胸を大きくする食べ物はコレ!毎日の食事でバストアップに挑む

胸を大きくする食べ物はコレ!毎日の食事でバストアップに挑む

人間が生きていく以上、何かを食べたり飲んだりすることは欠かせません。食事は基本的に1日3回もあるうえに、お茶タイムも含めたらもっと多くの時間を飲食に費やしていることになります。

そんな多くの時間をバストアップに活用できたら、きっと大きな差が出てくるはずですよね。

胸を大きくする効果のある食べ物としては、大豆製品やキャベツなどがよく知られていますが、これらは本当に効果があるのでしょうか?また、他にもバストアップできる食材があれば知りたいですよね。

ここでは、そんな胸を大きくする食べ物について、じっくりとご紹介します。ぜひ、毎日の食事の参考にしてくださいね!

大豆製品の効果と一番効率的な食べ方を知ろう!


バストアップ効果のある食べ物といえば、なんといっても大豆製品が有名ですよね。まずは、そんな基本中の基本である大豆製品の育乳効果について見ていきましょう。

大豆製品のバストアップ効果は本当か?

バストの中身である乳腺や脂肪を発達させ、胸を大きくさせるには、女性ホルモンが欠かせません。

大豆製品には、「大豆イソフラボン」という成分が含まれており、この大豆イソフラボンが、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きをするため、バストアップ効果が期待できるというわけなのです。

この辺りについて詳しいことは、こちらの記事にて解説しています。ぜひ合わせてお読みくださいね!

どの大豆製品が一番効果的?

大豆食品には、豆乳納豆お豆腐など実にたくさんの種類がありますが、その中でも特に胸を大きくする効果の高い食品はなんでしょうか?

実は、大豆イソフラボンには「グリコシド型」と「アグリコン型」の2種類があり、アグリコン型の方が消化吸収されやすいという特徴を持っています。そして、このアグリコン型イソフラボンを多く含む大豆製品は、味噌なのです。

つまり、味噌がもっとも効率的にバストアップできる大豆製品というわけなのです。お味噌汁にすれば量的に摂取しやすい点も、育乳を目指す女子にはありがたいですね。


しかし、食べ物によるバストアップ方法は、長期間続けることが成功への近道です。

なので、飽きずに続けていくためには、味噌ばかりではなくほかの大豆製品もバランスよく摂ることが大切です。

大豆イソフラボンは、お味噌から摂取するのが一番効率的なんですね。1日1杯のお味噌汁は健康にもいいし、バストアップにも有効だから、これから習慣にしたいです。

でも、イソフラボンの過剰摂取が心配な人も多いですよね。1日にどれくらい摂取すればいいのでしょうか?

大豆イソフラボンの1日の目安量は70㎎よ。豆乳コップ1杯と朝と夜にお味噌汁1杯ずつ飲めば、ほぼ70㎎になるわ。 

この目安量を覚えておくと、他の大豆製品を摂ったときはお味噌汁を減らす等の加減がしやすくなるわよ。

でも、食品から摂る分には、そんなに気にしなくてもいいのよ。大豆製品には、バストアップだけじゃなく、美肌効果や動脈硬化予防など様々な美容健康効果があるから、安心して食べてほしいわね。

注目成分「ボロン」のバストアップ効果とは?

次は、大豆イソフラボンに次いでよく知られるようになった、「ボロン」という成分についてお話します。これには、どのようなバストアップ効果があるのでしょうか?

ボロンってどんな成分?

詳細はこちらの記事(ボロンがバストアップに効く理由)にて確認していただくとして、簡単にいうとボロンとは、人体に必要なミネラルの一種で、「ホウ素」とも呼ばれるものです。

そして、このボロンにも、大豆イソフラボンと同様に女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと似た働きがあるため、バストアップ効果が期待できると言われているのです。

ボロンが含まれている食材とは?

ボロンは、以下のような食材に多く含まれています。

ボロンは熱に弱いので生で食べるのがおすすめなのですが、上記の4つならどれも加熱しなくても食べやすいので、バストアップを望む女性は積極的に摂ると良いですね。

へえ~、ボロンっていう成分が女性ホルモンの働きを活発にしてくれるんだね。

でもボロンは加熱に弱いのか。キャベツや果物、アーモンドなんかはそのまま食べられるから、ボロンが効率よく摂れるってことだね。

これからは、小腹がすいたときに、ナッツやレーズンをつまむようにしようっと!

タンパク質もバストアップは欠かせない成分!

実は、3大栄養素のひとつであるたんぱく質も、バストアップには不可欠なものなのです。しかもタンパク質は、これまでご紹介した大豆イソフラボンやボロンとは、ちょっと違う役割も果たしてくれるのです。

さっそく、どんな効果があるのか見てみましょう。

タンパク質の働き

たんぱく質は、人間の身体を作り生命を維持するためには絶対に欠かせないものです。もう少し詳しくいうと、筋肉や皮膚を作る働きがあるため、バストの土台となる大胸筋を発達させ、胸にハリを出す効果もあるのです。

また、女性ホルモンの分泌を促す働きもあるため、2重の意味でバストアップ効果が期待できるんです。

タンパク質とバストアップの関係については、バストアップするためのタンパク質の役割←こちらもご参考にしてくださいね。

たんぱく質を含む食品とは?

ご存知の方も多いと思いますが、たんぱく質を多く含む食材には、チーズ鶏肉、卵、大豆製品などがあります。

大豆などの植物性たんぱく質の方がヘルシーな気がして、そちらばかり摂取してしまう人もいるかもしれませんが、動物性たんぱく質の方が体内で利用されやすく、少ない量で効率的に目安摂取量を達成することができます。

特に、鶏肉は他の肉類に比べるとカロリーも少なく、部位によって脂質やコラーゲンの量が異なるため、自分の望むバストアップに合わせて最適な部位を選ぶことができて大変おすすめです。


また、鶏肉以外にも、いろんな種類のたんぱく質をバランスよく摂取することを意識しましょう。

チーズやお肉、卵などのたんぱく質もバストアップに良いんですね。

特に鶏肉は、部位がいろいろあって使い勝手が良さそうです。他の食材に脂肪分が多いときはヘルシーなささ身にするなど、その都度上手な食べ方をしたいですね。

あと、チーズは、脂肪とたんぱく質がともに豊富で、育乳には最適なようですね。覚えておきます!

コーヒーはバストアップに悪影響ってホント?

バストアップに関する情報に敏感な女性なら、「コーヒーはバストアップには良くない」という噂を聞いたことがあるかもしれませんね。これが本当だとしたら、聞き捨てなりませんよね。

さっそく、真偽のほどを見てみましょう。

コーヒーがバストアップに悪いのは本当!

コーヒーがバストアップに良くないというお話の出どころは、スウェーデンの大学で行われた調査研究にあります。

その研究の結果、コーヒーをたくさん飲む女性はバストサイズが小さい傾向があること、さらに、元々バストが大きい女性でも、コーヒーの摂取量が多いと徐々に小さくなっていくことが分かりました。

つまり、コーヒーはバストアップに悪影響があるというのは、信ぴょう性のある話なのです。

1日2杯までなら大丈夫!

でも、コーヒーが好きな女性も多いですよね。バストアップはしたいけど、コーヒーも飲みたい場合、どうすればいいのでしょうか?

上記の研究によれば、バストが小さい傾向やサイズダウンしていく傾向が認められたのは、1日3杯以上コーヒーを飲む人でした。

ですから、バストアップを望む女性は、コーヒーを1日2杯までにしておけば大丈夫なんです。

もっと詳しく知りたい人は、こちらの記事もおすすめですよ。

今はオフィスでもコンビニでもおいしいコーヒーが手軽に飲めるから、ついつい何杯も飲んじゃうよね~。

コーヒー自体が身体を冷やすうえにバストアップにも良くないなんて、飲み過ぎは大敵だね。

これからは、コーヒーは1日2杯までにしておいて、もっと飲みたいときはデカフェや豆乳ラテにしてみようかな。こう決めておけば飲み過ぎを回避できそうだね!

まだまだあります!バストアップに良い食材

ここまで、バストアップに関する様々な食材や栄養素についてお話してきましたが、これだけでは終わりません!「もっと効率的に育乳効果を出したい!」という女性のために、他にもバストアップ効果があると言われている食品をご紹介します。

ヨーグルト

ヨーグルトは腸内環境を整える作用が有名ですが、バストアップにも良いんですよ。ヨーグルトは乳からできていますから、たんぱく質が非常に豊富です。これだけでも、バストアップに効くのがお分かりいただけると思います。

それに加えて、ビタミンAやビタミンBも含まれており、これらの働きは直接的ではないにせよ、バストアップに良い影響をもたらしてくれるんです。

ヨーグルトは、入手しやすくて続けやすいのもうれしいポイントですよね。他の食材との組み合わせで相乗効果を狙う方法なども記載されている記事もありますので、気になる方はチェックしてみてください!

アボカド

美容食品として名高いアボカドですが、実はバストアップにも効果的なんです。

アボカドには胸を大きくする助けとなる良質な脂肪分や、抗酸化作用が高くてバストに栄養を送ったりハリを持たせたりする働きがあるビタミンEが豊富に含まれています。


こちらの記事ではアボカドの素晴らしさをたっぷりご紹介していますので、興味のある方は読んでみてくださいね。

ザクロ

サプリメントもたくさん販売されているザクロは、エストロンという女性ホルモン様の成分のおかげでバストアップ効果があるとされてきましたが、実はエスロトンはほとんど含まれていないことが分かりました。

でも、バストアップ効果がないわけではないんです。ザクロにはポリフェノールが豊富に含まれていますし、ビタミン類もたくさん摂取できます。それによって、バストにハリを持たせたり、血行を良くしたりする効果が得られます。

マテ茶

食べ物ばかりでなく、飲み物もバストアップを意識したものにすれば、さらに効率的ですよね。すでにご紹介した大豆製品の豆乳以外にも、おすすめの飲み物があります。マテ茶もそのうちのひとつなんです。

詳しくはこちらの記事にまとめてありますが「飲むサラダ」とも言われるくらい、とっても美容や健康に良く、豊富に含まれる亜鉛によって育乳効果が期待できるのです。

1日に3杯以上コーヒーを飲んでいた女性は、1杯をマテ茶に置き換えるのも良いバストアップ法ですね。

バストアップに効果的な食べ物や飲み物って、本当にいろいろあるんですね!

ヨーグルトやアボカドは、近所のスーパーで手軽に買えるので、毎日の生活に取り入れやすいですよね。

飲み物なら、マテ茶も効くんですね。ペットボトルやティーバッグのマテ茶もあるので、簡単に飲めそうです。お酒が好きな人は、赤ワインも育乳にいいみたいですよ!

育乳効果のある食材は多種多様!バランスよく摂取しよう

食べ物や飲み物によるバストアップは、地道なようでいて実はかなり効果が期待できる方法です。ただし、栄養分によって女性ホルモンの分泌や血流を改善するなど、身体の内側から変化させていくわけですから、長期間続けることが大前提です。

また、どれかひとつの食材に絞るのではなく、様々なものをバランスよく口にするのも大切なことです。

これまで何も考えず、好みだけで食事やティータイムを過ごしてきたとしたら、今後はここに挙げた食べ物や飲み物を選ぶようにすればきっとバストアップを望めます。千里の道も一歩から。あきらめず、地道に少しずつ、大きな胸を手に入れていきましょう。

仕事に家事育児に美容にと日々忙しい私たち女性にとって、食事の時間をバストアップにも活用できるのは一石二鳥でありがたいわね。

大豆製品でイソフラボンを摂って、キャベツや果物でボロンを摂って、チーズや鶏肉でたんぱく質を摂れば、それだけで栄養バランスもバッチリだわね。

食べ物だけじゃなくて、飲み物も工夫すればなおさら効率的よ。コーヒーの飲み過ぎには気をつけて、代わりにマテ茶や豆乳を飲むのもおすすめね!

これだけやれば、遅くても半年後にはきっと効果が見えてくるはずよ。根気よく続けてみてね!