コアリズムでバストアップする方法

ノーイメージ

コアリズムとは、名前の通りコア(体幹)を鍛えることができる、ダンスエクササイズプログラムのことです。

ある女性芸人が45日間コアリズムを行って、ウエスト約-20cmの結果を出したことでとても注目を集めました。さらに体重まで落ちると言いますから、これは気になるダイエット法ですね。

実はこのコアリズムは、正しい方法で行うことでバストアップ効果も得られます。ダイエットもしながらバストアップもできるとなると、ぜひやってみたいと思われた方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回の記事では、コアリズムで効果的にバストアップする方法についてご紹介します!

腰回りが引き締まる!コアリズムはダンスがベースのエクササイズです

コアリズムは、DVDを見ながら自宅で行うエクササイズで、ラテンダンスが元になっています。

内容が基本編と上級編に分かれていて、基本プログラムが5日、上級プログラムが2日の計7日で完成するプログラムです。もともと7日間のプログラムなので、短期間でも効果は期待できるのですが、覚えた後に続けることでより高い効果が期待できます。

では、コアリズムとはどのような運動なのかを、最初に確認したいと思います。

コアリズムの特徴

コアリズムはダンスがベースなので、基本的には踊りながらダイエット効果を得ることを目指すのですが、中でも特徴的なのが以下のような腰を動かす動きがメインだということです。

名称 動かし方
コア・ラテラル 左右に腰を動かす
コア・フレクション 前後に腰を動かす
コア・ローテーション 腰を回転させる

画像で見ると、基本動作は以下のような動きになっています。
★図作成中★
なぜこれら3つの動作で構成されているのかと言うと、動きによって同じ腹筋でも鍛えられる部分が違うからです。

コア・ラテラルでは、腹斜筋と呼ばれる脇腹の筋肉が鍛えられ、ウエストのくびれがはっきりします。コア・フレクションでは、腹直筋と呼ばれる縦方向の筋肉が鍛えられるので、下腹を引き締めるのに役立ちます。コア・ローテーションは腰を回転させることによってあらゆる角度からのお腹の引き締め効果が得られます。

ダンスをベースにしたダイエットの中には、ダンス自体が難しくてなかなか覚えられない場合もあるのですが、コアリズムは初心者でも踊りやすいため、続けることが苦痛ではなく、楽しく取り組めることも人気の理由です。

コアリズムの効果

コアリズムを続けることで、以下のような効果が期待できます。

  • ダイエット効果
  • お腹周りを引き締める効果
  • 全身の筋肉を鍛える効果

コアリズムは、初級プログラム40分程度、上級プログラム20分程度の構成になっています。ベースはダンスですので、有酸素運動に分類されます。そのため、全身の脂肪が燃え、ダイエット効果があると言えます。

さらに、腰を動かす動きが中心なので、お腹周りの筋肉が特に鍛えられ、ウエストのサイズダウン効果も狙えます。さらに、骨盤をしっかり動かすので、骨盤周辺の筋肉も鍛えられ、姿勢が正されます。

コアリズムは腰の動きが中心ではありますが、ダンスなので手や足ももちろん使います。それによって、全身の筋肉もほどよく鍛えられます。

コアリズムの消費カロリーの目安

コアリズムにはダイエット効果があるとなると、気になるのは消費カロリーですよね。

実は、コアリズムはやる人の体重、ゆっくりするか速くするかなどの動き方、筋肉にきちんと意識が向いているかどうかなどの条件で消費カロリーがかなり違ってくるので、目安しかご紹介することができません。

目安となるのは、40分で200kcal~250kcal程度です。

コアリズムって、ダンスをしながらダイエット効果が得られる運動って考えいいんだね。ダンスだから、楽しく続けられそう!

腰を動かす動作が中心だから、特にウエストのサイズダウンに効果があるんだね。しかも、ダンスだから全身を使うことで筋力アップもできるんだ。これはいいね!

ウエストの引き締め効果と大胸筋を鍛える効果でバストアップ!

それでは、コアリズムでバストアップができると言える理由を詳しく確認したいと思います。

ウエストの引き締め効果で胸が大きく見える!

コアリズムの特徴は、ウエストの引き締め効果が高いことです。

ウエストがキュッと締まって細く見えると、出ている部分である胸は視覚的により大きく見えるため、バストアップに役立つと言えます。

大胸筋を鍛える効果で胸が上向いて見える!

コアリズムは全身の筋肉を鍛えるのに役立ちますが、腕を上げる動きがあることなどから、腕の筋肉に連動している筋肉である大胸筋も合わせて鍛えられます。

大胸筋はバストアップしたい時に鍛えるべき筋肉として有名ですが、それは大胸筋が胸を支える位置にある筋肉であるため、鍛えることで胸が垂れたり離れたりするのを防いでくれるからです。

胸が下向きになったり離れたりすると、どうしても小さく見えてしまいますよね。そこで、大胸筋を鍛えて胸をしっかり支えることで、胸の形を整えて上向かせることで大きく、美乳に見せてくれるわけです。

大胸筋は筋トレなどでも鍛えることができますが、コアリズムをする中で楽しみながら鍛えられ、同時にダイエット効果も得られるのなら、こちらの方が続けやすそうだと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

大胸筋を鍛えるには筋トレなど様々な方法があるのですが、楽しく大胸筋が鍛えられる運動に、自転車もあります。こちらの記事で自転車のバストアップ効果の詳細についてご紹介していますので、こちらも合わせて読んでみてください。

運動することによって血流改善効果も!

血流の悪化は、バストアップには大敵です。なぜかというと、胸が育つために必要な栄養や女性ホルモンなどが胸まで届かなくなっている状態だからです。血流が悪くなる原因としては、ストレスやエアコン、運度不足などが考えられますが、いずれにしても血流を改善することで胸が育ちやすい状態にすることができます。

コアリズムは有酸素運動なので、続けているうちに体が温まってきます。つまり、血流が良くなっている状態ですね。

運動することによって血流改善効果が得られることも、コアリズムでバストアップできると言える理由の一つです。

コアリズムをすると、ウエストが細くなることで視覚的に胸が大きく見えたり、大胸筋が鍛えられることで胸を上向きに見せたりと、見た目が大きく綺麗になる効果が得られることでバストアップができると言えるんですね。

それから、運動すること自体に血流改善効果があるので、実際にバストアップできる可能性もあることも魅力的だと思いました。

胸の脂肪が燃えるのを防ぐ工夫をすることでより効果が高まります!

コアリズムはダイエット効果のある運動なので、身体にメリハリがでて胸が大きく見えることによるバストアップが期待できるのですが、脂肪燃焼効果が高いことで、胸の脂肪まで燃やしてしまう可能性があることは否定できません。胸の9割は脂肪なので、胸についている脂肪が燃えてしまうと胸自体が小さくなるのです。

そこで、コアリズムでバストアップを目指すのであれば、胸の脂肪が燃えないようにしながら運動をする必要があります。

では、どのような方法で胸の脂肪が燃えるのを防ぐことができるのか、具体的な方法を確認していきましょう。

呼吸をしっかり意識しながらコアリズムを行う

コアリズムの効果を高めるためには、以下のように意識しながら呼吸法をすることが大切です。腰の動きのみに気を取られて呼吸がおろそかになると、せっかくのコアリズムの効果が十分に得られないので注意したいところです。

  • 腹筋に力を入れる時→息をふーっと吐き出す
  • 息を吸う時→お腹を緩める

腹筋に力を入れている時は、筋肉が硬くなっていることを意識しましょう。つまり、コアリズムをしながら、腹式呼吸を行なえばいいということですね。

意識して呼吸をすることは、バストアップにも役立ちます。腹式呼吸をすると肺の下に位置する横隔膜が上下します。

実は、横隔膜には自律神経がたくさん集まっているので、意識してゆっくり息を吐くほど、自律神経が刺激されやすくなってリラックスできます。

リラックスすると血流が良くなる、ホルモンバランスが整うなどの理由で、胸が育ちやすくなります。

胸を揺らさないためにスポーツブラを着用する

胸が揺れると、脂肪が燃焼しやすい状態になってしまいます。ですが、コアリズムはダンスなので体を大きく動かすため、胸が揺れやすくなっています。そこで、スポーツブラを着用することで、胸が揺れて脂肪が燃焼するのを防ぎつつ運動をするようにしましょう。

育乳ブラやナイトブラで胸を育てながらコアリズムをする

育乳ブラとは、その名の通り胸を育てることを目的としたブラです。

例えば、3つのステップを通して脇や背中に流れた脂肪を胸に集めて固定して育てる、ブラデリスニューヨークの『育乳ブラ』や、着用するだけで神田多喜子先生が考案したおっぱい体操をしているのと同じような効果が期待できる『おっぱい体操ブラ』などの商品があります。

また、ナイトブラといって夜着用するために作られた専用のブラジャーもあるのですが、こちらは昼間とは異なる、寝ている時の胸の動きに合わせて脂肪が胸から流れないようにする効果を持つ商品です。

昼の商品と違うのは、締め付けない構造で眠りを妨げないことと、寝ている姿勢で着用するので様々な方向に脂肪が流れることを想定してそれを防げる作りになっていることです。

これらのブラを着用することで、胸が小さくならないようにしながらコアリズムによってダイエット効果を得ることが可能です。

コアリズムをしている時だけではなく普段から体を温める

コアリズムをすることで体が温まると血流改善効果が得られますが、普段から体を温める工夫をしていると、その効果を持続させることができます。体を温める方法としては、以下のような方法が考えられます。

  • 生姜・ネギを積極的に食べる
  • 冷たい食べ物・飲み物を避ける
  • お風呂はシャワーで済ませず湯船に浸かる

血流改善効果と言えば、マッサージも役立ちます。バストアップマッサージもいいですし、リンパマッサージをすることで老廃物を排出し、血液循環を良くすることもできるので、生活の中に取り入れたいものです。

胸の大部分は脂肪でできているから、コアリズムで脂肪を落とすと胸の脂肪まで落ちてしまうことがあるということなんですね。となると、それを防がなければいけないというのがよくわかります。

そのための方法として、コアリズムをする時に呼吸に気をつけたり、それ以外の時にバストアップに効果的なことを試したりして、胸が小さくならないようにしながら痩せた方がいいんですね。

その通りですわ!胸の脂肪はつきにくいのに落ちやすいという、バストアップしたい女性からすると嬉しくない性質があるんですの。だから、コアリズムで脂肪を落としてスリムになると、胸まで痩せたということが起こりがちなんですわ

そうならないように、胸を小さくしないための対策を取りながらコアリズムを行うと、とても効率よくダイエットができて、なおかつバストアップも叶うというわけですわ!

胸の脂肪を落とさない工夫をしつつコアリズムでメリハリボディ作りを

以上のことから、次の理由でコアリズムにはバストアップ効果があると言えます。

  • ウエストが引き締められるので胸が視覚的に大きく見える
  • 大胸筋が鍛えられて胸が引き上げられる
  • 運動をすることで血流が改善されバストアップしやすくなる

難易度がそれほど高くないダンスをベースとしたエクササイズ、コアリズム。楽しく踊っているうちに体がシェイプアップされて、引き締まった体との対比で胸が大きく見えます。

また、大胸筋が鍛えられることで胸の垂れを防いで美乳に見せてくれたり、運動をすることによる血流改善効果で胸まで女性ホルモンや栄養が届きやすくなったりもします。

ただし、やり方を間違えると胸の脂肪まで落してしまうことになります。そのため、胸が揺れないようにする、バストアップ効果を持つ成分を摂り入れるなど、胸が小さくならないような工夫をしつつコアリズムを行うことが、バストアップ効果を狙ってコアリズムをする際のポイントです。

コアリズムを楽しく続けて、ぜひ自分の理想のボディを手に入れましょう!

ちょっと違った方法でバストアップしたいと言われる方には、壁を登ることでバストアップできるという、こちらの運動はいかがでしょうか。ぜひ、ご覧になってみてください。
ボルダリグによるバストアップ効果について詳しく解説

コアリズムは、ダンスをベースとしたエクササイズですわ。腰を前後・左右に動かしたり、腰を回したりといった動きが基本動作ですから、特にお腹周りを鍛え、また細くすることにも役立つんですのよ。

ダンスだから、手を上げたり下ろしたりといった動きもありますの。だから、バストアップのためには鍛えた方がいい胸を支える役割を持っている大胸筋を鍛えることができますし、また有酸素運動であることから、血流を改善して胸を育てるのに必要な物が胸まで届きやすくもしてくれるんですのよ。

ただし、ダイエット効果が高いだけに、胸の脂肪まで燃えてしまわないように対策をしながら行うことが大切なんですの。それさえ守れば、コアリズムでバストアップが可能ですわよ!