眠っている間に育乳!?寝る前につけるナイトブラの選び方

2016/08/04

胸の大きさや形に関係なく、胸を適正にサポートして垂れやヨレを防ぐブラジャーはとても大切なものですよね。

でも昼間、ブラジャーをつける人は多いですが、意外と寝るときはつけない人が多いんです。寝るときにつけていても、昼間のブラジャーと共用だという人も実は少なくありません。

しかし、昼は昼用、夜は夜用のナイトブラで分けて使う必要があるって、ご存知でしたでしょうか。しかも、胸の型崩れを防ぐためだけではなく、ナイトブラによって育乳もできるというから驚きです。

今回は、このナイトブラについて、昼用と分けて夜専用のナイトブラが必要な理由や、ナイトブラの選び方をご紹介します!

胸を支えて固定する?ブラジャーをつける意味って?

大人の女性になったら誰もが身に付けるブラジャー。つけるのが当たり前だから、身だしなみの一環として身につけている人も多いと思います。

けれど、ブラジャーをつける本当の理由、意味を考えたことはありますでしょうか?ナイトブラの必要性の前に、ブラジャーの本当の意味を覗いてみてください。

ブラジャーは胸を守り、形を作るために必要!

まず結論から先にいきましょう。普段つけている昼間のブラジャーには、次の3つの理由があります。

  • クーパー靭帯の保護
  • 肉を固定し型崩れを防止する
  • 美しい胸(なりたい理想の胸)の形成

胸は前に向かって出ていますが、背中に向かって流れていこうとする肉がどうしても存在します。放っておけばドンドンと胸が流れて、形が崩れ、胸が小さくなってしまいます。

その肉をぐいっと胸の方に戻していく役割をするのがブラジャーです。

また、谷間を作ったり、脇をスッキリと見せたり、胸に自然な丸みをもたせたり、あるいは大きな胸を小さく見せたりと、ブラジャーは自分のなりたい理想の美しい胸の形作るサポートもしてくれます。

ブラジャーはそのままでは形が崩れてしまう胸を守り、なりたい胸に近づけることのできるアイテムなのです。

クーパー靭帯は胸を引っ張り上げる無二の存在


バストの断面図

立っているとき、胸は重力によって下に引っ張られますが、それを下垂れさせずにツンと上向かせて、胸を吊り上げているのがクーパー靱帯です。

図のように、胸の内部で乳腺を釣るようにクーパー靭帯は配置されています。

クーパー靱帯はゴムのようなものですが、残念ながらその性質上、一度切れたり伸びたりすると戻ることはないと言われています。当然、クーパー靱帯が伸びたり切れたりすると胸は下垂れてしまいます。

立っている時のバスト

クーパー靱帯は激しい上下運動に弱いため、胸が強くゆれると伸びたり切れたりしやすいです。写真のように、運動をしない状態でも重力によって自然と胸は下に引っ張られるので、クーパー靭帯は下へ下へと伸ばされてしまいます。

ブラジャーなしではどんどんクーパー靭帯が伸びてしまい、確実に胸が垂れていってしまいます。このため、ブラジャーで胸をしっかりと固定して、クーパー靱帯を守る必要があるのです。

ブラジャーってエチケットだからつける、みたいなとこあるけど、本当は、クーパー靭帯を守って下垂れを防ぐ、胸を型崩れさせない、美乳作りのために必要だったんだね。

伸びきったり切れたりしたら治らないクーパー靭帯って立ってるだけでも伸ばされちゃうから、下垂れの脅威に晒されてるから、ブラジャーが必要だったんだねえ。

胸の全方位をガッチリガード!ナイトブラの意味とは?

ナイトブラは、なんで必要なんでしょうか?

スポーツをする人は、運動する時にスポーツブラをしますよね。そんな風に昼間や、寝るときで必要になるブラジャーの形状は異なります。その時の姿勢や、運動状況など、シーンに合わせたブラジャー選びが必要になるんです。

ここでは、ナイトブラがどうして必要で、どんな意味があるのかを見てみましょう。

脇・背中に胸が逃げないために必要


仰向けに寝ている時のバスト

ブラジャーをつけずに仰向けに寝てみると、胸はどうなるでしょうか。体を起こしている時よりも、胸が小さく、横に広がっていないでしょうか?

写真のように、仰向けになっていると胸はその自体の重さで重力によって押しつぶされます。そして押しつぶされた胸の肉は脇に逃げ、背中へと流れていってしまうのです。上方向へと逃げた胸は単純に胸の形を悪くしてしまいます。

このため、特に夜寝る時は、横や上に逃げていく胸を逃さないためにきちんとブラジャーで全方位を支えておく必要があります。

ブラジャーなしでいれば、胸が小さくなる一方ですから、ナイトブラなしで寝ることは、育乳活動にはもってのほかの行動です。

谷間を消さず、育むために必要

胸の谷間は左右の胸が真ん中の方へ寄ることによってできますが、ブラジャーがないと脂肪の塊の胸は自由な方向を向きます。その結果、谷間は浅く、広くなってしまいます。

特に寝ているときは立っているとき以上に、谷間がなくなりやすいです。仰向けになっていると胸は横に逃げていきやすいので、谷間が平原のようになってしまいます。よく言っても広大な盆地です。

6時間睡眠だとしても、1日の4分の1の時間もの長い間、谷間を平原状態にしておく…そう言うと「ヤバイ」と感じて頂けるのではないでしょうか。

ナイトブラを着けることによって、谷間をきちんと維持するのはもちろん、ナイトブラで谷間を作り続ける事で、谷間を育てることにも繋がります。

美しい谷間を作るために、ナイトブラは必要なのです。

クーパー靭帯を守って下垂れを防ぐために


横向きに寝ている時のバスト

寝ているときは、胸のゆれはないだろうと思われがちですが、寝返りを打ったときにゆれることも充分にあります。

また、写真のように横に寝ている時には、重力で胸が横に引っ張られますし、仰向け状態では脇などに胸が流れて、クーパー靭帯が引き伸ばされてしまいます。

やはりナイトブラを着用して、クーパー靱帯を守ることが必要です。

運動する時は、できるだけ胸が揺れないようにスポーツブラをするわよね。それと同じように、ナイトブラが必要なの。

寝てる時は胸は揺れないと思いがちだけど、寝がえりや、横向きに寝ているだけでも、胸は垂れたり揺らされたりしてクーパー靭帯が伸びる危機にさらされてるのよね。

それにナイトブラしないと、昼間ブラジャーで寄せてた谷間が解放されちゃうから、脇から肉が逃げて谷間も消えちゃうのよ。だからナイトブラが必要よ。

昼用と併用じゃダメなの?ナイトブラを使う理由

胸の形を保ち、固定するというだけであれば、わざわざナイトブラを用意しなくても、昼間のブラジャーを一日中つけていればいいんじゃないかと思う方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、昼間と寝るときでは姿勢も違えば動き方も違い、昼間に必要な保護も夜は不要だったり、逆に害になるものさえあります。

昼用のブラジャーはナイトブラの代わりにはなりません。

昼は立ち、夜は寝るという姿勢の違い


昼用ブラジャーで寝るとどうなるのか

身体を起こしている姿勢が基本である昼間に対して、寝ている間はもちろん体は横になっています。このため、昼間と寝ている間では、サポートすべき方向は同じでも、胸が流れる強さが違います。

昼間はどちらかと言うと下に垂れていきやすいですが、寝ている時は写真のようにどんな体勢にいても、カップから胸が流れでてしまっています。

立っている姿勢では胸が上方向に流れて行くことはありませんが、寝ているときは上にも胸が流れていきます。

「胸が上に行くなら、下垂れ解消になるんじゃ?」と思う方もいるかもしれませんが、胸を上向かせてくれるのはクーパー靭帯です。胸が上に流れても、クーパー靭帯が縮んでくれる訳じゃありません。残念ながら、単純に胸が上に流れて胸の形が崩れるだけです。

昼間が横と下に流れていくなら、寝ている時は全方位に胸が流れていきます。ナイトブラは胸を全方位へ流れていくのを阻止して、胸を育むために必要なのです。

ワイヤーが胸を型崩れさせる

昼間は動きが激しく、胸のゆれを防ぐために、できるだけかっちりとしたブラジャーを選ぶ人が多いと思います。ノンワイヤーのブラジャーよりも、胸の形をきっちりと整え、谷間を作る力の強いワイヤー入りのブラジャーが多いですよね。

しかしながら、昼間は重力方向が胸に対して常に下方向ですが、寝ている時は重力の方向が定まりません。横を向いたり、仰向けだったりします。重力の方向によって流れる胸の方向が違うので、寝ている時は胸がワイヤーをはみ出してしまうことは多々あります。

そして、ワイヤー入りのかっちりとしたブラジャーは横になって寝返りを打ったりしているとずれやすく、変な場所でブラジャーが止まってしまって正しくない場所でワイヤーが胸を圧迫してしまうこともあります。

胸を整えるはずのワイヤーが、寝ている時は逆に胸の形を悪くしてしまう原因になりかねません。

昼間用のワイヤー入りブラジャーは胸をしっかり支えられないどころか、型崩れの危険があるのです。

強すぎる締め付けが育乳を阻害する

体の成長や記憶の整理といった体のメンテナンスは全て、夜22時から2時の間で、寝ている時に行われているといいます。胸もその例外ではなく、寝ている間に育つと言われています。

寝ている間の育乳には、女性ホルモンの分泌を活発にし、血流をよくして胸に女性ホルモンや栄養を行き渡らせる必要があります。

しかし、昼間のブラジャーは形をかっちりと整えるため、非常にきつく作られています。立っている姿勢であれば問題ありませんが、横になるとずれて思わぬところが締め付けられたり、背中のホックが下敷きになることで血流を阻害してしまいます。

血流が良くないとせっかく女性ホルモンが出ていても胸に届かず育乳ができないこともあるため、寝ている間には適度に締め付けをゆるめ、血流をよくしておくことは必要不可欠です。

締め付けのきついブラジャーで胸の育成を阻害しないために、ナイトブラが必要なんですね。

寝る時もブラジャーをつけてさえいればいいのかと思えば、ブラジャーは何でもいいって訳ではないんですね。

確かに立っている時と、寝ている時は姿勢が違いますが…昼用のブラジャーは、ワイヤーもサイドベルトもしっかりしたものが多いので、寝ている時もしっかりと胸を固定できて良いのではないでしょうか?

確かに昼用ブラジャーはしっかりしているけど、上半身を起こしていることを前提としてるから、寝返りとかでずれやすくて、寝ている間ずっとは胸にフィットしてくれないのよ。

そのせいで、変なところを圧迫して胸の形を悪くしたり、血流を悪くして育乳のつもりが逆効果だったりしてね。

それから、昼用ブラジャーはハーフカップが多いから、あおむけで寝た時に上に流れる胸もサポートできないから、やっぱりナイトブラじゃないとダメなのよ。

ナイトブラは美乳タイプと育乳タイプがある

ナイトブラの選び方は大きく分けて2つあります。

  • 胸の形を整え美乳を目指すためのナイトブラ
  • デザイン重視の垂れ予防で育乳向きのナイトブラ

上記の2つは形状やサポート力も異なるため、ナイトブラを選び始める前に、どういった目的でナイトブラを使用するのかをきちんと決めておくことが必要です。

なんとなく買ったら思った効果が得られなかったということにならないように、それぞれの特徴を確認して、ナイトブラを美乳か育乳で使うのかをまず決めましょう。

美乳を目指すナイトブラ

美乳を目指すためのナイトブラは、ナイトブラの中でも比較的、胸のサポートがしっかりしているブラです。

ナイトブラなのでワイヤーはもちろん入っていませんが、漬け心地の楽さを維持しながら、内部に仕込まれたゴムでメリハリをつけた収縮で、横や下に垂れようとする胸をしっかりサポートします。

胸がゴムでしっかりとサポートされることによって脇やお腹の贅肉を寄せ集め、谷間を作るため、美乳に導きやすいのが特徴です。

美乳を目指すナイトブラは、特にバストアップは必要ないという場合に、型崩れを防いだり、より形の良い美乳を目指すことを目的としたブラです。

産後、卒乳後の急な胸のサイズ変化による胸の変形から、形を守ったり戻したりするためにも用いられることが多いタイプのブラですね。

バストアップをしない場合でも、クーパー靭帯を守るため、5年後10年後の胸を守る意味でも利用する価値のあるが美乳ブラです。

下垂れは胸の大きさに関わらず将来的に襲ってくるピンチなので、貧乳の人でも使った方がいいブラのタイプでしょう。

育乳を目指すナイトブラ

育乳を目指すナイトブラは、美乳を目指すナイトブラに比べ、比較的デザインが豊富でおしゃれなものが多いのが特徴です。

柔らかくて薄い生地で作られていることが多く、下垂れは防ぎますが、強いゴムは入っていないため、胸の形はかっちりとは決まりません。

その分、深呼吸をしても圧迫感を感じにくく、胸が押さえつけられないので、締め付けによる胸の成長の阻害がありません。この点で育乳向きのナイトブラだと言えます。

このブラは美乳ナイトブラよりも呼吸も楽なので、寝るときも比較的つけ心地が楽で、寝やすいという評判もあります。

「育乳を目指すブラ」という言葉そのもののように、寝ている間のバストアップを狙ったタイプのナイトブラです。

育乳ブラもしっかりと胸の横垂れ、脇への肉の逃げを防止してくれるので、谷間を作ってカップUPを狙うこともできます。

もちろんナイトブラなので、美乳ブラのようにより美しい形とまではいきませんが、胸の型崩れを防止してくれるナイトブラです。

美乳とまではいかないけど胸は守りたいし、寝心地もいいのがいいなーという人におすすめですね。

ナイトブラの中にも、種類があったんですね。

バストアップを目的とせず、現状の胸の維持と美乳作りを目的とした、美乳ブラ。こちらは、比較的しっかりとサポートしてくれるんですね。

もう一つは比較的ゆったりとして、生地にゆとりがあって下垂れを防ぎながらバストアップを目指す育乳ブラ。こちらは、美乳ブラに比べて締め付けが緩やかで着け心地が楽なんですね。勉強になります。

これだけはチェックを!ナイトブラを選ぶポイント4つ

ナイトブラを使用する目的を定めたら、いよいよナイトブラ選びです。ナイトブラを選ぶ方法は「とにかく安く」だとか「口コミが良いもの」だとか色々ありますが、こちらではナイトブラ選びに欠かせない点を4つ紹介します。

つけ心地重視!素材は綿100%

素材は、肌に優しい綿100%が望ましいでしょう。

夜寝ている間に、冬でもコップ1杯分の汗をかくといいます。特に胸に谷間ができると、そこに汗をかきやすくなります。胸は意外とニキビのできやすい部位でもありますから、あまり汗をかいたままにしておくのはよくありません。

デリケートな胸に一晩中触れているナイトブラですから、汗の吸収がよく肌触りの良い素材が好ましいですね。

綿素材は汗をしっかり吸収してくれる分、洗濯時には乾きにくいという特徴もありますが、肌トラブルを避けるためにも綿100%を選んでみてください。

胸に合わなきゃ意味がない!サイズはきちんと測る

「フリーサイズで誰でも使用可能」とうたっているナイトブラは信用なりません。なぜならフリーサイズで大きい胸も小さい胸も使えるということは胸のサポート力が甘いということだからです。

また、きちんとサイズが合わなければ、小さい場合はアンダーバストの締め付けがきつすぎて寝心地が悪かったり血流が悪くなったりしますし、サイズが大きすぎても大きくても胸の肉が逃げてしまいます。

育乳用のナイトブラでも美乳用のナイトブラでも、きちんと自分のサイズに合ったものを購入しましょう。

サイズについては、商品ごとに異なりますが、大抵SMLなどのくくりで販売しているところが多いです。

対応サイズについては、アンダーバストとカップ数に応じて、SMLの対応表を出しているメーカーがほとんどなので、確認して選ぶといいですね。

対応カップが正しいものでも、同じMでも対応するカップ数、アンダーバストサイズが異なったり、着け心地が異なるので、口コミの多いナイトブラであれば、口コミでサイズ感を調べるとより良いでしょう。

締め付け過ぎないフィット感のあるものを選ぼう!

ナイトブラはサイズが合うことはもちろんですが、フィット感があるものを選びましょう。

フィット感がないと、寝づらさに繋がる場合もあります。寝ている間のバストアップのためには、胸の血流をよくすることも重要ですが、質の良い眠りをとることも重要になります。

育乳目的ではなく、美乳目的のナイトブラの場合でも、フィット感がなく血流を悪くするようなナイトブラは、胸の型崩れを招きかねません。また、深い眠りを阻害するようなナイトブラであれば、育乳にならないだけでなく、十分な休息が取れない可能性もあります。

しっかりとした深い眠りの間に、胸を成長させる女性ホルモンの働きは強くなりますから、質の良い眠りを得るために必要以上に圧迫したり、装着に違和感のあるナイトブラは避けるようにしましょう。

継続が鍵!続けられる値段のものを選ぼう

毎日身に着けるものなので、当然洗い替えが何枚か必要になります。数枚が必要になり、消耗品にもなるため、継続して購入できる金額のナイトブラを選ぶようにしましょう。

高性能でも、高すぎるナイトブラを購入した場合には、洗い替えが足りず毎日つけられないなんて事が起きる可能性もあります。洗い替えがないから何日も同じものをつけるなんてこともあるかもしれません。

育乳や美乳活動は継続が鍵ですから、ナイトブラは毎日使用しないと意味がありません。また、きちんと洗濯しないと古い汗が染み付いたままのナイトブラは肌にもよくありません。

下着メーカーのワコールでも、次のように述べています。

下着は汚れたままにしておくと、生地の通気性・吸湿性・柔軟性などが失われて、素材の傷みをすすめてしまいます。また、汚れは長くおくほど落ちにくくなります。だから、洗たくはコマメにすることが大切です。

引用元:ワコールのセミオーダー・デューブルベ

毎日、とまでは言及されていませんが、まめに取り替えて洗濯しないと、ブラジャー自体の持ちも悪くなってしまうんですね。この点でも、洗い替えが数枚必要になります。

ただし、枚数を揃えられるからといって、安すぎるナイトブラは拘束力がなかったり、素材が合成繊維であるものなどが多くなります。最終的には財布との相談にはなりますが、値段と質のバランスに納得のできるものを選んでくださいね。

ナイトブラの選び方は、素材は綿100%がいい、サイズの確認、フィット感があること、洗い替えや買い替えを数枚用意できる値段のものを選ぶこと。

綿は肌に優しいから、できるだけ合成繊維よりも綿100%がいいわね。あと、サイズやフィット感がよくないと、ナイトブラをつける意味がないから気をつけて。

それに継続しないと努力が台無しになるから、洗い替えや買い替えが定期的に買える値段のものを財布と相談して選ぶといいわよ。

胸を守り育てるためにはナイトブラをきちんと着けよう!

胸を守り育て、寝ている間の型崩れ防止のためにはナイトブラが欠かせません。

美乳を目指すか、まずは育乳を目指すかによって選ぶべきナイトブラのタイプが異なるため、まずは先にどこにたどり着きたいかをきちんと決めましょう。

ナイトブラは店頭での取り扱いが少なく、通販に頼りがちなため、試着の機会が少ないですが、口コミがあるものはしっかりと活用して、ナイトブラ選びに役立ててくださいね。

ナイトブラの話はいかがでしたか?

運動するときはスポーツブラ、平常時は昼用のワイヤーブラ、夜寝る時はナイトブラ、と運動や姿勢に合わせてブラは変えましょう。

ナイトブラは寝ている時の寝返りによる胸の揺れによる下垂れや、四方へ胸が逃げて谷間が消えたり小さくなったりするのを防ぎ、育乳や美乳に役立つブラです。

昼用ブラでは守り切れない夜の胸を、ナイトブラで守れるといいですね。

そうそう、素材やサイズはしっかり確認してほしいですが、継続していくことが胸のためなので、継続して買い替えするのをお財布が許してくれる値段のものを買ってくださいね。

この記事をシェアする!