秘訣は生キャベツにあり?バストアップに良いその理由と効果とは

2016/11/24

あなたは普段、どんなバストアップ術を試していますか?

せっかくバストアップをしていくのなら、ついでに何かプラスアルファの付加価値が欲しいなと思ったことはありませんか?

ここでは、その付加価値として「健康」という点を追加したいと思います。

では、バストアップもできて健康にもなれる方法は何なのかと言いますと、実は生キャベツを食べることなのです。

「知らなかった」と思った人もいれば、「何となく聞いたことがあるな」という人もいることでしょう。生キャベツがどうしてバストアップに効果的であるのか、そしてどんな風に健康にいいのか、その理由をご紹介していきたいと思います。

キャベツがバストアップできる秘密は「ボロン」

キャベツが、どうしてバストアップに良いのか?まずはそこが、気になりますよね。その根拠をサクっと確認しておきましょう。

バストアップに欠かせない「エストロゲン」って何だ?

バストアップを実現するには、女性らしい体を作るために必要不可欠なものがあります。それが、女性ホルモンです。

女性ホルモンの中でも、特にバストアップに重要とされるのが、エストロゲンです。バストアップに興味がある方なら、聞いたことがあるかもしれませんね。

エストロゲンはただ胸を大きくするだけではなく、女性にとって嬉しい作用をもたらしてくれるます。詳しい効果は次の通りです。

  • 肌のハリや髪のツヤを生み出してくれる
  • 女性らしい丸みを帯びた体型にしてくれる

この女性らしい丸みを帯びた体型の作用の中に、バストアップ効果も含まれるのです。具体的には、エストロゲンは乳腺に働きかけてバストアップを実現させてくれます。

また、エストロゲンは美容面の他にも健康において大変良い効果を発揮してくれます。詳細は以下の通りです。

  • 新陳代謝の向上
  • 血管の強化、血流の促進
  • 気分を前向きに、明るくしてくれる
  • 骨量のバランスの調整
  • 悪玉コレステロールを抑制し、善玉コレステロールを増やしてくれる

エストロゲンは、女性らしい体づくりと健康サポートを支える重要なホルモンなんですね。

キャベツの「ボロン」がエストロゲンを増やしてくれる!

生キャベツがバストアップに効果があるとされている理由は、エストロゲンを増やす生キャベツに「ボロン」という成分が含まれているからです。

ボロンとは何かご存知でしょうか?ボロンとは日本語で言うとホウ素のことで、わたしたちの身体に含まれるミネラル成分です。

このボロンについて、アメリカの農務省は骨粗しょう症の患者にボロンを摂取させる実験を行い、次のように発表しています。

アメリカ合衆国農務省が閉経後の女性に対して1日3 mgのホウ素を投与する実験を行った結果、ホウ素の補給がカルシウムの排出を44%抑え、エストロゲンおよびビタミンDを活性化させるという結果が示され、骨粗鬆症を抑制する可能性が示唆された。

引用元:Wikipedia

この実験は、骨粗しょう症患者に対して行われたものではありますが、ボロンの摂取で、結果的にエストロゲンの増加が認められたというのです!

ボロンは、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を増やす効果を持っているのです。

また、ボロンは血液中のエストロゲンを2倍もの濃度にすると言われています。ボロンによって活発になったこのエストロゲンが、胸にある乳腺という組織に作用することで胸が大きくなるというわけなのです。

ボロンはわかめにも豊富に含まれています。詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてくださいね!
わかめを食べてバストアップ!?その効果の秘密はボロンにある!

キャベツに含まれるボロンっていうホウ素?が、女性ホルモンを増やすんだー!へぇ~。

バストアップには女性ホルモンが欠かせないらしいし、その女性ホルモンが増やせるならボロンは大活躍しそうだね。

女性ホルモンは、バストアップだけじゃなくて、髪をツヤツヤにしたり肌を整えたり、女性らしい体を作るのに役立つんだね。キャベツのボロンが女性らしさを作る鍵…覚えとこう!

ボロンは熱に弱い!キャベツは生で食べよう!

キャベツがバストアップに良い理由が判ったら、次はどうやって、どのくらい食べれば良いのかが気になりますね。食べ方、量、注意点などをチェックしてみてください。

ボロンは熱に弱い!生じゃないとダメ!?

キャベツを使った料理は、ロールキャベツやポトフなど、おいしいものがたくさんありますよね。しかし、キャベツでバストアップをしたいのであれば、あくまで「生キャベツ」を食べる必要があります。

なぜなら、キャベツに含まれるボロンは熱に弱いからです。そのため調理の際に加熱をしてしまうとボロンが壊れてしまいます。

そうなると、せっかくキャベツを食べてもボロンがうまく摂取されなくなり、バストアップ効果もなくなってしまうのです。

生キャベツを摂取していくのなら、飽きないようにするためにも食べ方を工夫していくようにしましょう。

他の食材の付け合わせとして食べる、何かしらの調味料をつけて食べるなどが簡単な方法だと思います。もちろん、問題がなければそのままの状態でもりもり食べてしまっても構いませんよ。

大事なのは、生キャベツに含まれるボロンを壊さずにきちんと体内に摂取していくことです。

この点だけは十分注意するようにしてくださいね。

キャベツは1日どのくらい食べるべき?

さて、ここで問題です。生キャベツは、1日にどのくらい食べたら良いでしょう。

ボロンの1日の摂取目安量は、2.1mg~4.3 mgです。キャベツのボロン含有量は1kgあたり145mgですから、キャベツ約14g~約30g程度ということになります。大きめのキャベツ1枚で60gありますから、摂取目安はそれ以下です。

つまり、生キャベツの1日あたりの摂取量は、キャベツ半枚で充分ということですね。

ちなみに、食べ過ぎた場合に毒性はないの?という疑問もあるでしょう。これについては、次のような発表があります。

単体ホウ素、酸化ホウ素、ホウ酸、ホウ酸塩および多くの有機ホウ素化合物はヒトおよび動物にとっては食塩と同程度に無毒である。

引用元:Wikipedia

塩は体に必要不可欠ですが、食べすぎると内蔵に負担をかけたりして、健康を害しますよね。それと同じです。キャベツのボロンに限らず、何でも食べ過ぎは禁物ですよ。

かと言って、キャベツを食べ過ぎたらすぐに病気になる!というものでもないので、安心してくださいね。

キャベツに飽きたら別の食品も試そう

生キャベツが良いと言っても、同じものばかりでは飽きが来ますよね。そうすると気になるのが、別の食材にはボロンは含まれていないの?ってところです。

バストアップに効果のあるボロンは、実は生キャベツだけに含まれているわけではありません。

以下にボロンを含む食材一覧をつくりました。

食品名 ボロンの含有量(1kg当たり)
りんご 2.73mg
レーズン 25mg
プルーン 27mg
ブロッコリー(花房部) 1.85mg
ピーナッツ 18mg
アーモンド 23mg

なお、これらの食材に関しても生キャベツと同様に、加熱は厳禁です。取扱いには気を付けましょう。

また、含有量を見ていただくと判る通り、それぞれの食品の1kgあたりに含まれるボロンは非常に少ないです。りんご1kg、プルーン100g、ブロッコリー1.5kgとか、1日で食べきれませんよね。

組み合わせれば、ボロンも取りやすくなるので、できるだけ組み合わせてバランス良く食べて見て下さいね。

ボロンを含む食材に限らず、食事は食を偏らせすぎないように注意してください。一つの食に偏りすぎることは、かえって栄養にはならず健康を遠ざけることになります。

不健康だとエストロゲンが増えても、それを胸に届くのを阻害したり、うまく働かなかったりして、結局バストアップが失敗に終わるんです。

健康を保ち、なおかつ魅力的な胸を生み出すためにも常に食事のバランスを考えながらバストアップを目指していって頂ければ幸いです。

キャベツのボロンは、生の状態じゃないと意味がないんですね。熱に弱くて、加熱したキャベツはボロンの恩恵が得られなくなるなんてびっくりしました。

それに、食べすぎると良くないんですね。でも1日キャベツ1枚以下でいいとは言っても、バストアップのために毎日生キャベツ1枚を必ず食べるのは少し飽きてしまいますよね。

他には、いいボロンの摂取方法はないんでしょうか?

良い点に気づいたわね。もちろん、キャベツ以外にもボロンが含まれた食材は沢山あるわ。

りんごやレーズン、ブロッコリーをはじめとしたアブラナ科の野菜はだいたいそうね。これらをバランス良く取り入れて、ボロンを摂取すると良いわよ。

でも、注意が必要なのは、他の食材はキャベツほど豊富にボロンを含んでいない、ってことね。飽きてもキャベツをベースに他の食材も取り入れて行く方が、ボロンを安定摂取できるわよ。

色白美人にもなれる?キャベツの健康効果は?

キャベツのボロンによって増える、エストロゲンがもたらす健康効果は先に触れましたが、キャベツの別の栄養素にも健康効果があります。それが、ビタミンCです。

キャベツはビタミンCも豊富!

生キャベツが持っている成分は何もボロンだけではありません。ビタミンCという成分も大変豊富に含まれているのです。レモンに多く含まれていることからも、ビタミンCの名前は誰もが知るところですよね。

食品 ビタミンCの含有量(100g当たり)
キャベツ 40.9mg
レモン 50mg

この表を見ていただくと、レモンに匹敵する位のビタミンCがキャベツに含まれていることが判るでしょう。

キャベツの方が少ないかもしれませんが、レモンは100gなんて食べませんが、キャベツは100gくらいなら、ペロリと食べられますよね。そう考えると、レモンよりキャベツはビタミンCを取りやすいですね。

ビタミンCは美白など健康効果が多い!

ビタミンCには、次のような効能があります。

  • しみ、そばかすを作りにくくする
  • イライラを治し、ストレスを解消してくれる
  • 免疫力を高め、風邪をひきにくくする
  • 傷の治癒力を早める
  • 歯茎からの出血を抑える

しみ、そばかすを作りにくくするのは、美白に繋がります。イライラやストレスはバストアップを阻害する原因にもなりますから、解消できるとよりバストアップ効果が高まりますね!免疫力UPや、治癒力UPもビタミンCの嬉しい効果です。

このように、キャベツに豊富に含まれるビタミンCにはさまざまな健康効果があるため、キャベツはバストアップもできて、健康にもなれるという訳です。

ビタミンCを摂るためにも生キャベツが良い!?

ビタミンCは、酸素に触れているだけで、少しずつ失われてしまう成分です。特に、酸素に触れた状態で熱を加えると、あっという間にビタミンCは消えてしまいます。

【水道水に浸した際のビタミン成分の減少量】

素材 キャベツ 精白米 大豆 干しシイタケ
栄養素 ビタミンC ビタミンB1 ビタミンB1 ビタミンB1
浸水時間 60分 15分 15時間 3時間
減少率 31.8% 8.6% 23.2% 34.0%
また、表にもあるようにビタミンCは水溶性の成分なので、水にさらすと水に溶け出てしまいます。切っていない葉のままであれば水で洗っても大丈夫ですが、切った断面を水にさらすと、どんどん水にビタミンCが流れ出てしまいます。

このため、ビタミンCを摂取する時には、炒めたり、茹でたり、キャベツを千切りした後に水にさらしたり、切ったキャベツを長時間放置するのはNGということです。

例えば油で揚げたり、キャベツをぴったりとラップにくるんで空気に触れないようにしてレンジで加熱する方法などであれば、構いませんが、そんな調理はあまりしませんよね。

このため、ボロンのバストアップ効果を得る意味でも、ビタミンCの健康効果を得る意味でも、二重の意味でキャベツはそのままの状態で食べる必要があるというわけです。

ちなみに、千切りキャベツを食べる場合には、葉を洗い、水分を拭きとってから千切りにして、水にさらさずそのまま食べるといいですよ。

キャベツはボロンの他にも、ビタミンCを豊富に含んでいるわ。ビタミンCは免疫力の向上や、治癒力アップ、美白効果もあるから、ボロンとビタミンCでキャベツは美容のいいとこ取りができるわね。

ただ、ビタミンCは水に晒すと溶け出てなくなるし、空気に触れたり、空気に触れた状態で加熱すると壊れて失われてしまうから、生で食べるのがベストよ。キャベツの加熱には、ボロンとビタミンCを守るために気をつけてちょうだい。

大豆と同時摂取はNG!?ボロンに頼るなら要注意!

さて、バストアップをしたい女性の中では有名な素材が「大豆」ですが、実は摂取しすぎると逆効果になる可能性もあるってご存知でしたか?キャベツを摂取する際に、注意が必要となる大豆のお話をしてみましょう。

そもそもなんで大豆がバストアップにいいの?

大豆には、その胚芽の部分に、大豆イソフラボンという成分が含まれています。

【大豆イソフラボンって何?】

大豆イソフラボンは、女性ホルモンである「エストロゲン」と非常によく似た構造をしているため、人間の体内に入ると、女性ホルモンと同様の働きをするという特性があります。

このため、女性ホルモンの働きである、髪の艶めきや肌のハリを保つこと、骨を丈夫にすることなどに役立ち、そしてバストアップに役立つ成分として注目を浴びています。

特に閉経後で女性ホルモンが少なくなった女性には、効果的な成分と言えます。

大豆に含まれる大豆イソフラボンが、女性ホルモンの代わりの役目を果たしてくれるので、バストアップには期待大の食材なんですね。

摂り過ぎは女性ホルモンを減らす!?

大豆イソフラボンは、大豆そのものだけでなく、豆乳でも摂取できるため、近年はもてはやされていますが、実は摂取しすぎは注意をしなくてはなりません。

なぜなら、大豆イソフラボンは、摂取し過ぎると女性ホルモンの分泌量が減ってしまうことが判ったからです!

これは、大豆イソフラボンがエストロゲンと同様の働きをするために、大豆イソフラボンを摂り過ぎると、体が「エストロゲンはたくさん分泌されているから必要ない」と判断してしまうためです。

【大豆イソフラボンを摂り過ぎるとどうなる?】

大豆イソフラボンの理想的な摂取量は、1日70~75mgまでとされています。それを超えて摂取する場合、エストロゲン分泌量が減少する恐れがある他、多すぎる大豆イソフラボンの働きのせいで、乳がんリスクを高めたり、生理痛を強くしたりするというリスクが考えられます。

大豆製品における大豆イソフラボンの含有量は、次の通りです。

【食材別の100g中の大豆イソフラボンの平均含有量】

食材 含有量
大豆 140.4mg
味噌 49.7mg
おから 10.5mg
豆乳 24.8mg
豆腐 20.3mg

大豆イソフラボンの恩恵を得たい場合には、1日の摂取量を守ってほどほどに、というのが原則のようですね。

女性ホルモンを増やしたいならボロンで!

大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと同様の働きをしますが、体に女性ホルモン自体を増やしてくれる訳ではありません。このため、摂取をやめれば、その恩恵は途絶えてしまいます。

その点、キャベツに含まれるボロンは、女性ホルモンを増やす助けになるため、大豆イソフラボンと違って、直接エストロゲン増加に役立ちます。

大豆イソフラボンはエストロゲンと似ていて、同じような働きをしてくれますが、全く同じ働きをする訳ではないので、やはり女性ホルモンを直接増やした方が得策と言えます。

豆乳や大豆に含まれる大豆イソフラボンは、前述のとおり、摂取しすぎるとエストロゲンの分泌量を減らしてしまうので、生キャベツでバストアップを試みようとするときには、豆乳などの大豆製品の併用は、逆効果になる可能性もあります。

大豆イソフラボンは優秀なバストアップのお供ですが、女性ホルモンを増やそうとする生キャベツとは相性が悪い、ということを覚えておいてくださいね。

大豆の大豆イソフラボンって、女性ホルモンと同じような働きするから、バストアップや女性ホルモンによる健康効果を得られるんだね!

あれ、でも大豆イソフラボンを沢山取ればいいって訳じゃなくて、摂り過ぎると女性ホルモン減っちゃうの?だめじゃん!

何でも程々が一番だねえ。

キャベツのボロンは女性ホルモン増やしてくれるから、女性ホルモンを増やしたいときはあえて大豆イソフラボンは沢山取らないほうが無難なんだねー、判ったよ。

生キャベツでバストアップと健康の一石二鳥!?

さて、これまでで生キャベツがいかにバストアップや健康面において効果的であるのかをご説明してきましたが、いかがでしたか?

キャベツに含まれるボロンが、エストロゲンを増やし、そのエストロゲンがバストアップをし、更に骨量を増やすなどの健康効果ももたらします。キャベツに含まれるビタミンCは、美白効果や免疫力UP、治癒力UPなどの健康効果をもたらしてくれます。

ボロンとビタミンCは共に、熱に弱いので、生キャベツで食べるのが望ましいです。こういったことからわかるように、生キャベツを摂取していくことで健康になりつつもバストアップができるというわけなのです。まさに一石二鳥であると言えますね。

バストアップに有効な大豆イソフラボンと生キャベツは、相性が悪いのでバストアップ目的の場合は同時摂取は避けたほうがいいでしょう。

もちろん、生キャベツだけに頼っていてはバストアップは成功しません。バランスの良い食生活や充分な睡眠時間など、さまざまな健康が実現して初めてエストロゲンは真価を発揮します。バストアップ実現のためにも、生キャベツだけに頼らない健康生活ができるといいですね。

食べ物だけでなく、サプリメントでのバストアップも効果的です。こちらの記事もぜひご覧下さい!
サプリメントでバストアップ!気になる効果や副作用まで一挙紹介!

キャベツのバストアップ効果について、参考になりましたか?

キャベツは、ボロンによって女性ホルモンを増やしてバストアップを支援するだけでなく、ビタミンCによって美肌効果や免疫力アップの効果を産んでくれます。

どんな栄養素もとりすぎは体に毒ですが、りんごやブロッコリーなど、ボロンを含む食材を様々に取り入れながら、生キャベツでのバストアップを実現させられるといいですね。

他の食材と言えば、豆乳もいいですが、摂り過ぎはボロンの女性ホルモンを増やすのを阻害する可能性もあり、逆にバストアップできないことも考えられますから、本当に何でも摂取し過ぎは気をつけてくださいね。

この記事をシェアする!