谷間作り最強のヌーブラ!バストアップの敵ってホント?

谷間作り最強のヌーブラ!バストアップの敵ってホント?

何年か前に一世風靡したヌーブラを、ご存知ですか?ぷにぷにのシリコンでバストを寄せて上げて、谷間をばっちり作ってくれる、あのヌーブラです。

谷間を作るのに一役買うのですから、さぞかしバストアップにも効果が期待持てそう!と思いますでしょうか。実は、真逆です。使い方次第では、ヌーブラはバストを傷つけてしまう可能性があります!

今回はヌーブラにおけるバストアップの是非について、解説します。ヌーブラを知らない人も、興味がある人も、既に使ってる人も、ちょっと覗いてみてくださいね。

シリコンのブラ?そもそも「ヌーブラ」って何だ?

まずはヌーブラが、一体何なのか、どんなものなのかについて、確認しておきましょう。

ヌーブラはブラジェル社の固有商品

ヌーブラは、アメリカのBragel(ブラジェル)社が販売しているブラジャーです。

ヌーブラの一番の特徴は、シリコンでできたカップを直接バストに貼り付けてバストをホールドするだけという、その形状にあります。

通常のヌーブラは肩紐も、ワイヤーも、背中に回すサイドベルトもありません。粘着力のあるシリコンが肌に貼りつく、それだけで、バストを支えています。

もう一つの特徴としては、シリコンでできた分厚いぷるぷるのカップをつけることによって、見せかけのカップ数が上がること、そして何と言っても装着すると、谷間ができることです。

ヌーブラを装着すると、1~2カップ程度、バストアップして見えるので、寄せて上げての谷間作りを強烈にできるところが、一番のメリットですね。

ヌーブラはどうやって着ける?

ヌーブラの付け方は、意外と簡単です。

ヌーブラの正しい着け方
①ホックを外して左右のカップをバラバラにし、カップを反らせて持ちます。
②アンダーバストより指1本以上あけて、カップを下からバストに貼り付けます。これを左右ともに、貼り付けます。
③左右のカップを貼り付けたときに、真ん中のホックがおへそを向いていると理想的です。
④最後に真ん中のホックを留めて、完成です。

動画でも、ヌーブラの付け方が確認できるので、時間がある方は見てみてくださいね。

【ヌーブラの付け方】

安いヌーブラってヌーブラじゃないの?

ヌーブラが一世風靡してからというもの、シリコンのカップを肌に貼り付けて装着するタイプのブラジャーが、いくつも売りだされました。

形はヌーブラそっくりで、つけた時の見た目もほとんどヌーブラと変わりないものばかりです。しかしながら、それらはヌーブラではありません。

「ヌーブラ」という商品はあくまで、Bragel社が売り出している商品なので、形が同じでも、Bragel社以外の商品はただの類似品です。

正規のヌーブラと類似品との相違点は、次の3点です。

  • 価格
  • 吸着性の高さ
  • 耐久度

正規のヌーブラは上質のシリコンを使用しているので、価格が高くなりがちですが、類似品は比較的安価な物が多いです。

また、吸着性について、正規品はしっかりと吸着してくれますが、類似品については安価なシリコンを使用しているためか、いまいちで剥がれやすかったりします。

耐久度も、正規品の方が長持ちします。正規品は値段もそれなりに高い分、しっかりと品質が良いのです。

ヌーブラって一時期流行ったけど、結局一度も買ったことなかったなぁ。

なんとなく落ちたりしないか不安だったけど、ちゃんと正規品を買えば、綺麗なバストを作れそうだね!

バストをしっかり支えられない!?ブーブラの弱点って?

ヌーブラの基本が判ったら、次はヌーブラが何でバストアップに向かないか、ですね。ヌーブラの弱点を、見ていきましょう。

一番のデメリットは揺れやすいこと

ヌーブラの一番のデメリットは、何と言っても通常のブラと比べて、バストが揺れやすいことです。

通常のブラは、肩紐でバストを吊り上げ、ワイヤーでバストの肉を逃げないようにホールドし、サイドボーンで更に脇肉を抑え、サイドベルトで固定しています。

この肩紐、ワイヤー、サイドベルト全体でバストを支える事によって、縦揺れや横揺れを最小限に留めているのが、通常のブラです。

しかしながら、ヌーブラの場合には、肩紐はもちろん、サイドベルトもありませんし、一部のものを除いてカップにワイヤーもありません。

このためヌーブラは、縦方向、横方向ともに、とてもバストが揺れやすい構造になっています。

バストが揺れるとどうなるかというと、簡単に言えばバストが垂れ下がる可能性が高いです。

バストを上向かせているのは、クーパー靭帯という靭帯ですが、これはバストと筋肉との間を繋いでバストを吊り上げています。この靭帯が短ければバストは上向きますが、伸びるとバストは下垂れしてしまいます。

残念ながらこのクーパー靭帯は加齢や時間経過で伸びてしまいますが、その伸びは加齢以上に揺れの影響も強く出るのです。つまり、揺れやすいとクーパー靭帯は伸びやすいので、バストが揺れやすいヌーブラはバストの下垂れを招きやすいというデメリットがあります。

バストアップを目指す上で、下垂れは一番に避けるべき基本中の基本なので、下垂しやすいヌーブラはバストアップに向いていないんですね。

バストの横流れが阻止できない!美乳を作りにくい!

繰り返しになりますが、ヌーブラは肩紐もサイドベルトも、一部を除いてワイヤーもありません。このため、バストに貼り付けられたカップの部分以外は、バストを支えられず、横や下に肉が流れ放題です。

バストの形を整え、バストアップを行い美乳を作るにあたって、ブラで形を補正して、しっかりとキープし、横流れなどを防ぐのはとても重要なことです。

バストアップの際、背中に流れていく肉を、ブラで胸に戻すのはとても重要な事ですが、ヌーブラでは背中の肉をバストに持ってくるどころか、カップの脇の肉が背中へ逃げてしまうのを阻止する事ができません。

確かにヌーブラは谷間を作る事ができますが、その形をキープするには、拘束力の弱さから、あまり美乳作りに向いていないんですね。

美乳作りの観点でも、ヌーブラはバストアップに向いてなさそうです。

特に夏は注意!シリコンの密着で肌トラブルが!?

ヌーブラは基本的に、カップの全面がシリコンになっていて、シリコンを肌に密着させて着用します。当然、シリコンで覆われていますから、バストは密閉され、皮膚呼吸ができません。

長時間の着用によって、汗や皮脂が閉じ込められ、肌に密着したままになると、あせもなどの肌トラブルを招きがちです。

それを避けるために、Bragel社では、胸とヌーブラの間に通気をよくするパッドや、シリコンの接地面をできるだけ少なくしたタイプのヌーブラを販売していますが、通常のブラに比べると通気性が劣るのは間違いありません。

夏は特に汗をかきやすくあせもができやすいので、ヌーブラの着用は注意が必要です。

そうなんですね。ヌーブラって、見た目は良くなっても胸を支えるという点では良くないことが多いんですね。

でも見た目を良くしたい時もあるし、その時だけ…というのが一番賢い使い方みたいですね。

私もドレスアップしたい時なんかに使ってみようと思います!

ヌーブラをうまくバストアップに活用したい!手段はある?

ヌーブラは本当に、バストアップには使えないんでしょうか?実は、きちんとシーンや使い方を分ければ、ちゃんとヌーブラは使えます。バストアップ術をしている方でも、ヌーブラを使える場面について、まとめます。

「常時」ではなく「一時的」の使用が理想

しつこいようですが、ヌーブラには横流れを防止する機能がありません。ですが、一時的に谷間を作り、見せかけのカップ数を上げるには、もってこいのブラです。

このため、普段使いをするにはバストアップの観点からよくありませんが、少し露出が高めの服を着る時だけなど、シーンを限って短時間使用する分には、問題ないでしょう。

ヌーブラを使っている時には、特に走ったりなどの激しい運動をしないように気をつけながら使えば、揺れによるバストの損傷も避けられます。

ブラの二重使いなら使える?

ヌーブラは、谷間を作る能力が抜群です。横流れや、縦揺れの問題を解決できれば、バストアップに役立てることができますよね。

そこで、ヌーブラを使った上でバストアップを志すのであれば、次の2つの場合で試してみてください。

  • ヌーブラごと装着できる大きめの拘束力の高いブラを併用する
  • ヌーブラ専用のサポート力の高いチューブトップを併用する

ヌーブラの拘束力が足りないなら、他のアイテムで拘束力を高めてやろう、という訳です。

ヌーブラを装着した後に、それよりも1カップ程度大きめの、拘束力の高いブラを装着すれば、横流れも縦揺れの防止ができます。

バストが流れて行くのを防止できるので、谷間の形をキープしやすくなるんですね。

水着の下につけるなら最強!

一般的に、水着の下にはブラは着用しません。ですから、海やプールに行った際には、バストは揺れ放題、横流れし放題です。しかも、海やプールや割りと激しい運動をするので、バストの型崩れを招きがちですね。

そこで、夏の水着にヌーブラの出番です。

水に濡れると、密着力が弱くなるのでは?と心配になるかもしれませんが、大丈夫です。しかも、ヌーブラは水着専用の「ヌーブラ・ビーチ」を発売しています。

もちろん、通常のヌーブラと同様、脇へ流れる肉の拘束力や縦揺れへの防御は弱いですが、全くブラを装着しないで無防備に水着を着ているだけよりかは、断然バストの保護力が上がります。

もちろん、ヌーブラはサイドベルトも肩紐もないので、画像のような三角ビキニでも、ヌーブラが表に見えることなく着用を楽しめます。

ヌーブラをつけてバストを盛っていても、不自然にならないのは嬉しいですね。

水着のように露出が高く、ブラが着用できない場面でこそ、ヌーブラの真価が発揮されるんですね。

ヌーブラは、やっぱりバストアップに関しては向いてないみたい。

一時的な見た目アップに使って、そうじゃない時は普通のブラジャーにしておくべきだね。

そうね。バストアップを目指すなら、ヌーブラはやめておくのが無難よね。

横へのお肉の流れや揺れは防げないし仕方ないわ。

でも水着の時に使える「ヌーブラ・ビーチ」はすごい商品よね!水着って小胸さんには結構ハードルが高いものだけど、これさえあれば海やプールも怖くないわね!

ヌーブラは用途を分けて上手に使いこなそう!

ヌーブラのメリット、デメリット、バストアップの観点から見ていただいて、いかがでしたでしょうか?

ヌーブラはやはり、肩紐がないのでバストが揺れやすく、単体ではバストアップに向きません。ですが、使用するシーンを選んで、露出の高い服装、特に水着を着る際に短時間使用する場合は、もってこいのブラです。

バストアップで使用したい場合は、肌のムレへのケアや拘束力の高いブラを併用することなど注意が必要ですが、谷間を作る力は抜群のヌーブラですから、その威力に期待したいですね。

ヌーブラがバストアップの敵だというのは本当だったわね。

とはいえ、一時的にバストを綺麗に見せてくれる商品だし「絶対使わない!!」なんて思う必要はないわ。

ドレスアップ時や水着など、一時的にバストを綺麗に見せたい時だけ使用して、それ以外の時は普通のブラジャーをつければ何の問題もないものね。

類似品だと剥がれやすかったりするし、できれば正規品の品質の良いものを使いたいわね。