授乳ブラの必要性

2017/04/14

妊娠したことをきっかけに、胸の大きさが変化することは皆さんご存知だと思います。ですが、変わるのはそれだけではなく、胸が大きくなるのと共に胸の形もまた変化していきます。

そのため、普段使っているブラジャーと同じものを使っていると、様々な問題が起こってきます。そのために、妊娠中や産後の時期専用の授乳ブラジャーが用意されているのです。

では、なぜ授乳ブラが必要だと言えるのか、具体的に説明していきます!

名前は授乳ブラでも妊娠中・産後どちらにも使える商品です

授乳ブラジャーの必要性を確認する前に、そもそも授乳ブラジャーとはどのような商品なのかを確認しましょう。

妊娠中も産後も使えるのが基本です

授乳ブラジャーはマタニティブラジャーと呼ばれることもありますが、妊娠中や産後につけることを目的として作られている専用のブラジャーです。

授乳ブラという名称を聞くとなんとなく産後のみ使用するイメージがあるかもしれませんが、多くの商品が産前の使用にも対応していますので、長く使うことができます。

そのため、購入する時には授乳の際に使うことも想定して商品を選ぶ必要があるんですね。

授乳ブラの正しい選び方について詳しく解説している記事もございますので、こちらもぜひ読んでみてください。

ただし商品によっては産後のみに対応しているものも

多くの授乳ブラが妊娠中から産後まで使えるとご紹介しましたが、商品によっては産後のみに対応しているものもあります。

そのため、妊娠中から産後まで長く使いたい場合は、両方に対応できる商品を探すようにしたいものです。

妊娠中や産後に使う専用のブラジャーが授乳ブラなのか。マタニティブラジャーって言われることもあるんだね。

授乳ブラって言うけど、多くの商品が産前から産後まで使えるものなんだ。長く使えるとわかると、買ってもいいかなって思えるよね。

産前産後は胸の大きさも形も変わる!それに対応できるのが授乳ブラ!

授乳ブラとはどのような商品なのかを確認したところで、次は授乳ブラが必要だと言える理由を確認していきましょう。

妊娠中には胸の大きさも形も変わる!

妊娠中には胸のサイズが大きくなる事は、みなさんご存知の通りです。さらに、サイズだけではなく、妊娠中には胸の形も変わっていきます。

どのように変わっていくのか、詳細についてはこちらの記事妊娠中や産後の胸の変化について詳しく解説をお読みください。

胸の大きさや形が変わると、普段使っているブラジャーでは小さくなったり形が合わなくなったりしてしまうわけですね。そのため、専用の授乳ブラが適していると言えます。

通常のブラと授乳ブラでは役割が違う!

普段使っているブラジャーと授乳ブラでは、持っている役割も違います。

普通のブラジャーは、以下のような特徴を持っています。

  • カップが浅め
  • 締め付けが強い
  • 胸を美しく見せることが目的

それに対して、授乳ブラは以下のような特徴を持っています。

  • 締め付け感はあまりない
  • バストの重みを支える
  • 妊娠期や産後の胸の大きさの変化にも形の変化にも対応できる

授乳ブラは、出産前から産後までの胸の変化にきちんと対応してくれる商品なんですね。

授乳ブラは、ただ普通のブラよりもサイズが大きいというだけではないのよ。

妊娠中には、胸が大きくなるのはもちろんだけど、胸の形まで変わっていくものなの。だから、授乳ブラはそれに合わせられるように考えて作られているのよ。

だからこそ、妊娠中には専用のブラを付ける必要があると言うことね。

乳腺が押しつぶされるのを防いでくれる!授乳ブラをするメリット

授乳ブラは絞め付けない、妊娠中や産後の胸の大きさ・形の変化にも対応できるなどの特徴を持っていますが、それによってどのようなメリットがあるのでしょうか。見ていきましょう。

妊娠中のメリット

妊娠中に授乳ブラを付けることには、以下のようなメリットがあります。

  • 乳腺の発達が妨げられない
  • 乳頭の保護ができる
  • 大きくなっていくバストを支えてバストが垂れるのを防ぐ

胸を美しく見せるために締めつける作りになっている通常のブラジャーとは違い、授乳ブラは締め付けない作りになっているため乳腺の発達が妨げられるようなことがありません。その上、乳頭を保護するのにも役立ってくれます。

そのため、産後赤ちゃんに母乳を与えやすくなるというメリットがあります。

また、胸の大きさや形の変化に合うように作られているので、胸を支えるので、バストが下垂するのを防ぐ役割もします。そのため、美胸作りにも一役買ってくれる商品だと言えますね。

授乳ブラは、赤ちゃんにもママにも優しい商品なんですね。

産後のメリット

産後に授乳ブラを付けることには、以下のようなメリットがあります。

  • 授乳がしやすい
  • バストが垂れるのを防ぐ

授乳ブラというだけあって、授乳の際に便利なように作られていることも魅力です。また、産後に胸が垂れるというのはみなさんもよく耳にされることだと思いますが、授乳ブラで支えることによって胸が垂れにくくなることもメリットです。

妊娠に気付いたら早めに授乳ブラを用意しよう!

妊娠3ヶ月ごろには既にバストのカップが3分の2程度大きくなることもありますし、また妊娠初期からすでに胸では母乳を出す準備が始まっていますので、胸を抑えつけることで胸の変化や乳腺の発達が妨げられることがないようにしたいものです。

そのため、妊娠に気付いたらできるだけ早く授乳ブラに替えることをお勧めします。

どんな授乳ブラを選んでいいのかよくわからない場合は、先輩ママが選んだおすすめの授乳ブラをご紹介する記事もありますので、そちらも参考にしてみてください。

授乳ブラは、妊娠前につけることで乳腺が発達しやすくなったり、産後に着けることで授乳がしやすくなったりといろいろなメリットがある下着なんですね。

言われてみれば、妊娠したら母乳を出す準備が始まるのだから、早めに授乳ブラに替えた方がいいというのは納得です。

そうよね。胸が大きくなってきたら授乳ブラに替えればいいというイメージがなんとなくあるかもしれないけど、妊娠したら母乳を作る準備が始まるから、乳腺の発達などを妨げないためにも早めの準備が大切ね。

そのうえ、女性だったら気になる胸の垂れを防ぐ役割もしてくれるから、専用の授乳ブラの必要性がよくわかるわよね。

妊娠で変化する胸の大きさや形に合わせるために授乳ブラは必要です!

ここまでの内容から、授乳ブラは以下の理由で必要だと言えます。

  • 授乳ブラは妊娠中や産後の胸の大きさ・形の変化に合わせた作りになっている
  • 妊娠中は乳腺の発達を妨げず乳頭の保護にも役立つ
  • 産後は授乳に便利
  • 胸が垂れるのを防いでくれる

妊娠すると胸の変化が始まりますので、できるだけ早めに専用のブラを着用するようにしたいものですね!

授乳ブラは、妊娠中も産後も便利に使える、胸の大きさや形の変化にきちんと対応してくれる商品よ。

授乳ブラをつけることには、乳腺が成長しやすくなったり、女性なら誰でも気になる胸の垂れを防いでくれたりといったメリットがあるの。乳腺が成長しやすいと、ママだけではなく赤ちゃんのためにもなるから、赤ちゃんにもママにも優しい授乳ブラをぜひお勧めしたいところね。

だから、妊娠に気付いたら、早めに用意するようにしたいわね!

この記事をシェアする!

こんな記事も読まれています。