絶対防げるサイズダウン!ジョギング女子の美バストキープ方法とは

2016/08/15

ダイエットと言えば運動、特に有酸素運動が有効だと言われています。食事での体重コントロールもいいけれど、身体を動かすのも気持ちいいですよね。

有酸素運動の中でも、ジョギングは手軽にできるということで、最近では愛好者も増えています。あなたも一度は考えたことがあるかもしれませんね。体力もつくし、身体も引き締まるし、それでいてダイエットができるなら、一石三鳥くらいの効果がありそうです。

でも、そこで気になる噂を耳にした人も……。「ジョギングするとバストがサイズダウンする!」。これは本当なのでしょうか?もし本当なら大変です。綺麗なバストを保ちつつ、ジョギングを楽しむ方法を検証してみましょう。

ジョギングは効果大?有酸素運動でダイエット!

ジョギングは、運動を取り入れたダイエットの中ではかなり効果があると言われています。手軽にできる有酸素運動の代表格として有名ですし、健康効果も高いので、実際に生活の中に取り入れている人も多いでしょう。

有酸素運動とは、身体を動かすことによって、一定の強度の負荷をかけることから始まります。一定の負荷は人によって適度な強さが違いますが、ハードすぎないものが良いと言われています。


100キロカロリーを消費するための運動量

この負荷によって代謝が上がり、脂肪を燃焼させ、カロリー消費を推進するということが、ダイエットに効果的であると分かっています。もちろん、ジョギングの効果も、ダイエットにはとても期待できますよ。

運動に抵抗がない人は、有酸素運動をダイエットの方法に選ぶことが多いようですね。身体を動かすことによって、ストレス解消の効果もあるようですよ。

綺麗に痩せたい!ジョギングの思わぬ効果とは

ジョギングはダイエットに最適な方法のひとつ。有酸素運動で脂肪を燃焼させるという効果の他にも、様々な効果があります。

  • 生活習慣病の防止効果
  • 全身の筋肉を必要とするため、バランスの取れた体型になる

痩せる目的のダイエットとは少し違うジャンルのお話になりますが、ジョギングは生活習慣病の防止効果があると認められていることも、ぜひ覚えておいて下さいね。特に冠動脈疾患、高血圧、大腸がん、糖尿病関連のリスクを下げることで、医療関係者の間でも有名とのことです。

そしてやはり、ダイエット目的の人が注目したいのは、「バランスの取れた体型」についてでしょう。

ジョギングは全身を使った運動になります。

実際に走ってみると、普段は意識しない筋肉が動くことに気付きませんか?

この動きが、バランスの取れた、美しい体型を作ることに大いに役立つのです。有酸素運動のジョギングは、それなりに体力を消耗する、ややハードなダイエット方法に入るかもしれませんが、美しく痩せるには最適な方法と言えることが分かりますね。

注意!ジョギングがバストに与える影響は大きい!

美しく痩せた自分を想像してみて下さい。引き締まった身体で、あなたが気になる部分はどこですか?やはり、女性の魅力のひとつである、バストは絶対気になりますよね。食事制限のダイエットでは真っ先に減ってしまうバストですが、有酸素運動なら、そこまでの変化はないと言われています。

ただ、ジョギングをする場合、バストへの影響を少々ならず考える必要があります。こんな噂を聞いたことがありませんか?

  • ジョギングをするとバストがサイズダウンする
  • バストの位置が垂れてしまう

この2つ、実は単なる噂ではないことが分かっています。

実際にジョギングでダイエットに成功した人の中には、バストのサイズダウン、位置が垂れてしまい、想像していたような美しい結果になれなかったという人も。

せっかく体重が落ちても、これではがっかりしてしまいますね。なぜバストへの悪影響が起きるのか、傾向と対策をしっかり考えた上で、ジョギングをする必要がありそうです。

ジョギングって有酸素運動なんだね!私は身体を動かすのが好きだから向いてるかも~。

最近ちょっと太ってきたし、頑張ってみようかな。生活習慣病の予防になるのもいいよね。全身の筋肉を使うから、綺麗に痩せられそうだし!

でも、バストが小さくなったり垂れちゃうのは困るな……いくら綺麗に痩せられても、バストが小さくなっちゃうのはなぁ。対策があるなら知りたいんだけど!

サイズダウンするって本当?ジョギングとバストの関係は

ジョギングはダイエットに効果的ですが、綺麗なバストを維持しながら続けるということを考えると、対策を立てておく必要があります。

項目 理由
サイズダウン 走行時の振動による引き締め効果
位置が下がる(垂れる) 運動の衝撃でクーパー靭帯が切れる

まず、走行時の振動による引き締め効果について考えてみましょう。ダイエット目的のシェイプアップマシンなどをご存知ですか?脂肪をブルブルと震わせて負荷を与え、引き締め効果を期待するマシンで、こちらも人気のあるダイエット方法ですね。

ジョギングをしていると、バストは上下左右に揺らされることになります。結構な衝撃と負荷がかかっていることを感じたことがある人もいるでしょう。(男性には分からない女性の秘密ですね!)。

その負荷がバストにシェイプアップ効果を与え、頼んでもいないのに、バストをキュッと引き締めて、サイズダウンしてくれてしまうわけです。他の場所ならありがたいものですが、バストには迷惑な効果に他なりません。これが振動の問題です。

若い人でも要チェック!クーパー靭帯の重要性!

もうひとつ、絶対に気にしておいてほしいことは、クーパー靭帯についてです。このクーパー靭帯は、バストの位置を高く保つために欠かせない働きをする存在なんです。クーパー靭帯なくして、美しいバストは手に入らないと行っても過言ではないでしょう。

しかし、このクーパー靭帯は、ジョギングでダメージを受けてしまう可能性があります。これもジョギングでのダイエットをする時、意識しておきたい重要事項です。

クーパー靭帯は、バストの位置を吊り上げるように持ちあげ、固定する働きをする、胸にある靭帯です。美容運動によって高い位置にバストを保つことももちろん重要ですが、それ以前に、このクーパー靭帯がなければ、そもそも高い位置に固定することができません。

切れる&伸びる…ダメージ修復できないデリケートな靭帯

クーパー靭帯は、激しい運動の衝撃で、切れてしまったり、伸びてしまったりすることがあります。身体中にある靭帯も、ダメージを受ければ、同様に切れたり伸びたりしますので、珍しいことではありません。

しかし、クーパー靭帯が他の靭帯とは以下のような違いがあります。

  • クーパー靭帯は、一度切れたり伸びたりすると、元に戻らない

ジョギングを始めとする、高負荷、激しい運動をした時、このクーパー靭帯に衝撃が加わります。切れたり伸びたりしてしまうと、バストが垂れてしまうのです。

そして、二度とこの靭帯は、元に戻らず、バストは一生垂れたまま。

どんなに若い人でも、クーパー靭帯が切れてしまっては、昔話のおばあちゃんのように、バストが垂れに垂れてしまいます。今時は高性能な補正下着があるものの、だからと言って味わいたいものではありませんよね。

サイズダウン防止と共に、クーパー靭帯への衝撃に対しても、充分に対策をしてからジョギングをすることをお勧めします。

ジョギングをすると、確かにバストが上下左右に揺れますね。私はFカップなんですけど、かなり衝撃を感じます。

その衝撃でバストが小さくなったり、クーパー靭帯が切れてしまうなんて驚きました。しかもクーパー靭帯は一度切れたり伸びたりしたら、一生戻らないなんて!

ジョギングをする時は、この2つのことに気を付けないと。せっかく痩せても、バストだけが綺麗じゃないなんてショックですから。

ジョギングするならコレ必須!スポーツブラで美バストキープ!

ジョギングで綺麗に痩せながら、なおかつバストも美しくキープするには、それなりに対策が必要です。ここでおススメしたい方法は、何と言ってもスポーツブラでしょう。普通のブラジャーとは違い、激しい運動の時、しっかりとバストを守ってくれる頼もしい存在です。

また、気になるクーパー靭帯への効果も注目され、機能的にもかなり期待できるものが増えています。

バストへの振動や衝撃を積極的に防ぐには、ぜひ押さえておきたいアイテムですね。プロのアスリートも利用している人が多く、近年では知名度が上がり、様々なメーカーが開発しています。

  • 激しいスポーツをする人向けのがっちりタイプ
  • 激しすぎず、マイペースなスポーツをする人も使えるソフトタイプ
普通のブラジャーにも色々な種類があるように、スポーツブラにも色々なものがあります。ジョギングをする人でも、初心者か経験者かで、運動のハードさが変わってくることでしょう。それぞれに適したスポーツブラを選ぶことも大切ですので、様々な種類をチェックすることも大切です。

具体的な機能は?スポーツブラのメリット!

スポーツブラは、主に運動時に着用されます。

普通のブラジャーのように、バストの形を美しく整える機能よりは、運動時に起きる問題をサポートするための機能が優先された作りになっています。

項目 内容
形状 通常のブラジャーよりも胸の下の生地が長い
(短めのタンクトップ程度)
材質 コットン、ポリエステル
(汗の吸湿と伸縮性の重視)
効果 運動時の肩紐、アンダーバストのずれを防ぐ
通常のブラジャーよりもホールド力が高く、バストの揺れや衝撃を緩和

普通のブラジャーよりも、「運動する」ということに重点が置かれているということが分かりますね。材質ひとつとっても、汗の吸湿、伸縮性の重視など、運動時ならではの悩みを解決してくれます。

ジョギングで気になるバストへの衝撃も、スポーツブラなら上手にサポートしてくれます。

これからジョギングをする人、今まで何の対策していなかった人、スポーツブラの準備は必須ですよ!

選ぶポイントはこれ!自分に合ったスポーツブラでバストを守ろう

いくら優れたスポーツブラでも、自分に合っていないものでは、効果が半減してしまいます。選ぶ時には、ショップの店員さんに相談してみることが何よりお勧めです。ただ、自分でも、次のようなことを意識して、商品をチェックしてみましょう。

  • アンダー、カップサイズをぴったりにすること
  • サイズがはっきりしていない時は必ず計測すること
  • 肩紐の緩さが調整できるかどうか

この3つのチェックポイントは、普通のブラジャーを選ぶ時にも使えるものです。しかし、スポーツブラは、サイズ展開において、普通のブラジャーよりも少ないため、より意識して探す必要があります。

アンダーやカップサイズに関しては当然のことですが、特に知っておいて欲しいのは、肩紐の調整のことです。肩紐は、ただ堅く締め付ければ良いというものではありません。

肩紐の下に指を一本入れ、スムーズに動かすことができる程度のホールド感が最適です。

洗濯を繰り返したり、激しいスポーツをしていれば、自然と肩ひもは緩んでくるもの。また、買った時にはきついかもしれません。この差を適正に調整ができるスポーツブラであるかをチェックするのも、美しいバストを保ってジョギングをする時には、必要なポイントだと言えるでしょう。
スポーツブラは胸への影響を和らげてくれるんですね。それなら絶対、あった方がいいですよね。でも、選ぶ時にはどんなことに気を付ければいいんですか?

普通のブラジャーなら、アンダーやトップを測って、店員さんにお願いすれば、きちんとしたものを選んでもらえるけど……スポーツブラはどうなんでしょう?

ジョギングをする時、美しいバストを保つためには、スポーツブラを使うのが一番良いと思うわ。クーパー靭帯への悪影響や、衝撃への負担を減らしてくれるのよ。

スポーツブラを選ぶ時のポイントは、アンダーを含め、サイズと肩紐についてが重要よ。サイズが分からない時は、必ず店員さんに見てもらってね。

少し気を付ければ、バストを美しく保つことができるわ。ぜひ良いスポーツブラを探してちょうだいね。

ハードなスポーツもOK!アクティブさんにはこのスポブラ!

それでは、肝心のスポーツブラを具体的に紹介していきましょう。もちろん、これはあくまで一部の商品です。選ぶ時の参考にしてみて下さいね。気になるポイントがあれば、独自で探してみると、また違う良品に巡り合えるかもしれませんよ。

まずは、ハードな運動にも最適なスポーツブラを見てみましょう。がっちりジョギングをする人にもぴったりです。

発売元 商品名 ポイント
ワコール CW-X 独自の縫製が胸の揺れを軽減
Yバックスタイルで肩甲骨の動きを滑らかに
スポーツブラ専門店ブラシー ジムブラ 肩紐がずれにくく好フィット感
アンダー部分の幅が広く息苦しさが軽減
ベルメゾンネット レーサーバックブラトップ レーサーバックスタイルで肩が動かしやすい
バストのホールド力が強い

どのスポーツブラも、ホールド力があるのは当然という前提になっているようですね。それに加え、呼吸や肩の動きの快適感を重視していると言えます。

バストのサポートは当たり前!決め手はプラスα!

ハードな運動をしながらバストも守りたい人には、これらの商品のように、ホールド力はまず当然だというものが必須でしょう。特にジョギングは、今回紹介しているものだけではなく、たくさんの種類が出ています。

たくさんの種類があっては、逆に選ぶ時に困ってしまいそうですね。そんな時、ホールド力の他に、あなたが何を求めているかが重要になってきます。

  • 汗の吸湿などの体温調節機能
  • 洗濯のしやすさ
  • 価格帯

「なあんだ、そんな基本的なこと」と思われそうですが、これが案外見落としがちなんです。ジョギングを長くやりたいと思っている人なら、長くお付き合いするスポーツブラになりますし、日常でどんな手間がかかるか、リピートしやすいお値段なのか、「プラスα」の条件をチェックすることも大切です。

なるほどね~、ハードめな運動なら、がっちりホールドできそうなスポーツブラがいいんだね!肩の動きや汗を吸ってくれる機能も気になるなあ。

色んな企業から出てるみたいだし、選ぶのに迷っちゃうかもしれないけど、他の条件を考えたら決めやすいのかな?うーん、日常使うものだし、洗濯のしやすさや価格も考えなくっちゃね。

スロー&自然派さんに!ゆるやかでも高機能スポブラ!

ハードなジョギングよりスローな運動、という人も、スポーツブラは必要です。普通のブラジャーよりもホールド力があるのは事実ですし、何より、ちょっとした衝撃も、思った以上にバストへのダメージになってしまうものですから。

ジョギングが苦手だけど運動をしたい人は、ウォーキングが向いていると言われていますね。最初はウォーキングから始めて、そこからジョギングにステップアップする人もいますよ。ゆるやかな運動になり、長い目で見れば、ダイエット効果がある運動です。

ウォーキングの時も、正しい姿勢で行えば、大きく腕を振ったり、背筋をぴんと伸ばしたりと、やはりバストに負担がかかるポーズが多くなります。ゆるやかな運動でも、高機能のスポーツブラを選ぶようにしましょう。

ゆるやか女子注目!普段使いもできるスポーツブラ!

ジョギングよりはソフトな運動をしたい人には、スポーツブラの中でも、快適性を重視したものが向いています。日常使いができるものも多く出ていますし、手軽に購入できる価格のものが多いのも魅力です。

発売元 商品名 ポイント
ATSUGI さわやかイージーサポート 普段使いもOK
腕の動きが滑らか
ファンデ 爽やかフィットXバック 吸汗・速乾性に優れる
ノンワイヤーでストレスフリー
ベルメゾンネット 吸汗速乾ウォーキングブラ 吸汗速乾機能付き
カップ裏がメッシュで快適性が高い

いかがですか?ジョギングなどのハードな運動に利用するスポーツブラより、快適性、ストレスフリーを重視した商品が多いことが分かりますね。中にはナイトブラにも利用できるものもあります。

また、ハードな運動用のものより、種類が多いのも特徴です。ここでご紹介したのは、あくまでほんの一部にすぎません。デザイン性が高いものが多いのも、ソフトなスポーツブラの利点です。あなただけのお気に入りを探して下さいね。

あまりハードな運動をしないなら、スポーツブラもソフトなものでいいんですね。ウォーキングなんかでは腕を動かすし、普通のブラジャーよりはスポーツブラの方がよさそう。

快適性が高かったり、ノンワイヤーだったりするのも嬉しいです。ストレスフリーの方が、運動も楽しく続けられそうな気がします。

このタイプのスポーツブラは、可愛いデザインも多いし、選ぶのが楽しそうですね。

ダイエットと両立可能!お気に入りのスポブラで美バストメイキング!

ダイエットに効果的な有酸素運動の中でも、ジョギングはもってこいの運動です。そして、スポーツブラの選び方さえ間違えなければ、綺麗なバストを一緒に手に入れることも可能ということがお分かり頂けたでしょうか?

もちろん、スポーツブラだけでは美しくなれません。適正な運動や、健康的な生活も心がけたいですよね。スポーツブラはその心がけに協力する、重要な要素です。ちょっとしたポイントを押さえるだけで、ダイエットと美しいバストのメイキングを両立することができますよ。

スポーツブラは様々な種類があります。どれも高機能だったり、痒いところに手が届くものであったりと、迷ってしまうかもしれません。あなたの運動の傾向や、手に入れたいダイエットの結果をよく検討して、お気に入りのスポーツブラを見付けましょう!

いかがでしたか?これからジョギングやハードな運動ダイエットを考えている人は、同時にスポーツブラのこともしっかり考えてみて欲しいわ。

ハードな運動は、どうしてもバストへのダメージを避けられないもの。それでバストのサイズが小さくなったり、バストを支えるクーパー靭帯が傷んで、バストが垂れてしまっては、まさに本末転倒よ。

今は様々なメーカーが、優秀なスポーツブラを次々に開発してくれているわ。あなたのダイエットの方法に、ぴったりの一枚が見つかるといいわね。ダイエットとバストメイキング、一度に成功しちゃいましょう!

この記事をシェアする!