胸が大きいとバカっぽい!?噂の「おっぱい迷信」が生まれた理由

2015/11/02

男女問わず大人気だった元アイドルの女性タレントが、テレビ番組等でゲスト出演している時のこと。

「本当は巨乳なのに、昔はおっぱいが大きいとバカっぽいって言われてたから、小さい胸に見えるように、必死で隠してたのよ!」と、アイドル時代のエピソードを笑いながら話す事があります。

世間一般でも、この「胸が大きいとバカっぽい」という話を知っている人は多いですよね。勿論、今では殆どの人が「こんなの迷信だ!」と分かりきっています。

しかし、なぜこのような「おっぱい迷信」が生まれてしまったのでしょうか?

胸が大きい女性には「色気を利用する悪女」もいるから

「色気のある女性をイメージしてみて下さい」と言われたら、アナタの頭の中には、おのずと「胸が大きく、胸の谷間を強調するようなセクシーな衣装を着ている女性」が浮かぶのではないでしょうか。

一般的に、男性視点から見れば「胸が大きく成熟している成人女性」には「色気」を感じてしまいます。

世界中のどんな国の人でも、「色気」があり、とても魅力的な大人の女性に弱い…という性格の男性は珍しくありませんよね。

どんな動物でも大人になれば、「子孫を残したい」という本能的な思考でパートナーを求めるようになります。

人間の場合も同様なのですが、女性より男性の方がこの本能が強いため、男性の方が性的な誘惑に弱い人が多いのです。

そのため「色気のある女性」なら、色仕掛けで男性を魅了し、魅了した男性を自分の思い通りに利用する…という事が容易になります。

これは、決して想像だけの発想ではありません。

実際に「ハニートラップ」として男性を騙したり、「美人局(つつもたせ)」のような犯罪を成功させるために、女性の色気を利用する事があるからです。

美人局(つつもたせ)とは夫婦が共謀し行う恐喝または詐欺行為である。妻が「かも」になる男性を誘って姦通し、行為の最中または終わった瞬間に夫が現れて、妻を犯したことに因縁をつけ、法外な金銭を脅し取ることである。また、妻でなく、他の女で同等行為に至った場合でも類推される。
引用元:Wikipedia「美人局」

他にも、「玉の輿」という諺の意味の変遷から、女性の色気の効果を知る事ができます。

実は「玉の輿」という諺は、元々は「貴婦人が乗る美しく立派な輿(こし)」という意味だったのですが、いつしか「女性が金持ちの男性と結婚して、裕福になる事」という、全く違った意味を指す言葉になりました。

古来から、「高い身分の人」や「強い権力がある人」、そして「資産を多く持つ人」というのは、政治や仕事をする立場になる男性でした。

そのような男性に魅力的な女性と映る事ができれば、恋人として付き合い、ゆくゆくは結婚をして、贅沢な暮らしができますから、色仕掛けで必死に男性を魅了しようとした女性がいても、不思議ではありませんよね。

つまり、「身分違いの恋」等の、純粋なシンデレラストーリーだけではなく、「色気を利用して良い思いをしようとした悪女」も多かったために、「玉の輿」の意味が変わってしまったのでしょう。

「色気を利用するだけの悪女」に対する侮蔑を込めた迷信へ

現代社会においては、「男女平等」の名のもとに、女性も男性と同じように、家の外に出て仕事をする人が多くなりました。

働く女性が出世をしたいと考えた時、「男女平等」なのですから、男性と同じように仕事で使うスキルや営業成績等で競い合い、それを会社に評価してもらう…というのがスタンダードな方法です。

もしも、そのような正攻法ではなく、男性の上司等に色仕掛けで気に入られる事で出世したり、待遇が良くなったりする女性がいたら、周囲からどのように思われるでしょうか。

「たいした能力もないくせに、色気だけで良い思いをしてるズルい女だ!」等、とても悪い印象を与えてしまうでしょう。

ですから、「胸が大きく色気のある女性は、実力ではなく色気で良い思いをしようとしている愚かな人」という意味で「胸が大きいとバカっぽい」という迷信が生まれてしまったのです。

実際には、「胸が大きい」からといって、必ずしも色仕掛けをする悪女という訳ではありませんよね。

しかし「谷間が目立つ服を着ている」等、常に色気を感じさせてしまうと、このような卑怯な女性なのではないか?と思い込まれてしまう事はあります。

もしアナタが胸の大きい女性なら、このような勘違いをされないためにも、勤務先のオフィス等、TPOを弁えるべき場所での服装には十分配慮すると良いでしょう。

「動かない・働かない女性」は「胸が大きくなる女性」だから

医学的な進歩や、良好な教育環境により、現代社会では「大まかに人間の体がどのような構造になっているか」という事が一般的な知識として浸透しています。

ここで、「胸を構成するものとは何か?」に注目してみましょう。

胸は正確には「乳房」と言い、主に「乳房」を構成するのは「乳腺」と「脂肪」です。

乳房の内容は成人型乳房の場合、その容積の9割は脂肪で、1割が乳腺である。初潮前後から成人型乳房になるまでは乳腺に対する脂肪組織の割合が成人型乳房より少なく、乳房が硬くなる。

乳腺は、乳房一つあたり15~25個の塊として存在し、乳頭の周囲に放射状に並ぶ。それぞれの塊を葉(よう)と呼ぶ。

それぞれの乳腺の葉からは乳管が乳頭まで続き、乳腺より機能し分泌された乳は、乳管、乳頭を通して体外へ出る。
引用元:Wikipedia「乳房」 乳房の構造

「胸の殆どは脂肪でできている」という事はテレビ番組等でもよく話題に挙げられ、男女問わずこの知識を知っている事が多いですよね。

実際に胸を構成する「脂肪」の割合は9割と胸の殆どを占めているのですから、「胸=脂肪」という認識でも、あながち間違いではありません。

「脂肪」に対するイメージが「胸の大きい女性」にもつきまとう

一般的に、「脂肪」に対するイメージとはどんなものか考えてみて下さい。

  • 暴飲暴食で太っている人に多いもの
  • 運動不足で太っている人に多いもの
  • ゴロゴロ寝て怠けて太っている人に多いもの

上記のように、「脂肪」とは「怠惰な生活をしていて太っている人に多い」という、悪いイメージがあります。

毎日忙しく働いている人、運動が趣味で健康的な人、食事量の自己管理ができる人等、健全な生活をしている人は「脂肪」が少なく、スレンダーな体型の人が殆どです。

という事は、「よく動き、働いている女性」も「脂肪」が少ないスレンダーな体型になります。「脂肪」が少ない訳ですから、単純に「胸が大きくなる事はないだろう」と、考えてしまいますよね。

つまり「胸が大きい女性は、脂肪が多くなるような怠惰な生活をしている」と、「脂肪」に対する悪いイメージがそのままつきまとうのです。

その「怠け者」というイメージから「胸の大きい女性はバカっぽい」という、直接的な悪口になってしまったのでしょう。

確かに「脂肪」が少ない事は胸が小さくなってしまう要因のひとつではありますが、今では一概に「怠け者だから胸が大きくなる」とは言えない状況になっています。

なぜなら、最近は「栄養事情が良くなっている」という環境の変化があるからです。

昔の日本では食糧不足の時代もあり、本当に最低限の食事しか食べられなかったという人も珍しくありませんでした。

元々、肉体的に十分に成長できない環境だったからこそ、大きくなるはずの胸が必然的に小さいままになってしまった女性が多かったのです。

しかし今では、米・野菜・魚・肉・果物…と、少し意識するだけでバランスの良い食生活をする事が容易です。

ですから、普通の生活を過ごしている女性でも、本来の成人女性の姿として、大きい胸に成長しやすくなりました。

そのため、「スリムな体に大きい胸がある女性」は多く、必ずしも「胸の大きい女性が怠け者」とは言えないのです。

胸が大きい女性には「天然系女子」が多い!?

胸が小さくなる理由には「女性ホルモンバランスが崩れてしまう事」が関係していると判明しています。

女性ホルモンバランスを崩すのには、主に以下のような原因が考えられています。

  • 睡眠不足
  • バランスの悪い食生活
  • 極端に激しいダイエット
  • 冷え性等による血行不良
  • 日常生活での様々なストレス

これらのリストの中に、どのような女性にも当てはまりそうな原因がありますよね。

それは、「ストレス」です。

慣れない育児や夫婦の関係等、家庭内のストレスだけでなく、職場の激務や複雑な人間関係等、どんな女性でも様々なストレスに悩まされるケースは珍しくありません。

ストレスを感じにくい女性が「バカっぽい」理由

「様々な悩みや問題をストレスに感じるかどうか」は主にその人の性格によって違い、すぐにストレスを感じてしまう人もいれば、あまりストレスを感じにくい人もいます。

つまり、胸が大きい女性とは「ストレスを感じにくい性格」の女性である可能性が高いのです。「ストレスを感じにくい性格」とは、以下のような性格を指します。

  • 天然系
  • マイペース
  • おっとり

完璧主義で神経質な性格の人なら、些細なミスでもストレスに感じてしまったり、完璧にしたいという考えから、常に緊張感(良い意味の「ストレス」)を感じている…という事があります。

一方、「天然系」「マイペース」等の性格の人は、「あっ、ミスしちゃってた。でもまぁ、いっか!」と問題に対して深く気にしないため、ストレスをあまり感じません。

もしくは、イヤミを言われたのに「そうなんですね!」と素直に受け取ってしまう等、ストレスになる筈の問題に気付かない事もあります。

ストレスを感じにくい「天然系」等の性格の女性は、「不思議で可愛いおバカキャラ」と認識されている事が多いですよね。

「胸が大きい女性」は「天然系の女性」で、「天然系の女性」は「不思議で可愛いおバカキャラ」という二つの仮定がつながり、「胸の大きい女性はバカっぽい」という結論になってしまったのです。

あくまで、「胸が大きい女性はバカっぽい」は「迷信」!

ここまでの流れを簡潔にまとめると、「胸の大きい女性」には、以下の3つのイメージが抱かれていた事になります。

  • 「胸が大きい女性」は「色仕掛けをする悪女」というイメージ
  • 「胸が大きい女性」は「怠惰で脂肪が多い」というイメージ
  • 「胸が大きい女性」は「天然系のおバカキャラ」というイメージ
どの「イメージ」も「胸の大きい女性の法則」と言える程のものではありませんよね。

有名人や身の回りの女性にも、胸が大きくても知的で素敵な女性が大勢いますから、バカバカしい「迷信」とだという事を再確認できたのではないでしょうか。

もしもアナタが、この迷信を信じて「やっぱり、胸の大きい女性はバカばっかり!」と、全く根拠のない悪口を言ってしまったら…。

アナタは間違いなく、周囲の人に軽蔑されてしまうでしょう。

この記事をシェアする!