どうしてなるの?漏斗胸の原因が今スグ知りたい!

胸が窪んでしまう症状である漏斗胸に悩む人もいらっしゃるでしょう。見た目としての問題としても、気になるのではないでしょうか。

では一体、漏斗胸とはなぜ起きるのか、治療法はどういったものがあるのかについてお伝えしたいと思います。

肋軟骨が短くなっているから!?漏斗胸の原因とは

漏斗胸の原因というのは、今の段階では明確なものはまだありません。しかし、肋骨が正しく形成されないことで、肋軟骨が短くなっているという説があります。

それにより、肋骨や肋軟骨が他の人よりも柔らかいということや、細いということがあり、支える力も弱くなるということで、息を吸うと胸部の前側が凹んでくるということがあるのです。

さらに、”扁桃腺”やアデノイドの大きさも関わってくるのです。これらが大きいと、通気が悪くなってしまいます。

そうなると、息を吸う事にしてもみぞおち等に負担がかかってしまうため、凹んでしまうのです。

他の原因とは?遺伝との関係など

他に言われる原因としては、肋骨や肋軟骨が後方に成長し過ぎることが挙げられます。

遺伝との関係についても言われており、”マルファン症候群”や”くる病”、”骨形成不全症”というものの症状として現れるということがあります。

とは言え、遺伝とは関係のない場合もあります。