【胸を小さくする方法】コンプレックスを解消して自分を好きになる!

2016/08/26

バストをもっと大きくしたいというのはよく聞く悩みですが、しかし、実はバストを小さくしたいと悩んでいる人も少なくありません。

バストが大きいと洋服をおしゃれに着こなせない、サイズの合うブラジャーがない、バストが目立っていやだ、など悩みが尽きません。

しかし、安易にバストのサイズダウンをしようとすると、急に小さくなったためにバストが垂れてしまう危険性があります。バストの形がきれいなままサイズダウンするためには食生活と運動の両方から時間をかけたアプローチが必要です。

そこで今回は悩める女性のために、複数の胸を小さくする方法をまとめてご紹介したいと思います。手軽な方法から是非チャレンジしてみてください!

サイズダウンダイエット!食生活のここをみなおそう

せっかく大きなバストを小さくするなんてもったいないと思う人もいるかもしれませんが、バストの好みは人ぞれぞれ。小さなバストの方がいいというのは決して不自然ではありません。

バストアップの方法についてはテレビ番組や書籍で多く紹介されていますが、バストのサイズダウンについてはなかなか情報が得るのが難しいのです。

ここでは食生活や運動など、様々な方法でバストダウンの方法を検証してみたいと思います。

バストダウンを行う上で最も気を付けなければならないのが、バストが垂れないようにすることです。

今まで大きかったバストを急に小さくすると、皮膚がハリを失ったり、形が崩れたりなど、バストが垂れてしまう原因となります。

バストアップ以上に、バストダウンを目指す人は慎重にかる時間をかけて行わないといけないということになります。

バストダウンのためにまず実践したいのが食生活の見直しです。バストを小さくするためには、バストだけではなく、全身のサイズダウン、つまりダイエットが効果的ということになります。

ただし、この場合はやみくもなダイエットではなく、なるべくバストに集中して余分な脂肪を落としていく必要がありますが、そんなことが可能なのでしょうか?

バストと女性ホルモンの関係

バストは脂肪と乳腺でできています。乳腺とは母乳を分泌するための管のようなもので、バスト全体に放射状に存在します。乳腺を守るために周囲に脂肪が蓄えられています。

つまり乳腺や脂肪を減らせばバストは小さくなるということになりますが、そんなことはできるのでしょうか?脂肪や乳腺を発達させるのは、エストロゲンやプロゲステロンと呼ばれる呼ばれる女性ホルモンです。

これらのホルモンは女性なら誰でも一度は耳にしたことがあるでしょう。エストロゲンは別名卵胞ホルモンとも呼ばれ、バストアップをはじめ、女性らしい体を作る作用があります。

一方プロゲステロン(黄体ホルモン)は子宮の状態を整え、着床を促し妊娠の準備をするためのホルモンです。女性には生理周期があり、このエストロゲンとプロゲステロンが交互に分泌されているのです。

エストロゲンとプロゲステロンの分泌

バストアップのためには女性ホルモンの活性化が欠かせませんが、だからといってホルモンを減少させることがバストのサイズダウンにつながると考えるのは危険です。なぜなら、これらの女性ホルモンはバストアップのほかにも女性の体の機能に大きく影響しているからです。

美肌や美髪を作り出してくれるのもこれらの女性ホルモンなのです。

バストを小さくするためにおすすめの食品

それでは、バストを小さくすすためにはどのような食生活を送ればいいのでしょうか?ありきたりになりますが、様々な栄養素をバランスよく摂り、脂肪や炭水化物をとりすぎないようにすることです。

人は痩せるとき胸から痩せていくとも言われていますので、体脂肪を減らすことはバストを小さくするのに効果があります。

ただし、バストを支える筋肉のもととなるたんぱく質やバストの支える肌のハリを保つためのコラーゲンやビタミンなどをは積極的にとるようにしましょう。

食品 栄養素 働き
鶏のささみ・赤みの魚・卵 タンパク質 筋肉を作る
緑黄色野菜・キウイ・ ビタミン・ミネラル 代謝を促し、肌荒れを予防
豚肉・手羽先・ウナギ コラーゲン 保湿効果

女性ホルモンの分泌を促すといわれているイソフラボンを含む大豆製品を控え、またカロリーの過剰摂取に気を付ければ体脂肪が減り、バストも徐々にサイズダウンしていくと思います。

無理のないダイエットも多数紹介されていますので、それらを参考にしてみるのもいいと思います。気を付けたいのは、無理なダイエットとリバウンドです。リバウンドを繰り返すと、いくらバストが小さくなっても垂れたり、しぼんだり、残念なバストになってしまうので禁物です。

マイクロダイエット

無理のないダイエットとして紹介したいのが、巷で人気のマイクロダイエットです。カロリー計算や食品選びが面倒くさいという方はマイクロダイエットで手軽にダイエットを成功させ、体脂肪を減らすことができます。

マイクロダイエットとはカロリーの原因となる、糖質や脂質を抑え、体に必要な栄養分を効率よく補うカロリーコントロール食品です。

マイクロダイエットにはミネラル、ビタミン、タンパク質がバランスよく配合されてるので、理想的な補助食品と言えます。栄養士にも認められ、多数の専門機関でもマイクロダイエットを採用しています。

利用方法はとても簡単で、いつもの食事をマイクロダイエットに置き換えるだけです。種類も豊富で無理な我慢をせずにダイエットを成功させることができるのです。

バストの好みは人ぞれぞれだから、小さなバストを好む人がいても不思議じゃないよね。

バストを小さくするためには体脂肪を減らすダイエットが効果的なんだ。でも、だからといって無理なダイエットをすると胸が垂れたり、しぼんだりすることもあるから気をつけなきゃいけないよね。

ビタミンやミネラル、タンパク質を含む食品がおすすめだよ。

バストの筋肉を鍛える!形をキープしながらサイズダウン!

食生活の見直しと同時に取り組んでほしいのが程度な運動です。食生活の改善によってバストがサイズダウンする際に、垂れないためにも筋肉を強化して上向きのバストを作っていきましょう。

つんと上を向いた形のいいバストを作るために欠かせない簡単な運動をいくつかご紹介しましょう。

有酸素運動

有酸素運動とは体内に脂肪を燃やすのに効果的な運動です。

十分な呼吸を確保しながらできる運動のことです。継続的に組織や細胞に酸素を供給することにより脂肪燃焼効果を上げる全身運動です。

中軽度の歩行、ジョギングや水泳などが代表的な運動で 20 分程度続けて行うことにより、脂肪が燃焼し始めます。

引用元:コトバンク

有酸素運動によって、継続的に弱い力が筋肉にかかり、その間脂肪が少しづつ燃焼されます。

一方無酸素運動とは瞬間的に筋肉に強い力がかかる運動のことで、脂肪ではなく、グリコーゲン(糖質)が燃焼されます。

新陳代謝を高めてくれる有酸素運動には、ジョギング、ウォーキング、エアロビクス、水泳などがあります。比較的緩やかな運動なので、長時間続けることができます。

脂肪を燃焼することで、成人病などの原因となる中性脂肪や体脂肪の減少、肥満の解消につながるので、バストのサイズダウン以外のメリットも多いのです。

仕事が忙しくて、運動する時間が取れないという人は一駅分歩いたり、エレベーターでなく階段を利用することで簡単に有酸素運動を日常生活に取り入れることができます。

腕立て伏せ

腕立て伏せといえば、苦しい筋トレの代表ではありますが、実はバストの筋肉を鍛えるのにとても効果的です。

バストが垂れないためには、バストの土台を作っている筋肉を強化することがとても大切です。

最初は数回からのスタートでかまいませんので、徐々に回数を増やして形の良いバストを作りましょう。

合掌のポーズ

腕立て伏せと同様にバストの筋肉を鍛えるのに効果的なのが、ヨガなどで取り入れられている合掌のポーズです。

両手の平をお互い押し合わせ、大胸筋を鍛えます。これなら、デスクワークの合間やTVを見ながら手軽に行うことができます。バストの土台を強化し、垂れないバスト作ってくれます。

合掌のポーズ

運動をする際の注意点

バストの筋肉を鍛えるために効果的な運動をご紹介しましたが、これらの運動を行う際に注意してほしい点があります。

バストの土台には大胸筋や小胸筋があります。そして、胸の表面にはクーパー靭帯と呼ばれるコラーゲンの繊維の束が存在します。

これはゴムのようなもので、一度伸びるともとには戻ってくれません。運動などで、胸が揺れたりすることで、このクーパー靭帯がゆるんだり、傷んだりしてしまう危険性があります。

クーパー靭帯を傷つけないためにも運動をするときは、専用のブラジャーなどでバストをきちんと保護してあげる必要があります。

バストの形を崩さないという意味では、寝るときに両脇に垂れないようにナイトブラを着用するのもいいアイデアかもしれません。

食生活に気を付けるのも大事だけど、大胸筋を鍛えてバストを支える力を強化することも必要なんですね。いくらバストが小さくなっても垂れるなんていやですよね。

有酸素運動も体脂肪を減らすのに効果的みたいですけど、私、運動する時間なんてないし、、、そんな人はどうすればいいんですか?

そう。運動でバストの筋肉を整えて、きれいな形をキープするのはとっても大事なの。有酸素運動は全身に酸素を届けてくれて、効果的に脂肪を燃焼してくれるのでおすすめよ。

ジョギングやウォーキング、水泳なんかがおすすめなんだけど、時間がないという人は、一駅分歩いたり、階段を使ったりすることで、毎日の生活の中で無理なく有酸素運動を取り入れることができるはずよ。

マッサージや美容整形!その他のバストダウン方法

ここまで食事や運動によるバストのサイズダウンを紹介してきましたが、そのほかにもバストを小さくする方法があります。バストを小さくする方法としては、自宅で手軽にできるバストマッサージやちょっとハードル高めのバスト縮小の美容整形などがあります。

バストマッサージ

バストマッサージはバストアップを目的とするものが多いのですが、バストアップのほかにもバストが垂れるのを防ぐ効果もあります。バストマッサージにはいろいろな種類のものが紹介されていますが、基本は下から上にすくい上げるようにやさしくマッサージをします。

バストの血行やリンパの流れをよくすることで栄養素が効率よく運ばれます。それがバストのスキンケアにもつながり、ハリと潤いがよみがえり、バストを支える力がアップするというわけです。

また肩や鎖骨の方までマッサージ範囲を広げれば、肩こりなども解消され、自然と背筋がピンとなり、スタイル良く、バストも締まって見えるようになります。

もっとも本格的なバストマッサージを希望する場合は、エステサロンなどを利用するのもいいでしょう。ゴッドハンドと呼ばれるプロの手を借りれば、より効果的に理想のバストが作られます。

美容整形

体にメスを入れるなんてと思う方もいるかもしれませんが、美容整形は近年進化していますので、体への負担を最小限に抑えた手術を行っています。他の方法よりもお金がかかりますが、効果は確実です。

バストの美容整形というと豊胸手術が一般的ですが、最近では胸を小さいくする乳房縮小という手術を受ける人も増えているようです。

施術方法としては、余分な皮膚や脂肪、乳腺を除去し、バストを縮小し、乳輪の位置を上に移動します。

バストの下の部分を切開するので、傷が目立ちません。内出血や腫れなどは約2週間ほどで解消されます。

胸を小さく見せるブラ

ワコールからはバストを小さく見せるブラジャーが販売されています。このブラジャーは胸の突出感を抑え、脇をすっきり見せてくれます。またカップのワイヤーを広げることで、バストのトップを低くしてくれます。

バストをほっそり見せることで全身がスタイル良く見えたり、スーツなどをびしっと着こなすことができます。様々なタイプやデザインが販売されていますので、理想の小さなバストをブラジャーを着用するだけで実現することができます。

また無理に胸を締め付ける構造ではなく、窮屈に感じないように素材も工夫されています。

バストマッサージなら自宅で手軽にでできそうですね。バストを小さくする美容整形は効果は高そうだけどちょっと勇気がないかも。

ブラジャーなら着用するだけでバストのボリュームを抑えてくれるみたいだから早速ショップに買いに行きたいです。

すっきりバストでコンプレックスを解消できる

ここまで食生活や運動、マッサージなど様々なバストの形を保ったままサイズダウンする方法についてご紹介してきました。

ポイントを復習してみましょう。

  • 女性ホルモンの分泌を損なわず、バランスのよい食生活をする
  • タンパク質、ミネラル、ビタミン、コラーゲンを含む食品を摂取する
  • 有酸化運動によりバストの脂肪を燃焼する
  • 腕立て伏せ、合掌ポーズでバストの土台である大胸筋を鍛える
  • 運動をする際にはクーパー人体を傷つけないように注意する
  • バストマッサージによりバストを支える力がアップする
  • 美容整形による乳房縮小
  • バストを小さく見せるブラジャーを選ぶ

以上のことをすぐにすべて行うことはできませんが、無理のない範囲で毎日の生活に取り入れてみましょう。

バストのコンプレックスを解消することは大事ですが、焦らずに、時間をかけ、健康的な方法でバストを小さくしていきましょう。

バストアップの方法はたくさんあってもバストを小さくする方法ってあまり聞いたことがなかったかもしれないけど、実はこんなに手軽にできることがいっぱいなの。

食生活を見直してミネラルやビタミン、タンパク質を積極的に摂取したり、バストの筋肉を鍛えて垂れるのを予防したり、マッサージもおすすめだわ。

コンプレックスに悩んでばかりいないでできることから始めるといいと思うわ。ただし、バストを小さくするのには焦らず、健康的な方法で取り組むのが正解よ!

この記事をシェアする!