乳腺症は恐い!?乳癌との関わりを解明しよう!

あなたは”乳腺症”という病名を聞いたことがあるでしょうか。何だか悪い病気なのではないかと思ったりしませんか?

“乳腺症”というのが、どういった病気で乳癌とは関係があるかということについて考えてみたいと思います。

知っておこう!乳腺症について

“乳腺症”という病名は、乳腺について起こるあらゆる症状や変化について付いた、全体的に
まとめられて付いた病名なのです。

とは言え、”乳腺炎”や”乳癌”とは分離された病名となっています。”乳腺症”は、30代から50代の女性に起こりやすい疾患であり、良性のものです。

女性ホルモンのバランスが崩れたことによって、乳腺に起こる病気の事を言います。生理前になると胸が張ったり痛くなると言う人もいます。

“乳腺症”というのは、女性ホルモンの影響がとても強いので、生理前になると卵巣からホルモンが分泌される量が増えることで、症状も一層強くなるというわけです。

そういったことから、生理が終わると症状が弱くなるということがあります。両脇に胸の張りのような感じがあったり、圧迫感のある痛みがある場合。

そして、境目がわからないような乳腺のしこりの様なものがある場合は、注意が必要です。

”乳腺症”は”乳癌”とは関係あるの?

乳腺に対してしこりなどの病変などがあるとなると、乳癌の事が脳裏をよぎることもあるかもしれません。

しかし、”乳腺症”は疾患といっても良性であり、”乳癌”となると悪性になります。それでも、”乳腺症”の中にも”乳癌”になるであろう病変もあることは事実です。

“乳腺症”が変化し、”乳癌”に変わってしまうことがあったとしても、年に1,2回程は検査を受けていることで、早い対応をすることができます。

検査方法としては、乳腺X腺撮影や超音波検査などがあります。