バストアップに効く運動やストレッチを一挙ご紹介!意外な運動法も!

自分のバストに何の不満もない!という女性は、きっとごくわずかですよね。それくらい、胸は女性にとって重要なもの。では、理想のバストにしていくには、どんな方法を思い浮かべますか?

いろんな方法がありますが、運動というのも良い手段のひとつです。同時に健康増進やダイエットにもなれば、ますます嬉しいですよね。でも、どんな運動法があるのかよく分からないとか、運動したらバストまで痩せてしまいそうで心配…なんて女性もいるはず。

そこで、バストアップに効果的な運動や、運動によるダイエットと美胸を両立するための秘訣など、知っておけば女子力アップ間違いなしの情報をまとめてみました。ぜひ、ご参考にしてくださいね!

こんな運動も育乳になるの!?お好みの方法で楽しくバストアップ!

「運動」と一口にいっても、その種類は非常に様々。まずは、バストアップ効果があると言われているいろいろな運動について、一通りご紹介してみます。お好みの運動があれば、ぜひ検討してみてくださいね!

バストアップできる運動

それではさっそく、バストアップにつながる運動を見てみましょう。

  • 水泳
  • ロッククライミング
  • バトミントン
  • 自転車
  • 弓道
  • フラダンス
  • ヨガ

これらはすべて、育乳効果があると言われている運動です。

水泳やロッククライミングといった全身運動や、自転車など日々の生活に取り入れやすいもの、弓道やフラダンスなどの習い事の域に入りそうなものまで、実に多岐に渡っています。

大胸筋を鍛える運動

これらの運動がなぜバストアップに効くかというメカニズムは、運動の種類によって異なります。

たとえば弓道は、肩や胸周りの筋肉および大胸筋を鍛えることができる運動です。

バストの断面図

バストはこのように大胸筋がベースにあり、その上にクーパー靭帯や脂肪組織が乗っているという構造になっています。したがって、大胸筋を鍛えることでバストを支える力が増すため、バストアップにつながるのです。

弓道やロッククライミングは大胸筋を鍛えることによって、バストアップ効果が期待できる運動法というわけですね。

より詳しく知りたい方は意外!?弓道でバストアップできるって聞いたけどホント?←こちらの記事も必見です!

全身運動もバストアップ効果大!

一方、水泳を代表とする身体全体を使った有酸素運動も、大胸筋を鍛えるという以外のアプローチからの美乳作りが可能です。

全身運動をすると代謝が上がり、お腹や背中などの余分な脂肪が落ちやすくなります。すると、相対的にバストが大きくなったように見えます。同様にフラダンスも、姿勢が良くなったりウエストがくびれたりすることで、胸がきれいに見える効果があるんです。

もちろん、代謝があがれば血流や女性ホルモンの状態も改善されるため、その方面からのバスト自体が大きくなる効果も期待できます。

このように、運動の種類によって育乳できる仕組みが少しずつ違うので、自分のバストの現状や理想に合わせて運動法を選ぶのがオススメです。また、違った育乳メカニズムを持つ2種類の運動を組み合わせるのも、とっても良い方法です。

水泳やヨガは何となくバストアップに良さそうなイメージがありましたが、弓道や自転車、ロッククライミングなども効果があるなんて、ちょっと驚きです!

クライミングやボルダリングができるジムも増えてきましたから、仕事や学校帰りに通ってみるのも楽しそうです!

どのスポーツも、大胸筋を鍛えたり代謝をアップさせたりすることが育乳につながるということなんですね。種類によってメカニズムが違うのも、知っておきたい情報ですね。

続けることが何より大切!簡単で続けやすいヨガやストレッチを紹介!

運動が美乳作りに良いと分かっていても、なかなかそんな時間が取れないという人も少なくないですよね。でも、豊胸手術以外はどんな方法であれ、基本的にバストアップは続けていかなければじゅうぶんな効果は期待できません。

そこで当サイトでは、どんな人にでも続けやすい運動法についてもバッチリご紹介しています。

続けやすい運動方法とは!?

繰り返しになりますが、運動によるバストアップは長期間継続してこそ効果が現れてくるものです。したがって、簡単で続けやすい運動法を選ぶことが、バストアップ成功につながります。

体力や時間がなくて本格的な運動ができない人でも続けやすいものには、以下のようなものがあります。

  • ヨガ
  • ストレッチ
  • イメトレ

どれも特別な道具や場所は必要なく、忙しい女性でもちょっとした空き時間に自宅でサッと行えるものばかりです。

イメトレなどは、その最たるもの。お金もかからず、いつでもどこでも出来てカンタンにずっと続けることができます。身体の運動ではないけれど、頭や心の運動で育乳するというわけです。

「イメージトレーニングでバストアップなんてできるわけないよ!」という女性にこそ、ぜひお試しいただきたい方法です。

手軽にできるストレッチがオススメ!

とにかく時間がない!という人や、体力がないから本格的な運動は無理だけど何かやってみたいという女性には、ストレッチやエクササイズがおすすめです。運動で鍛えるのと同じ大胸筋を、ストレッチでも鍛えていくことが可能です。

合掌のポーズ

もっとも有名なのは、この合掌ポーズですよね。胸の中心部分に意識を向け、大胸筋に力を入れるイメージで手のひら同士を10秒押します。

このストレッチは、地味だけど続けていけば確実な効果があります。ちょっとした休憩時間や、家でテレビを観ながらでもできるので、誰でも続けやすいですよね!

さらに余裕があれば、左右にずらしてそれぞれ10秒押すことを3回繰り返せば、もっと効果的です。

猫背を治すのも効果的!

「運動」と言われると大変そうで尻込みしてしまう人でも、姿勢に気をつけるだけの簡単エクササイズならできそうですよね。猫背や巻き肩は美胸の大敵ですから、姿勢を良くして肩甲骨ストレッチをするだけでもじゅうぶんバストアップは見込めます。

美乳をつくるには、姿勢にもちょっとこだわりたいところ。背筋がピンっと伸びて姿勢がよくなるだけで、自然とバストトップも上がります。

ついつい猫背になりがちな、デスクでのオフィスワークや長時間のPC、電車の中で座って過ごす時間など。いつもの習慣になってるクセを、ちょこっと思い出し、背筋を正すように心がけるだけでも美乳エクササイズに効果的です。
引用元:ピュアラバリ

肩や腕を回して筋肉をほぐし、リンパや血液の流れを良くするだけでも効果的です。

このほかにも、日常の動作の中に取り入れられるエクササイズ方法が満載です。ぜひ、こちらもご覧ください!→簡単!5分でできる運動で胸の筋肉を鍛えてバストアップ!

生活の中にちょこちょこっと取り入れられる簡単なエクササイズやストレッチもあるんだね!サプリメントでさえ飲み忘れる三日坊主の私には、とってもうれしい!

続けることが大切だから、手軽にできる方法を選ぶのもサイズUPの秘訣なんだね。

姿勢に気を付けるだけでも、さらにイメージトレーニングだけでも効果があるなんて、半信半疑の人も多いと思うけど、本当だったらやらない手はないよね!なぜ効くのか、ちょっと記事を見てこようっと。

萎ませない!垂れさせない!ダイエットや授乳と美胸を両立する秘訣

運動はダイエット法としても優れたものですが、バストアップのために運動すると、体重や体脂肪率とともにバストまで減ってしまうことを心配する女性も多いですよね。

また、母乳育児がしたいけど卒乳後のバストが萎んだり位置が下がってしまうことが不安で、ミルクにしようか迷っている方もいるのではないでしょうか。

このような女性のために、運動や授乳と美胸を両立するための方法もご紹介します!

バストまで痩せないためのポイント

先にもご紹介した通り、バストの大部分は脂肪で構成されています。したがって、運動して脂肪が落ちれば、胸の脂肪も落ちて小さくなってしまうことは確かにあり得ます。

気になる部分の脂肪は落としつつも、バストをキープするために以下のことに気を付けましょう!

  • 極端な食事制限はしない
  • スポーツブラを着ける
  • おっぱい体操やマッサージなども行う

これらの対策を取れば、バストまでしぼんでしまうリスクは減らせます。

ダイエットにしてもバストアップにしても、食べ物はとても大切です。良質なたんぱく質や野菜などを中心に、バランスよく食べるようにしましょう。極端な食事制限は禁物です。

自分の胸や状況に合ったブラジャーを着けよう

運動するときは、必ずスポーツブラを着けましょう。スポーツブラは運動によるバストの揺れをしっかり抑えてくれるので、クーパー靭帯が切れてバストが萎んでしまうのを防げます。

また、眠るときはナイトブラを、妊娠中や授乳中には授乳ブラを使うなど、行動や状況に合わせたブラジャーを身につけることはとっても大きな意味があります。

妊婦さんやこれから妊娠をお考えの女性のために、妊娠中からできる軽い筋トレなどもご紹介していますので、卒乳後のバストに関する不安は、ぜひこちらで解消してください!

もちろん、どんな種類のブラであっても自分のバストサイズや形に合ったものでなければなりません。できれば下着屋さんへ行って店員さんにサイズを測ってもらい、試着してから購入するのがベストです。

おっぱい体操も並行すれば効果抜群!

授乳や運動をしてもキレイなバストをキープするために、「おっぱい体操」も同時に行うのがオススメです!おっぱい体操とは元助産師の神藤多喜子先生が考案したもので、育乳に効くのはもちろん、女性の美と健康のためのバストマッサージ法なんです。

おっぱいは子宮と同様、毎月生理周期によって変化しています。排卵後は小さな妊娠期、生理は小さな出産と言われるように女性は妊娠、出産、授乳のために毎月子宮とおっぱいはホルモンの変化に対応できるよう訓練しています。生理が健やかに迎えられることは女性の健康と美にはとても大切な事。おっぱいの循環が良くふわふわで弾力があり、形よく色艶の良い健康な状態をキープすることで生理も穏やかに迎えられるようになります。
引用元:日本マンモセラピー協会

このように、バストを女性の身体全体とつながったものとして捉え、バストをマッサージすることで女性ホルモンを活性化させ、身体の内側からケアしていくというものなんです。

冷え性や生理痛改善など、うれしい効果もいろいろあります。

揺らすのに垂れない!?バストアップできるおっぱい体操とは←詳しいことはこちらの記事でご紹介しています。ぜひ読んでみてくださいね!

元々バストが大きい女性は特に、運動や授乳で垂れてしまうのでは?という不安を持つ人も多いと思います。

自分のバストや状況に合ったブラを着けることや、激しい食事制限はしないことなど、バストを萎ませないコツはぜひ知っておきたいですね。

「おっぱい体操」とは、インパクトのあるネーミングですね!元助産師さんが考案したということで、授乳後のバストにも効果があるのは納得ですね。おっぱい体操を試すとき、注意したほうがいいことはありますか?

バストの大きな女性は全体にふくよかな人も多いから、うまくバストをキープしてお腹や背中の贅肉を落とせば、理想のプロポーションになるのも夢じゃないわよ!おっぱい体操も一緒に行っていけば、より完璧ね!

おっぱい体操にバストを持ち上げて揺らすところがあるんだけど、しっかり持ち上げてから揺らさないと、クーパー靭帯を傷つけてしまう可能性があるわ。そうなると逆効果だから、きちんと手順に沿って持ち上げてね!

日々の運動でバストアップ!メカニズムを理解して無理せず続けよう!

悩み深き貧乳女性にとっては、どんなバストアップ法でも試してみたいものですよね。運動は、そんな女性にとってもオススメの方法です。なぜなら、運動によってバストがきれいになるだけでなく、血行や冷え性改善など健康効果も期待できるからです。

運動は地道に続けることが、効果をあげるためには必要不可欠です。日々の努力が大切なわけですが、なかなか続かないという人は家でもどこでもできる簡単なストレッチだけでもOKです!

どんな運動がどのようにして育乳効果を生み出すのか、その仕組みを理解しておけばますます効果的です。ぜひ、あなたの生活に無理のない範囲で運動を採りいれてみてくださいね!

いろんな種類があるバストアップ法の中でも、運動は美容健康効果が高い反面、時間がなかったり続けにくかったりして敬遠されがちかもしれないわね。

でも、運動といってもいろんなものがあるわ。水泳やバトミントンなどをガッツリやるのも良いけれど、自宅でごく簡単なストレッチや体操を5分やるだけでも、立派な運動よ!これくらいなら続けられる女性も多いんじゃないかしら?

自分に合った運動法を見つけてできるだけ長く続けることで、バストのコンプレックスを解消していきましょう!