とっても重要!乳癌はこうやって治療をする

乳癌というと、恐い気持ちがするかもしれませんし、誰しもなりたくはないでしょう。しかし、もしもの時のためにも治療法にはどういったものがあるのかということを、知っておく必要があります。

“手術”に”放射線治療”、そして”ホルモン治療”や”科学療法”といった治療法について見て行きましょう。

局所療法・手術や放射線治療で治す!

乳房内の病巣を取り除くのが手術による治療です。乳癌治療でも基本的なものとなっています。

以前は大胸筋から大きく切除する方法が多かったですが、現在はなるべく小さく切る様にして乳房を残せるようになってきています。

上記の手術では、まだとても小さい癌細胞が残っている可能性もあります。そんな時には、胸の外側からエネルギーの高いX腺を当てることによって癌細胞が増えるのを抑えること。

そして死滅させることができるのです。再発や転移した場合にも用いられます。

全身療法で治す方法はどんなものがあるの?

全身療法には、化学療法とホルモン療法があります。化学療法というのは、抗癌剤を用いて何度も癌細胞を攻撃して失くすという方法です。

外来において行われるもので、患者の生活や効果などを考慮の上で治療が進められます。この療法を用いて癌細胞を幾らか小さくしてから手術をするという方法もあります。

ホルモン療法は、”エストロゲン”という、乳癌が発生する原因や増殖することに関連する女性ホルモンが作られるのを、飲み薬や注射によって抑え、癌細胞が増えるのも阻むというものです。

長期間かけて行われるものです。