的に取り入れてみてください。

このようなスキンケアをしていれば、バストに限らず全身の肌質が改善されてくると思います。バストは秘められている部分ですので他人が見ることはできません。

ですが、特に顔・首~デコルテの露出部分が綺麗だと、バストも美乳であるとを連想されます。

鎖骨部分は男性にとって「華奢」や「女性らしさ」を感じる部分でもあるので、鎖骨周辺の手入れはバスト同様抜かりなくやりましょう!

露出部が綺麗であれば、日頃紫外線などを浴びていないバスト部の方が肌質が悪いということはまず考えられません。

特別な化粧品や高価な食べ物は一切必要ありません。肌はちょっとした心遣いで十分ケアできるので諦めず続けていきましょう。

男性が求めるのは、やはり「肌質(美乳)」だった

「バストを大きくする!」という目標を掲げると、それは確実に長期戦になります。努力を続けていれば効果は得られるはずですが、それがすぐに目に見えるものではありません。

それに対し、「肌質」というのは比較的短いスパンで効果を実感することができます。さらに嬉しいのは、男性が求めているのは大きさ以上に「肌質(美乳)」であるということなんです!

今好きな人がいる方、自分の体に自信の無い方、決して臆病になることはありません!あなたの努力は必ず報われます。肌は自分がケアすればケアするだけ確実に応えてくれます。

いつでも自分の身体に自信が持てるよう、自分の肌を信じてケアしていきましょう!

この記事をシェアする!