ピルでバストアップはダメ!心配な副作用や排卵停止の危険性とは

ピルでバストアップはダメ!心配な副作用や排卵停止の危険性とは

どんな女性も、バストアップのために何かしら頑張った経験はあるはずです。エクササイズや食事法、サプリメントなど、胸まわりに効果的な方法は意外と簡単に見つかりますよね。

でも「ピルでバストアップができる」って本当なのでしょうか?サプリメントとは違って、ピルは病院でしか処方してもらえません。簡単に手に入らないものだけに、その効果には何となく信憑性がありますよね。

やるやらないは別としても、ちょっと興味がありませんか?そこでこれが本当なのかどうか、そして実際に試すことができるものなのかどうか、調べてみました。

避妊がバストアップに繋がる?ピルとバストの意外な関係

ピル=避妊薬と思っている方が殆どですが、実はそうではありません。

また一時期副作用について話題になったこともあって、なんとなくちょっと怖いと感じる女性も多いと思いますが、医師の処方で服用する限りは安全な薬です。

ピルは生理不順やPMSの治療にも使われる

ピルは避妊の為の薬だけではなく、現在はこのように様々な場合にも処方されるようになっています。

ピルは、もともと避妊のために開発されたものですが、現在では、月経痛を楽にし、月経を順調にし、体調とメンタル面を安定させ、お肌をきれいにする「便利なツール」として活用されています。

ピルには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というふたつの女性ホルモンが、最初からバランスよく含まれています。
引用元:ライフクリニック銀座「低用量ピルとは?」

ピルを服用しているのは、ただ妊娠を避けたい方だけではなかったんですね。以下のようなケースにも、女性が楽に過ごせるよう利用されることがあるのです。

  • とにかく痛い生理痛の緩和
  • なぜかイライラするPMS(月経前症候群)の緩和
  • ハラハラする生理不順の改善
  • どうしても避けたい時の月経スケジュールの調整

バストアップ目的で使われることはない

ピルに含まれるエストロゲンは、バストアップには欠かせないホルモンとして知られています。つまりピル服用で胸が大きくなっても不思議ではありません。

避妊薬でバストアップとは意外な感じがしますが、ホルモン製剤であることがわかれば納得がいきますね。

しかし比較的安全と言われている低用量ピルでも、残念ながらバストアップの為には処方されることはありません。

病院で処方されるのは、あくまでも上記のような治療目的のためです。

しかし避妊したいと言えば、基本的にどなたにでもピルを出してもらうことは可能でしょう。その場合、果たして体へのリスクはないのかどうかが気になってきます。

ピルって思ったよりも身近な薬なんですね!生理痛が酷い時にも処方されるとは知りませんでした。

女性ホルモンのお薬なら、バストが大きくなる可能性はありますよね。

でもそもそもバストアップのためのお薬じゃないのに、そういう使い方をしても大丈夫なんでしょうか?

ずっと飲んでて身体に害がないのかどうか、ちょっと心配になります。

ピルの服用にはブスホルモンと排卵の停止がついてくる!?

そもそもピルとはどんな働きをするのでしょうか?その主な作用は、排卵を止めることです。

ピルは体内を排卵した時と同じ状態にして、現実の排卵を起こさせないためのホルモン製剤なのです。

排卵を止めるピルのメカニズム

ピルに含まれるエストロゲンとプロゲステロンは、女性の身体を「排卵後もしくは妊娠中の状態」に持って行きます。脳下垂体がこの状態をキャッチすると、女性の体は「排卵は不要」と勘違いするので排卵は起こりません。

経口避妊薬による避妊のしくみ
人工的に体のリズムを作るので、通常24日間服用+4日間お休み(もしくは効果のない偽薬の服用)の28日サイクルが、ピルの服用例になります。つまり毎日欠かさず飲み続けることが必要なのです。

ピルの黄体ホルモンがトラブルのもと?

バストアップに効くとされているサプリメントには、植物性のエストロゲンが多く含まれていますが、これが胸を大きくしてくれる為の有効成分です。

しかしピルはバストのために処方されるものではありませんから、エストロゲンだけでなくプロゲステロンも含まれています。

またいずれも天然由来のものではなく、化学的に合成されたものです。これが上手く作用すればいいのですが、利用者には「胸は全然大きくならなかった」という人も少なくありません。

それどころか、プロゲステロンは別名「ブスホルモン」とも呼ばれるように、実は以下のような女性にとってはちょっと困った作用があるのです。

  • シミができてしまう
  • ニキビや吹き出物が出る
  • 全身にむくみを生じる

しかもピル服用の結果として、ほぼ確実に排卵はストップします。つまりバストアップする可能性(全くないかもしれない)の代償として、必要もないのに排卵が止まり、更にはこのようにブスホルモンの影響まで受けることになる訳です。

絶対に妊娠したくない人や、生理周期の乱れで苦しんでいる人ならともかく、胸を大きくしたいだけで服用するには、ピルのリスクは大き過ぎると言えるでしょう。

ピルは太る?気になる脂肪との関係

それにちょっと気になるのがピルと脂肪との関係。ピルを飲んだら太ったという体験談って結構多いんです。

でもこれはピルの副作用に脂肪を増やす作用があるというわけではありません。以下の体験者のコメントからもわかるように、ホルモンバランスの変化による食欲増進の結果のようです。

  • ピルを飲んだら食欲が旺盛になった
  • ピル服用中は食べたくて仕方がなかった
  • ピルで胸が大きくなったけど太ったせいでもある

脂肪増加はピルの直接的な副作用ではないので、医師に相談しても「食べ過ぎないように」と言われるだけ。バストアップしたといっても、全体に太った結果だとしたら嬉しくありませんよね。

ピルにはブスホルモンが入ってるんだって!こんなの飲んでブスになったら大変だよ。

しかも太るって話もあるし、バストアップするからといって手を出すべきじゃないよね。

それに排卵が止まるって怖くない?

どうしても妊娠したくないとか、生理痛が酷くて日常生活が送れないとかならともかく、バストアップのために自然な排卵を止めるってどうよ?

ブスホルモンっていうのはプロゲステロンのことね。これはピルだけに入ってるものじゃなくて、私たちの身体にいつも分泌されているものよ。

ピルにはエストロゲンとプロゲステロンがバランスよく含まれてるの。そしてそのバランスが、排卵を抑えてくれる理由なのね。

でも人工的な作用だけに、健康な女性にとって不自然なことは確かよね。バストアップのためにピルを飲むっていうのは、女性としてリスクが大きすぎるんじゃないかしら。

ピルはどのくらいの期間飲めば効果が期待できるのか?

それでも少しでも可能性があるならピルを飲んでみたい!という方もいるかもしれません。普通の方法では効果のなかった方にとって、医療処方のホルモン剤は確かに魅力的です。

でもバストを大きくするなら、ある程度の時間が必要になりますし、止めれば効果はなくなります。その期間が長ければ長いほど、やはり受けるリスクも多大になってきます。ピルをバストの為だけに長く服用しても問題はないのでしょうか?

ピルでいつバストアップできるかは分からない

ピルを飲めば確実に排卵は起きなくなりますが、バストアップは言ってみれば副作用ですから、いつごろから・どのくらい効果があるのかはサッパリ分からないというのが実情です。

そもそも副作用は個人差が大きいもの。しかもピルの副作用には、不愉快な症状も少なくありません。

吹き出物に悩まされたり、ホルモンのバランスが崩れて体調が悪くなり、中には服用を続けられない方もいるのです。

怖い!ホルモンバランスの崩れ

エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンは、普段は絶妙なバランスで女性の身体のリズムを作っています。しかし一旦このバランスが崩れると、なかなか元には戻ってくれないことも。

ピルは崩れたホルモンバランスを整えてくれる作用もありますが、正常な人がピルを服用することで、反対にバランスが乱れてしまう可能性もあります。ホルモンは正常に働いている時こそ絶妙ですが、それだけに乱れを取り戻すのは容易ではありません。

ホルモンバランスが崩れると、以下のような症状が起きる可能性があります。やはり正常な体内に余計なものを取り込むことはよくありませんね。

  • 不正出血
  • PMS、月経前困難症など
  • 生理が長い、生理が短いなどの月経異常

個人輸入すれば割安に?ピルの入手方法

ところでお値段のことも気になりますよね。ピルは1月分1シートおよそ3000円程度、一部を除いて保険適用外です。ただこれ以外に診療代や交通費もかかってきますから、実際にはもう少し割高になるでしょう。

より安くピルを手に入れる方法として、個人輸入という方法もあります。病院で診察を受けるのは億劫だという方でも、ネットなら海外の低容量ピルが半額程度で購入可能です。

しかし低容量ピル(ホルモン量が少ないピル)は安全とはいっても、医師の診断なしに自己責任で服用するにはリスクの大きい薬剤です。

またネットにはよりホルモン含有量の多いピルも出回っており、不用意に多量のホルモンを摂取してしまう可能性もあります。このようなこともあるので、個人輸入はお薦めできません。

「ピル個人輸入の危険性とは?」
・医師の指導のない服用には危険性もある
・ホルモン含有量のより多い中容量の海外製ピルも出回っている
・何かあった時にすぐ医師の診断を仰げない

実際にはサプリメントの方がお得?

では市販のバストアップサプリメントの価格はどうでしょう。値段も効き目も色々なのですが、各社このくらいのお値段になっています。(※価格はキャンペーンなどによっても変化しますので購入時には再度ご確認をお願いします)

バストアップサプリメント およそ1ヶ月分の価格
B ビューティーサプリ グラマー 6300円
DHC濃縮プエラリアミリフィカ 3800円
レディースプエラリア99% 17600円

市販のサプリメントの場合、定期購入やまとめ買いの他、卵胞期だけ服用するといった節約利用も可能なので、実際にはこれよりも割安で済みます。

ニキビやシミなど、ピルの副作用対策でお金を使ったりすることを考えても、やはりこちらの方がリーズナブルですよね。

そもそもバストアップの為に作られたものですから、邪魔になるものは一切含まれていないということも重要です。

サプリメントなら大きな副作用の心配もありませんし、当然のことですが排卵が止まるといったことも一切ないのです。

ピルは好きな時にやめられない?

またサプリメントなら好きなだけ服用を続けたり止めたりが自由にできますが、ピルの場合はそうもいきません。

そして長期間利用していると、ピルを飲むのを止めてからも排卵が回復しないケースもあるのです。

医療処方のホルモン剤だけに、穏やかな効き目の植物性エストロゲンとは訳が違うんですね。

なお排卵に伴うトラブルを相談はできても、バストが大きくならないことについてはお医者さんに一切文句を言えないこともお忘れなく。

バストアップサプリメントの更に詳しい情報については下記記事を参照ください。
サプリメントでバストアップ!気になる効果や副作用まで一挙紹介!

健康な女性の絶妙なホルモンバランスが、ピル服用のために崩れてしまう可能性があるとしたら残念ですよね。

ネットでは海外製のピルも買えますが、自己判断でピル服用というのもちょっと怖いです。

それなら市販のバストアップサプリメントの方がずっと安心!ピルのデメリットを考えれば、高級バストアップサプリだって結果的には安上がりかもしれませんね。

ピルのバストアップ効果は不確実!より自然な方法がお薦めです

ピルの服用により胸が大きくなる可能性はゼロではありませんが、個人差もあって全くそうならない人もいます。一方で必ず排卵は停止しますし、その他の不快な症状を引き起こす可能性もあるため、このためだけにピルを試すことはお薦めできません。

やはり植物性のエストロゲンを含む食べ物やサプリメントが安心ですね。またアロマオイルの利用もお薦めです。ローズ、イランイラン、ゼラニウムなど、古来から女性が愛用してきた自然の薫りにも、ホルモンを整えて気持ちを穏やかにしてくれる作用があります。

おおらかな気分もバストアップの重要な要素です。そのためにも、どうか楽しい気分で続けることのできる方法を選んで戴けたらと思います。

ピルでバストが大きくなる人も皆無じゃないわよ。でもそれはピルの副作用によるものだから、それを期待してピルを服用するっていうのは本末転倒って気がするわね。

特に排卵が止まるっていうのは問題よ。ピル服用をやめても排卵がなかなか回復しないこともあるって聞くと、やっぱり怖いわよね。

それなら安全なサプリメントの方がずっといいんじゃないかしら?お値段も安いし、飲んだり止めたりも自由よ。イソフラボンを含む食べ物やアロマオイルもいいわね。私としては、とにかく楽しく続けられるバストアップが一番だと思うわ。