胸が大きい人の「水着」の選び方

胸が大きい人の「水着」の選び方

バストに関する悩みを抱くのは胸の小さい人だけではなく、胸が大きい人にもおしゃれが楽しめない・太って見える・視線が気になるなどの悩みがあります。

かといって自分の肉を削るわけにはいかないですし、同性に嫉妬心を抱かせてしまうので他人に言えないという難点もあります。

特に薄着になる夏や水着の場面などでは、胸を小さく見せる工夫をしたいと思う人も多いのですが、それは胸を大きく見せる以上に難しいのです。だから、海やプールは好きだけど行きたくないと言う人もいます。

ですが、胸が大きいが為に夏の楽しみの場を避ける必要はありません。水着選びを間違えなければいいんです。そこで、胸が大きい人の水着の選び方をご紹介します!

胸を安定させ目立たせない!おススメはホルタータイプ

胸が大きい人が胸を目立たせないようにするには、胸をしっかり水着の中におさめ、安定させることが大切です。そうすることで、胸元がコンパクトに綺麗に見えます。

では、具体的にどんな水着を選べばいいのでしょうか?見ていきましょう。

一番おススメはホルタータイプ!

胸の大きい人に一番おススメの水着は、首の後ろを通るデザインのホルタータイプです。

ホルタータイプの中でも、布が多めに使われているものやストラップが太いものを選ぶと、胸がきちんと水着におさまるので胸元がすっきりして見えます。
★図作成中★

胸が水着におさまると、胸の形も整えられます。大きめの胸だとどうしても下がってしまったりすることもあるのですが、水着にきちんとおさめることで形を整え、コンパクトに見えるという効果も期待できます。

さらに、ホルタータイプの水着起を着るとVラインが綺麗に出るので、デコルテ部分もすっきりします。

胸の小さい人ならパットを入れて谷間を作るところですが、バストの大きい人は自分のバストのみで美しいラインを作れるのです。胸が大きい人だからこそ着こなせるデザインとも言えるでしょう。

また、ホルタータイプは、鎖骨に視線が自然と行くのでバストから視線を外す意味でも優秀なデザインと言えます。

ワイヤーの入っていないタイプですと、胸をつぶしにくくサイズも合いやすいので特におすすめです。アンダーバストが細い人はワイヤー入りでも良いでしょう。ワイヤータイプの水着を選ぶなら、アンダーが太目でしっかりしているものを選ぶと胸を固定し安定させる効果が得られます。

ただし、ワイヤー入りを選ぶ際は店員さんにちゃんと採寸してもらいましょう。アンダーはぴったりなのにバストをつぶしてしまっては本末転倒です!

ハイネックビキニもバストを綺麗に包む胸が大きい人向けのデザイン!

ハイネックビキニとは、以下のように首元が詰まったデザインのビキニのことです。
★図作成中★

バスト全体をしっかり包んでくれるので安定感がありますし、首元が詰まったデザインになっているおかげで胸の谷間を隠すこともできます。

実は、このハイネックビキニにフリルやフレアーがついているタイプを選ぶと、逆に小さい胸をカバーすることも可能なんです。ということは、大きい胸の人の場合、フリルやフレアーがついたデザインを選ぶと逆に胸が強調されてしまうので、避けるべきだということがわかりますね。

肌をあまり見せたくないならロンパースタイプなど!

肌をあまり見せたくない人には、以下のタイプがおススメです。

  • ロンパースタイプ
  • サロペットタイプ
  • タンキニタイプ

これらのデザインは洋服に近いので、胸を効果的に隠すことができます。また、お腹周りが気になる人にとっても、お腹を直接見せることがありませんので安心感がありますね。

実は、体型も胸もカバーできるこれらの水着は、産後のママさんたちにも重宝されているんですよ。せっかくの夏ですから、人目を気にすることなく楽しみたいものですね!

へえー、胸が大きい人に一番向いているのは、ホルターネックの水着なんだね。水着線も点でも勧められているというから、納得。ワイヤーは無い方がいいんだね。ワイヤーがある方がしっかりするイメージがあるから、これは意外だったよ。

体を見せたくなければ、ロンパースタイプなんかを選べばいいってことね。

そうなんですのよ。水着のデザインと胸の見え方には密接な関係があって、選ぶデザインによっては余計に胸が協調して見えることもあるんですの。

それでもいいという方にとってはそれでもいいんですけど、胸が大きいのがコンプレックスという方には、まずはデザイン選びからこだわってほしいところですわ。

太って見えたり胸が強調されたり!胸が大きい人が避けるべき水着

水着の選び方によっては、胸が大きいせいで太って見えたり、胸が強調されてしまったりすることがあります。

そこで、胸が大きい人が避けた方がいい水着のタイプをご紹介したいと思います。

ワンピースタイプ

胸を小さく見せたいから、隠したいからとワンピースタイプを選ぶのはNGです。セパレートタイプの方が見た目にメリハリをつけてスタイルをよく見せます。

胸の大きい人がワンピースを着ると、胸がつぶれて見えたり、余計に胸にボリュームが出たりしますし、ウエスト部分も細く見えないので太く寸胴な印象を与えてしまいます。

どうしてもウエストを見せたくない!セパレートタイプに抵抗がある!という方は、先ほどご紹介したように、ロンパースタイプやサロペットタイプなど、ウエストまわりにゆとりもたせたフワっとしたデザインにしましょう。

三角ビキニ

三角ビキニは、ご存知の通りトップ側にある生地が三角形になっている水着です。この水着はどちらかと言うと見た目重視で衝撃に弱いことと、布の面積が狭いため胸が大きい人の場合重さに耐えられずに下にずれることとで、水着から胸がこぼれてしまう可能性があります。

もともとある程度の胸の大きさがないと着こなせないタイプではあるのですが、安定感が無く胸が強調されるので、胸が大きい人に三角ビキニはあまりおススメできません。

バンドゥータイプ

バンドゥータイプの水着は、トップが横長の形をしていることが特徴です。このタイプの水着は、縦方向の布の幅が狭いため、バストサイズが大きい人が着るとバストの下部だけでカップを全て使いきってしまいます。要は胸の面積に対して布の面積が足りず、水着の上側から胸があふれる可能性があるということです。

そうなったら、もう海やプールを楽しむどころではなくなりますよね。そのため、バンドゥータイプも胸が大きい人にはお勧めできない水着です。

水着って見た目のイメージもあるから、つい自分が着たいタイプの水着を着たくなってしまいますけれど、胸が大きい人が着ると胸が水着からこぼれてしまうこともあるので、気をつけて選ばなければいけないんですのよ。

特にトップの布面積が小さい水着には要注意ですわ。逆に覆う面積が広すぎるワンピースタイプだと、胸の大きさに合わせて広がって見えてしまうから、スタイルが良く見えないという問題もあるんですわよ。

フリルの位置や水着の色にも気遣いを!胸を小さく見せるポイント

水着のタイプで言えば、ホルタータイプやロンパースタイプ・サロペットタイプなどが胸の大きい人に向いていますが、それ以外にも胸を小さく見せるための水着選びのポイントがあります。

では、詳しく見ていきましょう!

デザインは胸にフリルやリボンがないものを!

胸を小さく見せるためには、胸から視線を外すことも大切です。ですが、胸にフリルやリボンがついている水着を選ぶと、どうしてもそこに視線が向いてしまいます。また、それらのせいで余計に胸にボリュームが出ることもあり、胸が強調されます。

そこで、上半身に視線が行かないようにするために、胸にフリルやリボンがなく、すっきりしたデザインの水着を選ぶようにしましょう。

膨張色はNGです!

次に色ですが、膨張色の水着だとどうしても全体が膨らんで見えますので、胸が強調されることになります。逆に、収縮色だと全体的にすっきりして見えます。

膨張色 収縮色
白・黄色・赤・ピンク・オレンジなど(薄い色や明るい色) 黒・青・紫・緑など(濃い色や暗い色)

胸が大きい人の場合、収縮色を基本に選ぶと胸が強調されません。水着の色となるとお気に入りのものもあるかもしれませんが、そこは少し意識して好きな色でも膨張色なら避け、スッキリ見えるような色の水着を選びたいものですね。

素材はふんわりしていないものを!

パイル地の様なふんわりした厚めの生地ですと、胸を余計に協調してしまいます。ロンパースタイプやサロペットタイプでしたら洋服のように着こなせるのでパイル地でも問題ありませんが、ホルタータイプを選ぶのでしたら厚め生地は避けましょう。

柄は小さめのものを!

柄も大柄なものはNGです。水玉模様やヒョウ柄模様を思い浮かべてみましょう。一つ一つの模様が小さい方が引き締まった感じがありますよね。それと同じで胸に大きな柄のあるものですと胸を強調してしまいます。そのため、柄は小さめのものを選ぶようにしましょう。

また、ボーダー柄も胸が大きく見えやすい柄なので、避けた方が無難です。

胸から視線をそらすためにパレオの利用も効果的!

ホルタータイプならではになりますが、タヒチやバリのリゾート地で着用するようなロング巻きスカート(パレオ)がありますよね。それを合わせて着るのもおススメの方法です。

水着の上から巻いて上半身ではなく、下半身に目線を移させるのも胸から視線をそらすのに効果的です。パレオも含めてセット販売されているものも多いので、是非選択肢の一つに入れてみてください!

垂れて見えるのが心配な人はパッドで上手に解決!

胸が大きいだけではなく、垂れて見えるのが心配で嫌だという人には、パッドを使って解決する方法もあるんですよ。

パッドは小さな胸を大きく見せるために役立つと思われがちなのですが、大きな胸の形を整え、シルエットを綺麗に見せるための商品もあります。もちろん、胸を大きく見せるための商品もありますので、パッドを購入する際には用途を確認してから購入しましょう。
水着のデザインだけではなくて、ちょっと気をつけるだけでさらに大きな胸をコンパクトに見せる方法もあるんですね。

膨張色を選ばない、大きな柄やボーダー柄のように胸を強調して見せる柄を選ばないなど、少し気をつければいいだけですから、これなら対策ができそうな気がします。

胸が大きい人向け商品や上下違うサイズも選べる!通販を賢く利用

水着の場合、試着して買う方が安心ではあるのですが、胸が大きい人だと着られる水着が限られたり、体に合うものが見つからなかったりすることが多いのも確かです。せっかくお店に行ったのに、自分にぴったりの物が見つからない…。そんな時には、通販を利用するのもいいですよ!

確かに、試着ができないという難点があることは否めませんが、その分胸が大きい人向けの水着を豊富に取り扱っていたり、上下違うサイズでの販売が可能だったりするサイトがあるなとのメリットもあるんですよ。

では、水着の通販について考えてみましょう。

胸が大きい人向けの水着を販売しているショップも!

ネット上のショップには、胸が大きい人向けの水着を販売しているところもあります。胸が大きい人の場合、体に水着を合わせるとカップが小さく、逆に胸に水着を合わせるとボトムが大きくなるなどの問題が起きやすいものです。

そこで、例えば同じ9号でも、通常の9号と9号E・F・G・Hカップなど胸が大きい人向けのカップとが用意されているような商品を選ぶと、自分にぴったりのサイズの水着が見つかりやすくなりますよね。

また、チョイス水着などの名称で、上下の水着を別売りしている通販サイトもあります。これなら、上下のサイズがかなり違うという場合でも気軽に購入できます。

さらに、胸が大きい人向けの水着を販売しているメーカーでは、合わせて以下のような工夫もされています。

・ワイヤーを幅広く緩やかにすることで、胸が大きくてもホールド力があるように工夫する
・カップを大きめにすることでバストをしっかり覆い、胸のボリュームが出にくいよう工夫する
・取り外し可能な上に、上部が凹んだパッドを使うことで、パッドを外して使ったりバストがおさまりやすくしたりといった工夫

これらのように、胸が大きい人向けの水着を販売しているところの商品なら、気になる胸がきちんとカバーできますよ!

海外通販も利用してみよう!

胸が大きい人用のデザインを取り扱う店は多いものの、日本人向けのデザインには限界があります。そんな中、是非利用したいのが海外通販です。日本の通販や店舗では、上下セットで売られている場合がほとんどで上下別売りというものがありません。

ですが、海外通販でしたらビキニを上下別に購入できるサイトも豊富ですので、是非見てみましょう!

ただし、海外通販を利用する場合には、注意点もあります。まず、海外通販を利用して水着を購入する場合は、少し小さ目のものを選びましょう。通販ですので試着できないのが難点ですが、水の中では水着はキツくなるものです。特に外国人向けの大きめデザインですので、普段のサイズより1~2サイズ下を選んでみましょう。

また、海外向けの服はサイズ表記が日本と異なる場合があります。靴などを購入する際、23cmや23.5cmではなく、36や37と表記されていて「いったい自分は何サイズなんだ?」と困った経験はありませんか?

それと同様に服のサイズも日本と海外では異なります。日本のSMLと海外のSMLは同じ表記の仕方でも異なります。どのサイズを購入するか困った場合は、海外の下着を取り扱う店舗等で一度きちんと採寸してもらって自分のサイズを知ってから水着を購入しましょう!

通販を利用するなら参考に!水着のサイズの選び方

水着の生地は通常の服の生地と違って伸び縮みするものですし、また体にぴったり合わせるものでもありますので、サイズ選びは特に慎重にしたいものです。そこで、水着のサイズを選ぶ方法を確認しましょう。

水着にはJIS規格によって以下のように共通サイズがあります。

サイズ 目安号数 バスト ヒップ
9号 79~87 87~95
11号 86~94 92~100
LL 13号 93~101 97~105
3L 15号 100~108 102~110
4L 17号 107~115 107~115
5L 19号 114~122 112~120

※(JIS)共通サイズ表

ですが、実際のところ先ほどもお話にあったようにバストとヒップでサイズが違うようなこともありますが、その時には、大きい方に合わせるのがいいそうです。

とはいえ、2サイズ以上違う場合はかなり体に合いにくくなりますので、その場合は上下違うサイズを選ぶなどの工夫が必要ですね。

サイズを測るときには、メジャーを利用して正確に測定しましょう。

そうか、お店に行っても合うサイズの水着が見つけられない場合は、通販を利用するのも一つの方法なんだね。

胸が大きい人向けの商品があったり、胸が小さく見えるよう工夫されていたりと、より便利に選べるように工夫されているのもいいなあ。これならお気に入りが見つけられそうだよ。

正しい水着選びで胸を小さく見せつつ綺麗に魅せよう!

以上のことから、胸が大きい人が水着を選ぶべき水着の特徴についてまとめてみましょう。

  • デザインはホルタータイプがおススメ
  • セパレートに抵抗がある人はロンパースタイプやサロペットタイプでもOK
  • 胸にフリルやリボンがあるものや厚め生地は避ける
  • 収縮色で小さい柄のものを選ぶ
  • 店舗で合うサイズが見つからなければ通販を利用してみる

大事なのは、「小さく見せよう」とすることで「隠そう」とすることではありません。小さく見せる工夫は必要ですが、見せる部分はちゃんと見せて「魅せる」ことも重要です。

せっかくの水着を着る機会です。憂鬱にならず、水着を選ぶところから楽しみましょう。胸が大きくて悩んでる人が「何度も着たい!」と思える1着に出会えることを願っています!

水着のデザインによって、大きい胸をしっかりホールドしてコンパクトに見せてくれたり、逆に大きい胸がさらに強調されてしまったりといったことがあるから、胸が大きいことが期になっている人は特にデザイン選びを慎重にしてほしいところですわ。

その上で、膨張色を避ける・フリルなどの飾りがついている水着を選ばないなど、さらに胸を小さく見せるための工夫を合わせるとますます安心ですのよ。

せっかくの夏ですから、お気に入りの水着を選んで楽しく過ごしたいものですわね!