スーツ選びはまずここをチェック!胸が大きい人のブラジャー活用術

2016/03/29

会社勤めの人や、学生は就活等でスーツを着る機会が多くあると思いますが、スーツを選ぶ際には何を基準にしていますか?多くの人は自分の体型に合ったもの、あるいはデザインやシルエットなどを見て選んでいます。

それでなくても自分に合ったスーツを見つけるのは難しいのですが、とくに胸が大きい人にとっては深刻な悩みです。スーツ一つ選ぶのも楽ではないのです。

バストが大きくてもスーツをスリムに格好よく着こなすためにブラジャーが大切な役割を果たします。ここでは案外知られていない、大きなバストをコンパクトに見せてくれるブラジャーをはじめ、スーツの着こなし方法についてもご紹介します。

サイズの合ったブラジャーが大事!まずはブラジャーの見直し

たとえ身長は変わらなくても、胸の大きさは人それぞれ違います。丈が合っていても胸がきつい、なんていうことも当然起こりえるのです。

このようなことから、気に入ったデザインのスーツを見つけても胸の大きさのせいで諦めたという経験をした人もいるのではないでしょうか?

しかし、これからは気に入ったスーツを諦める必要はありません。

胸が大きいことで困った時は外側を変えるのではなく、内側から変えてみることが重要です。

つまり、普段着用しているブラジャーを改めて見直してみるのです。

今回はブラジャーの使用方法や特徴を再確認し、その上で大きな胸の人に最適なブラジャーをご紹介していきたいと思います。

ブラジャーについてどれだけ知ってる?まずは基礎知識!

ブラジャー選びを始める前に、今現在使用しているブラジャーが自分の体に合っているかどうかを確認しましょう。

自分に合っていないブラジャー着け続けることによって、バストの収まりが悪いだけでなく、バストの形が崩れてしまう危険性もあります。

ブラジャーを正しく着用することによって女性は何倍も美しくなることができるのです。まずは以下の4点について自分の現在の状況と照らし合わせてみてください。

  • 自分のバストサイズを把握しているか
  • 自分のバストサイズに合ったブラジャーを着けているか
  • ブラジャーの種類について理解しているか
  • 古すぎるブラジャーを着けていないか

もし心当たりがある人は次の段落でセルフチェックを行いましょう。

バストサイズに合ったブラジャーを!まずはセルフチェック!

ブラジャーは、ただ着けるだけでは効果がありません。逆に、自分の身体に合っていなければ大切な胸に悪影響を及ぼすおそれがあります。

以下の項目に当てはまっているようなら、あなたのブラジャーは最適なものではありません。

自分に合ったブラジャーかどうかのチェック項目

ブラジャーはほぼ一日中着け続けるものですから、自分に合っていないブラジャーを着用することはストレスのもとにもなってしまいます。

日々快適に過ごせるようにするためにも、ブラジャーのセルフチェックは毎日行うようにしましょう。

自分のバストサイズや自分に合ったブラジャーをつけているかどうか、確認したことなんてなかったよ。

ブラジャーって可愛ければいいと思ってたけど、バストサイズに合ったものを選ぶのってとても大事だね。

サイズの合っていないブラジャーをつけると、バストの収まりが悪いだけじゃなくて、バストの形が崩れる危険性もあるんだって。

まずはセルフチェックで自分に合ったブラジャーを知ることが大事だね。

バストサイズを知る!購入時には必ず測定を!

問題点がわかったなら、今度は自分のバストサイズを再度確認しましょう。前回測った時から時間が経っているようであれば、面倒かもしれませんがまたサイズを測りなおしましょう。

胸の大きさは年齢や環境によって変化するデリケートなものですから、こまめなチェックが必要になってきます。

バストサイズについては以下の表を見てください。

バストのサイズは、トップとアンダーの差で決まります。下の表で当てはまった数値があなたのバストサイズであり、ブラジャーを選ぶ際の基準となります。トップとアンダーの位置はここです。

トップバストとアンダーバストの位置

今回は胸が大きい人向けに、DからHまでのカップ数をご紹介していきます。

Dサイズ

バストサイズ名称 アンダーバスト(cm) トップバスト(cm)
D65 65 83
D70 70 88
D75 75 93
D80 80 98
D85 85 103

Eサイズ

バストサイズ名称 アンダーバスト(cm) トップバスト(cm)
E65 65 85
E70 70 90
E75 75 95
E80 80 100
E85 85 105

Fサイズ

バストサイズ名称 アンダーバスト(cm) トップバスト(cm)
F65 65 88
F70 70 93
F75 75 95
F80 80 103
F85 85 108
F90 90 113

Gサイズ

バストサイズ名称 アンダーバスト(cm) トップバスト(cm)
G65 65 90
G70 70 95
G75 75 100
G80 80 105
G85 85 110
G90 90 115

Hサイズ

バストサイズ名称 アンダーバスト(cm) トップバスト(cm)
H65 65 93
H70 70 98
H75 75 103
H80 80 108
H85 85 113
H90 90 118
自分で測るのが難しいという場合は、下着売り場に行ってお店の人に測ってもらうのが良いでしょう。

なんだか恥ずかしいと感じるかもしれませんが、お店の人はブラジャーを購入する前にサイズチェックをすることがとても大切だということは分かっていますので恥ずかしがることはありません。

むしろお店の人の方から試着をすすめてくれると思います。

ブラジャーの種類を知ろう

ブラジャーは何もカップの大きさだけで決まるわけではないのです。種類も様々で、自分の目的に合ったものを選ぶことができるようになっています。

ここではその種類と用途について簡潔にご紹介します。

■フルカップブラ
バストを覆う面積が広く、すっぽり包み込むことでバスト全体を豊かにすることができます。

■1/2ブラ
下からぐっとバストを支えるタイプで、バスト上部にボリュームを出すことに特化しています。

■3/4ブラ
バストを斜め下から寄せ上げることで、谷間を作ることができます。

■ノンワイヤー
名前の通りワイヤーが入っておらず、着け心地が楽に感じられます。

胸が大きい人は、安定感のあるフルカップブラがおすすめとされています。しっかりと自分の胸にフィットするブラジャーを選ぶために試着は欠かせません。試着後に店員さんに問題がないかチェックしてもらうとなおいいでしょう。

また、ブラジャーは消耗品です。着続ければ生地も傷み、バストを支える効果も格段に落ちてしまいます。劣化したブラジャーをつけ続けることは胸に悪影響を与えることになりますし、ぼろぼろのブラジャーを着けていると魅力も半減してしまいます。

バストサイズを知るためには、きちんとサイズ表をチェックすることが大事なんですね。

自分では正しく測れないという人は、下着売り場で店員さんに測ってもらうのがいいんですね。ちょっと恥ずかしいけど、店員さんは慣れているので心配はいらないんです。

胸が大きな人には安定感のあるフルカップブラがおすすめですね。まずは試着してから購入した方がいいんですね。

それに、ブラジャーは消耗品なのである程度古くなったら、買い替えないと性能も落ちてしまうみたいです。

バストを小さく見せてくれるブラジャー!タイプ別の秘密構造

さて、ここまででブラジャーについてご説明をしてきましたが、胸を大きく見せるブラ、いわゆる“盛れる”ブラというのが多いことにお気づきでしょうか?

いつの時代も女性の憧れは豊満なバスト。そのため胸を豊かに大きく見せるブラジャーが数多く販売されています。

しかし、その逆はどうでしょうか?胸をコンパクトに見せるブラジャーはあまり聞いたことがありませんがどうでしょうか?

胸が大きいと太って見えてしまい、スーツをびしっと着こなせない。このような悩みをはじめ、胸の大きい人は様々な悩みを抱えています。

下記はトリンプによる、調査結果です。

■バストが大きくて困った事はありますか??

「バストが大きくて困った事はありますか?」というトリンプの調査結果グラフ

■具体的にどんな事で困りましたか??

  • 肩がこる
  • 太って見える
  • 運動時に揺れて、邪魔・痛い・恥ずかしい
  • 服選びに困る、似合わない服が多い
  • 胸のせいで服のサイズが合わない
  • かわいいブラジャーがない

胸の大きな人の悩みを少しでも軽くするために、現在ではバストを小さく見せるブラジャーがいろいろな下着メーカーから販売されています。

またこれらのブラジャーは年々進化し、「小さく見せたい」中にもさらに細かな要望にも対応できるようになっており、タイプ別に種類があります。

あなたがなりたいバストはどんなバストでしょうか?

  • ナチュラルタイプ
  • スリムタイプ
  • しっかりタイプ

ナチュラルタイプは自然な形を保ちつつ小さく見せたい人向け、スリムタイプはバストの両側をすっきりとさせ、胸は小さく身体も細く見せたい人向け、しっかりタイプはしっかりと胸を寄せながらも小さく見せたい人向けとなっています。

これらのタイプ別の3つのブラジャーには胸を小さく見せるための秘密の機能を備えています。

通気性が良い

胸が大きいと、胸元の部分に汗をかきやすくなります。これを改善するためにメッシュ素材が使われており、通気性が良くなっていますので、夏場でも問題なく使用できます。

バストをより安定化

大きい胸をより安定させるため、バストを覆う面積が広くなっています。この点はフルカップブラと似ていますが、よりシャープな印象を与えるデザインになっています。

バストをすっきりと見せる

伸びにくい素材が使用されており、わきに流れるバストをしっかり押さえ固定してくれるので、すっきり見せることができます。

広い面積のカップが四方から大きなバストを支え、高さを抑えることで、ボリュームが出さずシャープなシルエットにしてくれます。

ところでこのように機能性を重視したブラジャーは地味なデザインばかりでは、、、と思いますが、色もデザインも実に種類が豊富です。

機能性だけではなく、デザイン性もユーザーの要望に応えていますので、きっとお気に入りの商品をみつけるこができるでしょう。

お揃いの柄のショーツもありますので、セットでの購入も可能です。

バストをコンパクトに見せるブラジャーがあったなんて驚きました!ブラジャーってすごく進化してるんですね。

大きいバストがうらやましいと思っていたけど、肩がこったり、洋服が似合わなかったり、太って見えたり、運動の時に邪魔だったり、たくさんの悩みがあるんですね。

下着メーカーから販売されてる胸が小さく見えるブラジャーってどんなものがあるんですか?

そうよ。バストが大きい人は大きい人なりに、悩みやコンプレックスがあるものなの。でも、安心して。そんな悩みを解消してくれる、胸をコンパクトに見せてくれるブラジャーがあるのよ。

胸を小さく見せるブラジャーには、なりたいバストに応じて、ナチュラルタイプ、スリムタイプ、しっかりタイプがあるわ。

ナチュラルタイプは自然に小さく見せたい人向け、スリムタイプは胸は小さく身体も細く見せたい人向け、しっかりタイプは胸を寄せながらも小さく見せたい人向けよ。

これらのブラジャーは通気性もよく、バストを覆う面積が広く安定感があるの。機能性も申し分ないのよ。

こんなスーツを選べばすっきりスリムに見える!

ここまでバストをコンパクトに見せる特別なブラジャーによって、スーツを着てもスリムに格好よく見えるという話をしてきましたが、次はスーツ選びのポイントをご説明します。

バストの大きな女性はどのようなスーツを選べば格好よく着こなせるのでしょうか。購入の際には以下の点を注意するといいです。

こんなデザインなら引き締まって見える!

  • 紺色や黒など引き締め効果のある色を選ぶ
  • ストライプなどはシャープに見えるデザインを選ぶ
  • 襟元が閉じたものではなく、V字に大きめに開いたものを選ぶ
  • 肩幅が合っているものを選ぶ

どこで買えばいいの?

  • 胸の大きな人向けに胸の部分だけ大きめにしたブラウスを販売している通販メーカー
  • 比較的胸の部分を大きめに作っている海外ブランド
  • ジャストサイズのブラウス、スーツのオーダーメイド
  • 通常サイズを購入し、胸部分だけをお直しする
  • 上下別々に購入できるものを選ぶ
スーツを選ぶ際には紺色や黒などの引き締めカラーやストライプなどシャープに見せてくれる模様を選ぶと効果的です。

襟元が閉じているものは胸元のボリュームが目立ちますので襟がV字に開いたものがおすすめです。

ジャストサイズのスーツならオーダーメイドがおすすめですが、値段的に厳しいという場合には通販や海外ブランドを利用するのもいいでしょう。

一般的なサイズを購入し、胸部分だけをお直しするという方法もあります。自分に合ったスーツをみつけて、大きな胸でもおしゃれに着こなしましょう。

バストが大きくてもすっきりスーツを着こなすためには、紺や黒の引き締まって見えるカラーを選べばいいんだね。V字に開いている襟元やストライプの模様もスリム効果ありなんだ。

自分に合ったジャストサイズのスーツってなかなか売ってないけど、通販や海外ブランドがおすすめなんだね。胸の部分だけお直しするっていう手もあるしね。

スーツ以外のアイテムでもバストをすっきり見せる方法

スーツ選びの次はスーツとコーディネートするその他のアイテムの選び方をチェックしてみましょう。スーツ以外のアイテムについても胸の大きさを強調しないためにはどうしたらいいか調べてみました。

最近ではスーツの下にブラウスやニットを着る人も増えています。またスーツに合わせて持ちたいバッグなどもご紹介します。

襟元の開いたブラウスがおすすめ!

スーツの下にはブラウスを着ますが、スーツ同様、ブラウスも襟元の開いたものにし、襟を立てるのがすっきり着こなす方法です。フリルのブラウスなどで胸をカバーするのもテクニックの一つです。

ブラウスは襟を立てて、胸元から視線をそらし、フリルで胸のふくらみをカバーするとばっちりです。

ニット選びはサイズ、色、素材

最近ではスーツの下に薄手のニットなどを着るのもおしゃれです。ニットを選ぶときは、通常SサイズならMサイズを、MサイズならLサイズをいうふうに、ワンサイズ大きめを選ぶことをおすすめします。

最近はどちらかと言えば、緩く着こなすファッションが流行りですので、おしゃれに敏感な人という印象を与えることができるはずです。

絶対に避けたいのは、ぱつぱつのニットを着ること。かえって、胸が強調され、見ている方が恥ずかしくなります。

また、ニットは素材によって印象が変わるアイテムです。ニットと一言で言っても使用されている素材は様々です。

ニットは他のアイテムに比べて、体のラインを拾いやすいので、ニットを着るときには素材にも注意しましょう。

リブニットのように縦のラインを強調するものや、モヘアのようにふわふわとして体のラインを目立たせないものもおすすめです。

デザインに関して言えば、クルーネックやタートルネックよりも、Vネックやスクエアネックを選ぶことで、視線を胸からデコルテへ逸らすことができます。

暖色より寒色で引きしまった印象を与える

ニットに限らず、トップスの色選びは、バストラインをスマートに見せるためには欠かせません。

オフホワイトやラベンダーなどの薄いパステル調のカラーは女性らしく可愛いのですが、黒やネイビーなどの寒色の方が、スリム効果は高いのです。

スカート丈は短めを

スーツに合わせるスカート丈に関してですが、中途半端なミドル丈やロング丈よりも、短めの方がバランスよく見えます。

足を出すことで視線が下に行きますので、バストが強調されずにすむのです。

バッグなどのアイテムを活用する

スーツを着るときには、ビジネスバッグやトートバッグのような地味なバッグを持つことが多いと思いますが、可能であるなら色やデザインなど適度にインパクトのあるものを持ちましょう。

スカーフや大きめのアクセサリーなども、胸から視線をそらすのに活用できます。

ニットやスカート、バッグやアクセサリーなどをうまくコーディネートするのは難しいですが、人気ファッションブランドの商品をチェックしたり、人気ファッションブロガーの記事を参考にするのもいでしょう。

胸が大きくてもすっきり見せる着こなし術を学んでいきましょう。

スーツ以外のアイテムも工夫すれば、すっきり効果がさらに倍増するんですね。

ブラウスは襟元が開いていてフリルのあるものがおすすめです。ニットはサイズや色、素材に注意することが大事なんですね。

スカートも短めを選んだほうが視線を下に逸らすことができるっていうのは、納得できますよね。インパクトのあるバッグやアクセサリーも取り入れてみたいです。

素適なコーディネートで、胸が大きくてもオシャレ上級者と呼ばれてみたいです。

スーツ選びは内側から!コーディネートアイテムにもひと工夫

さて、ここまで大きな胸をスリムに見せるブラジャー選びやスーツ選び、その他のアイテムの活用法についてご紹介してきました。スリムにスーツを着こなすためのノウハウをお伝えできたでしょうか?

バストをコンパクトに見せるためのブラジャーを着用し、デザインや購入先に注意しながらスーツを選べば、胸が大きい女性でもスリムで格好よくスーツを着こなすことができるのです。

自分の身体に合ったブラジャーを着けていけば、胸の形もきれいに丸みを帯び、整っていきます。また、しっかりおさまったコンパクトなバストラインを作ることができれば、今までの悩みが嘘のように気持が明るくなりますよ。

けれども、普段は仕事や就活でスーツなどを着用し、胸を小さく見せているのですから、プライベートでここぞと言う時にはおしゃれをして、披露してみることも大切です。

大きく豊かな胸もまた個性であり、あなたをより魅力的にしてくれるものなのです。悩みの種と考えるよりも、大切な自分の一部なのだと思い、自信を持って接していくことが重要です。

今まで大きな胸でスーツ選びに悩んでいた人も、正しいブラジャー選びやスーツ選びでオシャレにスーツを着こなすことができるはずよ。

さらにオシャレ上級者になるには、スーツに合わせるトップスやバッグなどのアイテム選びにも注意してね。

とくに胸の大きな人は、Vネックやスクエアネックを選んだり、黒やネイビーの寒色を選ぶことで体がしまって見えるのよ。

インパクトのあるバッグやアクセサリーで視線をそらすのもいいアイデアだわ。

でも、大きな胸って魅力的だし、チャームポイントなんだからプライベートではバストを生かすようなファッションを楽しむのもありだと思うわ。

この記事をシェアする!