フラダンスで胸を大きくする方法

ノーイメージ

フラダンスと言えば、優雅な腰や手の動きが美しいダンスです。衣装の華やかさもいいですし、曲もまた落ち着く雰囲気で聴いていて気持ちのいいものです。

フラダンスの『フラ』は、ハワイの言葉で踊りを表す言葉ですので、本来であれば『フラ』を踊る、となるのですが、日本では『フラダンス』として広まっています。

フラダンスをすると、脂肪が燃焼されるなど女性には嬉しい効果が期待できるのですが、さらに女性なら誰もが憧れる豊かなバストを作る効果も得ることが可能なんですよ。

では、なぜフラダンスで胸を大きくすることができると言えるのか、フラダンスで効果的にバストアップするにはどうすればいいのか、詳しく見ていきましょう。

フラダンスには脂肪燃焼効果や骨盤矯正効果などが期待できます

フラダンスはもともとはハワイの伝統的な踊りで、『フラ』という言葉自体に踊りという意味があります。とても人気の高いダンスなので、教室やスポーツジムなどで習うことも可能ですし、また地域のカルチャースクールやサークルなどでやっているところもあります。

では、フラダンスをすることでなぜバストアップできると言えるのかを検証するために、フラダンスの特徴を最初に確認しておきましょう。

ダンスによるバストアップと言えば、コアリズムによるバストアップ法もあります。こちらの記事でコアリズムによるバストアップ効果の詳細についてご紹介していますので、こちらも合わせて読んでみてください。

フラダンスは大きく分けて2種類ある!

フラダンス

フラダンスには、大きく分けて2種類あります。

  • フラ・カヒコ
  • フラ・アウアナ

フラ・カヒコは古典的なフラダンスで、神や自然、そして王に捧げる踊りであるという宗教的な意味合いも持っています。そのため、楽器の音に合わせて、儀式の形式にのっとって踊られます。そのため、衣装もシンプルで身につけるレイやアクセサリーにも制約があります。

フラ・アウアナは自由な形式で踊る現代的なフラダンスのことで、日本で楽しまれているフラダンスといえばこちらだとイメージしてもらって構いません。

ウクレレ・ギターなど旋律がある楽器を使用したり、美しい衣装を着用して踊ったりすることが特徴です。レイにも、カラフルな花が用いられます。

基本姿勢が重視されます

フラダンスでは、基本姿勢がとても重視されます。あの優雅で美しいダンスは、基本姿勢を大切にしているからこそできるんですね。

フラダンスの基本姿勢の作り方は、次の通りです。

1、足を拳1つ分程度開いて軽く膝を曲げる。
2、お腹とお尻がかかとの直線上に来るようにする。
3、頭の上から糸で引っ張られるようなイメージで上半身がまっすぐになるようにする。
4、両手は体の横に軽く置く。

これをイラストにすると、次のようなイメージになります。
★図作成中★
この通りの姿勢を取るには、以下の点を守らなければいけません。

  • 下腹が出ないようにへこませる
  • お尻に力を入れてキュッと上向ける
  • 上半身がまっすぐなるよう背筋を伸ばし肩と胸を開く

肩がいかり肩になっていたり撫で肩になっていたりしたら背中がまっすぐになりませんので、肩の位置にも注意したいところです。

有酸素運動なので脂肪燃焼効果が高い!

基本姿勢を見ていただくとわかるように、フラダンスは膝を曲げ、上半身をまっすぐ伸ばした状態でステップを踏みます。そのため、足周りや腰周りの筋肉がたくさん使われます。

さらに、実際に踊る時にはこれにハンドモーションと呼ばれる手の動きがつくのですが、腕を高く上げたりその手を保ったままにしたりする動きが多いため、二の腕もよく使われます。そのため、下半身や二の腕のシェイプアップに役立ちます。

激しい運動で一気に鍛えるのではなく、ゆっくりじっくり筋肉を使っていくため、これらの筋肉が強化されて基礎代謝が上がりますし、また体を引き締める効果も期待できます。さらに、フラダンスは有酸素運動でもありますので、脂肪燃焼効果もあります。

普段使わない筋肉が鍛えられます

フラダンスでは横方向に動くため、普段の生活ではあまり使うことのない以下のような筋肉が鍛えられます。

  • 腹斜筋
  • 大殿筋
  • 大胸筋
  • 背筋

腹斜筋とは、脇腹辺りにある筋肉です。この筋肉を鍛えると、ウエストにくびれができます。ちなみに、運動としての腹筋をして鍛えられる部分は腹直筋と言います。

さらに、中腰の姿勢で踊るため、体幹の筋肉が鍛えられることも特徴です。

骨盤矯正の効果も!

フラダンスには、腰を動かす動きが多くあります。実は、それによって骨盤も動かされるため、骨盤を矯正する効果が期待できます。妊娠や出産をはじめ、日常生活の中でよく足を組む、鞄をいつも同じ手で持ったり同じ方の肩にかけたりするなどの癖や習慣など、様々な理由で骨盤はとても歪みやすくなっています。

骨盤が歪むと、体幹部分の筋力が弱まり、新陳代謝が悪くなります。また、筋力が弱まると姿勢も悪くなりますし、血流の悪化も招くため肩コリや腰痛の原因にもなります。

さらに、骨盤は月経周期や1日の時間の流れに合わせて開閉する性質を持っているので、骨盤が歪んで開閉が上手くいかないと月経不順や月経痛も引き起こします。女性ホルモンと月経周期には深いかかわりがあるので、月経不順になることで女性ホルモンのバランスが乱れたり分泌量が減ったりします。

そこで、骨盤が矯正されることによって、以下のような効果が得られます。

  • 新陳代謝が良くなる
  • 姿勢が良くなる
  • 血流が良くなる
  • 月経不順や月経痛が改善される
  • 女性ホルモンのバランスが整い分泌量が増える

骨盤の歪みが矯正されるだけでこれだけ違うとなると、フラダンスをやってみようかなという気持ちになりますね。

リラックス効果も抜群!

ハワイアンミュージックに合わせてゆったり踊るので、フラダンスはリラックス効果抜群です。

ハンドモーションと呼ばれる手の動きには意味があり、花や海・太陽などのハワイの自然を表していますので、意味を理解したうえでフラダンスをすると、ダンスの中でハワイの自然がイメージできるようになり、心が落ち着くというメリットもあります。

さらに、衣装も素敵なので、楽しみながら踊れることもリラックス効果が期待できると言える理由です。

楽しくできるので続けやすい!

素敵な衣装を着て踊る、動作がゆっくりで覚えやすく怪我をしにくいといった理由で、フラダンスは楽しみながら誰にでもできるダンスだと言えます。

体力的に不安がある人でも問題なく踊れますし、何よりダンスをするということ自体がとても楽しいことなので、続けやすい点でもお勧めです。

フラダンスって楽しそうに見えるけど、楽しいうえにいろんなところが鍛えられる運動でもあるんだね。

基本姿勢をちゃんと守って踊っているうちに、普段は鍛えられないような筋肉が鍛えられたり、骨盤が矯正されたりするなんて、すごいよね!

フラダンスの姿勢改善・骨盤矯正効果でバストアップができる!

それでは、フラダンスの特徴を元に、なぜフラダンスでバストアップできると言えるのかを見ていきましょう。

基本姿勢を守ることによるバストアップ効果

先ほど、フラダンスの基本姿勢を確認しましたが、この姿勢を守って練習を重ねることで練習中だけではなく普段の生活の中でも姿勢が良くなります。

猫背になるとそれに合わせて胸も下向きになり、バストトップが下がって見えます。すると、同じ大きさの胸でも、猫背の人の方が小さく見えてしまうのです。

そこで、膝を曲げるなどのダンスのためにする部分は除いて、普段の生活の中でもフラダンスの基本姿勢を意識して背筋を伸ばすようにすると、実際のサイズは変わらなくてもバストトップが上がってバストアップして見えるわけです。

脂肪が燃焼しウエストが絞られることによるバストアップ効果

フラダンスには脂肪燃焼効果がありますので、続けるうちに体がシェイプアップされます。また、腹斜筋が鍛えられることで、特にウエストを引き締める効果も高いと言えます。

体全体がシェイプアップすると、体の中で前に出て見える胸はより大きく見えますし、またウエストは胸の下にあるためウエストが引き締められることでもさらに胸は大きく見えます。

この場合も、胸自体がサイズアップするのではなく、見た目として胸が大きく見える効果が狙えるということです。

大胸筋が鍛えられることによるバストアップ効果

フラダンスでは、胸の部分の筋肉である大胸筋も鍛えられます。バストアップに興味をお持ちの方であれば聞かれたことがあるかもしれませんが、大胸筋は胸を支える土台部分になるので、鍛えることで胸を持ち上げ下垂を防ぎ、その結果胸が小さく見えるのを防いでくれる効果があります。

そのため、大胸筋を鍛えるという意味でも、フラダンスはバストアップに役立つと言えます。

骨盤矯正によるバストアップ効果

骨盤矯正によるバストアップの場合、実際に胸の大きさをアップさせられる可能性があります。

先ほども確認したように、骨盤が矯正されると血流が良くなったり女性ホルモンのバランスが整ったりします。

女性ホルモンは、女性の体を女性らしい丸みのある体型に導く役割を持っていますので、女性ホルモンのバランスが整ってきちんと分泌されると、胸やお尻が豊かになります。

だから、骨盤が矯正されてホルモンバランスが整うことがバストアップにつながると言えるのです。

女性ホルモンは血流に乗って体内を移動しますので、せっかく必要な量が分泌されても血流が悪ければ上手く体内をめぐることができません。そこで、骨盤を矯正することによって血流が改善されることも、女性ホルモンがきちんと胸まで届いて働くために必要だと言えます。

女性ホルモンには、バストアップ効果以外にも、肌や髪を艶やかに美しくしたり血管を強くしたりといった嬉しい効果もあるので、ぜひ体内できちんと働く状態を作りたいものですね。

リラックス効果によるバストアップ効果

フラダンスは自然をイメージしながらゆったりと行うことで、とてもリラックス効果が高いのですが、リラックス効果が得られることで胸が大きくなる可能性があります。

ストレスがかかった状態は、体内に様々な悪影響を及ぼします。バストアップに関係する内容で言えば、血流の悪化とホルモンバランスの乱れを招きます。女性ホルモンの分泌量を調節している脳の部分はストレスに影響されやすいため、ストレスはホルモンバランスに大きく影響を与えます。

そこで、フラダンスをすることでリラックス効果が得られると、血流が良くなり、またホルモンバランスも整うことで胸を大きくすることができるのです。

ストレスを解消することでバストアップをしたい時にお勧めのスポーツとして、ボルダリングがあります。こちらの記事もぜひご覧になってください。
ボルダリグによるバストアップ効果を詳しく解説

楽しいから長続きすることでより効果が期待できます!

バストアップは一朝一夕でできることではないので、どんなにいいバストアップ法でも続かなければ意味がありません。

その点、楽しくできて難しくもないフラダンスは、長く続けられるので、続けることで効果が得られるバストアップ法としてお勧めできる方法だと言えるんですね。

フラダンスの基本姿勢を身につけることで、普段から姿勢が良くなるだけでも胸を大きく見せることができるというのは、すぐにできそうなバストアップ法で試してみようと思えますね。

他にも、骨盤が矯正されることでホルモンバランスが整ったり、リラックス効果があることで血流が良くなったりと、フラダンスにはバストアップできる理由がたくさんあることがよくわかりました。

そうなんですの。基本姿勢を保って、腰を動かしたり腕を動かしたりすることで、バストアップにつながる様々な効果が得られるということですわね。

でも、どんなにいいバストアップ法も、続かなければ意味がありませんの。その点、フラダンスは楽しく続けられるから、バストアップ効果が維持しやすい点でもお勧めの運動だと言えますのよ。

自宅でできる!フラダンスを生かしたバストアップ法

教室まで通ってフラダンスをするとなるとハードルが高いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、フラダンスを生かしてのバストアップは自宅でもできます。

では、どのような方法があるのか、見ていきましょう。

基本姿勢を意識して生活する

教室やジムなどに通っている人の場合、そこで教えてもらう基本姿勢を日常生活でも意識して、姿勢を正すことでバストアップ効果が期待できます。

そうでない人の場合、最初にご紹介した基本姿勢の紹介を見ながら、ご自分でやってみてください。

また、動画などを参考してフラダンスの基本姿勢を身につける方法もあります。基本姿勢について説明している動画をご紹介しますので、ぜひご覧になってみてください。

自宅でステップを踏んでみる

基本姿勢が身に着いたら、次に自宅でステップを踏んでみましょう。フラダンスのステップにはいくつか種類がありますので、ご紹介します。

◎カオ

基本姿勢を取った後、体重を移動させて左右に腰を振るステップです。まずは左足に体重を移し、右足のかかとが3分の2程度上がるようにします。次に右足のかかとを下ろしつつ右足に重心を移し、左足のかかとが3分の2程度上がるようにします。

腰は、かかとを下ろした後∞(無限大)の文字を描くようなイメージでゆっくり揺らします。

動画で見ると、このような感じです。

◎カホロ

カオができるようになったら、カホロを試してみましょう。カホロは、カオを右・左それぞれ2回ずつ、足の裏を地面につけながら移動するステップです。

動画で見ると、このような感じです。

◎ヘラ

ヘラは、交互に左右の足を前に出し、戻すステップです。基本姿勢を取った後、左足に体重を移し、斜め45度になるように右足を出します。次に右足を戻して体重を右足に移し、斜め45度になるように左足を出し、戻します。

動画で見ると、このような感じです。

ステップに慣れたらハンドモーションを付けバストアップ効果を高める

ステップが踏めるようになったら、ハンドモーションを付けて大胸筋を鍛え、さらにバストアップ効果を高めましょう。

バストアップ効果が期待できるバンドモーションをご紹介しますので、ぜひ挑戦してみてください。

1、両肘が胸の高さになるように上げ、両肘が真横に一本の線になるように胸を開く。
2、手の先が胸の前に来るようにし、指はまっすぐ伸ばし手のひらを下に向ける。
3、左右の手先の間は、指先が着くかつかないか程度あける。
4、その姿勢のまま、ステップをつける。慣れてきたら、進行方向の腕を真横に伸ばす。

肘をあげている時に指先まで注意を向けると、肩甲骨や鎖骨のあたりの筋肉が使われているのが実感できると思います。胸を開けば姿勢がよくなりますし、バストの位置が上がって見えます。

自宅でフラダンスをする時はスポーツブラを着用しよう

自宅でフラダンスをする際には、忘れてはいけないことがあります。それは、胸が揺れないようにスポーツブラを着用することです。フラダンスのように脂肪燃焼効果の高い運動をする場合、胸の脂肪が一緒に落ちてしまうことも十分に考えられます。

胸の9割は脂肪なので、脂肪が落ちるとバストアップを目指して運動をするはずが逆効果になってしまいます。揺れると胸の脂肪が落ちやすくなりますので、胸が揺れないように固定しつつ運動をする必要があるのです。

そこで役立つのが、スポーツ中の胸の動きを研究し、胸が揺れないように工夫されたスポーツをする時に着用する専用の商品、スポーツブラです。自宅でするとなるとあまり格好を意識しないかもしれませんが、バストアップを目指してフラダンスをするのなら、スポーツブラを着用してから行いましょう。

衣装を着て踊る時には、肩が出たデザインのものもあるので、スポーツブラが着用できないこともあります。その場合は、フラダンス専用のインナー、フラインナーが便利です。

バストアップ効果がある方法と併用しながら踊る

フラダンスによるバストアップは、リラックス効果があって血流が改善される以外は、姿勢が良くなる・ウエストが引き締まる・大胸筋が鍛えられるといった理由で胸が大きく見えるという見た目の問題になります。

そこで、実際にバストアップができるように、以下のような方法を取り入れつつフラダンスも楽しむと、よりバストアップ効果を高めることが可能です。

  • 食べ物に気を付ける
  • バストアップマッサージをする

バストアップに効果がある食べ物としてお勧めなのは、女性ホルモンととても構造が似ていることでよく知られている、大豆イソフラボンを多く含む大豆製品です。

また、女性ホルモンの分泌を補助してくれるボロンという成分も、バストアップに効果があるとして知られています。ボロンはキャベツやりんごなどに多く含まれています。

腰を痛めないように正しい踊りかたを身につけよう!

フラダンスはとても楽しいものですが、腰を動かすダンスなので、正しい方法で行わないと腰に負担がかかって腰を痛める原因になってしまいます。

そのため、自己流でやるのではなく、教室で習ったり自宅でやる場合はやり方をきちんと確認したりしたうえで取り組むようにしましょう。

そっか、フラダンスって、どうしても教室やジムで習わなければいけないってものではなくて、自分でやり方を確かめながら自宅でやることもできるんだね。

ただ、正しい踊りかたをしないと腰を痛める可能性もあるって言うから、そこだけは気をつけないと。心配だったら、習う方がいいかもしれないなあ。

楽しく続けられるフラダンスでバストアップ効果を得よう!

以上のことから、フラダンスは次の理由でバストアップに役立つと言えます。

  • 姿勢が正される
  • 脂肪が燃焼される
  • 筋肉が鍛えられる
  • 骨盤が矯正される
  • リラックス効果がある

フラダンスでバストアップできる理由はこんなにたくさんあるのに、楽しくリラックスできるので長く続けられる点も、お勧めの理由です。

バストアップはすぐにできるものではないからこそ、続けられる方法で自分のペースで続けることが大切なんですね。貴女も、ぜひフラダンスでメリハリボディを手に入れてはいかがでしょうか?

なぜフラダンスが人気なのかおわかりいただけたかしら。バストアップはもちろんウエストやヒップも引き締められてメリハリボディになれるわよ。

いろいろなバストアップ方法があるけれど、全身を引き締めてくれる上に、インナーマッスルまで鍛えてくれる運動法って他にないと思うわ。おまけに楽しんでできるのでストレス解消にもなるわね。