美肌効果だけじゃない!バストアップにも有効なコラーゲン

2016/07/04

美容に良い成分の代表格といえば、「コラーゲン」ですよね。近年では、一般的な化粧品に、「コラーゲン配合」と表示されている事が殆どですし、美容向けのサプリメントとして「コラーゲン」が販売されている事は珍しくありません。

高い美肌効果がある成分として、「コラーゲン」という名前は一般知識としてほぼ浸透しましたから、女性で「コラーゲン」という言葉を知らない人は、ほとんどいないでしょう。けれど、実際「コラーゲン」とは何なのかと言えば、分からない人もいますよね。

そこでここでは、まず「コラーゲン」について説明していきます。そして、更に「コラーゲンがどうしてバストアップに有効なのか」について紹介していきます。

意外に知らない!?「コラーゲン」とはどんなもの?

まず、「コラーゲンが何故バストアップに効果的なのか」という話の前に、「コラーゲン」そのものについての知識や、「コラーゲンが美肌に良い」とされる理由について説明しますね。

コラーゲンの基礎知識

まずはコラーゲンとは何なのか、ウィキペディアから引用して紹介しますね。

コラーゲン(ドイツ語: Kollagen、英語: Collagen)は、主に脊椎動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。
引用元:ウィキペディア

つまり、コラーゲンはタンパク質の一種で、人の体では真皮、靱帯、腱、骨、軟骨等を構成する成分です。コラーゲンは、人の体に含まれる様々な種類のタンパク質の中で最も占める割合が高く、皮膚や骨以外にも、血管や内臓等、広く存在しているのです。

コラーゲンは、体や臓器の形を支える材料になったり、細胞同士を結合する接着剤の役割になったりします。ですから、骨と骨の間の関節をスムーズに動かすような日常的な動作をするためにも、コラーゲンは欠かすことができません。つまり、コラーゲンは老若男女を問わず、人の体に必要不可欠な重要な成分なのです。

コラーゲン 詳細
成分 タンパク質(真皮・靭帯・腱・骨・軟骨等を構成)
役割① 体や臓器の形を支える材料
役割② 細胞同士を結合する接着剤

コラーゲンの美容効果

美容面から見たコラーゲンの存在価値は、とても高いものです。コラーゲンは細胞を活性化させます。肌等の細胞に適度な水分を保つ事でツヤを出し、弾力性とハリも持たせます。これが、「コラーゲンは美肌効果が高い」と言われる理由です。

コラーゲンの美容効果の仕組み:

細胞を活性化

肌等の細胞に適度な水分を保つ

ツヤ、弾力性、ハリが出る

肌の弾力性

コラーゲンを摂ることで、細胞が活性化し、肌等に弾力が出ることを紹介しましたが、肌に弾力があるというコトは、肌を押すと皮膚が跳ね返ってくる状態を言います。

表面の皮膚だけが整っているだけでは、弾力にはなりません。肌に弾力があるというコトは表皮だけではなく、真皮までコラーゲンが行き渡っている証拠になりますよ。

他にも、コラーゲンは肌だけでなく、爪や髪の健康を保つ働きもします。それでは何故、特に「美肌効果が高い」というイメージが強いのでしょうか?

それは、人の体内のコラーゲン総量の約半分は、「皮膚」に含まれている事が理由でしょう。「『皮膚』を作るのに欠かせない成分はコラーゲン。

だから、美しいお肌の作るためにも、当然コラーゲンは欠かせない。コラーゲンがあれば、美しいお肌を作れる!」…という考え方になるワケですね。そのため、美容意識の高い女性にとってコラーゲンは必要不可欠な成分となったのです。

皮膚を作るのに欠かせないのがコラーゲン

美しい肌を作るためにはコラーゲンは欠かせない

コラーゲンがあれば美しい肌が作れる!

実はコラーゲンは、「20歳」という若い年齢で体から減少し始め、60歳代に突入する頃にはピーク時の7割程度まで減少してしまうのです。

そこで、健康面、そして何よりも美容面の為にコラーゲンの摂取を意識しなければならないのです。

コラーゲンって、良く聞くけど、タンパク質の一種なんだって。細胞同士をつなげる役割になっているから、骨と骨の間の関節をスムーズに動かすためにもコラーゲンが使われているんだって。

他にも、肌の弾力、ツヤ、ハリにも、コラーゲンは重要な役割を果たしているから、美容意識の高い女子には、コラーゲンは必須成分だよね。

知っておきたい!バストが垂れる原因

コラーゲンが肌に重要だというコトは理解できましたね。それでは、バストアップにどんなつながりがあるのか、バストが垂れる原因から探っていきましょう。以下がバストが垂れる原因となっていますよ。

  • 大胸筋が衰えている
  • クーパー靱帯が伸びたり、切れてしまっている
  • バスト周りの筋肉が衰えている
  • バストの皮膚がたるんでいる
  • 女性ホルモンバランスの変化

バストがたるむ原因

バストは、主に脂肪と乳腺で構成されていて、バストを支えるようにクーパー靱帯があります。バスト周りを包み込むように皮膚があり、バストの土台に筋肉があります。

ですから、バストケアはバストそのものである「脂肪」「乳腺」「クーパー靱帯」の3つに加えて、バスト周りの「皮膚」「筋肉」もケアする事を考えるのが基本です。

バストの断面図

まず、バストの「乳腺」は、女性ホルモンによって発達します。ですから、女性ホルモンバランスが崩れてしまう様な生活は、バストにも悪影響が出てしまいます。

次に、バストの土台の大胸筋や、バスト周りの「筋肉」は加齢や運動不足、日常的に悪い姿勢をしている、というような事が原因で衰えてしまいます。その場合、バストに十分なふくらみがあったとしても、その重みを支える事ができなくなります。

そして、バストを支える「クーパー靱帯」は、ブラジャーで表現するならストラップの部分にあたります。つまり、バストの乳腺等の重みを、皮膚から吊り下げるように支えている、いわばバストの「命綱」です。

クーパー靱帯は、激しい運動等でバストが大きく揺れてしまうと、伸びたり、切れたりしてしまう事があります。

バストを吊り下げる「命綱」が切れてしまえば、バストは垂れてしまいますよね。最後に、バストだけではありませんが、人は体全体が「皮膚」で覆われています。

バスト周りの皮膚が加齢等によって潤いがなくなり、たるんでしまうと、バスト全体のハリもなくなり、垂れてしまう事に繋がるのです。

バストが垂れる原因には、大胸筋の衰え、クーパー靭帯の伸び、バスト周りの筋肉の衰え、バストの皮膚のたるみ、女性ホルモンバランスの変化などが挙げられるのですね。

だから、バストケアには乳腺、脂肪、クーパー靭帯、皮膚、筋肉の5つすべてをサポートする必要があるのだそうです。バスト周りの皮膚に潤いが無ければ、バストのハリもなくなって、垂れる原因になるのですね。

クーパー靭帯の強化でバストアップに成功!

それでは、バストが垂れる原因が分かったところで、バストアップをするにはどうしたら良いのか紹介していきますよ。

実は、先ほどのバストが垂れてしまう原因の中のクーパー靭帯が伸びたり、切れたりしてしまっている場合は、コラーゲンを摂取する事によって回避する事ができるのです。

先ほど紹介したクーパー靭帯は、バストを吊り下げるように支える役目があります。この「クーパー靱帯」は一度伸びたり、切れたりしてしまうと基本的に元に戻りません。

そのため、伸びたり、切れたりする前に対処する必要があるのです。そこで、クーパー靭帯を強化するために必要なのがコラーゲンなのです。

なぜ、クーパー靭帯の強化にコラーゲンが有効なのかと言えば、クーパー靭帯はコラーゲン繊維組織の束なのです。

そのため、加齢や栄養不足でコラーゲンが生成されなくなると、クーパー靭帯もやせ細ってきて、バストも垂れてしまうのです。けれど、クーパー靱帯を強化すれば、バストの垂れや形崩れを防ぐことができるのです。

 

コラーゲン クーパー靭帯 バスト
少ない 細い 垂れる
多い 太い アップする

 

クーパー靭帯は、一度伸びたり、切れたりしてしまうと、元に戻らないから、そうなる前に、対処する必要があるんだって。どうやって対処するかと言えば、コラーゲンがいいんだよね。

だけど、コラーゲンをどうしたらクーパー靭帯を守れるの?教えてよー。

クーパー靭帯を守るために、コラーゲンが有効成分なのよ。コラーゲンを摂取することで、クーパー靭帯を強化することができるのよ。

具体的には、コラーゲン配合の美容液を使ったり、コラーゲンを含む食品を食べたり、サプリメントを摂取したりする方法があるのよ。詳しくは次の項目で紹介するのかしら。

皮膚にハリやツヤを与えてバストアップ!

コラーゲンを摂取することでクーパー靭帯を強化し、バストのたるみを避けることを紹介しましたが、もう一つバストの皮膚がたるんでいる場合も、コラーゲンを摂取することによってバストのたるみを回避することができます。

バストの皮膚には、潤いやハリがないと垂れてしまいますから、顔と同じ様にケアが必要です。顔の皮膚に潤いやハリを与えるには、コラーゲン配合の化粧品を使ったり、コラーゲンそのものを摂取したりするといった事で対策しますよね。

という事は、バストの皮膚のケアにも、コラーゲン配合の化粧品を使う事や、牛スジ・豚足・手羽先・マシュマロなどコラーゲンを多く含む食品の摂取、サプリメントが有効になるのです。

コラーゲンを摂取する方法:

  • コラーゲン配合の化粧品
  • 牛スジ・豚足・手羽先などコラーゲンを多く含む食品を食べる
  • サプリメント

マシュマロ

牛スジ・豚足・手羽先などは、コラーゲンのイメージがある人も多いですよね。マシュマロにもコラーゲンが含まれていることは知っていましたか?

マシュマロと言えば、砂糖、ゼラチン、卵白などから出来ているお菓子ですね。なぜバストアップに効果があるのかと言えば、ゼラチンがポイントになりますよ。

ゼラチン

ゼラチンの多くは牛や豚のコラーゲンから作られています。そのため、ゼラチンを摂取することでコラーゲンもたくさん吸収することができるのです。

コラーゲンをたくさん吸収することができるというコトは、美肌効果があり、バストにハリ、ツヤ、弾力を持たせることができるのです。

吸収性

肉の皮等に豊富に含まれているコラーゲンは、吸収性がよくありません。そこで、吸収性を良くするために、コラーゲンを加熱して抽出・精製したものが「ゼラチン」となります。

ゼラチンは、水に溶けにくいですが、温水には良く溶けます。溶けたものが冷えると、ゼリーのようにゲル化します。

実験

既に紹介した内容から考えると、コラーゲンの吸収性をよくするために、ゼリーにすると良いことが分かりますね。おやつには、コラーゲンを多く含むマシュマロやゼリーがピッタリとなります。ただし、パイナップルにゼラチンを入れても、ゼリーは固まらないという実験があります。

これは、生のパイナップルのなかにタンパク質を分解する酵素(プロメリン)が含まれているからです。ゼラチンは動物性のタンパク質からできているから、生のパイナップルに含まれるプロメリンのはたらきでゼラチンが分解されてしまい、固まらなくなります。

ただし、酵素は熱に弱いため、パイナップルを加熱しているジュースや缶詰を利用すると、ゼリーは固まります。そのため、どうしてもパイナップルのゼリーが食べたい時には、ジュースや缶詰を使うと出来ますよ。他にも、キウイフルーツにもタンパク質を分解する酵素が含まれていますから、ゼリーにできませんよ。

ぷるるん女神

他にも、サプリメントで摂取する方法がありますね。「ぷるるん女神」にはバストアップ効果があると言われているプエラリアに、コラーゲンとプラセンタも配合しています。サプリなら、1日2粒飲むだけで良いので、ラクに続けることができますね。

プラセンタ

コラーゲンと一緒に紹介したプラセンタですが、プラセンタにはペプチド、DNA、ヒアルロン酸、アミノ酸など美肌効果があるものが多数含まれています。プラセンタを摂取すると新陳代謝がアップし、コラーゲンの生成が促され、肌のハリや弾力が改善されるのです。

そのため、ぷるるん女神には女性らしいスタイルを整えるプエラリア、肌のハリ、弾力を改善するコラーゲン、プラセンタが含まれていますので、バストアップに効果的だと言えるのです。

牛や豚のコラーゲンから作られているゼラチンも、バストアップ効果があるのだそうです。マシュマロなら、おやつ感覚で食べることができそうですね。

コラーゲンが含まれているサプリメントもたくさん出ていますから、効率よくコラーゲンを摂ることができますね。

コラーゲンは美肌にもバストアップにも有効!

コラーゲンを摂ると、美肌だけではなくバストアップにも有効なことがわかりましたね。

繰り返しますが、コラーゲンには細胞を活性化させる働きがあります。そのため、美肌効果があり、バストにもハリやツヤを与えます。

「胸は大きくても弾力が無く垂れている」という人や「胸が年齢と共に垂れ下がってしまった」という人には、こうしたコラーゲンの美肌効果を利用してバストアップを目指しましょう。

皮膚にハリやツヤを与えるには、コラーゲンは最適ですわ。ですので、コラーゲン配合の化粧品を選んだり、コラーゲンを多く含む食品を食べたり、サプリメントを摂取したりすることがポイントなのよ。コラーゲンを多く含む食品ではマシュマロやゼリーもあるから、おやつ感覚で食べることができるわね。

サプリメントなら、コラーゲン以外の成分にも注目することがポイントよ。ぷるるん女神ならプラセンタやプエラリアも一緒に摂ることができるから、理想のボディに近づきやすいと言えるわね。

この記事をシェアする!