授乳ブラジャーってどんなもの?初めてママの為の【選び方&基礎知識】

2016/10/21

赤ちゃんを授かると、どんどん女性の身体は変化していきます。お腹が大きくなってくるのはもちろんのこと、身体が丸みを帯びてきますし、バストサイズも大きくなっていきます。

そうなると困るのが下着。妊娠しても3~4ヶ月くらいであれば大丈夫でも、5ヶ月を過ぎると普段のブラではキツい…という方も増えてきます。

そんな女性にオススメなのが「授乳ブラ(マタニティブラ)」!…といっても、普通のブラとは違うの?いくらくらいするの?なんてギモンが浮かんじゃう!そんな新米ママも多いはず。

でも大丈夫!この記事を読めば自分にピッタリの授乳ブラの選び方からギモンまですべて解決できちゃいます!

授乳ブラってどんなアイテム?普通のブラとどう違う?

授乳ブラを購入する・身に付ける前にまず知りたいことといえば「普通のブラとはどういった違いがあるの?」という点ではないでしょうか。直接肌に身につけるものですから、あまり変な感じだとちょっとイヤですよね。

もちろん変なものではありませんが(笑)、普通のブラとどう違うのか、何か特徴があるのかという点からご紹介していきたいと思います。

授乳ブラはその名の通り、マタニティライフがラクになるアイテム

授乳ブラ(マタニティブラ)はその名前からわかる通り、妊娠してから赤ちゃんを産み、そして授乳期間が終わるくらいまで身につけることを前提に作られた下着です。でも、どうしてわざわざマタニティ専用のブラを着けなければいけないの?と疑問を持つ方もいると思います。

その理由は、バストサイズがアップするからだけではありません。

赤ちゃんを産んだあとの授乳期間にも影響する可能性があるからなんです。

妊娠すると、ママのおっぱいは赤ちゃんを迎える準備を始めます。産後に乳汁(おっぱい)を分泌するため、おっぱいの中にある「乳腺」(母乳を作り出す組織)が少しずつ発達するのです。

この乳腺の発達によって、おっぱいそのものも大きくなり、最終的には約2カップ(臨月~産後すぐはそれ以上)もボリュームアップすると言われています。

普通のブラはカップが浅く、締めつけも強め。乳腺の発達を妨げるだけでなく、産後のおっぱいの出が悪くなることも。
引用元:ママのお役立ちアイテム選び方ガイド・マタニティブラ|マタニティウェアならベストサンクス通販サイト

小さいサイズの服を着ると窮屈な感じがしてイヤですよね。妊娠中の胸も同じで、妊娠するとどうしてもバストサイズが大きくなっていきますので、普段のブラだとだんだんきつくなってしまいます。

快適なマタニティライフを送るためには必須、とまでは言えなくてもあってソンをすることは絶対にない!と断言できるアイテムだと思います。

普段身に着けているブラジャーと授乳ブラの違いは何?

わたしたちが普段(妊娠していない時に)着けているブラジャーは

  • バストラインを美しく見せたい
  • 谷間を作りたい
  • ボリュームアップしたい

といった、バストを美しく整えるために身に付けるものですが、これは妊娠中の女性にはちょっと合わないですよね。

授乳ブラは上記のような「バストを美しく整える」という役割は少し減ってしまいますが、妊娠中に大きくなっていくバストを支えてくれたり、サイズ変動にも対応することができるんです。もちろん妊娠中でも普段身に着けているブラジャーを着用し続けてもいいのですが、

妊娠前の一般のブラジャーはバストを美しく補整するためのもの。しかも、産前の急激なバストの変化に対応してつくられていないため、マタニティの時期に着用すると、変化したバストを押さえつけてしまう場合があります。

マタニティのバストは、初期の段階から乳腺が活動し始めるため、ふだんよりも敏感な状態。マタニティブラでやさしく支えることが大切なのです。
引用元:マタニティインナーはなぜ必要 | ワコール マタニティ

後ほど詳しく説明しますが、授乳ブラといってもしっかりとワイヤーが入ったものもあり、綺麗なバストを作ることだって可能です。

美しさを追求することも大切ですが、それで自分のバストが傷ついてしまうのはダメですよね。自分のバストサイズの変化に合わせて、適度に授乳ブラに切り替えていくのが賢い使い方…といえるのではないでしょうか?

一般的なブラにはない機能性の高さも授乳ブラの特徴

普通のブラにはない機能性の高さも授乳ブラの特徴といえるでしょう。

妊娠初期~中期は人によってはブラの締め付けによってつわりが悪化してしまうこともあります。授乳ブラは一般的なブラと違い、アンダー部分の締め付けがゆるめなので特につわりがツライ女性でも身につけやすいアイテムとなっています。

もちろん授乳ブラにもワイヤー入りのものがありますので、バストの形が気になるという方でも安心して身につけられますよ。

また、出産後の授乳期間は人によっては母乳が垂れてしまうことも。授乳ブラであれば母乳の垂れを防止するポケットなどの機能が付いているので、安心して授乳期間も過ごすことが出来ます。

母乳はシミになりやすいので、お気に入りの下着を汚してしまうともう着られなくなってしまうこともあります。母乳パッドなど、母乳で下着を汚さないためのアイテムもありますのでうまく組みわせて使っていきたいですね。

妊娠したら胸が大きくなるのは知ってたけど、2カップも大きくなるなんて、そりゃ「子供が生まれても胸のサイズはこのままがいい」って言ってるママが多いわけだね。

それに、これだけサイズが違うとブラもやっぱり変えないといけないってのはすごくよくわかるね。ムリして着けてると胸の形がヘンになるかもしれないし、授乳ってなると普通のブラじゃしんどそう。

お金がかかるから心配、って人もいそうだけど、個人的にはきちんとマタニティブラを買っておきたいな。

今ならかわいいものもたくさん!授乳ブラの種類をチェック!

「でも、授乳ブラってかわいいデザインのものが少なくて、ベージュみたいなシンプルなものばかりなんじゃ…?」と思った方がいるかもしれません。その気持ちはとってもよくわかります。

機能性の高い下着ってあまりデザインに幅がなかったり、「なんかちょっと違う…」というデザインのものも結構ありますよね。

でも安心してください!今の授乳ブラは本当にかわいいデザインのものがたくさんあります。しかも様々な種類がありますので、それぞれどのような特徴があるのかバッチリ紹介していきたいと思います!

ブラのタイプと機能タイプの2種類の組み合わせで決まる!

授乳ブラは実はちょっと複雑なところがあります。多くの授乳ブラは2つのタイプを持っていて、それは

  • ブラ自体のタイプ
  • 授乳機能に関するタイプ

の2つ。この2つが組み合わさって非常に多くの種類になっているんです。まずは、ブラ自体のタイプからご紹介しますね。

一番ラク!寝ながら授乳もOKな「ハーフトップ」

こちらはワイヤーがカップに入っておらず、タンクトップのように身に付けるだけでOKな、一番ラクなタイプです。

寝ながら授乳もOKな「ハーフトップ」

ホックがついていないためアンダーの調整は出来ませんが、締めつけ感がなくナイトブラとして身につけても大丈夫なアイテムです。

ノンワイヤーだけどホールドはしっかりめ「ブラトップ」

こちらもハーフトップと同じくノンワイヤータイプなのですが、ハーフトップに比べると安定感があり、バストメイクがしやすいタイプになっています。

ノンワイヤーだけどホールドはしっかりめ「ブラトップ」

一般的なブラのようにホックがあるのでアンダーの調整も可能です。ちょっとしたおでかけに使えるブラですね。

妊娠前と同じ感じでブラを付けたいなら「ワイヤーブラ」

一般的なブラジャーのようにワイヤーが入っているもので、一番今までのブラに近いタイプです。

「ワイヤーブラ」

ワイヤーが入っていますが柔らかい素材なので肌を締め付けるような感覚はほとんどありません。きっちりとおしゃれしたいときや、授乳期の最後の方に使用するといいかもしれませんね。

さて、次からはブラの「機能性」に関する部分をそれぞれ画像を含めて説明していきたいと思います。

素早い授乳が可能!そしてカンタンな「クロスオープン」


「クロスオープン」

授乳ブラでも多いタイプなのがこの「クロスオープン」です。ワイヤー入り、なし、ハーフトップとすべてのブラタイプにこの「クロスオープン」タイプのブラがあるくらい授乳ブラでは一般的といえるかもしれません。

これはブラのカップ部分がカシュクールのように重なっており、ぐっとカップ部分を下げるだけでカンタンに授乳ができるんです。

外出時だけでなく、家の中や寝ている時の授乳もしやすいタイプです。

ただ、カップを引き下げる際バストの大きい方だとうまく引き下がらない場合があります。バストサイズが大きめの方は注意してくださいね。

カップがカンタンに外せる!「ストラップオープン」

「ストラップオープン」はストラップ部分にカップを支えるホックが別についており、そのホックを外すとぺろんとカップをカバーしている部分が開くので素早く授乳が可能なタイプです。

こちらはベルメゾンで販売されているストラップオープンタイプの授乳ブラです。

ストラップオープンタイプ

このように見た目は普通のブラと変わりありませんが、ストラップの留め具を外すことで授乳が簡単に行えます。

ワイヤー入りのもの、またはノンワイヤーのある程度ホールドがしっかりしているブラと多く組み合わされていますので、おでかけに最適なタイプといえるでしょう。しっかりと胸や肩を支えたまま授乳ができるので、身体への負担が少なめなのが特徴です。

大きいバストの方におすすめ「ウインドウオープン」


大きいバストの方におすすめ「ウインドウオープン」

「ウィンドオープン」は「ストラップオープン」に近いかたちです。ホックで前面のカップが開ける点は同じなのですが、実はここが二重構造になっており、枠の上にカップが重なっているんです。

枠部分でしっかりとバストを固定してくれるので授乳の際も安定しやすいのが特徴です。

また、下ろしたカップが邪魔にならず、枠でしっかりとホールドするのでバストサイズが大きい方でも安定した授乳が可能です。

ササッと授乳できる「フロントオープン」か「サイドオープン」

最後は「フロントオープン」と「サイドオープン」をご紹介します。フロントオープンはその名前の通り、フロント部分がボタンなどで留められているため、ボタンを外せばすぐに授乳することが可能です。

こちらもベルメゾンで販売されている商品です。

フロントオープン

バスト全体を出して授乳が可能なので、授乳の際に赤ちゃんの顔にブラがあたってしまうのが気になる…という方におすすめです。

ハーフトップタイプのものもあれば一般的なブラタイプのものもあるので、好みに合わせて着けられますよ。

また、横部分からバストを出すことができる「サイドオープン」はこのような感じです。ささっと授乳ができるので、忙しい方や授乳頻度が高い時におすすめですね。

こちらはニッセンで販売されているサイドオープンブラ。価格も税込で500円未満とかなりお安い商品です!

サイドオープンブラ

サイドオープンタイプのブラは添い寝しているときにも授乳しやすいため、添い寝ブラと言われることもあるようです。

たくさん種類があって迷っちゃいますね…。胸の大きさによってはあまりオススメできない商品もありますから、もともとバストサイズが大きめの方はゆったりしたものを選んだほうがよさそうです。

でもカップがないとどうしても胸が流れたり垂れているように見えてしまうこともあるので、パッド付きのを選ぶことをオススメします。

中にはパッド付きキャミソールを愛用していた、なんて方もいるようですよ。

どうやって選べばいい?授乳ブラの正しい選び方!

たくさんの種類があるブラなので目移りしちゃいますよね。どのブラがいいのか?というのは自分のマタニティライフであったり、好みで選べばOKです。

締め付けがイヤであればノンワイヤーのものやハーフトップタイプがラクですし、妊娠していても綺麗なバストメイクがしたい!というならワイヤー入りのタイプを選ぶ…などなど。

しかし、そういったデザインや機能は選べても迷ってしまうのが「サイズ」ですよね。それに、いくら好みといったって時期によって選ぶブラが違うのでは?といった疑問もあるでしょう。

ここではそのような疑問を解決するために、授乳ブラを選ぶポイントを解説していきたいと思います!

授乳(マタニティ)ブラのサイズは1~2カップアップ!

妊娠すると、だんだんバストが大きくなっていくのは多くの女性の知るところ。しかし、一般的なバストアップとは違い、大きくなるのは乳腺の発達などによるため乳頭間隔が広くなる特徴が。

妊娠初期~中期くらいでは1カップ程度、妊娠後期ともなると2カップ程度サイズがアップするのが平均的です。

しかも、場合によっては産後の授乳期に入るともっと大きくなる方も珍しくないんです。

妊娠前から産後までのバストの変化

このように、妊娠前はBカップだった女性でも妊娠中期であればCかD、後期となるとDかEというサイズまで大きくなります。

あくまで下の表は一例ですが、ご自身の妊娠前のカップ・アンダーのサイズのところに記載されているサイズがマタニティブラの購入サイズの目安です。

C/U AA A B C D E
65 B70 C70 D70 E70 F70 G70
70 B75 C75 D75 E75 F75 G75
75 B80 C80 D80 E80 F80 G80

サイズは大きければいいワケじゃない!きちんとポイントは守って

「とりあえず2カップサイズ上のを買えばいいのね!」と思ってしまいますが、ちょっと待ってください!もちろんそれで間違いではないのですが、あくまで「下着」。きちんとサイズが合っているものを購入しないと見え方が悪かったり、母乳が垂れてしまう…なんてことも。

お店でサイジングするのが一番ですが、ちょっと恥ずかしい…面倒…という方は、上記のポイントをしっかりと抑えられているブラを購入しましょう。

妊娠初期~中期はサイズ調整ができるタイプのブラがおすすめ

妊娠検査薬が使用できるか出来ないか程度の時期であれば普通のブラでもいいのですが、妊娠がわかりはじめる3~4ヶ月ともなると、少しずつ身体の変化にも気づいているはず。それでも「大丈夫だと思うから」「お金がもったいない気がする」と、下着を変えない女性も多いようです。

確かにサイズが合わなくなったブラは使いみちがなくムダになってしまいますよね。そんな心配がある方は、妊娠初期はマタニティブラの中でもワイヤータイプで、かつホックなどでアンダーバストが調整できるタイプのブラを購入するのがおすすめです。

特にワイヤー入りのタイプに授乳機能が付いているものを選べば、妊娠中から授乳期間まで使える場合も!

逆にハーフトップはとってもラクなのですが、アンダーバストが調整できない商品が多く、バストサイズが大きくなってから買う方が長い期間使用することができるのではないでしょうか。

少し大きめのサイズを購入して、授乳ブラ用のパッドを上手に使ってバストサイズを調整する、という方もいるようですよ。

サイズが大きく変わるから、今までのブラが使えなくなる可能性も高いんだね。サイズ調整出来るものなら出費も抑えられそうだしよさそう!

でも、授乳ブラってたくさん種類があるけど、どれを選ぶのがいいのかな?

基本的には自分の好みでかまわないわ。締め付けが気にならなかったからずっとワイヤー入りブラを使っていたママもいるし、締め付けがイヤで仕方なくてずっとハーフトップタイプのものを使っていた…っていうママもいるしね。

ただ、産後3ヶ月程度までの授乳を頻繁にしなければいけない時期はすぐに授乳が出来るストラップオープンタイプやクロスオープンタイプを勧めている先輩ママが多かったわね。自分の胸の大きさや着心地とかで「これがイイ!」って思えるものも違うから色んなタイプのブラを着けてみるのが一番かもしれないわ。

知りたい授乳ブラの疑問…これを読めば全部解決!

最後に、授乳ブラに関する疑問について解決していきましょう。選び方以外にも、授乳ブラに関しての疑問はたくさんあるはず。特に多いと思われる質問をピックアップしましたので、これで授乳ブラに関する悩みは一挙解決…できるかもしれません!?

Q1:どのタイミングで授乳ブラに変えるのがいいの?

最初の疑問は、どのタイミングで授乳ブラに変更すればいいのか。これってかなり悩みますよね。

妊娠によるバストの変化は人それぞれなので「その日から!」と断言できるものはないのですが、普段身に着けているブラが最近きつくなってきた、締め付けを感じる…といった「普段との違い」を感じたタイミングが授乳ブラへチェンジするタイミングといえます。

多くの女性は妊娠3ヶ月~4ヶ月からブラがきつくなったという変化を感じるようなので、そのくらいの時期を目安にするのがいいでしょう。

Q2:どうしても授乳ブラが必要?普通のブラじゃだめ?

授乳ブラがあるとラクなのはわかるけど、そんなに長い期間使うものでもないから買うのがもったいない…と考える方もいるでしょう。授乳ブラの価格は安いもので2000円、高いもので10000円近くと価格に幅がありますが、安価なものでもしっかりと機能性が高いものが多いです。

特に通販サイトであれば2000円台でかわいいアイテムもかなり多く、1枚くらいは持っておいてソンはないのではないでしょうか。ギリギリまで普通のブラを使う、というのも悪くはありませんがつわりによって締め付けがイヤになったり、気分が悪くなることもあります。

もちろん普通のブラのまま母乳で育てきったというママさんもたくさんいます。特にもともと大きなバストサイズの方はそのままブラを変えずにきた、という方が多いようですね。

「無理はしない程度に、自分が大丈夫と思えるところまで普通のブラで過ごす」というスタンスでいいのではないでしょうか。

中には、授乳ブラの代わりにこのようなカップ付きのタンクトップやキャミソールを使用している方もいるようです。家の中で過ごすならこのくらいでも十分かもしれませんね。

Q3:何枚くらい購入する必要があるの?

これも気になる疑問ですよね。みんなどのくらいの枚数を購入しているのでしょうか?

調べてみたところ、4枚~5枚くらい、特に4枚程度用意した方が多いようです。4枚を洗濯しながらローテーションして使えば卒乳まで問題がなさそうです。

バストサイズの変化がわからないので、最初にまとめて4枚買うよりも、最初に2枚程度におさえて少しずつ買い足す形でもいいかもしれません。もちろんたくさんあって困ることはありませんが、買いまくり…というわけにもいかないですよね(笑)。

お出かけ用のノンワイヤー・またはワイヤー入りのもの、家でリラックスするときに着けていられるハーフトップのものはそれぞれ1枚ずつあると便利ではないでしょうか。また、少々お値段が高くなる可能性もありますが産前・産後(授乳)両方に対応しているブラも多く発売されています。

こちらはワコールマタニティの「2Wayマミーブラ」という商品です。価格は7000程度と少々張りますが、妊娠3ヶ月~卒乳近くまでこれ1つでまかなえます。

2Wayマミーブラ

できるだけ出費を抑えつつ機能性が高いものがほしい!という方はこういったブラを購入してみてはいかがでしょう。

Q4:ショーツとセットの授乳ブラはあるの?

「下着にはこだわっていて、上下おそろいがいい!」「妊娠中に旅行やお泊りをする時に上下違うとちょっと恥ずかしい」など、上下おそろいの下着を身に着けたい人・機会は多いはず。

しかし授乳ブラは機能的な製品ですから、おそろいのショーツがあるのか疑問ですよね。

もちろん、上下セットの商品はあります!

上下セットの授乳ブラ

しかもこちらの商品のように、産前お腹が出てきたママでも安心してつけられる、お腹をすっぽりと包んでくれるショーツがセットの商品もあるんです!

もちろん一般的なショーツとの上下セットの商品も多いのでご安心ください。かわいいデザインのものが豊富なので、自分好みのアイテムがきっと見つかりますよ。

Q5:授乳ブラはどこで購入するのがオススメ?

新米ママが困るのが「授乳ブラはどこで買えばいいの?」というものでしょう。

やはり王道と言えるのがベビー・マタニティ用品のストアで「西松屋」や「アカチャンホンポ」に行く方が多いようですね。「イオン」など大きめのスーパーにもマタニティコーナーがらいますので、そこで購入する方も多いようです。

しかし近くにお店がない!というケースや、働いているとなかなか買いに行くヒマが…というママもいると思います。

先輩ママの体験談を参考にすると「通販」という声がとても多かったです。デザインもじっくりと気に入ったものを選べますし、何より近くにお店がなくても買えるのが嬉しいところですよね。

1枚で済むわけではないので、価格の安さという面からみても通販がオススメ!という先輩ママは多いようです。通販でしたらモノによっては税込価格で2000円しないものが多く、サイトによってはポイント還元もしてくれますのでよりお得に購入可能!というわけですね。

ちなみに、授乳期はどうしても母乳が出てしまうので長く使うなら柄物やグレー・黒など汚れが目立ちにくいカラーの方がいいそう。もちろん好みでピンクやブルーなど、自分の気分があがるカラーを選ぶのもアリですよ!

Q6:どれくらいで普通のブラに切り替えたらいい?

とってもラクで、一度使うと離れられない…とまで言わせる授乳ブラ。一体どのくらいの時期にいままで使っていたブラに切り替え(戻せ)ればいいのでしょうか。

その答えは「いつでもOK」。「えっ!」と思った方もいるかもしれませんが、これは本当に人それぞれ。

ただ、まだ子供が小さく(3ヶ月~6ヶ月など)頻繁に授乳をすることがあるなら授乳ブラの方が機能的にはラクかもしれません。

多くの方は「バストが垂れてしまうのではないか」という心配から、いつ元のブラに戻せばいいか悩むようです。断乳後は胸が張りやすいので普通のブラに戻してもサイズが合わない可能性もありますし、個人の差が大きく出るところなんですね。

  • 卒乳後にサイズが落ち着いてきたら
  • あまりバストが張らなかった(サイズ変動がなかった)からすぐに
  • 断乳後しばらくしてから

という方が多いようですね。バストサイズが大きめの方は授乳期間中に大きめのワイヤーブラにした、という方もいましたよ。

子供を産むなら誰しもが通る道といっても、ちょっと聞きづらい部分でもありますよね。これからお金もかかりますから、無駄な出費を控えるためにも納得してから購入したい!って人も多いと思います。

とりあえず3枚程度購入しておいて、その後必要になったら買い足し。卒乳を考え始めたらワイヤー入りのブラに戻すことも考える…といった感じでしょうか。

値段が安いものを選べばそんなに負担はなさそうですし、育児や授乳が快適に出来ると考えれば安い買い物なのかもしれませんね。

そのラクさでも人気!快適なマタニティライフにはマストかも!?

妊娠したらサイズはどうしても変動してしまうもの。わざわざそのために下着を買うのも…という気持ちもあるかもしれませんが、やはり妊婦さんのために作られた下着だけあって身に付けると非常に快適なようです。

それまでノンワイヤーのブラも着けたことがなかった方が、授乳ブラのノンワイヤーのラクさにハマってノンワイヤー派になってしまう…なんてこともあるとか(笑)。

妊娠期間中はつわりがあったり思うように身体が動かなかったりと喜びも大きいですが大変なことも多いもの。授乳ブラというアイテムをプラスすることでぐっと快適なマタニティライフになる可能性はかなーり高いです。

元気な赤ちゃんを産み・育てるにはママの健やかな身体や精神が不可欠です。高価なものではないので、おためし気分で一度使ってみてはいかがでしょうか。もしかしたらマストアイテムになるかもしれませんよ。

妊娠することで女性の身体は外側も内側も急激に変わっていくわ。その過程のひとつが乳腺の発達によるバストサイズの変化なのだけれど、それに強いストレスを感じることもあるかもしれないわね。

妊娠中だけじゃなく、生まれてからの方が大変。2時間おきに授乳をしなければならないし、睡眠不足で体調も崩しやすくなるわ。

でも授乳ブラをつけていれば身体をしめつけないことでラクな体勢でいやすくなるし、そのまま寝てもOK。すぐに授乳出来るから赤ちゃんが泣いてもあせらずにすぐ対処できる点も大きなメリットよ。

お金がもったいないからこのままのブラで…というのも選択肢のひとつだけど、ママが元気じゃないと赤ちゃんも不安になるわ。自分が快適に過ごすためのアイテムとして、マタニティブラを使ってみたらどうかしら。

この記事をシェアする!