全部タダ!バストアップに成功する人の生活習慣とセルフケア徹底解説

2016/09/27

女性として、自分のバストに全く不満がないという人はあまり多くはないと思います。

形や大きさなど、ほんの少しでも『もっと○○だったらよかったのに…』と考えたことがある人が大半ではないでしょうか?

かといって、お金をかけて豊胸手術をするか、あるいはサプリメントや育乳ブラなどのバストアップグッズを購入するのかとなると、『そこまでするほどでは…』という気持ちも出てきてしまいますよね。

そんな方にぜひおすすめしたいのが、生活習慣・食生活の見直しや、効果的なセルフケアなどの自分でできるバストアップ方法です。

手軽に取り入れられて、しかもすべてタダでできるバストアップのための生活習慣やセルフケアについて、詳しく解説していきます。

カギは成長ホルモンと女性ホルモン!育乳生活習慣とは

胸を大きくするためには、成長ホルモンと女性ホルモンが十分に分泌されなければいけません。

どんなに熱心にマッサージをしても、バストアップ効果があるグッズを取り入れても、結局のところ必要なホルモンが出ていなければ100%の効果を得ることはできないのです。

そこでまずは、成長ホルモンと女性ホルモンの分泌を促すのに効果的な、いわば《育乳生活習慣》を知ることから始めましょう。

  • 夜は規則正しく十分な睡眠をとる
  • シャワーで済ませずできるだけ湯船に浸かる
  • ストレスをためない
  • 喫煙は控える

この4つをしっかり実践すれば、成長ホルモンと女性ホルモンを活性化させることが可能です。

睡眠不足は女性の敵!目指せ7時間睡眠

成長ホルモンの分泌に欠かせないのが睡眠です。十分な成長ホルモンの分泌を促すためには、7時間以上の連続した睡眠をとることが望ましいとされています。

成長ホルモンはバストアップに欠かせないのはもちろん、美肌を維持するためにも重要なホルモンです。

できるだけ毎日決まった時間に就寝すること、7時間の睡眠時間を確保することを心がけましょう。

リラックス&血行促進!湯船に浸かるといいことずくめ

忙しいとお風呂にお湯をためるのが面倒で、ついついシャワーで済ませてしまっていませんか?

実は湯船に浸かることは二重の意味でバストアップに効果が見込めるのです。

お風呂にゆっくりと浸かると、リラックスした気持ちになりますよね。

人間の自律神経は、緊張状態で活発になる交感神経とリラックスした状態で活発になる副交感神経という正反対の2種類の神経がバランスよく働くことによって成立しています。
バストアップに必要な女性ホルモンの分泌が活性化するのは副交感神経が優位な状態の時です。

したがって湯船に浸かってリラックスすることによって、副交感神経の働きが活性化しバストアップにつながるというわけです。

そして湯船に浸かることで血の巡り、つまり血行も促進されます。血行が良くなれば栄養素が全身により多くいきわたるようになるので、バストアップに必要な養分が自然と胸に運ばれていきます。

リラックスすることによる副交感神経の活性化、そして血行促進と湯船に浸かれば一石二鳥のバストアップ効果があるのです。

副交感神経が働かない!育乳にストレスは禁物

副交感神経の働きを優位にするという意味では、ストレスをためることはできる限り避けるべきです。

ストレスを感じている状態では、交感神経が活性化するのですが、そうなると副交感神経の働きは相対的に鈍くなってしまいます。

副交感神経が十分に働いていない状態では女性ホルモンの分泌量を増やすことも期待できません。

難しいかもしれませんが、ストレスはできるだけため込まず、上手に発散することがバストアップへの近道なのです。

百害あって一利なし!バストアップにも喫煙はNG

昨今、健康面など様々な理由でタバコを吸わないことが推奨されていますが、バストアップにもやはり喫煙は悪影響です。

バストアップに欠かせない成分の1つにコラーゲンがあるのですが、タバコに多量に含まれるニコチンには、このコラーゲンの生成を阻害する作用があります。

しかも、ニコチンは女性ホルモンの分泌も抑制してしまうのです。例えばストレス発散の手段としてタバコを吸うことを選択するとしたら、それはかえって逆効果になってしまいます。

また、喫煙すると血管が収縮し、胸に十分な栄養素が届かないというデメリットもあります。

まさしくバストアップに百害あって一利なしなのが喫煙習慣なのです。

バストアップしたいけど、お金はできればかけたくないんだよね。

自分でできるバストアップの方法ってやっぱりマッサージとか、食事に気を付けるとかなのかな?

何から始めたらいいのかわかんないよー!

自力でバストアップに取り組むなら、まずは生活習慣の見直しからよ!

成長ホルモンと女性ホルモンが十分に分泌されなければ、いくらバストアップマッサージとかを頑張っても100%の効果は得られないんだけど、そのホルモン分泌を左右するのが生活習慣なのよね。

例えば睡眠をたっぷりとる、シャワーじゃなくてお風呂につかる、それからストレスをためないこと!そういうのが大事。あと、タバコはバストアップにも悪影響だから吸ってる人はできるだけ控えてね。

コレ食べとけばOK!バストアップに欠かせない3つの栄養素

自力でバストアップに取り組む際には、食習慣を見直すことも非常に重要になります。

生活習慣の項目の中で、血行を促進することで胸に十分な栄養が届くという話が出ましたが、バストアップに効果のある栄養素が必要なだけ摂取できていなければ、いくら血行が良くなっても意味がありません。

栄養に気を遣って様々な食材をバランスよく摂取するということは健康と美容を維持するうえで大前提となる条件ですが、それに加えてバストアップ効果のある特定の栄養が摂れる食材を積極的に取り入れることをおすすめします。

もちろん、その栄養素を含む食材さえ食べていればバストアップができるというわけではありませんが、その他の生活習慣やセルフケアにプラスして取り入れることで、相乗効果が期待できます。

バストアップに効果的な栄養素として代表的なものは以下の3つです。

  • 大豆イソフラボン
  • ボロン
  • タンパク質/li>

それぞれの栄養素の働きと、豊富に含まれる食材について詳しくご紹介します。

女性ホルモンと同じ働き!?大豆イソフラボンの力

大豆イソフラボンとは、その名の通り大豆に特有の成分です。

大豆をそのまま食べるのでも構いませんが、豆腐や納豆、きな粉などの大豆製品からも、もちろん摂取することができます。

大豆イソフラボンのいちばんの特徴は、女性ホルモンと同様の働きをするという点です。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2つの種類があります。
大豆イソフラボンは、乳腺とそれを保護する脂肪を発達させてふっくらとハリのあるバストをつくる作用のあるエストロゲンの方に非常によく構造が似ているため、バストアップ効果が期待できるのです。

ただし大豆イソフラボンに関しては、過剰摂取は避けるようにしてください。摂取しすぎるとホルモンバランスが崩れ、生理不順などの原因となることがあります。

エストロゲンを活性化!ボロンって何者?

ボロンというのは、日本語で言えばホウ素というミネラルの1種です。その主な働きは、上で紹介した女性ホルモンのエストロゲンの分泌を活性化するというものです。

ボロンを多量に含む食材としては、以下のようなものがあります。

  • キャベツ
  • ブロッコリー
  • リンゴ
  • アーモンド

中でもおすすめの食材はキャベツです。

ボロンは熱に弱い栄養素で、加熱してしまうと効果はほとんどなくなってしまいます。

したがって、生で食べやすく、上記の他の食材と比べてもボロンの含有量が多いキャベツはボロンを摂取するのにベストな食材なのです。

バストの土台をつくるのはタンパク質

タンパク質といえば誰もが知っている代表的な栄養素ですよね。でも具体的にどのような働きをするのかというと、意外と知らない人もいるかもしれません。

タンパク質は、筋肉や血液、ハリのある肌をつくるのに必要な重要な栄養素です。言ってみれば、身体の土台作りをするための成分なのです。

土台がしっかりしていなければ、どんなに上にいろいろなものを積み上げてもよい状態で維持することは難しいものですよね。

だからこそ、良質なタンパク質を十分に摂取することはバストアップにも欠かせないと言ってよいでしょう。

なお、タンパク質には植物性と動物性がありますが、偏りなくどちらもバランスよく摂取することが大切です。

  • 肉類(特に鶏肉)
  • 乳製品(牛乳・チーズなど)
  • 大豆
  • アーモンド・落花生

タンパク質を豊富に含む食材は上記の通り比較的種類が多く、栄養素の中では摂取しやすいものです。

大豆イソフラボンやボロンといった他のバストアップ効果のある栄養素を含むものもあるのも嬉しいですね。

食事についての更に詳しい情報については下記記事を参照ください。
楽しく簡単に食事で摂ろう!胸を大きくするお勧め成分5選

食事の内容を見直すのも、バストアップのためには大切なんですね。

女性ホルモンと同じ働きをする大豆イソフラボンや女性ホルモンの分泌を活性化するボロンはバストアップの強い味方になってくれそうです。

筋肉や血液、ハリのあるお肌をつくるタンパク質も、バストの土台をしっかりしたものにするためには欠かせないんですね。

そのブラ、ホントに合ってる?正しい下着の選び方と着け方

バストアップのためには、下着の選び方・着け方というのも意外と重要なポイントになります。

といっても、補正下着やバストアップブラなどの特別な下着をつけなければいけないというわけではなく、高価なものを選べばよいということでもありません。

普通のブラジャーでも、自分に合ったものを正しく着けていればバストアップをサポートしてくれます。逆にサイズの合わない下着を選んでいたり、着け方に間違っている部分があると、バストのサイズダウンや形崩れを起こしかねません。

大きくても小さくてもダメ!ジャストな下着の選び方

自分のバストにぴったり合う下着を選ぶためには、お店できちんとフィッティングすることが不可欠です。

少し恥ずかしいと思うかもしれませんが、店員さんに正しいサイズを測ってもらい、実際に着けて試してみなければ本当にフィットする下着を選ぶことはできません。

下着メーカーのワコールでは、ブラジャーが身体にフィットしているかをチェックするポイントを以下のように紹介しています。

ブラジャーが自分の身体にフィットしているかどうか

食い込んでいたり、締め付けがきつければ血行を悪くしてバストに必要な栄養が運ばれなくなってしまいますし、逆にゆるくてずれたり浮いてきたりしてしまうようではバストがきれいにカップにおさまらず、垂れる原因になります。

同じサイズでもメーカーによってつくりが違うこともあるので、妥協せず自分に合う下着を探してみましょう。

下着の着け方でバストの大きさ、変わるかも!?

せっかくフィットする下着を選んでも、着け方が間違っていると効果は半減してしまいます。

下着メーカーのワコールでは正しいブラジャーの着け方を以下のように紹介しています。

ブラジャーが自分の身体にフィットしているかどうか

このようにしてバストやその周辺のお肉を余すことなくきれいにカップにおさめることで、バストの形を整え、バストアップにつなげることができるのです。

自分に合った下着を選ぶこと、その下着を正しく着けることもバストアップには欠かせないわよ。サイズの合わない下着はそれだけでバストが小さくなったり、形が崩れる原因になってしまうわ。

下着を選ぶときには、きちんと店員さんにサイズを測ってもらって、必ず試着しなくちゃダメ!

そしてせっかくぴったりフィットする下着を選んだなら、正しい着け方をしなければ意味がないのよ!

すき間時間にできるから続く!バストアップマッサージ

自分でできるバストアップと言えば、やはりマッサージは王道と言ってもよいでしょう。

生活習慣や食生活とは異なり、直接バストにアプローチできるので効果を実感しやすいのがマッサージの良いところです。

バストアップマッサージとして、様々なものが紹介されていますが、基本的にはだいたい2種類に分類することができます。

  • バストを支える周辺の筋肉を鍛える
  • バスト周辺のリンパの流れを改善して老廃物を貯まりにくく、栄養をいきわたりやすくする

マッサージというと時間がかかる、面倒…というイメージが強く、続ける自信がないという人も多いと思います。

しかし、バストアップマッサージの中には短時間で簡単にできるものも少なからずあるのです。

例えば筋肉を鍛えるタイプのマッサージでは、後頭部から背中にかけての僧帽筋に特化したシンプルなものがおすすめです。

①両手を後ろに組んで、手のひらをつけて肘を伸ばした状態で肩を後ろ回しに動かす(8回)

②後ろで組んだ手を下に引っ張るイメージで肩甲骨を中心に寄せる

③胸を上に向けて張り、首筋を伸ばして視線を斜め上に向ける

④この状態を3秒キープする

実際にやってみると非常に簡単で短時間でできるマッサージです。

上向きのハリのあるバストをつくる効果が期待できるだけでなく、肩こりや首周りのたるみの改善にも役立ちます。

リンパにアプローチするマッサージでも10分程度で手軽にできるものがあります。

①脇側の下からバストを手ですくい上げるように動かす

②左右それぞれのバストを反対側の手で斜めに持ち上げ、下から上にすくうようなイメージで動かす(左右30回ずつ)

③両手で脇側からバストを中央に寄せるイメージでゆらす(30回)

このマッサージのポイントは、必ず左から行うことです。心臓のある側からスタートすることで、リンパや血液の流れがよりよくなるとされています。

朝晩2回行うのが理想的ですが、テレビを見ながらなど何かのついででできるので、自分のやりやすいタイミングを見つけてみてください。

自分でできるバストアップと言えばやっぱりマッサージですよね!

バストを支える筋肉を鍛えることと、バスト周辺のリンパの流れを良くすることが大切なんですね。

バストアップマッサージってちょっと時間がかかったり、難しかったりするのかと思いましたけど、5分~10分程度でできる簡単なものもあるんですね。

これなら続けられそうです。

できることから始めよう!バストアップは自分でできる

基本的な生活習慣や食生活から、下着選び・マッサージといったバストに直接かかわることまで、自分でできるバストアップケアを幅広くご紹介してきました。

とはいえ、すべてを毎日続けるというのは難しいと思います。続けることがストレスになってしまっては本末転倒です。

まずはできそうなこと・やってみたいことから取り入れてみてください。例えば今日からシャワーをやめて湯船に浸かってみるという程度の小さなことからでもよいのです。

セルフケアはなかなか効果がすぐには実感しにくいかもしれませんが、大事なのは無理なく長く続けることです。

理想の美しいバストを目指して、今日できることから始めてみましょう。

バストアップを本気で実現!様々な方法をご紹介しますの記事もございますので、ぜひ読んでみてくださいね!

お金をかけずに自分でバストアップに取り組もうと思ったら、生活習慣や食生活を見直すこと、正しい下着を選ぶこと、それからバストアップマッサージなんかの方法があるわ。

セルフケアの場合、すぐに効果が出るわけではないから継続して長く続けることが大切よ。

効果があることを全部毎日取り組もうとすると大変だし、ストレスになってもいけないから、無理はしないでできそうなこととかやってみたいことを上手に取り入れてみてね。

この記事をシェアする!