低い胸の位置を正しく戻す!「おかしい」と感じた時が改善のチャンス

2016/12/19

ふと鏡で自分の胸を見たとき、「胸の位置がおかしいかも…?」「ちょっと低い?」そう感じた事はありませんか?胸が大きい人は特に、胸の位置について悩んでしまう機会も多いかと思います。

もう年なのかな、仕方ないのかな、そう諦めるのはまだ早い!いつの間にかおかしくなっていた胸の位置は、改善していくことが可能なのです。それに、「おかしいなあ」と気付いたときが胸の位置を改善する絶好のチャンスでもあります。

胸の位置で自信を無くしがちな人も、胸の位置を元に戻すための方法を試して自信を取り戻しましょう!

マッサージで胸を上へ!丁寧に行えばバストアップ効果も

お風呂のときなど、自分の体をふと見た時に「あれ?何か胸のバランスがおかしい?」「前よりも下がってる?」と感じることがあるかもしれません。

そもそも、正しい胸の位置というのはどのようになっているのでしょうか。それを判断するポイントとなるのが、ゴールデントライアングルです。
ゴールデントライアングル

ゴールデントライアングルとは、この図のようにバストトップと鎖骨の中心を結んだラインが、キレイな正三角形になっている状態を指します。

この三角形が傾いていたり、どこかの辺が長かったりすると、“位置がおかしい”と言えるわけですね。

胸の位置で困ったときは、やはり自分の手でマッサージをし、上へ押し上げて元の位置へ戻してあげるのが一番簡単な方法だと言えます。

しかし、ただ上へぐいぐいと押し上げるだけでは効果はありません。それに乱暴なやり方をしてしまえば胸を傷めたり、形を崩したりする原因にもなってしまいます。

位置を早く元に戻したい、という気持ちはとてもよくわかります。けれども、胸は大切な身体の一部ですから手荒に扱うことはしないでくださいね。

マッサージは胸を痛めないことが大事!正しい方法で行おう

マッサージをする際は、最初にバストクリームをつけるようにしてください。

何もつけないでいるよりも、バストクリームを使用した方が胸を傷める危険性がぐっと下がるからです。

マッサージの手順は次の通りです。

1.バストクリームを胸全体に塗りこみ、なじませる
2.胸の下部分から上の方へゆっくりと持ち上げるようにマッサージをする
3.サイドから斜め上の方へ、持ち上げるようにマッサージをする
4.2と3の動作を繰り返す

このマッサージを片方ずつゆっくりと行っていってください。その際一番意識していただきたいのが、「胸を持ち上げる」という点です。マッサージを続けていくことでバストは次第に上向きになっていってくれます。

マッサージは即効性があるものではありません。数か月単位での継続が必要となるものです。すぐに結果が出ないから、といって諦めずに根気よくマッサージをしていってくださいね。

マッサージを続けるとバストアップ効果も!?

マッサージの良いところは胸の位置が元に戻るだけではありません。なんと、バストアップの効果も期待できるのです!マッサージをすれば血行が良くなります。そうなると、女性ホルモンも乳腺に作用しやすくなるのです。

女性ホルモンはバストアップには欠かせない要素です。胸の位置を正しくし、なおかつ胸を大きくしたいと思っている人にとっても胸のマッサージは大変有効な手段であると言うことができるでしょう。

また、胸の位置の改善に加えてバストアップを狙いたいのであればイソフラボンが豊富に含まれる大豆製品を同時に摂取することもおすすめします。

イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをしてくれるため、イソフラボンの摂取は美容やバストアップには大変効果的なのです。

下がってしまった、低くなってしまった胸の位置を改善するためにはマッサージが有効なのですね。でも、気を付けてマッサージをしないと胸を痛めてしまう危険があるというのは注意しなければいけませんね。

マッサージを続けることで、胸の位置を元に戻すだけでなくバストアップ効果も期待できるというのは魅力的です。さっそく今日から始めてみたいと思います。

日々の積み重ねが大事!ブラジャーは正しく着けよう

胸の位置を矯正していくのに役立つのが、何といってもブラジャーです。

ブラジャーを正しく着けないことが、胸の形、位置が崩れてしまう原因となってしまうのです。

ブラジャーの正しい着け方、きちんと知っていますか?「自信がない…」という人も大丈夫です。ここで改めてブラジャーの着け方を知り、胸の位置を正しいところへ戻していきましょう!

ブラジャーの着け方は次の通りです。

1.前かがみになり、ワイヤーと胸の一番下のラインを合わせてホックを留める
2.前かがみのままストラップを持ち上げ、手全体で脇の肉を集めてカップの中に収める
3.体勢を起こし、ストラップの長さを人差し指がすんなり入る程度に調整する
4.肩紐を調整する


正しい下着の着け方

最初に前かがみになり、バストをカップの中にほとんど収めるようにすることがポイントになります。バストがはみ出たままになると形は整いませんし、見た目もかっこ悪くなってしまいます。

ブラジャーは大切な胸を守っていくためには大変重要なアイテムなのです。正しくブラジャーを使用することができれば、形が美しく整ったバストを手に入れることも夢ではなくなるのです。

何気なくブラジャーを使用している、だいぶ長く使っているものがあるという人は、一度自分が持っているブラジャーをチェックしてみてください。

胸の位置、バランス、形を整えるために、正しいブラジャーを選びましょう。

ブラジャーの正しい選び方を詳しく解説している記事もございますので、ぜひ読んでみてくださいね!

ブラジャーの替え時を見極めよう!

ブラジャーには替え時というものがあります。ですから、替える必要が出てくるのは破れたり、使い物にならなくなったりしたときだけではないのです。

替え時のサインは次の通りです。自分が今着用しているブラジャーを見直してみてください。一つでも当てはまるところがあれば、翌日からでもブラジャー買い替える心づもりでいるようにしてくださいね!

  • いくらストラップを調整してもずり下がってくる
  • ワイヤーが変形している
  • ゴムやメッシュが伸びきっている
  • くたくたによれていて、見た目がきれいでない

この他にも、自分のバストサイズと合わないと感じたときももちろんブラジャーの買い替え時です。サイズの合わないブラジャーは胸をしっかり支えることができないため、胸の形を崩す原因になってしまいます。

正しい胸の位置を保っていくためにも面倒くさがって放置したままにすることはやめましょう。また、替え時をいち早く知ることができるようにするためにも、ブラジャーのメンテナンスは日頃から常に行うように心がけておいてくださいね。

ブラ選びで胸の見た目が大きく変わる!?その原因とは

胸は女性らしさをアピールする部分ですから、どのような見た目になるかは非常に重要です。ここで、胸に合っていないブラを選んでしまった際の残念な例を挙げてみましょう。

以前、テレビ番組に広瀬すずさんと出演した長澤まさみさんの胸の位置がおかしいのでは?と話題になったことがありました。実際あるはずの位置よりも、だいぶ低い位置に胸があったのです。

こうなってしまった原因と考えられるのが、ブラの選び方ですね。長澤まさみさんは胸が大きいことでも有名ですが、巨乳の人がチューブトップブラを着用すると、胸を押し下げてしまい位置を低く見せてしまうことがあるのです。

チューブトップブラは、カップサイズが細かく設定されているわけではありません。S、M、Lといったサイズ展開になりますし、ホールド感も比較的ゆったりしたものになっていますね。胸の大きな人がチューブトップを着用する際は、十分注意しておきましょう。

ブラトップは楽なだけじゃない!知っておきたいデメリット

ブラトップやブラ付きのタンクトップ・キャミソールは、着け心地が良く無理な締め付けがないこと、肩への負担が少ないこと、それに加えてスタイルをスッキリ見せることが出来ます。

また、比較的安価でコストパフォーマンスも良い点も人気の理由となっていると言えるでしょう。

しかし、ブラトップを着用する際にはデメリットについても十分把握しておかなければいけません。

  • 胸の形が崩れる
  • ホールド力が弱い(睡眠時に着用すると胸が横に流れてしまう
  • 長期間利用してしまうと垂れる要因となる

カップブラと比較すると、ゆったりとした着け心地で胸を締め付けないことが魅力的だと考える人も多いわけですが、それがデメリットとなり胸の形を崩してしまう恐れがあるというわけですね。

ブラを選ぶときは、楽なこと、着け心地が良いことも大切ですが、メリット・デメリットを十分に把握しておくようにしましょう。

胸の形とか位置のためにブラ選びが重要になるんだね。ブラっていつもデザイン重視で買っちゃってたけど、ちゃんと考えなきゃダメなんだなぁ…。

最近は楽だからブラトップに頼る事も多かったけど、ブラトップで形が崩れる危険もあるなんてビックリ!ブラってどうやって選ぶのが一番良いの?

ブラは、自分の胸の形・サイズに合ったものを選ぶことが基本ね。その上で、正しい方法で身に付けることが大切になるわ。長く使っているとブラの形も少しずつ変わってきてしまうから替え時もしっかりと見極めてほしいわね。

ブラトップはリラックスしたいときには最適だから、適度に使っておく分には問題ないわ。ただ、ある程度胸をホールドしていないと形の崩れや垂れの原因になってしまうから、その時々に応じたブラを選ぶと良いわよ。

位置をキープするためには筋力も必要!胸の筋肉を鍛えよう

正しい胸の位置を維持するために重要なものの一つが大胸筋です。

胸のほとんどは脂肪で構成されています。そしてその脂肪を支えているのが大胸筋なのです。

バストの断面図

この筋肉が衰えてしまうと胸を支える力も弱まってしまいますから、結果として胸が垂れてきてしまうわけですね。

ブラジャーをしているときはそれほど気にならないものの、外したときはやはり気になってしまうものです。つんと上向いたバストの状態を保つためにも、日頃から胸筋を鍛えるように習慣づけておきましょう。

大胸筋を鍛えるには腕立て伏せが効果的!

筋肉を鍛えるには、やはり筋トレが一番だと言えます。中でも効果的なのが腕立て伏せです。以下の手順で行っていきましょう。

1.胸と一直線になるように腕の位置をしっかり調整する
2.手の幅は肩幅よりも広めにとっておく
3.身体をそのまま真下へ下ろす。このとき、床と胸の距離は10cmほど開けること
4.元の位置へ身体を戻す
5.3と4の動作を10回程度繰り返す

この腕立て伏せで重要なのは、腕の位置です。腕の位置が胸と一直線に並んでいないと、胸筋ではなく腕が鍛えられるだけになってしまうのです。

ですから、腕立て伏せを行うときは腕の位置に注意するようにしてくださいね。

慣れていない最初は腕立て伏せも大変ですから、回数は少なくても構いません。慣れてきたな、と思ったら徐々に回数を増やしていきましょう。一朝一夕で筋肉は鍛えられるものでもありませんから、日々の継続が大切になります。

淡々とやるのも味気ないな、と思ったときはお気に入りの音楽をかけてみましょう。好きな曲に合わせてみれば、普段よりも楽しく腕立て伏せをすることができますよ。

筋肉を育てるビタミンB6を摂取しよう

筋トレの他にも、筋肉を強化できる方法があります。それは、食品からビタミンB6を摂取することです。

ビタミンB6は筋力をアップしてくれる効果があるので、筋トレと合わせればさらに効果が期待できるのです。

ここで、ビタミンB6が含まれる食品をいくつか挙げてみました。日常目にすることの多い食品ばかりです。ぜひ毎日の食事に積極的に取り入れてみてくださいね。

食品 一食当たり ビタミンB6含有量
牛もも 80g 0.27mg
鶏のささみ 80g 0.53mg
鶏のムネ肉 80g 0.38mg
白米 一杯 0.16mg

なお、一日当たりの摂取量の目安は1.2mgであり、上限は60mgとなっています。摂取量は多少多くなっても問題はありませんが、摂りすぎることのないように注意する必要があります。

筋肉が衰えてしまうと、胸を支えられなくなってしまって胸の位置が下がってしまうということになってしまうのですね。大胸筋って普段の生活では鍛えにくそうです。

腕立ては大変そうですが、まずは少ない回数でも習慣化すれば良いということならがんばれそうです。始めることが大切ですよね。

胸の位置はマッサージや運動で改善が可能!継続して行おう

いかがでしたか?おかしくなってしまった胸の位置は、日頃の行動やアイテムを見直すことで簡単に改善していくことができるのです。以下に改善のポイントをまとめてみました。

  • バストクリームを使って胸を根気よくマッサージする
  • ブラジャーを正しく着用し、胸の形や位置を保持することを心がける
  • 胸を支える大胸筋を日頃から鍛えるようにすること!
  • ビタミンB6を摂取して筋力をアップさせ、胸の位置を維持する力を養おう!

マッサージのやり方をご紹介したときにもご説明しましたが、どんな方法を試していくにしても時間をかけ、毎日欠かさずに習慣化していくことが成功への秘訣です。すぐに成果が出ればそれが一番望ましいことですが、残念ながらそうはいかないのが現実です。

自分の理想とするバストを常に思い描き、毎日しっかりとマッサージや筋トレ、そしてバランスの良い食事を心がけていきましょう。もちろん、ブラジャーのメンテナンスも欠かさないようにしてくださいね。

胸の位置でバストの美しさは決まる!小さな胸でも美胸になる方法の記事もございますので、ぜひ読んでみてくださいね!

下がってしまった胸の位置を正しくするためには、マッサージが効果的と言われているの。難しいマッサージではないから、ちょっとおかしいかもと思ったら是非習慣づけてみるようにしてほしいわね。

あとは、ブラの選び方も重要になってくるわ。胸に合わないブラは、胸の形を崩してしまう原因にもなってしまうの。ただデザインや価格、楽かどうかだけでブラを選んでしまっては、将来ボディラインが崩れてしまう危険もあるのよ。

「今」だけを考えるのではなく、将来自分の体がどうあるか、そのために今できることをしておきたいわね。

この記事をシェアする!