美乳を目指して夜の対策でこだわりたいナイトブラ素材とは?

2016/06/13

みなさんは、ナイトブラをすることで美乳になれることをご存知でしょうか?

最近、下着メーカーでナイトブラが多く取り扱われるようになっていることからもわかるように、寝ている時の胸のケアに関する意識は、胸を綺麗にしたい女性の間で高まってきています。

そこで、私もナイトブラをつけてみようかな…、と思った時、みなさんは何を基準に選びますか?デザイン、色、着け心地など、ブラを選ぶ基準はたくさんありますよね。

そこで、忘れてはいけないポイントがあります。それは、素材もきちんとチェックすることです。ナイトブラには様々な素材があり、それぞれに特徴が違います。

そこで、どのような素材があるのか、どれを選んだらいいのか、ナイトブラに使われる素材についてまとめてみました。これを元に、自分に合った素材を見つけてみましょう!

ナイトブラの素材は1つではない!選ぶ時見るべき3つのポイント

ナイトブラは、その名の通り寝る時に着用するために作られたブラジャーです。そのため、昼間にするブラとは構造が違います。では、ナイトブラとはどのようなものなのか、見てみましょう。

ナイトブラの特徴

ナイトブラは、下記のような特徴を持ったブラです。

  • バストを安定させ、寝ている間に胸の脂肪が流れるのを防ぐ
  • バストを安定させることで、より質のいい睡眠が取れるようにする

有名な下着メーカー『ワコール』は、睡眠中のバストは下記の図のように引っ張られていると発表しています。

睡眠中のバスト

すると、流動性のある脂肪があちこちに流れるので、胸の形が崩れる原因になってしまいます。

また、バストが動くことで、実は安眠が妨げられているというデータもあります。これもワコールによる研究ですが、ナイトブラをつけた方がよく眠れるという結果が出ています。

ワコール人間科学研究所が実施した着用評価(24人)でも約70%が、「ヌードよりもここちよく眠れた」と答えており、バストのサイズが大きな方ほどヌードよりもここちよいと評価しています。
引用元:ワコール~女性の夜の美容習慣に関する調査~

さらに、実感だけではなく、事実としてよく眠れていることを示すデータも出ています。

さらに、オムロンヘルスケア株式会社との共同調査でも、就寝時、寝る時用のブラジャーを着けずに寝ている人(20名)に対して着用の実験の結果、寝付きにかかる時間(最初のぐっすり睡眠までの時間)の短縮やぐっすり睡眠時間(10分間連続した体動がない睡眠)の変化がみられました。
引用元:ワコール~女性の夜の美容習慣に関する調査~

このように、実際の研究でもナイトブラをつけた方がいいということがわかったこともあって、ナイトブラもいろいろな種類が販売されるようになりました。そこで、ナイトブラとはどのようなブラなのか、昼のブラとどう見た目が違うのか、見てみましょう。

ナイトブラはこんなブラです!

では、先ほど調査結果を引用したワコールでは、どのようなナイトブラがあるのか見てみましょう。

『ワコール ナイトアップブラ』

ワコール ナイトアップブラ

眠っている間に胸が動かないように、包み込んで支える構造をしています。下カップ部のサポート力が高いので、寝る前に座ったり立ったりしている時でもしっかり胸が支えられます。サイズ展開も3Lまでと、多くの人に対応できる商品です。

価格はサイズによって違い、MとLは税込み4,104円、LLと3Lは税込み4,428円です。ご紹介したかわいい花柄以外にも、シンプルなグレーの単色のデザインなどがあります。

ワコールの傘下の下着販売会社PEACH JOHNからも、ナイトブラは販売されていますので、どのような商品があるのか見てみましょう。

『PEACH JOHN PWCO@Lナイトアップブラ』

PEACH JOHN PWCO@Lナイトアップブラ

参照元:PEACH JOHN

ワコールの研究を元に作られたナイトアップブラで、胸を正しい位置に安定させる作りになっています。それによって、眠っている時に胸が動くのを防ぎます。

サイズ展開はMとLのみで、税抜きで3,889円です。ドットの柄が、とてもかわいいですね。ピンク色で、ドットの代わりに小さな星がちりばめられた商品も販売されています。

この商品に関しては、購入者からの評価も公開されています。投稿者の感想としては、ノーブラでいるよりも楽、寝ている間のバストケアに重宝しているというものがある半面、中にはもう少しホールド感が欲しいという意見もあります。

ナイトブラを扱うショップが数多く登場!

ナイトブラを着用する習慣を持つ女性が増えたこともあって、ナイトブラを扱うショップも数多く登場しています。

また、実用性だけではなく、オシャレにもこだわり、ショーツとセットで着用できるようなタイプもあります。インナーショップの白鳩には、以下のような商品があります。

『ゆるり楽ブラ おやすみブラショーツセット ナイトブラ』

おやすみブラショーツセット ナイトブラ

シンプルながら肩幅を広くして肩への負担を減らすなどの工夫もされていますし、綿95%と素材にこだわったブラでもあります。価格はセットで税込み1,274円と、とてもお買い得です。

ワコールをはじめとした下着メーカーやショップなどでは、関連商品として保湿用の美容液などを販売している場合もあります。ナイトブラと合わせて利用することで、さらに美乳を目指すことも可能です。

例として、ワコールから販売されている『ワコール ナイトビージェル』という、バストやデコルテに利用することを目的とした美容液もあります。価格は、税込みで5,400円です。もう少しお手軽な価格の商品もあります。

ナイトブラは、ワイヤーが入っていないのが一般的です。それによって、締め付け感を気にすることなく着用することができます。

ここまでご紹介した研究結果や実際の商品例を見て、私もナイトブラを使ってみようかな…と思った場合、よりこの効果が発揮されやすいように、自分に合った素材を選ぶ必要があります。

合わない素材を選ぶと、肌トラブルの原因になるなど、不快感を招くことがあるからです。

素材が合わないとこんな肌トラブルが起こることも!

素材が合わないナイトブラをつけると、こんな肌トラブルが起こることが予想されます。

  • あせも
  • 湿疹
  • かゆみ
  • かぶれ

通気性の良くないナイトブラの場合、長時間つけることによって蒸れやすくなります。そのせいであせもや湿疹ができることがあります。

ブラの通気性や吸湿性が悪いことで雑菌が繁殖することがかゆみやかぶれの原因になることもあります。

これらが起こるかどうかは肌質にもよるのですが、敏感肌の人やアトピー性皮膚炎の人などは、特に素材に注意したいものですね。

では、ナイトブラの素材をどのように選べばいいのか、考えてみましょう。

ナイトブラの素材を選ぶ3つのポイント

ナイトブラは、寝ている間に快適に過ごせるような工夫がされているブラジャーです。

まず、締め付けを防ぐためにワイヤーなどの硬い素材は一切使われていないという特徴を持っていて、ほとんどがスポーツブラのような上から着るようなタイプです。そのため、とても着易くなっています。

また、人間は寝ている間にコップ一杯分もの汗をかくといわれており、さらに特に胸周辺はかなり汗が溜まる場所でもあることから、素材にもこだわって作られています。

しかし、ナイトブラの素材は1つではなく、いくつか種類がありますので、どれを選んだらいいのかわからないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

その場合には、下記のようなポイントに注目して素材を選ぶと、自分に合ったものが見つけられます。

  • 吸湿性や通気性など、素材の機能
  • 肌への刺激の強さ
  • 季節に合った素材かどうか

ナイトブラをつけて寝たために肌トラブルが起こってしまったりしたら、問題ですよね。

そのため、どの素材がいいのか、きちんと選んでつける必要があります。

では、ナイトブラに使われている素材の特徴を、それぞれについて詳しくまとめてみたいと思います。

夜寝ている間にも美バストを目指す女子の間では、ナイトブラが流行っているんですのよ。夜寝ている間に胸は動いてしまいますけれど、ナイトブラをすれば胸が支えられて、バストの形が崩れるのを防いでくれるというわけですわ。

機能性だけではなく、かわいいデザインのものやショーツセットがあるなど、女性としては嬉しい商品もありますのよ。ただし、素材もきちんと見て選ばないと、特に敏感肌の人やアトピーの人だと肌トラブルになる可能性がありますから、要注意ですわ。

素肌に優しいお勧めの素材、コットン

コットンは、肌に優しい素材としてよく知られていますよね。では、コットンについて詳しく見てみましょう。

コットンとは?

コットンは綿の別称で、みなさんもご存知のように植物繊維です。

綿花はアオイ科の植物で、花が咲いた後にコットンボールというワタの塊ができます。

みなさんの中にも、テレビや写真などで見たという方がいらっしゃるかもしれませんね。

このコットンボールから糸を紡ぐことで生み出された天然の素材が、コットンです。とてもメジャーな繊維なので、植物から作られる繊維の中で、最も衣服に使われることが多い素材となっています。

現在では世界各地で生産され、品種や栽培方法もさまざまあります。通常は真っ白な綿が一般的ですが、今では品種改良されて綿自体に色がついた品種も存在します。

コットンの特徴

それでは、最初に紹介したポイントを元に、コットンの特徴を見てみましょう。

素材の機能 肌への刺激の強さ 合っている季節
通気性・吸湿性が高い 肌触りが良い 通年(夏は涼しく冬は暖かい)

コットンの主成分はセルロースで、外側は輪のように円い形になっており、その内側はらせん状です。真ん中は空洞です。

この繊維の構造が、コットン素材独自の特徴を生み出しています。

コットンは、細かい繊維なので吸湿性がとても高くなっています。

その性質から、内側と外側に温度差がある場合、内側にある水分を吸収し、外側に排出しようとするため、気化熱が奪われます。

それで、コットンの周りの温度が下がり、外が暑い夏は涼しく感じられるわけです。

コットンの通気性が良いことも、暑い季節には空気を通しやすく涼しく着られる理由です。

また、コットンは中が空洞になっているせいで熱を伝えにくく、外に熱を逃がしにくい構造をしています。そのため、外が寒い冬には、暖かく感じられます。

外の温度によってどの性質が生かされるかが変わるので、夏は涼しく、冬は暖かく着られる万能の素材になるなんて、コットンは面白いですし便利ですよね。

コットンは、繊維の先端が丸くなっているので、肌を刺激することが少なく、生地にするととても肌触りがよい質感になります。

以上のように、コットンは、通気性が良くて吸湿性にも優れています。

寝汗を吸い取ってもベタつかずにサラサラ感を長くキープしてくれますから、寝ている時に着用するナイトブラの素材としても最適ですね。さらに肌触りも良いため、アレルギー体質の方や敏感肌の方にもお勧めの素材です。

コットンの注意点

コットンは縮みやすく、またしわになりやすい性質を持っているので、洗濯時には注意が必要です。

コットン製のナイトブラは洗濯機でも洗えますが、そのままの状態で普通洗いを重ねると、毛羽立ちや毛玉、引き締め部分の伸びなど、痛みが早くなってしまいます。そのため、ネットを使用して手洗い洗濯をした方が無難です。

おしゃれ着用の洗剤を使ったり、手洗いをしたりすることで、長く綺麗な形と性能を維持して着用することが出来ます。

コットン素材のナイトブラの特徴

以下は、ベルメゾンから販売されているコットン100%のナイトブラ『Fleep ソフトブラ』です。

Fleep ソフトブラ

この商品の特徴は、綿だからこその肌触りの良さと、洗濯をしても続く柔らかさです。コットン素材だからこそのこだわりで、肌にコットンでできていないタグが直接当たらないように外側につけるなどの工夫もされている商品です。

ふーん、なるほどね。コットンって肌触りがいい素材なんだ。そのうえ、通気性も吸湿性も高いんだから、ナイトブラに合う素材って言われるのも納得だわ。だから、コットン100%のナイトブラ自体肌触りがいい製品になるってわけね。

洗濯する時には、手洗いした方が長持ちするんだね。せっかくの肌触りのいい下着なら、長く使いたいもんね。洗濯機で洗えないことも無いとはいえ、丁寧に扱った方がいいのは当然かもね。

栽培方法にこだわりがある!オーガニックコットン

オーガニックコットンは、栽培方法にこだわりを持って作られている素材です。では、詳しく見てみましょう。

オーガニックコットンとは?

オーガニックコットンは、品種自体は普通のコットンと同じです。違うのは、栽培方法です。オーガニックコットンは、化学肥料や除草剤などの化学薬品の使用を最小限に抑えて、有機栽培で生産されたコットンです。

実は、普通のコットンはかなりの量の農薬、肥料を使って生産されています。もちろん、普通のコットンも出荷される段階では残留農薬が残らないように厳重な処理をされ、検査がされているので安心して使用できます。

しかし、オーガニックコットンは、生産の時から、農薬・肥料などの使用について厳重な基準の下で栽培されています。それによって、より安心で肌にやさしいコットンとして作られています。しかし、実は科学的に検査をすると、どちらも似たような結果になるそうです。

いずれにせよ、普通のコットンも、オーガニックコットンも安心して使用できます。ですが、アレルギーがある人や赤ちゃんには、オーガニックコットンを使用したものの方がより安心です。

ナイトブラは長時間肌に触れるものなので、こだわってオーガニックコットンのものを選んでもいいかもしれませんね。

オーガニックコットンの特徴

オーガニックコットンの特徴は、以下の通りです。

素材の機能 肌への刺激の強さ 合っている季節
通気性・吸湿性が高い 肌触りが良い 通年(夏は涼しく冬は暖かい)

コットンとオーガニックコットンは栽培法に違いがあるだけで同じ品種ですので、繊維の特徴は同じですが、オーガニックコットンは、染色する場合には天然のハーブを利用するなど、コットンよりもさらに細部にまでこだわって生産されている素材です。

オーガニックコットンは、通気性や吸湿性に富み、肌に優しく安全に作られた繊維なので、ナイトブラの素材としてとてもお勧めです。注意点も同じなので、洗濯の際には取扱いに気をつけて長く使いたいものですね。

オーガニックコットン素材のナイトブラの特徴

以下は、ワコールから販売されているオーガニックコットン素材のナイトブラ『ノンメイク ナイトアップブラ(オーガニックコットン)』です。

ノンメイク ナイトアップブラ

ポリウレタンが5%ほど使われているのですが、全体の95%がオーガニックコットン素材で作られています。コットンなので肌触りが良く、なおかつバストを包み込むような構造で胸をしっかり支えてくれる点で、機能性もあります。

オーガニックコットンは、コットンと同じ品種のものですけれど、化学薬品を極力使用しないなど、栽培方法にとてもこだわりを持って作られているものなんですね。

だから、オーガニックコットンは、コットンと同じ性質を持ちながら、さらにコットンよりも安心感が高い素材だと言うことができますね。細部までこだわって作られた素材ですから、着用すると気持ちとしても嬉しくなりそうです。

肌触りにこだわるなら、シルクがお勧め!

シルクと言われると、高級な素材だと多くの人が感じるのではないでしょうか。では、シルクはどのような素材なのか、詳しく見てみましょう。

シルクとは?

シルクは、蚕の繭から紡ぎ出された天然繊維で、「第二の肌」と呼ばれる位に人間の肌と構造が近い素材です。繊維の中ではもっとも美しいとも古来より言われていますから、大切にされてきた繊維であることがよくわかりますね。

髪の毛の太さの30分の1の太さしかなく、天然繊維の中で最も細いのがシルクです。また、1個の繭から600m~1100mの長さの生糸が取れる、唯一の長繊維でもあります。

蚕の繭から取った生糸は、フィブロンとセシリンに覆われていますが、セシリンを水またはアルカリで溶かすことで、フィブロンのみを取り出します。

セシリンを除くことによって、シルク独特の光沢や風合いを得ることができます。断面が三角形なので、光を反射することで美しい光沢が出ます。

シルクの特徴

シルクの特徴は、以下の通りです。

素材の機能 肌への刺激の強さ 合っている季節
通気性・吸湿性・保温性が高い 肌触りが良くトラブルが起こりにくい 通年(夏は涼しく冬は暖かい)

シルクは、通気性・吸湿性・保温性に富んだ繊維です。繊維同士の間に空気が蓄えられていますので、熱が伝わりにくい性質を持っています。

そのため、夏は涼しく、冬は保温性が良くなり暖かく着ることができます。

主な成分はたんぱく質なのですが、それが人間の皮膚とよく似た成分になっているため、肌に優しく肌トラブルが起こりにくいのです。

さらに、繊維がとても細いので、肌触りも良く感じられます。

シルクの注意点

シルクはとてもデリケートな素材なので、お手入れに気を遣う必要があります。

洗濯時の縮みやすさや摩擦に対する弱さ、直射日光に当てて干すと変色してしまう点に注意しましょう。

シルク製のナイトブラのお手入れは中性洗剤での手洗いが基本ですが、洗濯機で洗えるタイプのシルク製ナイトブラも登場していますので、負担を軽減するためにそちらを購入するという方法もあります。

シルク素材のナイトブラの特徴

シルクの下着を専門に扱うイーズクリエーションから販売されているシルク素材のナイトブラ『シルクスムースノンワイヤーブラ』という商品があります。

ナイトブラ専用の商品として作られているわけではないのですが、ノンワイヤーで肌にも優しく、さらに着用していることを忘れるほどの着け心地であることから、お休み用のブラとしても使用できることが案内されています。

先ほども確認したように、シルクは主成分がたんぱく質なので、この商品は肌なじみがよく敏感肌の人でも安心して着用できます。また、光沢がある生地は、着用するだけで贅沢な気持ちを味わえ、リラックス効果も高まります。

シルク製の商品だと、洗濯が難しいのではないかというのが気になるところですが、この商品は中性洗剤またはシルク専用洗剤を使うことで、家庭で手洗いすることができるんですよ。毎日着用するものなので、自宅でお手入れができるのは便利ですよね。

シルク素材は、主成分がたんぱく質でできていますのよ。人間の肌もたんぱく質でできていますから、肌にとても馴染む点で安心の素材と言えますわね。その上、間に空気を含んでいるから、夏は涼しく、冬は暖かく着られる点でもとてもお勧めの素材ですわ。

さらに、生地に光沢もあり、見た目の高級感も着用する女性としては見逃せないところですわね。寝る時まで美にこだわる、これこそ女性ならではの楽しみと言えそうですわ。

お手入れは簡単でも化学繊維であることに注意が必要なナイロン素材

ナイロンは、人の手によって作り出された合成繊維です。ナイロンの原料には石炭も使われていましたが、現在は石油です。

ナイロンは、アミド結合という方法で、長く続くくさり状になった合成高分子を紡ぎ、繊維にしたもので、ナイロン6やナイロン66などの種類があります。日本では、主にナイロン6が生産されています。

肌触りはナイロンの種類によって違いますが、シルクまたはコットンに似せて作ってあります。

衣類に使われるだけではなく、車のシート、カーペット、釣り糸などにも使われる、用途の広い繊維です。

ナイロンの特徴

ナイロンの特徴は、以下の通りです。

素材の機能 肌への刺激の強さ 合っている季節
弾力性がある・カビや虫などに強い 肌に刺激を与えることがある・静電気が起きやすい 春・秋

ナイロンの最大の特徴は、合成繊維なのでとても強いことです。さらに、カビがはえたり虫がついたりしにくいため、管理に頭を悩ませずに扱えます。

普段のお手入れも、乾くのが速く汚れが落とし易い素材の上に、しわにもなりにくいので、簡単にできます。

また、弾力性があるため、胸をきちんとホールドして脂肪が流れにくくするのに役立ってくれます。それから、天然素材と比較して安価で手に入ることもメリットです。

しかし、石油が原料なので、肌が弱い人の場合はナイロンが肌に触れることでかぶれなどの原因になりやすく、また静電気が起きやすいことも問題です。

肌が強い人なら問題なく着用できますが、そうでない人の場合は肌トラブルの原因になることもあります。

ナイロンは吸湿性が少ないので、汗をかきやすい睡眠中に付けていると、汗が乾きにくいため肌トラブルが起こりやすくなるという問題もあります。

ナイロンの注意点

ナイロンは水には強いのですが、摩擦をはじめとする熱に弱い点に注意が必要です。

洗濯する時は、おしゃれ着用の中性洗剤を使い、洗濯機が使えるタグ表示ならば、そのままネットに入れて手洗いモードなどで洗濯出来ますが、日光に当たると黄色く変色するので、干す場所に気をつけましょう。

ナイロン素材のナイトブラの特徴

合同会社ハチゴーが販売するナイロン素材のナイトブラ『グナイト 眠る谷間ブラ』とい商品があります。

ナイロンが90%配合されているこのナイトブラは、ナイロン素材のホールド力を生かして、ズレないことが特徴です。それによって、胸の形が崩れることを防ぎます。

ナイロンとポリエステルって違うの?

合成繊維と言えば、ナイロンだけではなくポリエステルを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんね。では、ナイロンとポリエステルはどう違うのでしょうか?比較してみましょう。

ナイロン ポリエステル
石油または石炭から合成して作られる 石油より取り出したキシレンやエチレンが原料
吸水性・吸湿性がポリエステルよりやや高い 速乾性がナイロンより高い

とはいえ、これらは合成繊維なので、糸になる段階で複数の繊維を合わせる方法もあることから、ナイロンとポリエステルは割と似通った性質を持っているとも言えます。

そっか、ナイロンは石油からできてるのかー。そう言われると、ちょっと大丈夫かな?って思っちゃう面はあるよね。でも、その分管理が楽だったり、ホールド力が高かったり、安く買うことができたり、いい面もたくさんあるのよね。

カビが生えたり虫がわいたりしにくい点もいいんだけどね。要は、自分の肌に合うかどうかってことか。肌が強い人なら、問題なく利用できる素材でもあるってわけね。

夏にお勧め!吸放湿性に優れた冷感素材ペアクール

あまり聞き覚えの無い名前だと思われたかもしれませんが、夏を涼しく過ごすのにピッタリの、ペアクールという素材もあります。

ペアクールは、コットンを元に作られたベンベルグという繊維と、特殊機能があるポリエステルが混ぜられてできた繊維です。

ペアクールの特徴

ペアクールの特徴は、以下の通りです。

素材の機能 肌への刺激の強さ 合っている季節
吸湿性・放湿性・放熱性が高い 肌触りが良い

ペアクールの原料となるベンベルグは、コットンから作られています。コットンの種の周りには、コットンリンターと呼ばれるうぶ毛が映えているのですが、そのうぶ毛から不純物を除き、糸にしたものがベンベルグです。

元がコットンなので吸湿性が高く、天然繊維にありがちなムラが少なくなっていて、太さが均一なのでより優しい肌触りとなります。

そのベンベルグと特殊な機能を持ったポリエステルを合わせることで、吸湿性・放湿性に優れたムレにくい素材になっています。さらに、放熱性も高いため、内側の熱が外側に逃げるので涼しく感じられます。

それから、特殊な機能を持つポリエステルが汗をすぐに吸い取って速く乾かすので、ベタつかないという特徴もあります。

以上の特徴から、猛暑の夏にはピッタリの素材といえます。ただし、ナイトブラの素材には滅多に使われません。

ペアクールが使われたナイトブラをしてみたい場合は、インターネットで探すとすぐに見つかりますので、猛暑の夏を快適に過ごしたい方は是非探してみてください。

ペアクールの注意点

洗濯は洗濯機で普通にできますが、ネットに入れて洗濯するのを忘れないようにしましょう。

ペアクールは汗を吸い取って早く乾かす性質を持っているので、洗濯後に乾きやすいので助かります。

ペアクール素材のナイトブラの特徴

エルドシックが販売するペアクール素材のナイトブラ『快適素材ペアクール おやすみブラ』という商品があります。

この商品の特徴は、ペアクール素材ならではの吸湿性や放湿性を生かして、涼しく着用できることです。

ペアクールは、吸湿性・放湿性・放熱性の高いことから、夏向けの涼しい素材と言えるんですね。汗をすぐに乾かしてくれることからも、熱い夏にぴったりの素材となっているんですよ。

ですが、ペアクールを使用したナイトブラは、そんなに数多くの商品が販売されているわけではないんです。この素材のナイトブラを着用したい人は、ご紹介した商品などを例として、お気に入りのものを探してみてくださいね!

敏感肌の人へ!ナイトブラを選ぶ際に見るべきポイント

ここまで読まれて、私は敏感肌だから、みんなと同じように素材を選んでいいのか心配…と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような時には、アトピー協会が推薦しているナイトブラを選ぶという方法があります。

敏感肌の人はこのマークを目印にナイトブラを選ぼう!

日本には、アトピーに悩む人のために非営利で活動している、日本アトピー協会があります。

日本アトピー協会では、アトピーの人に情報を提供したり、快適に暮らせるよう支援を行ったりしているのですが、その中の一つとしてアトピーやアレルギーを持っている人に有益だと思われる商品に推薦マークをつけるという活動が行われています。

その目印となるのが、このマークです。


日本アトピー協会のマーク

敏感肌で心配だという人は、このマークがついているナイトブラを選ぶと、安心してつけることができますね。

日本アトピー協会推薦のナイトブラ

日本アトピー協会の推薦を受けて販売されているナイトブラの一つに、肌に優しい下着を提供する専門店である「bodyhints」から販売されている『ふわふわエアリーガーゼソフトブラ(おやすみブラ)』があります。

コットン100%のエアリーニットガーゼで作られたこの商品は、敏感肌の人でも安心して着用できることが特徴です。

そっか、みんな肌質が同じとは限らないから、誰もが同じ基準でナイトブラを選んでいいというわけじゃないんだ。

肌の強い人なら、扱いやすさや機能性を重視して商品を選んでもいいけど、肌があまり強くない人の場合、ちゃんと素材を見て、安心して利用できるものを探さないと肌トラブルが起こる原因にもなるんだね。そう考えると、アトピー協会推薦ってわかるマークがあるのは便利だなあ。

まさにその通りですわ。ナイトブラの素材にはいろいろな種類があって、それぞれに特徴がありますわよね。肌質によっては、合成繊維でも全く問題なく利用できる人もいれば、そうでない人もいるわけね。

敏感肌の人や、アトピー性皮膚炎の人なんかだと、下着探しもなかなか大変なものがあるのよね。そんなときに、日本アトピー協会の推薦マークがついていると、肌に優しいことがすぐにわかって安心して購入できるというわけですわ。

様々な素材があるナイトブラ、直接触れる部分はコットンがお勧め

ナイトブラの素材にはいくつかの種類があり、それぞれに良い点・問題となる点がありました。

それなら、それぞれの素材のいいところだけを集めたナイトブラがあればいいのに、と思われた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

実は、そんなナイトブラもあるんです。ナイトブラは、1つの素材だけで作られていることもありますが、複数の素材を組み合わせて作られているものもあります。

素材を組み合わせることによって、より良いナイトブラになるということですね。

例えば、ナイロンとコットンの組み合わせなどがあります。ナイロン素材で胸をしっかりホールドし、コットン素材で肌への優しさを実現するというような感じです。

複数の素材が組み合わされたナイトブラを選ぶ時には、胸に触れる部分の素材に特に注意しましょう。胸に直接触れる部分の素材は、肌触りやお手入れの手間を考えると、コットンがお勧めです。

せっかくナイトブラをして寝ているのに、肌トラブルが起きてしまったら、美乳とは言い難くなってしまいますよね。

そこで、素材をしっかり選ぶことで、肌を傷めることなく夜の胸を守って美乳を目指しましょう!

ナイトブラの素材には、天然の繊維であるコットンやシルクなどもありますし、合成繊維であるナイロンやポリエステルなどもありますわよね。また、中には夏に涼しく使える機能性を持たせた、ペアクールのような素材もあるんですのよ。

ナイトブラは、夜に動く胸を支えることによって胸の形が崩れるのを防いだり、寝心地を良くしたりと美乳を作るのに役立つ下着なんですの。でも、それが原因で肌トラブルを招いてしまったら、意味はありませんわよね。

肌質は人それぞれですから、素材の特徴を知った上で自分に合った素材のナイトブラを見つけて、寝ている間の美乳作りに役立てるのが一番ということですわね!素材を組み合わせてさらに快適性を求めたものもありますから、そういう商品を利用するのも一つの方法ですわよ。

この記事をシェアする!