離れ胸をキュッと近づけたい!どんなエクササイズが効果的?

2016/03/29

「サイズはそんなに小さくないはずなのに、なぜか胸が大きく見えない・・・」そういう方は、左右の胸が離れていることが原因かもしれません。

いつの時代も豊かで女らしいバストは女性の憧れです。女性のバストへの関心は強く、それゆえに、様々な悩みを抱えています。バストの大きさ、色や形、バランスなど、女性の数だけバストの悩みがあるのです。

今回は「胸が離れているのが気になる」という方の為に、胸が離れてしまう原因、胸の構造、胸を寄せる効果のあるエクササイズについてご紹介します。

ブラジャーを外したらバストが外を向いてしまう・・とお悩みの皆さん、ブラジャーを外しても自信の持てる、キュッと近づいたバストを手に入れましょう。

離れ胸の原因は筋肉の衰えやクーパー靭帯の傷み!

離れ胸を治す為には、まず原因を知ることです。胸が離れてしまう原因には、以下のようなものがあります。

  • 大胸筋・小胸筋の衰え
  • クーパー靭帯が傷んでいる
  • 姿勢が悪い
  • ブラジャーが合っていない
  • バストサイズの変動が大きい
  • ホルモンバランスの崩れ

これらの原因について、詳しく見ていきましょう。

大胸筋・小胸筋の衰えによる離れ胸


バストは、土台となる肋骨や大胸筋に支えられ、小胸筋やクーパー靭帯によって形を保っています。バストの膨らみ部分は柔らかい脂肪組織なので、土台や支えになる部分が衰えてしまうと、形が崩れて離れ胸の原因になってしまいます。

【大胸筋】
脇から胸に向かって扇型に広がる大きい筋肉
胸を支える他、様々な角度に腕を上げる時のサポート

【小胸筋】
肩から斜め下方向に延びる小さい筋肉
胸を内側に引っ張る働きや腕を下げる時のサポート

そして、バストを語る上で忘れてはならないのがクーパー靭帯です。

クーパーじん帯とは、皮膚と乳腺組織と大胸筋をつなげている膠原(コラーゲン)線維の束のこと。
じん帯というと太いイメージがありますが、クーパーじん帯は一本の束ではなく、複数の線維の束でできている結合組織です。

これらの結合組織は、皮膚と乳腺の間で網の目(メッシュワーク)のように広がりながらバストを形成しています。
出典:ワコールCW-X

クーパー靭帯が傷んでいることによる離れ胸

バストを支える「クーパー靭帯」は、激しい衝撃や長時間の揺れに弱く、一度伸びると元に戻りません。

クーパー靭帯を傷つけない為に、スポーツをする時にはスポーツブラ、夜寝るときにはナイトブラを付ける事をお薦めします。特に、スポーツをする時にノーブラで行うのは厳禁です。

クーパー靭帯を傷めないためのブラジャー選びについては、後ほどご紹介します。

姿勢が悪いことによるバストラインの崩れ

姿勢が悪いとバストトップが下がってしまい、外に流れる原因になってしまいます。

また、反り腰(背中のS字カーブが強い状態)の方も離れ胸の原因になる事があります。

正しい姿勢を保つことは適度に筋肉を使うことにもつながります。これからは意識して、正しい「姿勢」に気をつけましょう。

サイズの変動によるバストラインの崩れ

授乳やダイエットでバストサイズが変動すると、バストの形が崩れたり、離れ胸になる事があります。このような場合はバストマッサージが効果的です。

「正しいブラジャーの選び方・付け方」と「バストマッサージの方法」は後半で解説します。

女性ホルモンのバランスの乱れによるバストラインの崩れ

離れ胸の原因になるバストの下垂には、筋力の衰えや重力以外に女性ホルモンのバランスも関わっています。

女性ホルモンがバランス良く周期的に分泌されると乳腺の発達につながり、バストのボリュームアップが期待できます。

女性の体は、妊娠・出産や年齢の経過などでホルモンバランスが変化しますし、ダイエットなどをくり返すことでホルモンバランスを崩してしまうことがあります。

女性ホルモンのバランスが乱れると、乳腺が発達せずバストがボリュームダウンする→下垂する→左右に離れるという負の連鎖につながる可能性があります。

また、女性ホルモンがバランス良く分泌されるとお肌の状態もよくなり、ハリが出ます。

顔や首・デコルテのお肌のハリは若々しさの象徴であり、バストをより美しく見せてくれます。肌が十分に保湿され潤っていると、バストを支える力も倍増するのです。

女性ホルモンのバランスを整えるために実践したい生活習慣を挙げてみました。

  • 体を冷やさない
  • 睡眠は充分にとる
  • 軽い運動の習慣を付ける
  • 良質なタンパク質を含んだ食事を摂る
  • ストレスを溜めない

女性ホルモンを整えるには規則正しい生活が欠かせません。また、女性ホルモンと近い働きをする大豆イソフラボンを含む豆乳などを飲むのもいいと言われています。

離れ胸の原因は筋肉の衰えやクーパー靭帯の痛みだったんですね。

クーパー靭帯って初めて知ったけど、バストを支えるためにとっても大切な役割をしているんですね。

ホルモンバランスがバストと関係あるなんて今まで考えたこともなかったから、これからは生活習慣を改善していきたいと思います。

離れ胸を作らないための正しいブラジャー選び

あなたはブラジャーを買う時にどうやって選んでいますか?もっとも手軽にできる離れ胸対策の一つが正しいブラジャーをつけることです。

もしサイズ表示だけでブラジャーを選んでいるのなら、それが離れ胸の原因かもしれません。

また、せっかくサイズの合ったブラジャーを選んでも、正しい付け方をしないとバストをサポートする効果が半減してしまい、もったいないです。また、体の状態や活動の場面にあったブラジャー選びをすることも大事です。

今回は、寄せるブラ、ナイトブラ、スポーツブラの3種類のブラジャーの特徴を紹介します。

キュッと寄せて谷間を作る!進化したブラジャーを見てみよう

最近では、様々な下着メーカーから、「寄せて上げる」系のブラジャーが発売されています。これらのブラジャーを選ぶ時のポイントをみてみましょう。

  • 採寸・試着をしてから購入を
  • 通常サイズなら4分の3カップ
  • グラマーさんはフルカップ
  • サイドからアンダーにかけて補強があるタイプがお薦め
  • ストラップは外側についたものを選んで

面倒ではありますが、ブラジャー購入のたびに採寸・試着をすることをお薦めします。いくつかブラジャーを付けてみると、「これは胸が寄って見える!」という1枚がみつかるはずです。

通常のカップのサイドからアンダーにかけてもう1枚布を使って補強してあるものは外側に流れがちなバストのボリュームを内側に寄せてくれる働きがあります。

脂肪はやわらかい組織で、下着によってある程度整える事ができるので、寄せて上げる系のブラジャーを付ける事をお薦めします。

最近人気のナイトブラなら睡眠中にバストアップ!

自宅でのリラックスタイムや睡眠中にバストを自由にさせておくことは、下垂や離れ胸の原因になるのであまりお勧めできません。

ナイトブラ、おやすみブラなどという名前で販売されているブラジャーは、仰向け・横向きなど様々な睡眠時の姿勢に対応し、バストをやさしくサポートしてくれます。

ストラップも幅広で食い込みにくく、やわらかく速乾性の素材が使われている物が多いです。

実際にナイトブラを着けている女性に聞くと、「ナイトブラを着けるようになったら、着けていないと逆に落ち着かない」「フィット感があるので苦しくない」「カラフルな物も多く、選ぶのが楽しみ」等と言う声が多いです。

自宅でのリラックスタイムや就寝時には、寝ている間にバストが流れてしまわないためにもナイトブラを着ける習慣をつけるといいですね。

胸の揺れに注意!スポーツをする時にはバストをサポート

最近はヨガやジョギングなどのスポーツが女性の間で人気です。

ヨガのようなスローな動きなら普通のブラジャーでもいいのですが、ランニングのような胸が揺れるスポーツを行う際にはバストをしっかり支えてくれる、スポーツ用のブラジャーを着けるようにしましょう。

前述のバストの高さをキープする「クーパー靭帯」は、揺れや激しい動きに弱く、しかも一度伸びたり切れたりしたら元には戻りません。

クーパー靭帯を傷めてバストの下垂や離れ胸を引き起こすことを避けるため、胸が揺れるようなスポーツをする時には、スポーツ専用のブラジャーが必需品です。

正しいブラジャーの付け方を確認しよう

正しいブラジャーの選び方やおすすめのブラジャーをご紹介してきましたが、最後に正しいブラジャーの付け方を確認しておきましょう。

【ブラジャーの付け方】
(1)ストラップ(肩ひも)を通す
(2)アンダーバストの位置を合わせる
(3)体を前に倒しバストの膨らみをカップに収める
(4)ブラジャーの中央位置が合っていることを確認する
(5)アンダーバストのラインが合っていることを確認したらホックを止める
(6)脇に流れたお肉を集めてブラジャーのカップに収める
(7)体を起してストラップの長さを調整する

どうですか?きちんと着けていましたか?

特に大事なのは(6)のお肉を集める時です。この時、左胸には右手、右胸には左手を使い、脇に流れたお肉を集めてあげると、プロにフィッティングしてもらった時の様な仕上がりになります。

今までブラジャーって可愛いければいいと思ってたけど、大きな間違いなんだね。

バストのサイズを最後に測ったのはいつだったかな。

ナイトブラ、噂には聞いていたけど、本当に効果があるなら試してみようかな。

ブラジャーを着けるときは、脇に流れたお肉を集めるといいんだね。

離れ胸を治したい!谷間を作る簡単エクササイズ

ここからは、バストを支えている大胸筋・小胸筋を鍛えるエクササイズをご紹介します。適度に筋肉を鍛えることで、女性らしいメリハリのある体を作りましょう。

大胸筋アップの基本は「合掌のポーズ」


合掌のポーズはバストアップ・エクササイズの基本形で、大胸筋を鍛えることで離れ胸を寄せる効果が期待できます。

【合掌のポーズ・基本編】
(1)背筋を伸ばし、肘を張り胸の前で手のひらを合わせます。
(2)ゆっくりと息を吐きながら左右から力を入れて10~15秒キープします。
(3)息を吸いながら力を緩めます。
(4)これを2~3セット繰り返します。

合掌のポーズは、手のひらや腕ではなく胸を意識するのがポイントです。

立ったままでもイスに座って行っても構いませんが、動作中は息を止めないでください。

合掌のポーズのバリエーション、左右・上下


次に合掌のポーズの応用編を2つご紹介します。

合掌のポーズから左右に動かす方法です。左右のバストのバランスが違う方は、小さい側を重点的に行うことをお薦めします。

【合掌のポーズ・応用編1・左右】
(1)基本の合掌のポーズを5秒程度行います。
(2)合わせた手のひらを体の正面から脇の前にずらし、10秒程度キープします。
(3)手のひらを反対の脇の前に移動して同じように行います。
(4)これを2~3セット繰り返します。

合掌のポーズから上下に動かす方法です。

【合掌のポーズ・応用編2・上下】
(1)基本の合掌のポーズを5秒程度行います。
(2)胸の高さにある手のひらを、頭の上に出る位までゆっくりとあげます。
(3)もう伸びないという所まで行ったら、ゆっくりと胸の前に戻します。
(4)これを2~3セット繰り返します。

合わせた手を上下する時は、手のひらが体の前をまっすぐに通過するように意識してください。また、勢いをつけないで時間をかけて行ってください。

合掌のポーズに慣れてきたら、手のひらの間に雑誌などを挟み、負荷をかける(難しくする)方法にチャレンジして下さい。

両肘合わせのエクササイズ(バタフライ)


次に両肘(ひじ)を合わせるエクササイズをご紹介します。フィットネスクラブにある、バタフライマシンに似た動きです。

【両肘合わせのエクササイズ】
(1)腕を左右に水平に伸ばし、肘から先を上に90度曲げ、手は軽く握ります。
(2)息を吐きながら腕を寄せて、手のひらから肘までを合わせるようにします。
(3)ゆっくりと腕を左右に戻します
(4)これを10セット程度繰り返します。

始めのポーズは体の両側にL字を作るイメージです。これも腕ではなく大胸筋を意識して行います。

もう1つの大胸筋アップ法は、「腕立て伏せ」


離れた胸やバストアップに効果があるもう1つの方法は、大胸筋を鍛える腕立て伏せです。

「そうは聞くけれど腕力がなくて・・」と思っている方も多いようですが、腕立て伏せは腕力ではなく大胸筋のパワーが大事です。

今回は、腕立て伏せを難易度別に4つ紹介します。どの動きも、きついと感じてから2~3回頑張ると効果的です。動く時は、腰を反らない様に気をつけて行って下さい。

【難易度1:立ったまま腕立て】
(1)足を肩幅くらいに開いて壁から50センチ位離れた所に立ちます。
(2)胸の前あたりの壁に両手をつきます。
(3)腕立て伏せの要領でゆっくりと腕を曲げます。
(4)ゆっくりと元の姿勢に戻ります。

腕を曲げる時は、腕ではなく胸を意識します。壁からの距離が遠いと大きな負荷がかかります。

【難易度2:台を使った腕立て】
立ったまま腕立てを、壁ではなく丈夫な台に手をついて行います。


低い位置で行うので、立ったままより負荷がかかります。これも余裕が出てきたら「難易度3:膝つき腕立て」を試してみて下さい。

【難易度3:膝つき腕立て】
(1)床に膝をつき、少し前方に手をつきます。
(2)頭から膝が一直線になったら、ゆっくりと腕を曲げます。
(3)ゆっくりと元の姿勢に戻ります。


膝つき腕立てにも慣れてきたら、普通の腕立て伏せにチャレンジしてみて下さい。

【難易度4:普通の腕立て伏せ】
(1)床にうつぶせになり、体の横に手をつきます。
(2)ゆっくりと腕を伸ばし、頭からつま先まで一直線になる事を意識します。
(3)ゆっくりと元の姿勢に戻ります。

小胸筋を鍛えるエクササイズ

先ほどの「立ったまま腕立て」の応用で小胸筋を鍛える事が出来ます。

この動きをわかりやすく紹介している動画があるので紹介します。

ここでは肩こりの解消を目的として紹介されていますが、小胸筋に刺激を与える動きなのでバストへの効果が期待出来ます。

【立ったまま斜めに腕立て】
(1)足を肩幅くらいに開き壁から50センチ位離れた所に立ちます。
(2)体より外側の壁に斜めに手を伸ばし、親指の付け根あたりを付きます。
(3)腕立て伏せの要領でゆっくりと腕を曲げます。
(4)ゆっくりと元の姿勢に戻ります。

腕立て伏せとは違う所に効くのが分かるでしょうか?大胸筋と小胸筋の両方を鍛えると更に効果が期待できます。

太ももの反発力を利用した大胸筋のエクササイズ

太ももの反発力を利用する大胸筋のエクササイズです。


【反発力エクササイズ】
(1)少し足を開いてイスに座ります。
(2)手のひらを太ももの外側に置き、外側から力を加えます。
(3)足は内側から開くようにして押し合います。

手の力と足の力の反発力で大胸筋が鍛えられます。自宅でテレビを見ている時などに取り入れてみてはどうでしょうか?

肩甲骨を回すエクササイズ

ここからは、大胸筋・小胸筋以外に効く方法を紹介します。


肩の後ろ側にある肩甲骨が堅くなってしまうと、バストの位置が下がったり離れたりする原因になります。こちらも動かしておきましょう。

【肩甲骨まわし】
(1)手の先を肩に付け、背中を意識しながら肩をグルグルと10回まわします。
(2)反対側にもグルグルと10回まわします。
(3)先ほどより肘を寄せた状態で同じように回します。

この動きはイスに座って行うことも出来ます。肩コリの解消にも効果があるので、デスクワークの合間などに行うのもいいですね。

また、肩甲骨まわしを続ける事で背中のラインがキレイなることが期待できます。

反り腰を解消するエクササイズ

反り腰の人は胸部の骨格を開いた状態でいることが多いので、バストが離れがちです。腰の反りを解消するエクササイズをご紹介します。


【反り腰を解消するエクササイズ】
(1)仰向けに寝て手は体の横に置き、足を曲げます。
(2)お尻を締める様にしてゆっくりと腰を上にあげます。(膝は開かない)
(3)ゆっくりと降ろします。これを5セット程度繰り返します。

理想的なのは、体と太ももが一直線になることですが、初めから無理をしないでください。

はじめに仰向けになった時に、腰と床の間がどれ位開いているのかを確認しておいて、終わった時に比べてみると効果が分かると思います。

離れ胸解消エクササイズをする時に気をつけたいことは?

次に、これらのエクササイズを行う際の注意点をまとめておきます。ケガなどを防止する意味もあるので、エクササイズを始める前に必ずチェックしてください。

  • 体が冷えた状態で行わない
  • エクササイズの前後に軽くストレッチを行う
  • 反動をつけるのではなく、ゆっくり動かす様にする
  • 周りの物や人に注意する(特に壁や台などを使う時)
  • ノーブラで行わない
  • やり過ぎに注意
離れ胸に限らず、エクササイズやスポーツを行う女性に気をつけて欲しいのは、「ノーブラで行わない」ということです。

今回ご紹介したエクササイズは、激しい動きを伴うものではないので、スポーツ用があればそれをつけて、なければ普通のブラジャーをつけて行ってください。

また、体が冷えた状態で急に動くとケガにつながりやすくなるので、出来れば暖かい部屋で行って下さい。部屋が寒い場合は、事前のエクササイズを念入りに行ってください。

女性の方は筋肉が付きにくいので、ここで紹介しているエクササイズだけで筋肉隆々になることはないと思いますが、頑張り過ぎは禁物です。

継続は力なり!エクササイズで美しい谷間を手に入れよう!

今回は、「胸が離れているのが悩み」という方に役立ちそうなエクササイズや対策をまとめてみました。

ここで紹介したエクササイズは、ある程度の期間続けないと効果が得られません。

合掌のポーズや立ったまま腕立て、肩甲骨回しは、ちょっとした空き時間にも出来そうです。「トイレの鏡の前に立ったら1セット」などと習慣づけてみてはどうでしょうか?

地道な努力を続けて、ブラジャーを外しても自信の持てる、キュッと寄ったバストを手に入れましょう。

やっぱり離れ胸を治すには、エクササイズが欠かせないんだね。

エクササイズってなんだか難しいっていうイメージがあるんだけど、合掌のポーズやバタフライポーズ、腕立て伏せぐらいなら、わかりやすくて私にもできそう。

エクササイズをするときにはどんなことに気をつけたらいいの?

そうよ。離れ胸を治すためには大胸筋と小胸筋を鍛えることが重要なの。

エクササイズを行うときは、きちんと事前にストレッチをして、体が温まってから始めるといいわ。

エクササイズのやり過ぎや激し過ぎる動きは禁物よ。

ノーブラでやるとクーパー靭帯を痛めてしまうから、エクササイズの際には必ずブラジャーを着用するようにしてね。

相乗効果を期待!エクササイズにマッサージをプラス

エクササイズが終わったら、胸を適度にほぐして、リラックスさせてあげると、よりエクササイズの効果を期待できます。

また、理想のバストの位置とはどこなのか?を確認する方法も紹介します。

バストをケアする基本のマッサージ法はシンプルで簡単!

授乳やダイエットでバストサイズの変動が大きい方はもちろん、それ以外の方にも覚えておいて欲しいバストマッサージを紹介します。


1.胸の中央を上から下にマッサージします。

2.バストを下から上に持ち上げるようにマッサージします。

3.バストの周りに円を描くようにマッサージします。

エクササイズ?マッサージ?話題の乳トレ

もっと本格的にマッサージをしたいという人には話題のマッサージ方法、乳トレをご紹介しましょう。

乳トレとはプライベートサロンを運営するセラピストの朝井麗華さんが提唱する、肩こりを解消して美乳を作り出すトレーニング方法です。

一日5分で驚くほど美乳になる、胸の筋肉をほぐすトレーニング方法「乳トレ」について詳しくみてみましょう。

【くるくる乳トレ(大胸筋乳トレ)】

(1)手をバストにそえて、バストが動かないようにする。

(2)デコルテを4本指で、筋肉をほぐすように、円を描くようにくるくるまわす。

(3)大胸筋をほぐす。

大胸筋がこりかたまると、肩が前のめりになるバストが垂れてしまいます。大胸筋をほぐすことでバストが前向きになるのです。

【肋骨乳トレ】

(1)手で逆サイドのバストの脇の肉を寄せる。

(2)肋骨と肋骨の間に、拳を入れて、脇からバストトップへ向かってスライドさせる。強く力を入れすぎないようにして、この動きを繰り返す。

肋骨と肋骨の間には肋間筋があります。肋間筋とは呼吸するときに胸を膨らませる筋肉です。この筋肉をほぐすことで、胸が解放されてバストアップにつながります。

肋骨の間に張る筋肉で,呼吸運動にあずかる。外肋間筋と内肋間筋があり,外肋間筋は肋骨を引上げて胸郭を広げ,吸気運動を行うのに対し,内肋間筋は外肋間筋の内側にあって肋骨を下げ,胸郭をせばめ,呼気運動を行う。
出典:コトバンクブリタニカ国際大百科事典

【グーパー乳トレ】

(1)手をグーにして、バストの脇から中央へ圧をかけながら寄せていく。

(2)脇、バスト上部、バスト下部の順に、ほぐしながら寄せていく。

乳トレによる効果

  • バストサイズがアップした
  • 肩こりが解消した
  • バストがきれいな形になった
  • 離れていたバストが寄った

実際に乳トレに挑戦した人の体験談を読むと、AカップがBカップになった、バストが丸くなった、おっぱいがぽかぽかしてきた、外向きのバストが寄ってきた、などバストアップ効果を実感した人が多くいました。

運動は面倒という人も、乳トレのようなマッサージなら家にいながら行うことができますので、毎日の生活にとりいれやすいですよね。

即効性もあるようですが、継続して行うことでより確かな結果を出すことができます。

どんなマッサージを行う場合でも、皮膚にダメージを与えないように、マッサージオイルやクリームをつけて行って下さい。入浴時に行えばボディソープでも代用できますし、体が温まっているのでプラスアルファの効果が期待できます。

また、日ごろから自分のバストに触れる習慣をつけておくと、乳がんやしこりの早期発見にもつながり、健康管理にも役立ちます。

理想的なバストの位置はどの辺なの?

様々な体型の方がいますが、女性にとって理想的なバストの位置は、どの辺なのでしょうか?

一般的に、理想的なバストトップの高さは肩と肘の真ん中あたりと言われています。

また、鏡に自分の体を映して、左右のバストトップと鎖骨の真ん中を結んだ線が正三角形を描くのが理想と言われています。

これを目標にしてエクササイズをしたら、頑張れるような気がしますね。

エクササイズにマッサージをプラスするとより効果的なんですね。とくにバストサイズの変動があった人にはおすすめみたいです。

話題の乳トレでは大胸筋をほぐすことでバストが前向きになるんですね。

実際に離れ胸が寄ってきたっていう口コミもあるみたいだから、期待大です。

マッサージの際にはクリームやオイルを使用することで皮膚を傷めないようにしなきゃいけないですね。

最後に確認しよう!バストアップのために避けたいNG習慣

ここまでバストの形をよくする、離れバストを改善するためにエクササイズやマッサージ、ブラ選びなどについて詳しく説明してきました。

最後のまとめとして、バストアップやバストの形をキレイにするために避けたいNG習慣を再度チェックしてみましょう。

当てはまる項目があれば、意識して気をつけるようにしましょう。

  • 睡眠不足
  • 喫煙
  • 運動不足
  • 過激なダイエット
  • 糖分の摂り過ぎ
  • 油分の不足
  • 激しい運動
  • 姿勢
  • 睡眠中の体勢(うつぶせ、横向きなど)
  • ノーブラ
  • 間違ったブラジャー選び
  • 卒乳後のバストケアを怠る

すでに説明した項目もありますが、睡眠不足、運動不足、喫煙、過激なダイエット、糖分の摂りすぎや油分の不足などは、生活習慣そのものが体のバランスを崩すことにつながっています。

体調が悪ければ、ホルモンのバランスが崩れたり、内臓を冷やしたりしますので健康的で美しいバストを作ることが難しくなります。

間違ったブラジャー選びやノーブラ、激しい運動、睡眠中の体勢などはバストの形を崩したり、左右のバストが離れてしまう原因になります。

様々な角度からバストアップを考え、バストアップによくないと思われる生活習慣を改善することがバストアップへの第一歩です。

生活を改善するのと同時に、マッサージやエクササイズを取りいれて、より美しいバストを目指しましょう。

離れ胸でバストに対する自信を失くしてた人もエクササイズやマッサージ、ブラジャー選びで悩みが解消できるってことがわかったと思うわ。

エクササイズで大胸肉を鍛えて、マッサージで筋肉をほぐすことでキレイなバストを手に入れることができるのよ。

今までサイズの合っていないブラジャーを着けてた人も、クーパー靭帯を保護してくれる正しいブラジャー選びや付け方に注意してね。

離れ胸を解消して、キレイなバストの形を保つためにも、NG習慣をチェックして、生活習慣の改善も心がけるようにしてほしいわ。

この記事をシェアする!