胸を小さくする方法!大きな胸の悩みを解決するメソッド決定版


大きい胸は女性の憧れ…なんてイメージがありますが、実際バストが大きな女性からすると「大きい胸なんていいものじゃないよ」という言葉を聞くことも多いですよね。

バストアップを頑張っている女性からすると非常に羨ましい発言ですが、意外と世の中には大きな胸を小さく出来れば…と考えている女性って多いんです。

とはいえ大きいものを小さくするなんて結構大変なこと。大きな胸で悩んでいる女性のために今日からでも始められる!?簡単なものからちょっとものまで…様々なメソッドをご紹介していきます!

胸が大きいとなにがダメなの?グラマーさんの悩みはコレ!

胸を少しでも大きくしたいと日夜努力している女性からすれば、胸が大きい…いわゆるグラマーな女性は羨ましいと思いこそすれ、悩んでいるなんて勿体無い!なんて思っちゃいますよね(笑)。

しかし、意外と大きな胸を持っている女性は尽きない悩みが多いんです…。過ぎたるは及ばざるが如し、「ちょうどいいサイズ」を過ぎてしまったら苦労はつきもの。

グラマーな女性が多く抱えている悩みはなんなのか!?まずはそこからスタートしたいと思います。

胸が大きいって、みんなどのくらいの大きさからを言ってるの?

そもそも大きな胸を嘆く前に気になることがありますよね。それは「どれくらいから胸が大きい、つまり巨乳と判断される」のか。

数年前に行われたアンケートの結果によると、一般の男性及び女性が思う「巨乳」の境界線はなんと「Dカップ」なんだそう。DカップからFカップ、Gカップくらいまでが巨乳で、それ以上…Iカップくらいまでいくと爆乳という感じでしょうか?

ちなみに平均的なカップサイズはCカップくらいだそうで…。確かにBカップ~Cカップくらいは一番ブラジャーのデザインなど種類も多いので納得できますよね。最近では胸が大きくなってきている女性が増えているのか、DカップくらいまでならCカップと同じくらいのラインナップになることもしばしばですが。

実際とイメージで違う部分もあるでしょうが、大体Dカップくらいから胸が大きい、Eカップとなると確実に大きいと判断されるのではないでしょうか。端的に言うと「ブラジャーの種類が減ってきたくらい」ですかね(笑)。

自分に似合う服を選びにくい、着たい服が着られない!

さて、それでは大きな胸をもつグラマーさんの悩みに入っていきましょう。最初に取り上げるのはこれ、服の問題です。

最近売っている洋服は結構ラインがピッタリしたものも多く、着ると美しいボディラインが実現出来る…なんてものも増えていますが、グラマーさんがこれを着てしまうと胸だけが強調されてしまうことも…。

あとは、肩幅や身頃はサイズが合っているのに、胸が入らない(ボタンが留まらないなど)せいでひとつ上のサイズを着なければならなかったり…。そうなると全体的にゆるめのシルエットになってしまうので太って見えてしまう可能性も出てきちゃいます。

「着たい服があるのに、胸のせいで着ることが出来ない」、これってかなりストレスですよね。まだカットソーやシャツであれば融通が利く部分も多いですが、ワンピースなど生地1枚で作られたものの場合、胸のサイズの関係で泣く泣く諦める、そんな女性も多いようです。

見られてる?他の人の視線が気になる…。

これも多くの胸が大きい女性が抱える悩みだと思います。

ただそこにあるだけで目立ってしまう…。注目されたいわけではないのに視線を感じるのはイヤですよね。男性だけではなく女性からの視線も気になる、という方もいると思います。

また、どうしても印象が胸だけになってしまうのもイヤ、という女性も多いですね。「胸が大きいあの子」なんて言われると、それしか特徴がないのか!と言いたくなる気持ちは非常にわかります。

いくら服装に気をつけていても、ボリュームがあるとそれだけで男性、あるいは女性の視線を奪ってしまうもの。つい見てしまっただけにしても、やっぱり気持ちのいいものではありませんよね。

ちなみに某アンケート結果では、男性に胸をちら見されていることは約32%の女性が気づくそうです。しかも、見ていないフリをしつつ見ている…というちょっと姑息な(笑)チラ見に気づいている女性はなんと約94%!ほとんどの方が気づいているんですね。

とはいえチラ見程度ならなんとも思わない女性が約7割。世の男性は胸をなでおろしているかもしれませんね(笑)。

かわいいブラジャーを選ぶことが出来ない!

これもオシャレにこだわる女性としては非常に困るポイントですよね。

実際お店にいくと、BやCあたりまでは非常に色んなデザインがあって選ぶのが楽しい!という気持ちになるのですが、D、あるいはEくらいからはぐっと選べる種類が減ってレースっぽいものばかりに…。

しかもカップも大きいので非常に存在感があり、「こんな大きいのを着けないといけないのか」とテンションが下がってしまうことも。

最近ではネット通販などで様々なデザインの大きめサイズのブラジャーを販売しているところも増えてきましたが、店舗で試着しつつ選びたい…と考えるとやっぱり選べる選択肢が少ないのが現状です。

特に上下お揃いの下着を着けようと思うとかなり限定されてしまうのが悲しいですよね。「かわいい下着を着けてテンションをあげる!」という方法がなかなか使えないのは苦しいところです。

スポーツをする時に邪魔になってしまう!肩が凝る!

胸が大きいと、走っているときにすごく揺れてしまうんですよね…。スポーツをしている女性の中には「この胸が邪魔!」という人も多いのでは?しかも胸が揺れることで視線も感じるし…と、スポーツにあまり大きな胸はいらない、と考えている人はとても多そうです。

大きい胸をあまり激しく揺らすと垂れの原因にもなってしまいますし、肩が凝るなど肉体的なダメージも結構なもの。

スポーツをする時にはより気をつけなければいけないなど、気を遣う部分が多いのもグラマーさんの特徴…いえ、悩みと言えるかもしれません。

これだけでも結構「大きな胸を持つって大変なことなんだ」ってことがわかりますよね。

このカテゴリーには贅沢な悩みなの?胸を小さくする方法教えます!について詳しくお伝えする記事もありますので、どうぞご参考に!

男性の視線を感じやすいのはイメージとしてありましたが、それ以外にもいろいろとデメリットがあるんですね。

個人的には服を選びにくいのはちょっとイヤですね…私も経験があるのですが、とても気に入った服を胸のせいで諦めなければいけないのは辛いんです。ひとつ上のサイズですとシルエットが変わってしまうのでしっくり来ませんし…。

ブラの種類が少ないのも大問題ですよね。どうしてもちょっと往年のデザイン…といったレースものに偏ってしまうので、かわいいストライプとかドットのブラを着けたいな、って思うこともあります。

まずは見た目で改善!スッキリ見える服を選ぼう

胸そのものをすぐに小さくすることは出来ませんが、胸をちょっとでも小さく見せることは可能です。つまり着痩せですね!

グラマーな女性の場合、選ぶ服によってはより胸が目立ったり、大きく見えてしまうこともあります。

出来るだけ胸が小さく見える服・ファッションを選択することで人の視線を散らしたり、スタイルをよりよく見せることが出来るようになりますよ。

胸を小さく見せるにはこれがオススメ!OKファッション

胸を小さく見せるファッションにはいくつかのポイントがあります。

  • 首周りをスッキリと見せる
  • 柄物を効果的に使う
  • 見せるポイントと見せないポイントを決める
  • 生地や色にもこだわりを!

それぞれを詳しく解説していきましょう。

まず、首周りをスッキリと見せること。これは非常に重要です。女性は鎖骨やデコルテを見せることで非常に華奢な印象を与えることが出来ます。同じように手首や足首を出すのも女性らしさを出すポイントとなっています。

胸が大きいとあまりデコルテを出すと谷間が見えてしまう…ということもありますが、思い切って鎖骨を出してしまうとスッキリとした印象になり、逆に胸が小さく見えるんです。

柄物を効果的に使用するのも非常に重要。派手目な柄は胸の大きさを隠すのにピッタリ。あとは着痩せ効果の高いストライプのアイテムを効果的に使うのもアリですね。

とはいえ、細かい柄やストライプは逆に胸の大きさを目立たせてしまう可能性もあるので注意が必要です。

続いては見せるポイントと見せないポイントを決めることです。例えば二の腕に自信がない方がノースリーブワンピース+上着というスタイルを選んだとしましょう。アイテムによっては上半身が重くなり、太って見える可能性が出てきます。

しかし上着を脱ぐと気になる腕は出てしまうものの、上着による着膨れはなくなるため逆にスッキリと痩せてみえる…というものです。

胸が大きいことはコンプレックス。だけど腕や足にはコンプレックスは特にないという方であれば、ノースリーブのアイテムを意識的に選ぶなど「肌見せ」でスッキリと見せる方法がとても有効です。肌見せを上手く使えばボリュームワンピもキレイに着こなすことも可能ですよ!

アイテムを選ぶときに重要なのはシルエットや価格…ですが、生地や色にもこだわりを持ってみましょう。

生地はてろんとしたものよりはちょっと固めのものを選ぶほうがバストのシルエットが出にくく、胸が大きく見えるのを防ぐことが出来ます。色はあまり膨張色を使わないのがオススメ。意外とパステル系でもブルーなど寒色系であればスッキリと見えますよ。

引き締め色と言われるネイビーは王道。カーキやグレーなんかもいいですね。淡い色をボトム(特にボリュームがあるもの)に持ってくるのも○です。

逆に胸が大きく見える!NGファッションはこれだ!

着痩せ出来るファッションのポイントは大体おわかりいただけたかと思います。

それでは逆に、胸が大きく見えてしまうNGファッションもご紹介したいと思います。もしかしたら知らず知らずのうちにそんな服を持っているかも…?

  • 首周りに何かあるものは厳禁!
  • ワンピースもデザインによってはNGに
  • ライン隠しは罠!ボリュームはポイントにしか使わないで!
ついついやってしまいがちなのが、首周りに何かある服。胸を目立たせまいとして大きなフリルがあるものを選んだり、はたまた胸周りをスッキリと見せるためにタートルネックを選んだりしていませんか?それらは実は胸を目立たせるNGアイテム。

特に胸元にフリルがついていると胸のボリュームを更にアップさせてしまいますので絶対に避けましょう。タートルネックも首元がつまり、さらに胸を大きく見せてしまう効果があります。

そして大きな胸の方でもさらりと着ることが出来るワンピース、たくさん持っている方も多いのではないでしょうか。

しかしそれも選び方によっては逆に胸を大きく見せるNGアイテムとなってしまいます。

切り替えが胸元で入っているタイプのワンピースは、胸を強調してしまうんです。

小さめのバストの方が胸を大きく見せるためには非常に有効なのですが、グラマーな方がやってしまうとさらに大きく見せてしまうことに…。ウエストで切り替えがあるもののほうがいいですね。

そして最後に、胸が大きいのを隠すためにラインが見えないようなアイテムを好んで着ていませんか?チュニックワンピなどが代表的ですね。

非常にラクではあるのですが、ラインがすべて隠れるようなアイテムは胸を大きく見せてしまうだけでなく、全体的に太っている印象を人に与えてしまいます。出来るだけボリュームを出すのは下半身に抑えて、上半身はシンプルにスッキリさせる意識を持つことが大切です。

それについては、胸が大きい人でも大丈夫!ワンピースを綺麗に着こなす方法は?←こちらの記事も必見です!

見た目で人の印象って大きく変わるわよね。友人がある日パーマをかけてきて印象が変わった、なんてケースは一度は経験しているんじゃないかしら?

胸を大きく見せないような服装のポイントを知って、それをおさえていれば少なくともぱっと見では胸に注目がいかない可能性が高い、そう考えてもよさそうよね。

胸が大きく見えてもすごくお気に入りだから着たい!という服をムリに着ないようにする必要はないけれど、悩んでいるならこういったポイントを取り入れてみたらどうかしら。

ブラひとつで大きく変わる!小さく見えるブラもあり

胸を小さく見せたい、そんな願いを叶える上で絶対に外せないのは「ブラジャー」。どれも同じ…なんて思っていませんよね?

大切なのは「自分に合ったブラジャーを着ける」こと。ブラジャーはバストアップするための機能だけは高い、というイメージを持っている方が多いかもしれませんが、今は大きな胸に悩む女性のために、逆に「胸を小さく見せる」ブラも出てきているんです。

自分に合ったブラを着けてる?正しいブラを選ぼう

まずブラ選びで大切なのは「自分に合ったブラを着けているかどうか」!例えばE65の女性でしたら、とりあえずE65を買えばOK…と思っていませんか?

確かにそれは間違いとは言い切れないのですが、メーカーやブランドによって同じE65でも全然違うことは珍しくないんです。しかも、バストサイズは一見わかりませんが3ヶ月くらいで微妙に変わることもあるそう。

他にもチェックするべきポイントはたくさんありますが、少なくとも

  • カップが浮いている(隙間がある)
  • ブラの中央部分が浮いている
  • 背中部分の生地が上にだんだん上がってきてしまう

なんて方は要注意。確実にそのブラ、サイズが合っていません!

大きい胸を気にしている方の場合、ブラのカップが浮いている…というケースは少ないと思います。これはブラのカップが大きすぎるために出てしまう現象だからです。逆に胸がかなりパンパンに詰まっているのはNGですよ。

いくら小さく見せたいからと、カップからこぼれるくらい小さいサイズを着けていると形が崩れる原因になり、将来垂れてしまうなど悲しい可能性が…。

逆に自分に合ったサイズのブラを選ぶことで胸周りのお肉がスッキリし、合っていないサイズのブラを着けている時に比べて細く見えるケースも多いんです。

ワコールの「小さく見せるブラ」を使えば大きな胸も小さく見える

女性であれば必ず知っているであろう、下着メーカーの最大手のひとつである「ワコール」。このワコールのウェブ通販サイトでは、なんと大きな胸を小さく見せることが出来る、その名も「小さく見せるブラ」を販売しているんです。

自然に小さく見せたい「ナチュラルタイプ」と、胸周りのお肉もスッキリ細く見せたい「細見せタイプ」、そして出来る限り胸を小さく見せたい人のための「とことんタイプ」の3種類があり、それぞれ以下のカップサイズに対応しています。

ナチュラルタイプ 細見せタイプ とことんタイプ
D~Gカップ 4,700~ F~Gカップ 4,400~ D~Gカップ 5,900~

価格もそんなに高いものではないので、まずは1枚お試し…という形でもよさそうですよね。

気になるデザインも「どこかなんかダサイ…」ということはなく、美しいデザインのものばかりです。例えば「ナチュラルタイプ」でしたらこのような商品が販売されていますよ。

ワコールのナチュラルタイプ

また、アンダーが90以上ある…という、ちょっとぽっちゃりさんで胸が大きい方のためのブラも販売。その名も「ぽちゃカワブラ」!

ぽちゃカワブラ

CカップとDカップならアンダー100cmまで対応!もちろんこちらもデザインがとってもかわいいので、「大きいサイズのかわいいブラがない…」と嘆いていた方にも朗報です。

ブラを選ぶならフルカップがマスト!その理由は?

ブラジャーには「1/2(ハーフ)カップ」「3/4カップ」「フルカップ」の3種類がありますが、胸が大きい女性がブラジャーを選ぶなら「フルカップ」がマスト!なんです。

カップが大きいことでボリュームのあるバストをしっかりと支えてくれます。また、カップが大きいことでしっかりと容量もあるのではみ出してしまうことも少ないです。

ハーフカップや3/4カップの場合はパッドが入っているケースが多いのも出来るだけ避けたほうがいい理由です。どうしてもこの2種類は「寄せて上げて谷間を作る」ためのブラに使われることが多いので、胸を小さく見せたいという願いにはフィットしていないんです。

先ほど紹介したワコールのブラもいずれもフルカップ。メーカー的にも大きな胸の女性にはフルカップがベスト、という判断のようですね。

胸が大きい…スッキリ見せるには?こちらの記事もご参考に!

なるほどね~、ブラひとつとっても自分に合っていないと形が崩れたり垂れちゃったり結構大変なんだね。

特に胸が大きい人は自分に合う一着を探すのも大変だろうから、しっかりとお店で試着したいね。ワコールの商品はネット通販だけだから試着って…って思うかもしれないけど、無料で交換してくれるみたい。さすが下着メーカーだね!

もちろん他のメーカーでも大きい胸の人向けの商品を扱っているところがあるみたいだから、一回探してみたらいいんじゃないかな。

運動でバストは小さく出来る?効果的な方法はどれ?

そもそもバストの大部分は脂肪で出来ています。その点は誰も疑うことはない部分ですよね。

脂肪は、燃焼さえしてしまえばなくなります。つまり…運動などによってバストの脂肪を燃焼させることで胸を小さくすることも可能なのではないか!?ということですね。

実際小さく出来ないことはありません。が…注意点もいくつかあります。バストダウンに効果的な方法と共に、注意するべき点をご紹介します。

バストダウンに効果があると言われているのは「縄跳び」

様々な運動、エクササイズがありますが、バストのサイズダウン効果が高い運動方法は「縄跳び」と言われています。

なぜ縄跳びが効果的なのかというと、バストは上下運動をすることでサイズが小さくなる…と言われているからなんですね。

なので厳密に言えば縄跳びではなくとも、ジョギングでも胸は上下運動しますので、バストダウン効果を期待できると言ってもいいでしょう。

実際に縄跳びをしなくてもいい「エアなわとび」なんてものもあります。これは縄跳びをしている「フリ」をするもので、屋内でも出来る手軽さが大きな魅力。ダイエット効果も高いので、他の余分なお肉とサヨナラしたい女性にもオススメですね。

縄跳びについて詳しく知りたい方は贅沢な悩みでも胸痩せしたい!そんなときは縄跳びダイエットについて詳しくお伝えする記事もありますので、どうぞご参考に!

全身痩せなら自然に小さく!部分やせはクリームなどで

バスト単品だけ痩せるのは少々難しいですが、全身痩せ、つまりダイエットをすることで身体の周りについている脂肪が落ちるわけですから、自然とバストサイズもダウンします。

「バストも大きいけど全体的にぽっちゃり気味」という方はバストダウンという点だけにこだわらず、全身痩せを狙ってみる方が最終的に効果的なケースが多いです。

食事制限によるダイエットでもいいですが、続きにくいので出来れば運動で痩せるのがオススメ。ウォーキングを1日20分程度続けるだけでも結構身体のラインがすっきりしますよ。

逆に他の部分は細いのに胸だけが大きくてアンバランス…という女性の場合は少々難しいかもしれません。もちろん先ほどご紹介しました「縄跳び」を行うのは効果的ですが、さらに脂肪燃焼クリームを使って胸をマッサージしたり、リンパマッサージを行うなど運動以外の手段も取り入れてみましょう。

もちろん、バストをt重点的に小さくしたいと考えている方であればマッサージやクリームによる痩身は有効と言えます。

脂肪燃焼クリームはボディ用で問題ありません。効果をより高めるなら入浴後など浸透しやすい時間帯がよさそうですね。

筋トレもバストダウンには有効。しかしやりすぎはNG!

激しい運動は嫌い!という方でも出来るのが「筋トレ」。内容によっては非常にキツいことにもなりますが(笑)、毎日手軽に続けるなら筋トレは有効な方法と言えるのではないでしょうか。

バスト周りの脂肪を取って引き締める、という目的であれば大胸筋や小胸筋を鍛えるエクササイズが有効です。ベストなのは「腕立て伏せ」ですね。

しかし腕立て伏せってしんどいイメージ…ありますよね。でも大丈夫!こちらの動画のように膝をつく形で行えば身体への負担も少なく大胸筋を鍛えることが可能です。しかも二の腕にも効果がありますので、夏でも堂々とノースリーブを着ることが出来ます(笑)。

しかし注意点が一点。筋トレで大胸筋を鍛え続けると、当然ですが筋肉が発達し厚みを持ちます。すると、バストを支える働きを持つ大胸筋。バストダウンのはずが厚みをもって逆にバストアップしてしまう結果に…!

上向きバストを維持するという意味でも腕立て伏せによる大胸筋トレーニングは有効ですが、鍛えすぎには注意です。

運動をする時は「クーパー靭帯」を大切にして!

縄跳びやジョギングなど、上下運動を伴う運動はバストダウン効果を期待する、という意味では非常に高いと言えます。

しかし!何も考えずに胸を上下させる運動を行っていると将来垂れ乳になってしまう可能性があるんです。

バストの断面図

ここでポイントとなるのは「クーパー靭帯」。これはバストが垂れないように上に持ち上げる、支える働きをしています。しかし残念ながらこのクーパー靭帯、一度伸びたり切れてしまうと元に戻らないという悲しい性質があるんです。

そしてクーパー靭帯を痛めてしまう原因のひとつが…激しい上下運動なんです。そう、先ほど縄跳びやジョギングをオススメしましたが、それは一歩間違うと垂れ乳の原因にもなってしまうんです!

「じゃあどうすればいいの?」という質問にお答えしましょう。答えは「スポーツブラを着ける」これです。スポーツブラは運動をする際に着けるブラなので、上下運動などの激しい動きにも対応できるように作られています。

縄跳び運動やジョギングをするときはスポーツブラを着けることで、クーパー靭帯を保護しつつバストダウンも行える、というワケですね。

確かにバストの大部分は脂肪でできてるから、脂肪さえ減らせば胸も小さくなる!シンプルだけど確かにそのとおりだね。

上下運動がいい!っていうのは知らなかったな…。確かになんか揺れてたら小さくなるような気も?

でもクーパー靭帯を傷つけてたら本末転倒!だよね。サイズが小さくなっても垂れちゃってたらやっぱり美乳とはいえないし。これは大きい胸の人に限らず、女性であれば誰であっても気をつけなきゃいけないことだけど。

ケアをしながらサイズを小さくして、美しいバストを作るのが理想だね。

実は食べてるものがバストアップ食品かも?食べ物にも注意

直接的に大きな理由(原因)とはなりにくいものの、気をつけた方がいいと言えるのは「食品」です。

流石に食べ物にまで何かしらの制限をつけるのは…と思う方もいるかもしれませんが、もしかしたら貴方が普段好んで食べている食品が「バストアップ食品」だとしたらどうでしょうか?

ちょっと「摂取量を控えたほうがいいのかな…」なんて思いませんか?

バストアップの王道、大豆製品は控えめに

豆腐、油揚げなどの大豆製品は、バストアップ界…そんなものがあるのかはわかりませんが…では王道のバストアップ食品として名前を連ねていることでしょう。

その理由は「イソフラボン」という大豆に含まれる成分が女性ホルモンである「エストロゲン」に似た働きをしてくれるからです。

エストロゲンは乳腺の活性化を促します。先ほど図を見ていただきましたが、バストはほとんどが乳腺や脂肪で出来ています。大事なバストの組織のひとつである乳腺が発達するのであればバストアップも望める、ということですね。

それ以外にも女性ホルモンは女性にとって大切なもの。バストダウンを目指す方は一切摂るな!なんてことは絶対に言いませんが、人に比べて多く大豆製品を食べているな…と思える場合はちょっと控えてみてもいいかもしれません。

バストダウンに有効な食材は「ブロッコリー」!

ちょっと意外かもしれませんが、バストダウンに有効な食材も実はあるんです。それは「ブロッコリー」…をはじめとした、「アブラナ科」の野菜です。

具体的にはカリフラワーや大根、カブ、ケールなどです。特別珍しいものではなく、非常に身近な食材ばかりですよね。特にケールは最近流行っているグリーンスムージーにもほぼ必ず入っているといっても過言ではありません。

これらの野菜には「インドール」という耳慣れない成分(有機化合物)が含まれているのですが、その働きがポイント。

なんと、女性ホルモンの働きを抑制するという働きを持っている成分なんです。

バストが大きい女性は女性ホルモンの働きが活発…という説がありますので、インドールを含んだ食材を食べることでバストダウンに繋げられるかも?といったところですね。

もちろんこちらも食べ過ぎてしまうとホルモンバランスが崩れてしまう…なんて可能性もありますので、極端にそれだけを食べる、ということは辞めましょう。

バストアップ食材「キャベツ」。実はバストダウン食材にも!?

バストアップ食材として、一時期非常に注目を浴びた食材といえば「キャベツ」ではないでしょうか。胸の大きい女性タレントさんがキャベツを意識的に食べるようにしている、とテレビなどで発言し一気にブームが来た記憶があります。

バストアップ食材として名前も上がりやすいキャベツですが、実はバストダウン食材にもなるってご存知でしたか?

そのヒミツはキャベツに含まれる栄養素「ボロン」。これはバストアップを目指す方であれば「バストアップ栄養素じゃないの?」と思うでしょう。確かにそれは正しく、ボロンは女性ホルモンに似た働きをしてくれる栄養素です。

しかしそのボロン。なんと、加熱するとボロンが壊れてしまい「インドール」が出てきちゃうんです。

インドールは先ほど説明しましたバストダウン食材に含まれる成分。そう、キャベツもアブラナ科の野菜なのでインドールを持っているんですね。ボロンは熱に弱いため、加熱することでボロンの効果をなくすことが可能なんです。

バストアップしたい方は生で食べる必要がありますが、バストダウンを目指すのなら加熱すればいいので、料理の幅としてはこちらのほうが広いですね(笑)。

もちろん栄養バランスが大事。偏った食事は控えて

バストダウン食材をご紹介しましたが、それだけ食べる…なんてことは辞めましょう。栄養バランスがしっかりしていないとそもそも体調が崩れてしまいますし、女性の場合はホルモンバランスが崩れることで非常に身体に大きな影響が出てきます。

また、バストダウン食材を取れば必ずバストダウンするわけでもありません。バストの組織の大半を占めるのは「脂肪」ですから、脂質が多いものを食べ続けていると、バストの大きさが変わらない…なんてことも十分にありえます。

たんぱく質、ビタミン、食物繊維といった身体にとって大切な栄養素をバランスよく摂取するように心がけましょう。

胸を小さくする食べ物について詳しくお伝えする記事もありますので、ぜひ読んでみて下さいね!

食材で言うとバストアップばかりが取り上げられがちですけれど、バストダウン食材もあるんですね。しかもどれも普段からよく食べているようなものばかりで驚きです。

もちろん意識してたくさん食べているわけではないので極端に胸が小さくなった…なんてことはないですけれど、バストアップ食材を食べるよりはバストダウン食材を食べる方が胸が大きくなるのを防げる気がしますね。

でもそればかりを食べていると女性ホルモンが不足してイライラしたり、冷え性になったり…と悪影響も出そうです。極端な食べ方は控えて、バランスよくを意識していないとダメですね。

どうしてもイヤならこの方法も…美容整形で小さくする!

これまで紹介してきた方法は、食事や下着、服装などで自身の大きい胸を小さく見せる(小さくする)方法という形でご紹介してきました。

ただ、見た目は小さく見えたとしても実際の大きさが変わったわけではありませんし、運動などで小さくするとしても1日2日でその効果があらわれるわけではありません。

「もちろんそれでも大きい(大きく見える)よりはマシ!」という方も多いでしょうが、それに耐えられないという方も当然いると思います。

そんな方は思い切って、「乳房縮小術」という手術を受けてみてもいいかもしれません。

乳房縮小術ってどんな手術?何科で受けられるの?

乳房縮小術(乳房縮小手術)はその名前の通り、大きい乳房(バスト)のサイズを小さくする手術です。リダクション手術と言われることもあるようですね。

「大きなバストがイヤだから小さくしたい」という気持ちで手術を受ける方もいれば、バストサイズが大きいことで垂れてしまい、形を整えるために手術を受ける方もいます。

はたまた、人によってはバストが大きいことで下縁部(下のふち、いわゆるムレやすい部分ですね)のが慢性的に皮膚炎になってしまうこともあるため、その解消法として乳房縮小術を受けることもあるようです。

手術は美容外科で受けることが出来ます。いわゆる「美容整形」のひとつで、豊胸手術の逆…と考えればわかりやすいでしょうか。

胸の余分な「脂肪」及び「乳腺」を除去しつつ、乳輪・乳頭の位置を少し上にずらし美しいバストを形成します。

この方法ですと乳腺も残りますので手術を受けても将来的に授乳をすることも可能となっています。

乳輪や乳頭の位置も変わり、形もキレイになりますがデメリットとして乳輪の下から逆T字の傷跡(瘢痕)が残ってしまいます。

瘢痕(はんこん)とは、手術後等に残る傷跡のことです。手などを切ってしまって傷が残るといった経験はありませんか?それが瘢痕です。最初は赤いもののだんだんと白く目立たなくなっていきます。

バストがいくら小さくなっても、傷跡が残るのはイヤという女性も多いでしょう。薄くなるとはいえ、傷跡を彼氏や夫などの男性に見られるのはちょっと…。何か手術をしたのか?と思われないか不安な気持ちになってしまいますよね。

バストのアンダー部分と乳輪の周囲を切開し、余った皮膚及び脂肪を取り除いた後に乳輪と乳頭を吊り上げる手術方法です。

アンダー部分を切開しますのでこちらも傷は残るのですが、バスト自身に隠れてしまうので非常に目立ちにくいです。また、乳輪が大きいことがコンプレックスとなっている方には朗報!同時に乳輪の縮小も行えます。

ただしこちらの方法では横方向の縮小が手術方法上不可能となっており、バストが縦長で下垂している場合にはベストですが、全体的にサイズが大きい場合には不向きと言える方法となっています。

手術までの流れは?価格はいくらくらいかかるの?

手術と言うと、「入院が必要になるの?」「どれくらいの価格で行えるの?」といったところは気になるところですよね。

基本的に乳房縮小術を受ける場合、入院する必要はなく日帰りで行えます。日常生活もそのまま行えますので、会社を休まなければならない必要はありません(ただし人によっては痛みが出る可能性もありますので、可能なら次の日も休みにしたほうがいいかもしれません)。

具体的にどれくらいの時間がかかるのか?いくらかかるのか?などはクリニックによって違いますが、ここで3つのクリニックをピックアップし比較してみましょう。

項目 聖心クリニック 高須クリニック ナグモクリニック
手術時間 約3時間~4時間 約2時間 約1時間半
麻酔 全身 局所麻酔または全身麻酔 全身麻酔
シャワー 翌日 手術部分を避ければ当日 3日後
腫れ・赤みなど 約2週間で収まる 約2週間で収まる 約2週間で収まる
価格 脂肪吸引:330,000円
乳腺切除法:650,000円
脂肪吸引/乳腺切除:920,000円
1,600,000円 940,000円
(特別法は1,140,000円)

手術方法によって価格こそ結構違いますが、赤みや腫れが引くまでの期間やシャワーが可能な時期など、そう大きな違いはありません。

価格は流石に結構違いますね…。ただ純粋な手術費用というわけでもなく、アフターケアなどが価格に含まれていることもありますので、価格面だけで判断するのは辞めておいたほうがいいでしょう。

もちろんこの3クリニック以外のクリニックでも乳房縮小術を施術してくれるところはあります。カウンセリングは無料で行えることが多いので医師と合うかどうか、しっかり話してみましょう。

ひえ~、豊胸手術は知ってるけど、胸を小さくする手術もあるんだね。バストアップを考えている人からすればなんてけしからん!って感じだろうけど、悩みは一緒だもんね。

結構費用もかかるし、人によっては傷跡も残っちゃう可能性があるんだね。デメリットは結構ありそうなイメージだけど、それでも受けたい人もいるのかな。

正直そこまでして胸を小さくする必要がある?って思っちゃうんだけど、その点はどう思う?

そうね、胸が小さい方がいい、自分の胸に違和感を持つ人達はいるわ。例えば性同一性障害の男性、つまり女性の身体ながら精神は男性の人であれば胸は要らないでしょうね。実際、そういった方々が乳房縮小術を受けているわ。あとは海外ではスポーツ選手が動くのに邪魔だからとこの手術を受けたりしているそうよ。

豊胸手術に比べると、乳房縮小術を受ける人は「そうしないとダメ」みたいな人の方が多いと思うわ。だけど、大きな胸がコンプレックスで人の視線が怖くて外に出れない…なんてことになってしまうくらいならいっそ思い切って手術を受けた方がいいとも思うわね。

小さくても大きくても悩みはある!ストレスを溜めないことが一番

バストが大きくても悩みがあり、小さくても悩みがある。バストの悩みは女性にとって永遠…とも言えるかもしれません。

なかなか生まれながら「自分にとってこれがちょうどいい!」と思えるバストを手に入れることが出来る女性は少ないのでしょう。

しかしそれを「どうしようもない」という気持ちで押さえつけるのは勿体無いと言えます。胸が大きくて視線が気になるのであれば、「小さく見えるブラ」などを利用して胸周りをスッキリと見せることも可能ですし、思い切って手術を受ける選択をしてもいいでしょう。

ストレスを溜めることはバストにとっても、自分自身の身体にとってもよくありません。ストレスで悩み、体調を崩してしまうくらいであれば何かしらの行動を取ってみることが大切です。

バストダウンは一日にしてならず。まずは自分が試してみたい、試せそうと思えるメソッドを探してみてくださいね。

バストダウンの方法ひとつとっても、様々なアプローチ方法があるわ。もちろんすべてを同時にやる必要はないの。

ちょっと視線が気になる…という位ならブラを変えるだけでも印象が変わって視線が気にならなくなるかもしれないし、見た目が太って見えることが悩みだったのなら、胸周りがスッキリして見えるファッションのポイントをおさえてみて。

「大きい胸」という部分こそ共通していても、小さくしたいのか、それとも小さく見せたいのかで取るべき方法は全く違うわ。

自分にすぐに取り入れられそうなもの、今日から始められそうなものをセレクトして生活になじませていくことが大切よ。

”胸を小さくする方法をご紹介”カテゴリ一覧