左右非対称の胸って心配ないの?気になる原因と解決法

2016/08/25

バストアップ法を試している時に、ふと自分の胸が左右非対称なことに気づく方がいます。

実はバストがアンバランスな女性はかなり多く、程度や原因もさまざま。放っておいていいものもあれば、中にはちょっと心配なケースもあります。

今回は美容面だけでなく、病気の可能性も視野に入れて原因と解決法を探ってみましょう。殆どのケースは日常習慣を改善すれば解決できますので、心配しすぎは無用ですよ。

バストの不思議!胸の左右は違っていて当たり前!?

「私のバストは左右で大きさが違う」と悩む方は結構多いのですが、実は左右サイズが全く同じという人はいません。

実際には自覚がないだけで、程度の差はあれどの女性のバストもアンバランスなのです。

体に左右差があるのは自然なこと

私たちの体のパーツは左右対称にできていますが、サイズや形までが全く同じなのではありません。

立ち方や座り方、普段の姿勢、寝相、食べる癖、利き手など、実にさまざまな生活習慣の影響で体の右と左には差が生じます。

胸も同じで、様々な理由から左右の大きさに差ができます。胸の大きさが左右非対称なのは、極自然なことなのです。

胸が左右非対称になる原因とは

ではバストサイズがアンバランスになる原因には、どんなことが考えられるのでしょうか。大きく分けると、以下の4種類になります。

  • 筋肉のつき方のアンバランス
  • 骨格と骨盤のゆがみ
  • 乳腺の発達の差
  • 病気などのトラブル

では次章からは、この原因と解決法を順にご紹介していきましょう。

自分のバストを正面からじっくり見たことってなかったなぁ。ひょっとしたら私の胸も左右非対称なのかも。

日常的ないろんな原因で、胸には左右差が生じるんだね。4種類の原因のうち、病気だけはちょっと怖いけど、それ以外は心配なさそうだ。

【理由1】筋肉のつき方の違いで左右非対称な胸になる!

左右のバストが非対称になる理由の一つは、胸の筋肉のつき方の差によるものです。そしてこれには、実はあなたの「利き腕」が大きく関係しています。

かばんの持ち方も影響するってホント?

私たちは、日常生活でよく使う腕がほぼ決まっていますよね。かばんを肩にかけるとき、またお料理やスポーツなど、利き腕ばかり使っているのが普通です。

このようなことが肩や背中周りの筋肉の鍛え方の違いになって現れるのですが、大抵はわずかな違いにすぎません。見ても明らかな差が出るのは、次のような場合です。

  • 決まった腕だけで荷物を持つ癖がある
  • 利き腕を使うスポーツが趣味
  • 片方の腕に重い負担のかかる仕事をしている

「でもバストと筋肉って関係あるの?」と疑問に思った方もいるでしょう。

確かに乳房はほとんどが脂肪ですが、実はそれを支えているのは筋肉(大胸筋)です。

筋肉が発達している側のバストは、しっかり支えられて上向きになり、またよく動かすため血流やリンパの流れも盛んで、乳房そのもののボリュームも豊かになります。

これが結果的に、左右非対称なバストに繋がるのです。

左右の筋肉差をなくす方法

筋肉が原因となるバストの非対称は、反対の腕を使い続けることで解消できます。また小さい胸の側の腕を、軽い負荷で筋肉トレーニングするのも良いでしょう。

サイズや胸の上向き加減が同じ位になったら、両腕を均等に使うようにしましょう。リュックなどの両肩に負荷がかかる鞄が望ましいですが、肩掛け鞄を使うような場合には、交互にかけるなどの工夫が必要です。

私、一時テニスに凝ってたことがあるんです。その頃、なんか右側だけおっぱいが大きくなったように思ったけど、それってやっぱり気のせいじゃなかったんですね。

バランスが悪いバストじゃ恥ずかしいから、これからバッグは左右均等にかけるようにしたいと思います。

【理由2】骨格・骨盤の歪みがバストの左右非対称に繋がる!

もしもあなたが、座るときにいつも決まった方の足を組むクセがあれば、ひょっとしたら骨盤が歪んでいるのかもしれません。骨盤など骨格の歪みも、実はバストの左右非対称の一因です。

骨盤が歪むと全身が歪む!

「胸と腰は関係ないでしょ?」と思った方もいるかもしれませんが、実は骨盤は体のバランスの基本。そこが歪めば骨格も歪み、バストなど全身に影響がでてもおかしくありません。

骨盤が歪むと姿勢が悪くなり、血流を悪化させます。そして胸の周りの血流が片側だけ悪くなれば、バストに左右差が生じます。また歪んだ骨盤は、女性ホルモンの働きが悪くなるという悪影響もあります。

骨盤の歪みはこんなところに現れる!

あなたの骨盤が歪んでいるのかどうか、実はこんな日常的な何気ない習慣から発見することができます。

  • 足を組んで座る
  • 靴底の磨り減り方が左右で違う
  • 立つときは片足に重心を置いている
  • 立つときに足をクロスさせている
  • うつ伏せで寝ている
  • 横すわりが多い
  • 猫背である
  • ぺたんこすわり(ひざをくっつけて足を地面につけてすわる)が多い

これに思い当たるところがあったら要注意!骨盤の歪みは、女性にとっては大問題です。

次に、自宅でカンタンにできるエクササイズを2つ紹介しましょう。是非あなたの毎日の生活に取り入れてみてください。

骨盤のゆがみをとる骨盤回し


骨盤のゆがみを取る骨盤回しのやり方

《骨盤回し:右回りと左回りで各30回ずつ一日2セット》
1. 両足を肩幅程度に開く(膝はまっすぐ)
2. 両手を腰に当てる
3. 右、後ろ、左、と順番にゆっくり回す(骨盤を動かすイメージ)

慣れてくれば腰の手ははずしてかまいません。歯磨きなどの合間にすると良いでしょう。

おしり歩きで骨盤矯正


骨盤矯正効果があるおしり歩きのやり方

《おしり歩き:10秒程度の前進と後進を、休憩をはさんで3セット》
1. 足を揃えてひざを伸ばして床に座る(背筋を伸ばす)
2. 上半身を大きく捻りながら左右のおしりで前進する
3. 10秒間前進したら今度は後ろ向きに戻る

おしり歩きもとっても簡単ですね。毎晩テレビを見ながらの習慣にしてはいかがでしょう?

自宅でのエクササイズでは不足だという方は、骨盤矯正サロンやクリニックの利用もおススメですよ。

骨盤が原因でバストに左右差が起きることもあるんだ。単にバストだけの問題じゃなかったんだね。

骨盤回しやおしり歩きはカンタンそうだから、今日からでも始められそう。ところで骨盤を矯正すると、他にもいいことってあるの?

骨盤の歪みは、バストの左右非外相だけでなく、全身に様々な不調をもたらすのよ。特に女性ホルモンの働きが悪くなることは、私たちにとって重大問題。これが直れば、全身の不調が回復する可能性があるわ。

軽い症状なら自宅でのトレーニングでも治せるけど、本気で取り組みたい方には、クリニックなどで通院治療もおススメしたいわね。

【理由3】授乳期に注意!乳腺発達の差が生むアンバランス

次は、授乳経験のあるお母さんに見られるバストのアンバランスです。授乳中のお母さんは、どちらか一方の乳房が極端に大きくなってしまうことが珍しくありません。

利き腕ならぬ利きおっぱい?

これは断乳後のママには非常によく見られるお悩みの一つで、原因は赤ちゃんのおっぱいの「飲みグセ」です。

赤ちゃんが好んで飲む側のおっぱいの乳腺はどんどん発達し、そうでない方の乳腺は衰えてしまうため、断乳後、バストの左右差がくっきり明確になってしまうのです。

バランスが悪くなるとわかっていながら、赤ちゃんの好みには勝てず、つい片方だけで授乳を続けてしまったというママさんがほとんどのようです。

最後の手段は豊胸手術?

これを防ぐには、最初から左右バランスよく授乳するしかありません。残念ながらバストが左右非対称になってしまってからでは、もはや手の打ちようがないのです。

唯一治療法があるとすれば、それは豊胸手術を受けることです。今はメスを使わない手軽な方法も開発されており、片方だけのボリュームアップも可能です。悩んでいる方は、一度クリニックで相談してみてはいかがでしょう。

これ、ママになった友達が愚痴ってたから知ってます。赤ちゃんの「飲みグセ」が原因で、すごくアンバランスなおっぱいになっちゃったんですって。

その子はもう諦めたって言ってたけど、カンタンな手術法もあるってこと、今度教えてあげようかしら。

【理由4】心配!病気が原因のバストサイズの左右非対称

ここまでは特に心配のない「左右非対称バスト」ですが、病院での治療が必要なケースもあります。最後に女性のバストの気になる病気、乳腺炎と乳がんについてご説明します。

乳腺炎:授乳中のママによくある症状

乳腺炎とは乳腺の炎症で、授乳中の女性によく見られます。症状は以下の通りで、発症した側が大きく腫れることも。ただ炎症さえ治れば元通りです。

  • 乳房の腫れ・張り
  • 痛み
  • 発熱

でも病院へ行って早く直さないと、授乳できない方の乳腺が衰えてしまい、それが原因で左右非対称なバストになってしまう可能性もありますので気をつけましょう。

乳がん:痛みがないので早期発見が大切!

若い女性にも最近増えている乳癌の場合、痛みはほとんどありません。そのため、バストの左右の大きさや形の違いが早期発見のきっかけです。この認定NPO法人 J.POSH日本乳がんピンクリボン運動によるグラフからも、早期発見なら10年生存率は95%を超えていることが分かります。

乳がんの10年生存率

小さな乳がんはほとんど命を脅かすことがないのです。そして、乳がんが発生した小さな部分に留まり自覚症状もない状態なら、乳がんの手術も恐れる事はありません。
引用元:認定NPO法人J.POSH日本乳がんピンクリボン運動

乳癌の症状には以下のようなものがあります。左右いずれかに発症するため、バストの左右で大きさや形が変わることが特徴です。

  • しこり
  • 胸の表面のくぼみ・ひきつれ
  • 皮膚の一部が固い・赤く腫れる
  • 乳頭の先端が左右違う方向をむいている

乳癌の診断法は以下の手順で行いますが、症状によってはこの全てを行うわけではありません。マンモグラフィーは、乳房を挟んで写すレントゲン検査です。

1. 問診2. 視診・触診3. マンモグラフィー4. 超音波検査

20歳を過ぎれば誰でも乳癌年齢だと言われています。

普段から自分の胸をチェックして、早期発見を心がけましょう。

バストの左右非対称って、誰にでもあることよ。でもあまり極端な時は、解決法を試してみて。筋肉のバランスが左右で違うケース、そして骨盤の歪みが原因の場合、ママの授乳のクセによるもの、それぞれ違った解決法があるわ。

でも病気が原因になっているケースだけは、ちょっと心配ね。授乳期ママの乳腺炎によるバストのアンバランスは一時的なものだけど、放置すると本格的に左右非対称になってしまう可能性もあるから気をつけて。

問題は乳癌よ。でも発見が早ければ十分に治る病気。バストの大きさや形のアンバランスが早期発見のポイントだから、何か引っかかることがあれば、すぐに病院へ行くべきね!

この記事をシェアする!