マシュマロ食べてバストアップ!?美味しい話のウソ・ホント

2016/09/30

ダイエット、美容、恋愛など、世の女性たちを悩ませるものは多くあります。その中でも、自身の見た目だけでなく恋愛にも大きく関わってくるのがバストの悩みではないでしょうか。

今よりも大きくしたい、ハリのある美しい形にしたいという願望は多くの女性が抱いているものです。しかし、バストアップのためにエステに行く、高額なサプリメントやクリームを購入するというのも簡単ではありませんよね。

そんな貴方に朗報です!実は、マシュマロを食べるだけでバストアップに効果があるとの情報があるのです。まさに美味しい話ですが、そんなこと本当にあるのでしょうか?

マシュマロでバストアップが可能!?その理由は成分にあり!

マシュマロでバストアップ、そんな美味しい話を可能にする秘密は、マシュマロの成分にあります。マシュマロを作る材料は、主に次の3つです。

  • 砂糖・水飴
  • ゼラチン
  • 卵白

材料の1つであるゼラチン、この中に豊富に含まれているコラーゲンがバストアップの鍵を握っているのです。

■ゼラチンとは?

牛や豚のコラーゲンに熱を加えて抽出したもの。コラーゲンは溶けにくい性質があるが、熱を加えることで可溶性となり抽出できる。

つまり、ゼラチンはコラーゲンから作られているのです。ですから、ゼラチンの主成分は90%以上がコラーゲンなのです。

コラーゲンで乳腺組織を支える!?バストアップが可能な理由

コラーゲンがなぜバストアップに効果があるとされているのか、それを知るために乳房の構造をチェックしておきましょう。

バストの断面図

このように、バストは乳腺、脂肪、クーパー靭帯で構成されています。この中で、コラーゲンと大きく関わっているのがクーパー靭帯です。

クーパー靭帯について、川崎中央クリニックのウェブサイトで次のように紹介されています。

乳房はその殆どが脂肪で出来ていて、乳房の中に筋肉はありません。筋肉に代わって、乳房の重さを上に引っ張り支えるゴムのような働きをしているのがクーパー靭帯です。

クーパー靭帯は筋肉と乳腺を繋いで乳房の下垂を防いでいます。
引用元:美容外科形成外科川崎中央クリニック クリニックブログ あなたは大丈夫?バストの悩みとクーパー靭帯

バストを支えているクーパー靭帯は、コラーゲンが主成分となっています。

ですから、コラーゲンを摂取することでクーパー靭帯が強化されてバストを持ち上げてくれるため、バストアップが期待できるのです。

また、クーパー靭帯は一度切れてしまうと元には戻りません。ですから、クーパー靭帯が切れないように維持する、クーパー靭帯を強くするということが重要なのです。

クーパー靭帯はゴムのようなもの!?切れる・伸びるを防ぐ為には

クーパー靭帯は、ゴムのようなものだと考えてください。ゴムですから、何らかの原因で切れたり伸びてしまったりという事態が起こり得るわけです。

そして、一度切れたクーパー靭帯は修復されませんから、クーパー靭帯にダメージを与えないよう維持しなければいけません。

クーバー靭帯が切れてしまう原因は、主に以下の3つです。

  • バスト自体の重み
  • 激しいスポーツや強いマッサージによる刺激
  • 加齢

まず、睡眠時やスポーツ時など、その時々に合ったブラジャーをつけることを心掛けましょう。特に、スポーツをするときにはバストが揺れにくいようしっかりと保護したいですね。

また、強すぎるマッサージはクーパー靭帯を痛めてしまい、バストが垂れてしまう要因になってしまう恐れもあります。マッサージは適度に行うようにしましょう。

マシュマロのコラーゲンには美肌効果もある!?

マシュマロに含まれるゼラチンは、ほぼコラーゲンで出来ています。コラーゲンはバストアップ効果だけでなく、女性には嬉しい美肌効果も期待できるのです。

肌は表皮の下に真皮という部分があり、真皮は網目状の繊維によって構成されています。この繊維がハリや弾力を与えているのです。そして、この真皮こそがコラーゲンによって作られているものなのです。

ですから、コラーゲンを摂取することは肌のハリや弾力に繋がるわけですね。コラーゲンは年齢と共に減少していくものですから、食事等で積極的に摂取していく事をおすすめします。

マシュマロに含まれるコラーゲンがバストアップのために重要なのですね。胸を支えるクーパー靭帯は伸びたら戻らないというのは怖いことですが、コラーゲンでクーパー靭帯が強化できるなら取り入れたいです。

コラーゲンには美肌効果もあるのですね。肌のハリ、最近気になってきたのでおやつにマシュマロを食べてみようかと思います。

マシュマロの食べ過ぎは肥満に!?1日当たりの摂取目安とは

マシュマロはコラーゲンが豊富に含まれていて、バストアップにも効果があることを紹介しました。しかし、いくらバストアップしたいからと言っても、マシュマロを食べ過ぎてはいけません。

マシュマロは糖分も多く含まれていますから、食べ過ぎてしまうと太ってしまうリスクもあるわけです。バストアップに成功しても、体重が増えてしまったら残念ですよね。

コラーゲンの摂取量目安は5g、マシュマロに含まれるコラーゲン量から考えると10個ほどです。

実際、1日5gのコラーゲンを摂取した人にバストの変化が認められたという結果が、新日本橋石井クリニックのウェブサイト内で紹介されています。

1ヶ月間毎日コラーゲン量にして5gのんでいただきます。1ヶ月の前後で採寸して写真撮影に協力してくれ人が2名ありました。

その結果14名中2名がワンサイズアップしたのです。残りの女性もバストに張りが出てきたと何らか効果が見られました。

引用元:新日本橋石井クリニック 院長ブログ コラーゲンのバストアップ効果

マシュマロのカロリーは、プレーンタイプで1個10kcal程です。10個食べても100kcalであれば、食べ過ぎという事はありませんよね。

ただし、ジャムやクリーム、チョコレートが入っているタイプでは、糖分もカロリーも大きく違ってきます。食べるのであれば、プレーンタイプを選ぶようにしましょう。

他にもある!コラーゲンが含まれている食材をチェック

コラーゲンが含まれている食品、食材はマシュマロだけではありません。他にもコラーゲンを含む食品、食材はあるのです。

動物性食品 海洋性食品 その他食品
豚足、鶏皮、牛スジ すっぽん、フカヒレ ゼリー、杏仁豆腐

また、ビタミンCにはコラーゲンの吸収を促進してくれる働きがあります。

コラーゲンが含まれている食品を摂る際は、レモンやオレンジなどのビタミンCを一緒に摂るようにすると良いでしょう。

ただし、コラーゲンが含まれれている食品、食材は高カロリーのものも少なくありません。食べ過ぎてしまえばカロリーを摂りすぎてしまう恐れもありますから、適量にしておきましょう。

マシュマロを上手に摂取すればダイエット効果に繋がる!?

マシュマロは、食べ過ぎなければバストアップに効果があるだけでなく、美肌効果が得られる可能性があるということを紹介してきましたが、食べ過ぎはカロリーの過剰摂取になる恐れもあるわけです。

しかし、マシュマロは適量を食べることでダイエット効果が得られる可能性があります。それは、マシュマロに含まれるコラーゲンに整腸効果がある為ですね。ヨーグルトと混ぜて食べると、更に整腸効果がアップします。便秘を解消することが、ダイエットに繋がるのです。

ただし、コラーゲンは水分を吸収してしまい便秘になってしまう恐れもあります。マシュマロを食べるときには、十分に水分を摂取するよう注意しておきましょう。

また、ダイエットをする場合はエクササイズやマッサージも効果的です。バストアップしつつダイエットしたい、そんな我儘を叶える方法の1つが腕立て伏せです。

腕立て伏せは、大胸筋を鍛える、腕周りの筋肉を鍛えるものというイメージがあるかもしれません。しかし、腕立て伏せは腹筋も使って行われるエクササイズです。

筋肉を鍛えれば当然基礎代謝もアップしますので、同じだけの運動量でも消費カロリーがアップし、ダイエットに繋がる可能性があるわけですね。

腕立て伏せの更に詳しい情報については下記記事を参照ください。
バストアップに最適!腕立て伏せで上向きバストを手に入れる

ダイエットするためには、基礎代謝を上げることが重要となります。ですから、お風呂上りにマッサージをして血流を促すことを習慣として取り入れても良いでしょう。

マシュマロを食べ過ぎないように注意し、それでもカロリーが気になるという場合は無理なく続けられるエクササイズを取り入れて習慣づけると良いでしょう。

マシュマロってコラーゲンの固まりだからカロリーも高そうだけど、必要な分を食べるって感じなら問題ないんだね。それなら安心!

というか、マシュマロで便秘解消効果も期待できるってスゴイじゃん!さっそく今日からおやつはマシュマロ食べちゃおうかな。マシュマロって女性の味方って感じだね。リスクは無いんでしょ?

マシュマロを食べる事自体にリスクはないわ。女性に嬉しいバストアップ効果、美肌効果が期待できるだけではなく、便秘解消効果も…となればマシュマロは万能なものに思えるかもしれないわね。

でも、コラーゲンは水分を吸収してしまうことで、便秘に繋がる恐れもあるの。それに、食べ過ぎてしまえば当然カロリーも多く摂ってしまうことになるわ。水分をしっかりとって、適量食べることが大切ね。

バストアップに効果的な食品は他にも!3つの食品をご紹介

バストアップに効果があるとされる成分は、コラーゲンだけではありません。その他にも効果があるとされている成分を含む3つの食材をご紹介しましょう。

食品名 成分名 働き・効果
豆腐・大豆食品 イソフラボン 女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする
キャベツ ボロン エストロゲンの働きをサポートする
鶏肉 タンパク質 不足すると胸が垂れてしまう
女性ホルモンの分泌を促す

バストアップには女性ホルモンであるエストロゲンが欠かせません。

エストロゲンの分泌によって、乳腺の量を増やし、乳腺を太くしてくれるので、バストアップに直接的な関わりがあるのです。

イソフラボンはそのエストロゲンと似た構造をしており、働きも類似しています。

エストロゲンと似たイソフラボンの構造

これに加えて、その働きをサポートするボロン、分泌を促すタンパク質を摂ることは、バストアップに繋がるわけですね。

マシュマロの他にも、バストアップを促す食材はあるのですね。お豆腐や鶏肉は普段の食事に取り入れやすいものですから、毎日1度は食べるようにしておくと良さそうです。

豆腐は低カロリーでタンパク質が取れる貴重な食材ですから、女性にとっても食べやすいですし嬉しいですね。

マシュマロだけ食べてもダメ!バランスの良い食事も重要

ではバストアップのためには、コラーゲンやその他効果があるとされる食品を食べていれば良いのでしょうか。そういうわけではありません。

バストアップに必要な栄養素は、それだけではないのです。

  • タンパク質…女性ホルモンの分泌を促す
  • ビタミンC…コラーゲンを体内で合成する際必要
          また、ストレスを和らげる効果もある
  • ビタミンA…皮膚の新陳代謝を活発にする
  • ビタミンB群…ホルモンバランスを整える

このように、バストアップに必要な栄養素は多くあります。これらを全て摂取するためには、多くの食材を食べなければいけません。

何か1つだけ食べていればバストアップ出来る、というわけではないのですね。バランスの良い食事をしっかりと摂る、偏った食事を控えるということが重要なのです。

ここで詳細を書くととんでもなく長くなってしまうので、詳しくはこちらの記事食べ物によるバストアップは基本中の基本!効果的な食材をチェック!をお読みください。

マシュマロはコラーゲン豊富!適量摂取でバストアップ可能!?

マシュマロに含まれるコラーゲンが、バストの乳腺を支えるクーパー靭帯を強化することで、バストをしっかりと支えてくれ、結果的にバストアップに繋がります。

しかし、いくらコラーゲンが多く含まれていると言っても、マシュマロを食べ過ぎてしまえば糖分の摂りすぎになってしまいます。1日10個程度を目安とするようにしましょう。

また、マシュマロだけ食べていてもバストアップは出来ません。バランスの良い食事を摂り、バストアップに必要な栄養素を十分に得るようにすることが重要なのです。

マシュマロに含まれる豊富なコラーゲンは、バストを支えるクーパー靭帯を強化する働きがあるようね。それが、バストのハリを生み、バストアップに繋がるの。でも、マシュマロばかり食べていれば良いというわけでもないわ。

女性ホルモンの分泌を促すたんぱく質もしっかりと摂らなければいけないし、栄養が偏ればバストに回す栄養が損なわれてしまう恐れもあるの。

バランスの良い食事は、バストアップだけでなく美容効果にも繋がるわ。まずは1日10個のマシュマロを食べることを習慣づけて、1日3食しっかり食べることは欠かさないようにしておきたいわね。

この記事をシェアする!