スキムミルクは魔法のミルク?バストアップに効くのか徹底調査!

2016/09/13

美容に関する女性の悩みは人それぞれですが、胸が小さいことも切実な悩みの一つです。そこで、バストアップしたいと思った時、みなさんはどのような方法を試したいと思いますか?

エクササイズ、サプリの摂取、筋トレなどの方法が浮かんだのではないかと思います。それから、バストアップに効果がある食べ物を食べるという方法もありますよね。

バストアップに効く食べ物はいくつか知られていますが、スキムミルクも胸を大きくするのに役立つのではないかと言われています。スキムミルクは、女性の胸を大きくしてくれる魔法のミルクなのでしょうか?

徹底的に調査しましたので、スキムミルクが本当にバストアップに効くのか、確認していきましょう!

食べ物から摂れるバストアップに効果的な9つの成分とは?

まずは、スキムミルクがバストアップに効くのかどうかを検証するために、食べ物から摂れるバストアップに効果的な成分とは何か、確認しましょう。

食べ物から摂れるバストアップに効果的な成分は、9つあります。

バストアップに効果的な成分と働き

食べ物から摂れるバストアップに効果的な成分とその働きは、下記の通りです。

成分名 働き
大豆イソフラボン 乳腺の細胞を増やす
たんぱく質・アミノ酸 ホルモンが分泌されやすくする・バストにハリを出す
ビタミンA バストに潤いやハリを与える
ビタミンB1 ホルモンを作る材料になる
ビタミンB2 ホルモンを作る材料になる
ビタミンB6 エストロゲンの働きを強める
ビタミンB12 バストに脂肪がつきやすくする
ビタミンC バストのハリを保つ・ストレスを感じにくくする
ビタミンE 美肌効果がある・血行を促進する

大豆イソフラボンは、その名の通り大豆製品に多く含まれている成分で、女性ホルモンであるエストロゲンと似た分子構造をしています。

エストロゲンは、乳腺の細胞を増やす働きをするホルモンです。アミノ酸が結合するとたんぱく質になるため、この二つは同じ成分として紹介しています。

バストの仕組みから見る、バストアップに特に大切な成分

では、先ほど紹介した成分の働きをもっと詳しく見るために、バストの仕組みを確認したいと思います。

バストは、下の図のような構造になっています。

バスト断面図

バストは大きく分けると、乳腺と脂肪で出来ています。

乳腺は、子どもが出来た時におっぱいを出す器官です。それを脂肪で覆うような形でバストは成り立っています。

比率でいうと乳腺1に対して脂肪9となっており、大胸筋でそのバストを支えています。

脂肪は乳腺を守る役割を果たしているので、乳腺を発達させるとそれに伴って脂肪も付くようになっています。

したがって、バストを大きくするためには、乳腺を発達させるのが良いという事になります。

乳腺は、女性ホルモンであるエストロゲンが増える事によって発達しますので、エストロゲンの分泌が促進されるとバストアップしやすくなります。

先ほど確認したバストアップに効く成分の中に、エストロゲンと似た分子構造をしている、大豆イソフラボンがありましたね。エストロゲンと分子構造が似ている大豆イソフラボンは、エストロゲンと似たような働きをしますので、それを摂ることが大切です。

また、たんぱく質はホルモンを分泌しやすくしますし、ビタミンB6にはエストロゲンの働きを強める働きがあります。さらに、エストロゲンの働きを強めるには、ホルモン自体がきちんと作られることも大切です。ビタミンB1やビタミンB2は、ホルモンを作る材料になるんですね。だから、エストロゲンも作られやすくなります。

効果的にバストアップをするのなら、これらの成分が欠かせないのです。

そっか、バストアップするには乳腺を発達させることが大切なんだね。そうしたら、乳腺を守るために脂肪もついてくれるということか。

バストアップに役立つ成分って、けっこうあるんだね。イソフラボンは乳腺の細胞を増やしてくれるし、女性ホルモンの材料になるビタミンもあるんだ。

バストアップに効く成分は入っているの?スキムミルクを知ろう

では、スキムミルクには、先ほど紹介したようなバストアップに効果的な成分が入っているのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

みなさんもご存知のように、スキムミルクは牛乳の栄養素はそのままに、脂肪と水分を除いた食品です。「脱脂粉乳」という呼び名の方が、馴染みがあるという方もいらっしゃるかもしれませんね。

では、そのスキムミルク(脱脂粉乳)がバストアップに効くというのは本当なのか、スキムミルクの成分を見てみましょう。

スキムミルクの成分

スキムミルクの成分

たんぱく質・水分・脂質・炭水化物・灰分・カルシウム・カリウム・ナトリウム・マグネシウム・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・葉酸・ナイアシン・パントテン酸など

スキムミルクには、多くの成分が含まれていることがわかりますね。他にも含まれている成分がありますが、主なものをご紹介しました。

では、先ほど確認した、バストアップに効果ある成分と比較して、スキムミルクにバストアップ効果があると言えるのかどうかを確認しましょう。

スキムミルクに含まれる、バストアップに効く成分

スキムミルクには、バストアップに効く9つの成分のうち、下記のものが入っています。

  • たんぱく質・アミノ酸
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC
  • ビタミンE(含まれている量は微量)
先ほど紹介したバストアップに効く9つの成分と比較してみると、スキムミルクにはそのうちの8つが含まれているんですね。
そのため、スキムミルクはバストアップに効果を発揮してくれると言えます。

スキムミルクにバストアップ効果があるのなら、スキムミルクの元となる牛乳や、赤ちゃん用の粉ミルクはどうなの?と疑問を持たれた方もいらっしゃるかもしれません。

では、それらの食品にもバストアップ効果があるのか、見てみましょう。

スキムミルクと牛乳の比較

スキムミルクには多くの成分が含まれているため、その栄養価の高さから、学校給食にも積極的に利用されています。

その中で、学校給食研究改善協会が、質問に対する回答として、牛乳とスキムミルクとの相違点を比較しています。

Q2 脱脂粉乳の栄養について、牛乳との相違点は?
牛乳と比べると「脂質」は約4分の1で、カルシウムは約10倍です。
また体調を整えるのに重要な役割を果たす無機質類も豊富に含まれています。

引用元:公益法人学校給食研究改善協会

学校給食研究改善協会の回答を元に考えると、スキムミルクと牛乳の違いは、脂質やカルシウムの量ということになりますね。

牛乳の栄養成分を見ても、バストアップに必要な成分のうち、スキムミルクと同じ下記の成分はすべて含まれています。

  • たんぱく質・アミノ酸
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC
  • ビタミンE(含まれている量は微量)

そのため、バストアップのことだけを考えるのなら牛乳もお勧めですし、実際にバストアップのために牛乳を飲んでいる人もいます。

しかし、牛乳は多くの成分を含んだ健康的な食品ですが、脂肪分が多いことが難点です。その点、スキムミルクは脂肪を除いてあるので、高脂肪にならず、なおかつ牛乳に含まれる成分はそのままなのが嬉しい食品です。

そのため、太ることが気になる人には、牛乳よりもスキムミルクの方がお勧めです。

スキムミルクと赤ちゃん用の粉ミルクの比較

では、スキムミルクと赤ちゃん用の粉ミルクで比較するとどうなのでしょうか。実はこの話題は、美LAB.(ビラボ)という名前の、バストや美容のことなど人には言えない体の悩みを共有して一緒に解決しようというコンセプトで運営されているサイトでも、取り上げられたことがあるんですよ。

ということは、皆さん気になるところだということですね。では、詳しく見ていきましょう。スキムミルクと赤ちゃん用の粉ミルクは、下記の点で違います。

スキムミルク 赤ちゃん用の粉ミルク
牛乳から脂肪分を取り除いたもの 牛乳の成分が調整されたもの

スキムミルクは、牛乳から脂肪分を取り除いただけのものですが、赤ちゃん用の粉ミルクは、できるだけ母乳の成分に近くなるように、成分が調整されたものです。

乳脂肪が他の油脂に置き換えられるなど、成分が変えられています。

赤ちゃん用の粉ミルクにも、やはりスキムミルク・牛乳と同じようにバストアップに効果がある下記の成分が全て入っています。

  • たんぱく質・アミノ酸
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC
  • ビタミンE(含まれている量は微量)

しかし、赤ちゃん用の粉ミルクは、赤ちゃんの栄養となり母乳の代わりをするものなので、カロリーがかなり高くなっています。そのため、大人が飲み続けると、太るなどの問題があります。

ですので、バストアップを目的に摂取するなら、スキムミルクがいいでしょう。脂肪分が気にならないなら、牛乳でもかまいませんが、赤ちゃん用の粉ミルクはさらにカロリーが高いのであまりお勧めできそうにありません。

牛乳と赤ちゃん用粉ミルクのカロリーを比較すると、以下のようになります。

  • 粉ミルク…100gで514kcal
  • 牛乳…100gで67kcal

この違いは大きいですね。

スキムミルクや牛乳には大豆イソフラボンが含まれていない!

ここまで読まれてみなさん気づかれたと思いますが、バストアップに関わる成分のうち、スキムミルクや牛乳には大豆イソフラボンが足りません。

大豆イソフラボンは、バストアップに効く成分の中でも直接乳腺の発達に関わる働きをしますので、バストアップのためにはぜひ摂り入れたいものです。

スキムミルクや牛乳にはバストアップに効く成分が多く含まれていますので、バストアップに効果が無いわけではありません。

しかし、直接乳腺の発達に関わる成分がある方が、さらに効果的にバストアップできます。

そこで、スキムミルクのバストアップ効果をさらに増すために、お勧めの摂り方をご紹介したいと思います。

スキムミルクには、バストアップに有効な9つの成分のうち、8つが入っているんですのよ。だから、バストアップに効果があると言えるんですわね。

もちろん、スキムミルクは牛乳から脂肪分を抜いたものなので、牛乳でもバストアップに効果がありますけど、脂肪分が低い分スキムミルクの方がオススメなんですわよ。

赤ちゃん用の粉ミルクにももちろん同じ効果はあるんですけど、赤ちゃんの栄養となるものだから、カロリーが牛乳と比べてかなり高いですわ。

スキムミルクでバストアップするならきな粉と合わせると効果的!

先ほど確認したように、大豆イソフラボンは大豆製品に多く含まれています。ということは、大豆製品と合わせてスキムミルクを摂ればいいということになりますね。

お勧めはきな粉と合わせて摂ること!

スキムミルクと合わせて取る大豆製品としては、きな粉がお勧めです。

きな粉は、大豆を炒ってそれを挽いて粉にしたものです。

大豆が原料なので、きな粉には大豆イソフラボンが豊富に含まれています。さらに、粉なので、スキムミルクと一緒に溶かして飲むのにも便利です。

具体的には、スキムミルクときな粉、砂糖を少々入れたものを、食事の5分前に飲むといいと言われています。

実は、スキムミルクは、近年ダイエット食品としても注目を浴びています。牛乳と同じ栄養素を含んでいるのに、脂肪分が少ないことがその理由です。

上記のような飲み方をすると、余分な食欲が抑えられるので、バストアップとダイエットを両立させることができるというメリットまであるんです!

スキムミルクは『魔法のミルク』だと言える理由が、わかる気がしますね。

バストアップに効くきな粉スキムミルクも飲みすぎには注意!

きな粉スキムミルクにはバストアップ効果もあり、さらにダイエットにもいいなんて、とても嬉しいですね!

そのため、この話を聞いた方は、ついついたくさん食べたくなるのではないでしょうか。

しかし、イソフラボンを大量に摂取するのは考え物です。先にも述べたとおり、イソフラボンは体内でエストロゲンに似た働きをします。そのため、摂取しすぎてしまうと、生理不順になるなど、体の不調を引き起こす原因になることがあります。

そのため、あくまで適正な量にとどめて、ストレッチやマッサージなど、他の方法も組み合わせてバストアップをすることを考えましょう。

一般的には、人が摂取するイソフラボンの適正量は、1日納豆1パック分だといわれています。案外少ないですよね。それを越えて摂取してもメリットはない、と考えたほうがいいでしょう。

きな粉でバストアップすることについてもっと詳しく知りたい方は、こちらきな粉のアノ成分がバストアップに効果的!上手な取り入れ方教えますの記事もおすすめですよ。

スキムミルクに唯一足りないバストアップ成分が大豆イソフラボンだと考えると、大豆製品であるきな粉と合わせるといいというのは、とても理にかなっていると思います。合わせるだけだから、簡単なのもいいですね。

でも、飲み過ぎに注意しなければいけないというのを忘れてはいけないと思いました。

実はこんな方法も!ダイエット効果のあるスキムミルクの摂り方

スキムミルクと合わせて効果が期待できるのは、大豆イソフラボンだけではありません。実は、ずっと美しさを保ち続けている上戸彩さんも食べているという、スキムミルクをヨーグルトと合わせて食べる方法があります。

スキムミルクヨーグルトには、ダイエット効果が期待できます。体にメリハリが出れば、その分相対的に見て胸が大きく見えることになりますね。そのため、バストアップに効果があると言えるのです。

では、詳細を見ていきましょう。

スキムミルクヨーグルトにダイエット効果がある理由

スキムミルクヨーグルトにダイエット効果がある理由は、以下の通りです。

  • スキムミルクは脂肪分が取り除かれているので低カロリー
  • スキムミルク+ヨーグルトでカルシウムが豊富
  • たんぱく質が摂取できるので筋肉は減少しない
  • ヨーグルトに含まれる乳酸菌の効果で整腸作用が得られる

まず、スキムミルク自体が低カロリーなので、カロリーオフが期待できます。

また、カルシウムには脂肪をつきにくくする性質を持っています。スキムミルクとヨーグルトにはどちらもカルシウムが含まれていますので、よりダイエット効果が期待できるということです。

実際に、1日に消費するカロリーが1,900kcal以下の女性が毎日カルシウムを1,100mg以上摂ると、体重や体脂肪が減少したというアメリカでの研究結果があります。

さらに、ダイエットをするとたんぱく質を摂りにくくなり、その結果筋肉が減って基礎代謝が落ちることがあるのですが、スキムミルクヨーグルトを摂取することでたんぱく質がきちんと摂れ、筋肉が減少しにくくなります。

腸が上手く働かないと内蔵脂肪が蓄積されやすい状態になりますが、スキムミルクヨーグルトには整腸作用を持つ乳酸菌が含まれていますので、腸内環境が良くなり腸が活発に働くようになります。それもダイエット効果を高めるのに役立っています。

スキムミルクヨーグルトの作り方と効果的な食べ方

スキムミルクヨーグルトは、以下の方法で作れます。

1、スキムミルク(60g)とプレーンヨーグルト(400g)を混ぜる。
2、キッチンペーパーなどでふたをし、輪ゴムで止める。
3、室温(20℃~30℃くらい)で半日程度置いておく

作り方はとても簡単ですね!半日程度置いておくことで乳酸菌が増えますので、より効果が期待できるのと共に、口当たりも良くなります。

効果的な食べ方としては、以下のような方法が挙げられます。

食べ方 理由
朝食と置き換える 腸が働きやすくなり基礎代謝量が上がる
夕食時に食事を減らして加える 就寝中に腸内環境が整えられる
三食全ての前に食べる 満腹感が得られ食べ過ぎを防ぐことができる

同じ味に飽きたらココアを加えてココアスキムミルクヨーグルトにするなど、味に変化をつけることもできますよ。フルーツやドライフルーツ、ナッツなどを乗せる方法もあります。

ただし、スキムミルク自体にも糖分は含まれていますので、砂糖などを加えるとあまり効果が期待できなくなります。もし加えるのなら、オリゴ糖などがいいと言われています。

スキムミルクヨーグルトは、低脂肪だったりスキムミルクとヨーグルトの相乗効果でカルシウムの摂取が期待できたりなどの理由で、ダイエットにとても効果を発揮してくれるんですのよ。

食べ方も難しくないわね。朝食と置き換える、三回の食事の前に分けて食べるなど、自分がやりやすい方法でダイエットに取り組めるのが嬉しいわね。

スキムミルクが良い睡眠に関係?眠りとバストアップの関係とは

スキムミルクがバストアップに役立つ理由は、他にもあります。スキムミルクには、トリプトファンという成分が含まれているのですが、これが睡眠に関わっていて、バストアップ効果をもたらしてくれるんです。

では、どういうことなのか、確認しましょう。

トリプトファンには精神安定効果がある!

トリプトファンとは、牛乳から見つかった必須アミノ酸の一種です。必須アミノ酸は体内で必要な量を合成することができない種類のアミノ酸なので、食事の際に栄養として摂りこむ必要があります。スキムミルク5gには、トリプトファンが24mg含まれています。

トリプトファンは、精神安定効果を持つアミノ酸です。そのため、摂取することで睡眠が促されます。わかさ生活によると、トリプトファンの効果は以下のように説明されています。

トリプトファンの健康効果
◎不眠を解消する効果
◎アンチエイジング効果
◎鎮痛効果
◎集中力、記憶力を高める効果
◎月経前症候群(PMS)を改善する効果
引用元:わかさ生活 わかさの秘密

バストアップと睡眠には関係があるという話を聞かれたことがある方もいらっしゃると思いますが、それは寝ている間に成長ホルモンが分泌されるからなんです。大人だからもう成長ホルモンは関係ないという印象があるかもしれませんが、成長ホルモンは大人にとっても必要なホルモンです。

メディアージュクリニック青山によると、成長ホルモンには以下の図のような様々な働きがあるのです。

★依頼中★
http://www.mediage.co.jp/menu/hormon/images/cont_img_01.jpg

この中に免疫機能を保ったりなどの働きがありますが、それらのお陰で夜寝ている間に疲れを回復することができます。また、細胞が修復・再生されたり、栄養が補給されたりといった効果もあります。それらの効果で、胸まで栄養が行き届きやすい状態が作られます。

また、睡眠不足になるとストレスもたまりますよね。すると、女性ホルモンの分泌を妨げてしまうという、副腎皮質ステロイドが作られます。そのせいでバストアップが難しくなるんですね。

ゴールデンタイムによく眠ると成長ホルモンが多く分泌される!

成長ホルモンは、ゴールデンタイムと呼ばれる22時から2時までの間に活発に分泌されます。つまり、できるだけこの時間に合わせて眠るといいということですね。

その時に、トリプトファンを摂取していることで眠りにつきやすくなるというわけです。

寝ている間のバストアップ方法について知りたい方はhttp://eve-melancholy.jp/entry-336/こちらの記事も読んでみてくださいね!

へえ、そうなんだ。バストアップには睡眠も大切なんだね。それは成長ホルモンのおかげなんだ。だったら、この時間には寝ておきたいよね。

その手助けをしてくれるのが、スキムミルクに含まれるトリプトファンなんだね。なんか、効果がありそうな気がしてきた!

スキムミルクはバストアップに役立つ魔法のミルク!

以上のことから、スキムミルクがバストアップに役立つ魔法のミルクだと言える理由をまとめます。

  • バストアップに効く成分が多く含まれている
  • きな粉と合わせて摂ることで、さらにバストアップ効果が高まる
  • ヨーグルトと合わせばダイエット効果が期待できる

ここまでの効果が期待できるのですから、まさに“魔法”だと言いたくなりますね。

バストアップを目指してスキムミルクを摂る場合、1日に20gを目安に摂取しましょう(牛乳なら1日200ml)。

スキムミルクは保存が効くなど、他にも便利な点がある!

脱脂粉乳と言われると、なんだか美味しくなさそうなイメージを持っている方もいらっしゃると思いますし、実際に給食で飲んでいた世代の多くの人は、美味しくなかったと言います。

しかし、現在ではそんなこともなく、スキムミルクも美味しく飲めるようになっています。さらに、お菓子作りに利用されるなど、用途も広がっています。

スキムミルクは、下記のような特徴を持っています。

  • 保存が長期間可能
  • 牛乳と比べて、エネルギーが少ない
  • カルシウム、たんぱく質等の栄養はそのまま得られる
  • 味やにおいも昔とは違い、不快な部分は一切ない
  • 粉末のため、ヨーグルトをはじめとして様々な料理にまぜて食べることができる

スキムミルクは、バストアップ効果があるだけではなく、便利に使えるものでもあるんですね。

スキムミルクを摂り入れることと合わせて、下記様な点に気をつければ、さらにバストアップに効果が期待できそうです。

  • 栄養バランスに優れた規則正しい食生活
  • 適度な運動
  • 十分な休息や睡眠

バストアップ効果やダイエット効果があり、さらに保存が長期間できるなど、便利な点が多いスキムミルク。

毎日の生活の中に、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

スキムミルクは低脂肪でありながらバストアップ効果を持つ成分を多く含んでいるから、バストアップに効果的な食品と言えるんですわね。

ただし、大豆イソフラボンだけが含まれていないから、それを補うような食べ方をすることでさらに高い効果が期待できるということなんですのよ。それにはきな粉を合わせるのが一番ですわ。それから、ダイエット効果に焦点を当てるのなら、ヨーグルトと合わせるスキムミルクヨーグルトもオススメですわ。

様々な効果があるスキムミルクですから、ぜひバストアップに役立てたいものですわね!

この記事をシェアする!