バストアップに効果抜群!?5分でできるリンパトリートメント

2015/07/01

「胸を大きくするための決め手は、リンパ!」と、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

実際、エステなどでは、バストアップにリンパトリートメントを行っているサロンも多くあります。しかし、エステサロンに行くには少し予算が心配になりますよね。

それで、今回は「自分でできれば一番良いのに」と思った事がある方のために、家で手軽に始められるリンパトリートメントを、初めての方にも分かりやすいようにご紹介していこうと思います!

ぜひ、ご自宅でプチエステを体感してみてください。

よく聞くけど詳しく知らない…そんなリンパをまずは知るべし!

そもそも、「リンパってよく聞くけど何なんだろう?」と思っている方は多いのではないでしょうか。

トリートメントやマッサージを行う前に、リンパとはどんなものなのか、ちゃんと理解しておきましょう!

リンパは元々血液の一部?

リンパと我々は通常呼んでいますが、日本リンパ美容健康普及会によるとリンパとはそもそも体中に張り巡らされている「リンパ管」とその中を流れている「リンパ液」、そして管の中継ぎの役割がある「リンパ節」を総称している場合が多いです。

リンパ管は血管に沿って流れています。管の中を流れているのがリンパ液です。このリンパ液ですが、そもそもは血液からできています。

このリンパ液は栄養素を持っており、それをリンパ管で回収し血液に再び吸収させます。また、さまざまな体中の細菌や異物を吸収する役割もあります。

吸収した細菌や異物をそのままにしておくと身体に悪影響なため、この細菌や異物を取り除く役割を持っているのがリンパ節になります。

リンパ節は体の浄水器

日本リンパ美容健康普及会によると、リンパ節は全身に約800箇所も存在し、主に耳の下、わきの下、太ももの付け根に密集しているそうです。

機能としては体を細菌や異物から守ってくれる検閲所のような所です。ここが正常に働かないと身体は不衛生な状態になります。

このように、リンパ節は体にある余分な物、汚い物、危険な物を排除して常に綺麗にしてくれる役割を持っているのです。これによって、細胞や血液が綺麗に保たれ、新陳代謝の活性化に繋がります。

というわけで、リンパがきちんと働いてくれると、血行が良くなり、栄養が下半身のみに留まることなく、ちゃんとバストまで行き届くようになるので、おっぱいが大きくなる効果が期待できるのです!

リンパはもともと滞りやすい

ではリンパマッサージを行うことで、バストが大きくなるワケを詳しくお話しましょう。

リンパ管には心臓のようなポンプが存在しておらず、リンパ自体の流れは、元々とっても遅いものです。その上、血液よりずっと量が少ないため、流れが自然と遅くなっているのです。

中のリンパ液を流しているのは、就寝時は管の収縮運動に、寝ている時は周りの筋肉に頼って流れていきます。

起きている時に長時間座っていたり同じ体勢でいたりすると、リンパ液の流れがさらに悪くなったり滞ったりしています。

例えば、立ち仕事で起こる「むくみ」は、リンパ管に組織液が回収されずに起こる現象です。これを解消するには筋肉を動かしマッサージをする事によって流れを良くしてやる必要があります。

リンパの流れと女性ホルモン

マッサージをしてリンパの流れが良くなると、老廃物が除去されて栄養素が細胞に流れて活性化します。

細胞が活性化すると体内の臓器の活動が活発になり、新陳代謝がよくなってダイエットや美容に最適な身体の状態になるという仕組みです。

そして、バストアップには、女性ホルモンと血液の流れが重要です。リンパの流れを良くすることで自律神経も調整され、女性ホルモンにも働きかけることになります。

また、代謝が上がる事で肌つやがよくなり、たるみの改善にもなります。このようなことが、バストアップにリンパマッサージが良いと言われる理由なんです。

リンパマッサージとリンパトリートメントとはどう違うの?

リンパの役割や、リンパマッサージの効果が分かったところで、少し実践的なお話に移りましょう。

リンパと名のつくケアには色々呼び方があるのをご存知でしょうか。リンパマッサージやリンパトリートメントという言葉を聞いたことがある方も、きっと多いですよね。

ここでは、まずリンパマッサージとリンパトリートメントそれぞれについてのご紹介と、両者がどう違うのかについてご説明したいと思います。

リンパトリートメントとリンパマッサージ

リンパトリートメントとリンパマッサージの違いについて、インターネットを見ても、両方の区別が判らないという人が多くいらっしゃるようです。それも無理はありません。

実は、トリートメントとマッサージはどちらも、リンパを刺激して流れをよくするケアだからです。唯一違うのが、エステとマッサージの違いという点です。

マッサージは主に治療目的で行います。日本ではあんま、針、灸などの資格を持っている人が行う施術になります。施術の際には衣服を着用したまま行うところが殆どです。

反対に、エステは美容目的に行われる施術の事を言います。

トリートメントというのもエステ用語では肌へのマッサージや施術の事をいいます。そのため、施術の際には肌を直接ケアするため、裸で行う事が殆どです。

リンパトリートメントとは?

では、リンパトリートメントの方は、どうでしょうか。基本的にはリンパマッサージと変わりませんが、エステ要素が強く入ってくるという違いがあります。

なので、オイルやアロマを使ってお肌をケアしつつ、リンパの流れを良くするマッサージをするというのが、リンパトリートメントと言われるものと考えてよいでしょう。

つまり、リンパトリートメントなら、リンパマッサージでバストアップしつつお肌もきれいになり、アロマによるリラックス効果も得られて、一石三鳥というわけですね。

リンパトリートメントを始めるその前に!しっかり準備しておこう

もちろんリンパマッサージだけでも悪くないのですが、どうせなら、より多くの効果を期待できるトリートメントを試してみませんか?

ここではまず、リンパトリートメントの方法をご紹介する前に、準備するものについてお話したいと思います。

キャリアオイルを用意しよう!

リンパトリートメントはリンパマッサージを行うと同時に、肌のケアも行います。

そのため、マッサージの際にはマッサージ用のオイルを使用します。マッサージに使うオイルはキャリアオイルと呼ばれています。肌への浸透性も高く、

  • スイートアーモンド
  • グレープシード
  • ホホバオイル
  • ローズヒップ
  • アプリコットカーネル

などといった種類があり、それぞれ様々な効果があります。いろいろ試して、自分に合ったお気に入りを見つけましょう。

キャリアオイルは肌から体内に吸収され、成分が血管やリンパ管にも入りますが、塗られた周辺のみにしか効果はとどまりませんので、体への悪影響も殆どありません。

ただし、妊婦さんや3歳未満の小さいお子さんは、使用を控えた方が良いでしょう。また、肌が弱い人はパッチテストを必ず行いましょう

アロマも用意しよう!

キャリアオイルだけでもマッサージは可能ですが、リラックス効果を高めたい場合はアロマを使用するとより良い施術が行えます。

マッサージ使用するアロマは精油と呼ばれ、キャリアオイルと精油をブレンドしたものをアロマオイルと呼びます。

アロマは「アロマテラピー」という治療方法があるように、香りでリラックス効果があるのはもちろんのこと、それぞれのアロマに鎮静作用や抗菌作用、また美容効果があるものも存在します。

現在、100種類以上のアロマが存在しますが、その中からバストアップ向けのアロマをご紹介します。

  • イランイラン
  • クラリセージ
  • ネロリ
  • ローズオットー

キャリアオイルとアロマの配合は、ブレンドの内容やお好みによって多少変化しますが、バストアップが目的ならば、キャリアオイル20mlに対して、アロマを4滴加える配合がオススメです。

ゆっくりとお風呂に入る

リンパトリートメントは入浴後、就寝前に行うのが一番良いタイミングといわれています。お風呂に入ると適度に体温が上がり、血流もよくなりますので、リンパの流れもよくなります。

お湯の温度が熱すぎるとリラックスする副交感神経より、緊張状態の交感神経を刺激してしまうので、ぬるめのお湯で半身浴がオススメです。

実際にやってみよう!5分でできるリンパトリートメント

では、いよいよ実際のリンパトリートメントの方法をご紹介します。

準備はできましたでしょうか?お風呂から上がってコップ1杯のお水で水分補給し、軽く休憩をいれてからリンパトリートメントを開始します。

周辺のリンパの流れを良くしよう

まずは、準備運動として、バスト周辺にあるリンパ液の溜まり場の流れを良くします。

リンパには、老廃物を除去するためのフィルターがあるリンパ節と呼ばれる箇所が首や脇の下、足の付け根などにあります。

特に、バストアップには首から鎖骨にかけてと脇の下にあるリンパ節の流れを良くして効率よく胸のリンパ液を送り込めるようにしましょう。

この辺りの胸に近い部分のリンパの流れを良くすることで、女性ホルモンの分泌も促進されます。

では、適度に両手にオイルを取ってから始めましょう。オイルの量は決まっていませんが、あまり付けすぎるとべたつく事がありますから、多すぎず少なすぎない程度に取ります。

1、鎖骨の窪んだ部分を中指と人差し指で軽く押しましょう。

2、首筋のリンパを流します。人差し指、中指、薬指の三本を使って顎の下から鎖骨の窪んだ部分に向って、リンパが流れていくのをイメージしながら流します。

3、脇の下に手のひらを当ててじっくり圧力をかけ、その後にクルクルと回しながら側面にそって流します。

強く押しすぎるとリンパを傷つける恐れがありますので、注意しましょう。どれも3回ずつくらい行ってください。

バストのリンパトリートメント

では、本題の胸のリンパを流しましょう。胸には沢山のリンパが張り巡らされていますが、全てが脇の下のリンパへと流れていきます。それをイメージしながら行いましょう。

1、胸の中心から乳房の下の膨らみにそって手の平を当てて、脇の下へと向ってリンパを流します。左右順番に5回くらい繰り返してください。

2、胸の上部も同じく、中心から乳房にそって脇の下へと向ってリンパを流してください。こちらも左右順番に行って5回くらい繰り返します。

3、胸の下にあるお腹から手のひらを使って、鎖骨に向って上に動かしてリンパを流します。両手を使って行いましょう。大体20回くらい繰り返し行ってください。

ここでも、痛くないように、強く押しすぎないことを心がけましょう。

最後に、女性ホルモンをしっかり刺激するために股関節のリンパを刺激すれば+αの効果を期待できます。Vラインにそって痛くない程度に指で刺激しましょう。

全て繋がっていることを意識して

重要なのは、マッサージを行いながらリンパの流れをイメージする事です。リンパは全て繋がって流れていますので、1箇所マッサージをしたからといって、他が滞っていたら良くはなりません。

リンパ液は最終的に心臓へと流れていくので、ご紹介したような流れに沿ってマッサージを行い、全体を流すイメージを持つ事が大切です。

また、アロマの香りもゆっくり感じながらリラックスした状態で行うようにしてください。

リンパトリートメントで、バストも女性的な魅力もアップ!

リンパトリートメントはいかがでしたでしょうか。うまく行えましたか?

普通にマッサージを行うよりも、アロマの香りのおかげでリラックスした状態でマッサージができたのではないでしょうか。

色々と事前に準備する物は多いですが、マッサージ自体は短時間で終わるので、ひとたび習慣にしてしまえば毎日手軽に続けられます。

オイルの効果でお肌もスベスベになるうえに、むくみも取れて全身すっきりです。もちろん、肝心の胸も大きくハリのある状態へと近づいていきます。

毎日少しずつ続けて、綺麗にバストアップをしていきましょう。

この記事をシェアする!