胸の大きさランキングでわかった!バストと県民性は関係あるかも!?

2016/10/31

自分のバストを鏡で見て「なんで私ってこんなに貧乳なの…」なんて思ったことありませんか?親を責めてみたり、体質を呪ったりしたこともあるかもしれませんが、実はバストの大きさには本当かウソか”県民性”も関係しているようなのです。

住んでいる地域によってバストの大きさが異なるなんて信じられないかもしれませんが、バストの大きさは様々な要素によって決まります。本当にバストと県民性は関係があるのか、早速検証してみました!

全国バストランキング!意外?それとも納得?

最近は様々な県別ランキングがありますが、バストの大きさに関するランキングもちゃんとあります。全国の女性を対象に実施したランキング調査では、トップとアンダーの差を県別に平均化し、どの県がバストが最も大きいのかということを調べたものです。

下記の表を見て納得するのか、それとも意外と思うのか、ひとそれぞれです。

順位 トップとアンダーの差
香川県 15.602
島根県 15.269
高知県 15.197
栃木県 15.147
愛媛県 15.115

バストの大きさランキングを見るとなんと一位はうどんで有名な香川県、2位が島根県、3位が高知県、4位が栃木県、5位が愛媛県と続いています。

果たしてこのバストランキング、県民性となにか関係あるのでしょうか。

県別ランキングっていろいろあるけど、バストの大きさのランキングもあるんだね。

トップが香川県で2位が島根県かぁ。県民性とバストの大きさにどんな関係があるのか、とっても気になる!

バストランキング1位の香川県!やっぱりうどんのおかげ!?

一位になった香川県ですが、どのような県民性なのでしょうか。香川県といえばうどんが有名です。うどは小麦粉からできていますから、他県より多く炭水化物を摂取している可能があります。

バストは乳腺と脂肪でできています。

膨らみの部分は主に脂肪なので、炭水化物を多く摂取することで脂肪が増えるのでバストアップにつながるのではないかと考えます。

香川県観光協会では香川のうどんについて詳しく紹介しています。

おおらかで細かいことにこだわらないという香川の人々の性格もバストアップと関係しているようです。おおらかな人の方がストレスを溜めにくいので、ストレスによるバストへの影響が最小限となります。

バストの発達は女性ホルモンと大いに関係がありますので、ストレスによってホルモンが乱れると豊かな胸は作れないのです。

その他にも香川ではバストを豊かにするご当地グルメが多くあります。例えば骨付鶏。これは骨付きの鶏肉をそのまま焼いた料理で、居酒屋などの人気メニューです。鶏肉には良質のたんぱく質が含まれていますので、バストアップに最適です。

もう一つ忘れてならないのが和三盆です。和三盆はおもに香川県や徳島県など四国地方で作られている砂糖の種類でその製法が特殊で難しいため高級砂糖として知られています。和三盆の糖質が脂肪に変わり、バストを豊かにしてくれます。

またこの和三盆を使用して作る香川の「おいり」という米菓子もあります。「おいり」は結婚式の引き出物などに使われるおめでたいお菓子で、米から作られているためバストにいい影響を及ぼしてくれそうです。

香川県はオリーブの産地でもあります。香川県ではイワシなどの魚の湯漬けを作るために日本で最初にオリーブの栽培を始めた地域です。オリーブは抗酸化作用のあるビタミンEを含みます。抗酸化作用により肌の老化を防ぎ、バストにハリを持たせます。バストにハリが出ることでバストを支えたり、持ち上げたりする力がアップするのです。

以上のような様々な要素を総合してみると香川県の女性のバストが大きいのには納得できるなと思いました。ある日突然バストが大きくなるのではなく、子供のころからの食生活や生活習慣も大事なんですね。

ランキング2位!島根県の県民性を検証

2位の島根県ですが、島根県と言われてもすぐにこれだと思いつく人は少ないと思います。しかし、実は島根県の県民性がバストアップに貢献しているのです。

島根県の女性は決して目立ちたがり屋ではなく、おとなしく、朗らかな人が多いと言われています。しかし、おとなしい中にも芯の強さがあり、勉強家、コツコツと努力をするタイプの人が多いようです。

勉強家、努力家と聞くとバストアップに関してひそかに努力している人がいるのかなと思います。バストアップしたいと思ったらエクササイズやマッサージなど根気よく行い、目的を達成する人が多いのではないでしょうか。

ちなみに島根県はスポーツの県とも言われていて、全国的に見ても体育館が多く、またスポーツ用品もよく売れています。

スポーツの種類に限らず、運動することは大胸筋を鍛え、バストの土台を作ってくれるのでバストアップに大いに関係あります。

島根県は化粧品メーカーポーラの調査で全国一の美肌県と認定されました。弾力があり、ハリのある肌であるということはバストを支える力が強いのです。ハリのあるバストは垂れたり、崩れたりするのを防いでくれます。

島根県はポーラの「美肌グランプリ2015」で見事1位に輝いています。

美肌グランプリ2015島根県

島根県には良質な温泉が多く、温泉水を使った石鹸なども販売されているのでそれが美肌に貢献しているのでしょうね。

食べ物でいうと島根県は日本有数のシジミの産地です。しじみには成長ホルモンの分泌を促してくれるアミノ酸の一種、オルニチンが含まれています。

バストは女性ホルモン、成長ホルモンによって大きくなります。もちろん成長期に成長ホルモンは多く分泌されますが、成人になってからも少量ながら分泌されています。

島根県は最近ではお米の生産にも力を入れていて、島根県産こしひかりなどを生産しています。お米は余分なものを含まない良質な炭水化物なので、脂肪を作り出し、バストアップにつながります。

バストの大きさと県民性が関係あるということに半信半疑ですが、なんだか納得できた気がします。香川県ではうどんや鶏肉、和三盆やオリーブなどバストアップに効く食べ物を多く摂取してるんですね。

島根県は美肌の県で、ハリのあるバストを持つ方が多いんですね。

バストランキングワースト5!なぜそうなった?

それでは、今度はバストランキングワースト5を見てみましょう。

順位 トップとアンダーの差
和歌山県 11.326
福井県 12.468
群馬県 12.944
富山県 13.223
神奈川県 13.226

和歌山県はなぜバストランキングワースト1になったのか

バストランキングトップの香川県や島根県はなんとなくその理由が納得できるのですが、ワースト1に残念ながら輝いてしまった和歌山県が最もバストが小さい明確な理由というのはなかなかみつけることができませんでした。

最も考えられるのが、大阪や神戸などの大都市が近いため、夜遊びの機会が多いのかなと思います。

バストアップで大事なのは良質な睡眠です。成長期に夜遊びを繰り返してると、十分な成長ホルモンが分泌されず、バストが大きくならないということも考えられます。

また都会が近いため、学校を卒業した後に大阪や神戸で就職するなどバストの大きな子が多く流出してしまっている可能性もあるかもしれません。

また和歌山には大手メーカーの工場が多く、空気が汚いなど、環境が女性にストレスになってしまっていることも考えられます。ストレスはバストアップの大敵です。

その他によく言われているのが、和歌山県民は倹約家が多く、食費も節約する傾向があります。その結果、痩せ型の人が増え、バストも比較的小さめになってしまったのかもしれません。あるいは節約によるストレスがバストに影響しているのことも考えられます。

これはあくまでも県民性から客観的に推測したことに過ぎないので、必ずしもすべての女性に当てはまるとは限らないですよ。

働く女性が多いのが原因!ワースト2位の福井県

こちらもワースト2位に輝いてしまった福井県ですが、福井県のどんな県民性がバストを小さくしてしまっているのでしょうか。

福井県というと商売上手な県民性と言われています。港町が栄え、そこからいろいろな商売が始まったようです。

中でも繊維産業は福井県が誇る産業の一つで、多くの女性が従事しているのも特徴です。繊維産業を中心に、女性の社会進出が増え、専業主婦が珍しがられる県でもあります。女性管理職の割合も他県に比べて多いようです。

また交通の便が悪く、他にレジャーがないことも仕事をする女性が増えた要因かもしれません。

女性が働くことはとても立派なことで、推奨されるべきことですが、働いていると仕事によるストレスや不規則な生活習慣や食習慣になりやすいのも事実です。

ストレスや食生活の乱れはバストアップに悪影響を与えますので、福井県の女性のバストが小さいのはいたし方ないことかもしれません。

残念ながらバストが小さいと言われている和歌山県と福井県ですが、和歌山県は夜更かしが多いこと、福井県はストレスが多いことが原因かもしれませんね。

ただ、働く女性が多い県や夜遊び好きな県は他にもあると思うので、どうなんでしょう。

バストと県民性を検証したら見えてきたバストアップに必要なもの

ここまでバストと県民性の関係を検証してきましたが、納得できるものもあれば、こじつけに過ぎないものもあったかもしれません。それでも検証を続けていくうちに、バストアップに必要なものが少しづつ見えてきました。

炭水化物やタンパク質など脂肪をつくる食べ物

香川のうどんや鶏肉のように炭水化物やタンパク質は胸の土台となる筋肉や脂肪を作ってくれます。ただし、脂肪の付き過ぎには注意するべきなので良質の栄養素を適度に摂ることが好ましいと思います。

またビタミンやミネラル、アミノ酸を含め、栄養素をバランスよく食べることもバストアップにつながります。食物というのは互いに作用しあって、体をベストの状態にしてくれるからです。

ストレスはバストアップの大敵

バストと県民性を検証していくと、性格もバストアップに関係することがあることがわかりました。おおらかで細かいことにこだわらない香川県民の県民性はストレスを溜めませんが、倹約家が多い和歌山県民や仕事を持つ人が多い福井県民はストレスがたまりやすいと言えます。

ストレスは体の不調を引き起こすことが多く、ストレスにより自律神経が正常の機能しなかったり、ホルモンの分泌が乱れたりするとバストにも影響を及ぼします。

ストレスがたまりやすい生活をしている人はストレス解消の方法などをみつけるといいでしょう。

バストアップには睡眠が大事

子供の頃、寝る子は育つと言われたものですがこれはあながちウソではありません。十分な睡眠をとる方がバストが成長するのです。バストを大きくしてくれるのはなにも女性ホルモンばかりではありません。成長ホルモンもバスト成長を促してくれるのです。

眠りのサイクル

東京や神奈川など大都市と言われている県の多くが、バストランキングの下位にランクインしていることも関係ありそうです。都会では夜遊びの場所が多く、平均睡眠時間が短くなる傾向があるのではないでしょうか。

肌にハリでバストを支える力がアップ

温泉が多く、美肌の県と言われている島根県ですが、バストアップと美肌とは密接な関係があります。弾力やハリのある肌はバストを垂れさせません。

また堂々一位の香川県もオリーブを生産していて、オリーブオイルには抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれます。抗酸化作用は体の老化を防いでくれますので、バストを支えている筋肉や肌を若々しく保ってくれるのです。

顔はお肌のお手入れをしていてもバストの肌のお手入れはしていないという方は、バストにもボディクリームやローションを塗って、美肌を作りましょう。

バストの大きさと県民性はやっぱり関係あるのかもしれないって思えてきた。バストの大きい人が多い県のことが分かれば、バストアップの方法がわかるかもしれないよね。

で、バストアップには必要なものって本当は何なの???

バストの大きさと県民性からバストアップに必要なものが何か見えてくるわ。

ありきたりかもしれないけど、いろいろな栄養素をバランス良くとる、ストレスを溜めない、十分睡眠を摂る。そんなことが一番大切ね!

バストの大きさと県民性は関係あるに一票!

バストランキングトップは香川県、ワーストは和歌山県という結果でした。

これはトップとアンダーの差の平均値を競ったものですが、香川県と和歌山県の差は4.276㎝となります。

4cmを多いと思うか、少ないと思うかは人それぞれです。

ちなみに全国の平均値は14.069㎝ですので、トップの香川県とそう大差ありません。香川県をトップに押し上げた要因はやはり美味しいうどんの存在。バストを大きくしたい人は香川に住んでうどんを食べるのがおすすめですね。

うどんは炭水化物でできていますので、バストを形成する脂肪となってくれます。またその他にも香川のオリーブや和三盆もバストによい影響をもたらすのだと思います。うどんのだしとして使われているいりこやかつおぶしなどもアミノ酸が豊富で、バストを作る補助的な役割を果たします。

一方ワーストの和歌山ですが、和歌山県がワーストだった理由は夜更かしをして成長ホルモンの分泌が阻害されているのか、はたまた仕事が忙しくストレスがたまっているのか。これはあくまでも客観的な見解にすぎません。

今後ランキングに変化があるようなら、県民性も時代とともに変化しているということでしょうか。バストランキングを参考にバストアップを叶えるための方法を知って、実践してみるのがいいと思います。その他にもバストを大きくする方法はいろいろありますので情報を集めていくといいでしょう。

バストランキングでは香川県が1位、和歌山県が最下位だったわね。それぞれの県民性を検証してみると、バストアップにつながるヒントを得ることができると思うの。

基本的なことになってしまうけど、バランスよく食べて、ストレスのない健康的な生活をすることが結果的にはバストアップにつながるんだと思うわ。健康的な生活を送ることができれば、美肌にもなるし一石二鳥よね!

そういいながらも、私も香川県に引っ越したくなっちゃったわ…。

この記事をシェアする!