経口避妊薬でなぜバストアップできる?その理由と危険性を知ろう

ノーイメージ

一般的にはピルと呼ばれている経口避妊薬ですが、これを飲むとバストアップできるということが、胸を大きくしたい女性の間で話題になっています。

しかし、その話は知っていても、経口避妊薬はもともと避妊を目的とした薬なのに、なぜバストアップできるの?と不思議に思われる方もいらっしゃることでしょう。

実は、これには、経口避妊薬に含まれる成分が関係しています。その成分によって、確かにバストアップできる可能性があるのです。

しかし、その反面、バストアップを期待して経口避妊薬を飲み続けることには、危険性があるのもまた事実です。

そこで、経口避妊薬でバストアップできる理由と、その危険性について詳しく見ていきましょう!

経口避妊薬に含まれる女性ホルモンが胸を大きくする!

経口避妊薬は、名前の通り避妊を目的として飲む薬です。MSDによると、経口避妊薬による避妊のしくみは下記のようになっています。
経口避妊薬による避妊のしくみ

それなのに、経口避妊薬を飲むことでバストアップするというのは、不思議な感じですよね。

実は、経口避妊薬を飲むとバストアップできるのは、経口避妊薬に含まれる女性ホルモンによる副作用なのです。

ここで、副作用と書いたことで、バストアップするのはいいことなのにどうして?と、疑問を持たれた方もいらっしゃるかもしれませんね。

副作用と言われると、なんとなく悪いイメージが付きまといますし、実際に害がある場合によく使われる言葉でもあります。

しかし、副作用自体は悪い意味の言葉ではなく、ある目的で医療行為を行った際、期待した作用とは別の効果が現れることを言います。

経口避妊薬の場合、本来の目的が避妊なわけですから、避妊以外の効果は、全て副作用となります。その中の一つに、バストアップ効果があるわけですね。

では、女性ホルモンがどのように影響してバストアップにつながるのか、詳しく見ていきたいと思います。

女性ホルモンがバストアップにつながるのは乳腺を刺激するから!

経口避妊薬に含まれている女性ホルモンは、下記の2種類です。

  • エストロゲン(卵胞ホルモン)
  • プロゲステロン(黄体ホルモン)

女性ホルモンと言われた時点で、すぐにこの名前を思い浮かべた方もいらっしゃることでしょう。これらは、とてもよく知られているホルモンですよね。

この2種類のホルモンが働くことで、避妊が可能になります。なぜそれで避妊ができるのかは、後ほど確認してみましょう。

この2種類のホルモンは、バストアップととても関わりが深いホルモンです。エストロゲンは、乳腺を増殖させる作用を持ちます。また、プロゲステロンは、乳腺を発達させる作用を持ちます。

バストップするために、乳腺を発達させることはとても大切です。なぜかと言うと、バストの9割を占める脂肪は、バストの1割を占める乳腺の周りにつく性質を持っているからです。

乳腺が増えると、それだけ脂肪がつきやすい状態を作ることができます。そのため、バストアップできる可能性があるというわけですね。また、プロゲステロンの分泌量が増えると、胸が張るようになります。

胸が張ると、大きく見えますよね。それで、実際の大きさは変わっていなくても、バストアップしたように見えるという効果も期待できるのです。

経口避妊薬にバストアップにつながる女性ホルモンが含まれる理由

なぜ経口避妊薬に女性ホルモンが含まれているのかというと、それによって避妊を可能にすることができるからです。

経口避妊薬を飲むと、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが、下記の3つの役割をします。

  • 排卵が起こらない
  • 子宮内膜が厚くならない
  • 子宮頸管の粘膜の粘り気が増す

まず、排卵が起こるためには、黄体化ホルモンという名前のホルモンが分泌されることが必要です。

しかし、経口避妊薬を飲むと、プロゲステロンが作用することによって、排卵が起こるのに必要な量の黄体化ホルモンが分泌されなくなり、排卵が起こらなくなります。

プロゲステロンは、もともと排卵後に多く分泌される女性ホルモンです。そのため、プロゲステロンが分泌されている間は、排卵が起こりにくくなるということです。

また、妊娠するためには、子宮内膜が厚くなり、妊娠を維持できる状態を保つことが必要です。

それには、まずエストロゲンが働いて子宮内膜が厚くなり、次にプロゲステロンによってそれが柔らかくされ、妊娠に適した状態になることが必要です。

しかし、経口避妊薬を飲むと、最初からプロゲステロンが分泌されている状態になるため、子宮内膜が厚くなりません。

したがって、子宮が妊娠できる状態にならないことで、避妊ができるというわけです。

さらに、プロゲステロンには、子宮頸管の粘膜に粘り気を持たせる作用があります。

精子は、子宮頸管を経由して子宮に入りますが、粘り気があると通過することができません。それで、妊娠が妨げられるのです。

このように、妊娠しないようにするためには、経口避妊薬の成分としてエストロゲンとプロゲステロンが必要なのですが、それがちょうど、バストアップの際に必要とされるものと同じなんですね。

そのため、避妊を目的として飲む薬で、バストアップの効果も得られることになるのです。

経口避妊薬の注意書きにもバストアップに関するものがあります!

経口避妊薬でバストアップするということは、経口避妊薬の種類によっては、使用上の注意点として記載されています。

そうなると、かなり信憑性がありますよね。では、実際に、どのように記載されているのか、見てみましょう。

まずは、持田製薬株式会社が発売している、オーソ777-21錠という薬です。

この製品に添付されている文章に関する情報が載せられているのですが、それに、副作用に関しての部分があります。

それによると、乳房に関する副作用として、下記のものが挙げられています。

  • 乳房痛
  • 乳房緊満感

緊満とは、パンパンに張って痛いくらいの感じのことです。乳房痛も、乳房が張ったことによって起こる可能性があります。

また、科研製薬株式会社から発売されている、シンフェーズという経口避妊薬もあります。

この製品もやはり、乳房に関する副作用として、下記の2つを挙げています。

  • 乳房痛
  • 乳房緊満感

薬の説明にはっきりと書かれているということは、実際にそうなることが確認されているという証拠になりますね。

経口避妊薬を飲んで全員がバストアップできるわけではありません

経口避妊薬を飲んで、バストアップできる可能性があることは、ここまでの内容でお分かりいただけたと思います。

しかし、このバストアップ効果は、実は全員に同じように起こるものではありません。それは、人それぞれ体質が違うため、同じ効果が出るとは限らないからです。

参考として、先ほど例として挙げたオーソ777-21錠の添付文章を見ると、乳房痛や乳房緊満感は下記の頻度で起こることがわかります。

乳房痛 乳房緊満感
5%以上 5%未満

また、シンフェーズの場合、乳房痛や乳房緊満感は下記の頻度で起こるとされています。

乳房痛 乳房緊満感
5%未満 5%未満

これを見られて、どう感じられたでしょうか。期待していたほど、バストアップの効果を得られる人は少ないと思われたかもしれませんね。

ただし、痛みを感じたり、緊満感と言えるほど胸が張ったりしたのではなく、適度にバストアップした人は、この中に含まれていない可能性があります。

とはいえ、この数字からもわかるように、痛んだり緊満感を感じたりするほど胸が大きくなった人は、全体のうちの少数です。

ということは、乳房緊満感を感じるほど胸が張った人もいれば、そうでない人もいたということになります。

このことから、経口避妊薬によるバストアップの効果の出方には、個人差があることがわかりますね。

つまり、経口避妊薬を飲んだ人全員が、同じようにバストアップ効果を得られるわけではないということが、結論として言えるのです。

こんなにある!経口避妊薬を長期服用することによるリスク

ここまで確認してきたように、経口避妊薬を飲むことでバストアップできる可能性は、確かにあります。

しかし、経口避妊薬を長期服用することには、様々なリスクがあります。

先ほど見た、オーソ777-21錠の添付文章情報を元に、どのようなリスクがあるのかを確認していきましょう。

健康に悪影響な副作用は、悪心や頭痛などが主なものです

発生頻度が高い、健康に悪影響な副作用として、下記のようなものが挙げられています。これは、オーソ777-21錠が承認された時点で確認された副作用に関する情報です。

副作用の内容 発生した割合
悪心 21.3%
頭痛 14.3%
乳房痛 12.3%
嘔吐 10.1%
下腹部痛 6.9%
不正性器出血 5.6%

ここに記載されている副作用以外にも、健康に悪影響のものとしては、めまい・抑うつ・血圧上昇・口内炎・脱毛症などが報告されています。

健康に悪影響な副作用の中には、重大なものもあります

副作用の中には、これまでに確認したもの意外に重大なものがあります。その中の一つが、血栓症です。

オーソ777-21錠の添付文章から抜粋した文章で、確認してみましょう。

(1) 血栓症(0.06%):血栓症(四肢、肺、心、脳、網 膜等)があらわれることがあるので、観察を十分に 行い、下肢の急激な疼痛・腫脹、突然の息切れ、胸 痛、激しい頭痛、四肢の脱力・麻痺、構語障害、急 性視力障害等の症状があらわれた場合には直ちに投 与を中止し、適切な処置を行うこと。
引用元:持田製薬株式会社

この文章によると、血栓症は全体の0.06%の人に起こることがわかります。

また、アナフィラキシーが起こる可能性もあります。これも、オーソ777-21錠の添付文章から抜粋した文章で、見てみましょう。

(2)アナフィラキシー(頻度不明):アナフィラキシー (呼吸困難、蕁麻疹、血管浮腫、そう痒感等)があら われることがあるので、このような症状があらわれ た場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
引用元:持田製薬株式会社

アナフィラキシーの場合、発生頻度はわかっていませんが、経口避妊薬を飲むことで発生する可能性があるということは確認されています。。

以上のように、場合によっては命に関わるような副作用もあるのです。

外国での調査結果から、下記のような注意点も見つかっています

それから、外国で経口避妊薬が利用されてきた状況を元に調査したところ、下記のようなことがわかっています。

これも、オーソ777-21錠の添付文章に記載されていた内容です。

  • 経口避妊薬を2年以上服用していると、静脈血栓症のリスクが3.25~4倍高くなる
  • 経口避妊薬を2年以上服用していると、良性肝腫瘍が10万人に3.4人発生する
  • 経口避妊薬を服用することで、乳癌・子宮頸癌にかかる可能性が高くなる

それから、オーソ777-21錠の添付文章に書かれていること以外にも、経口避妊剤の利用による、健康の悪影響な副作用に関するデータがあります。

それは、経口避妊薬を実際に処方している産婦人科が、健康に悪影響を与える副作用の発生頻度に、経口避妊薬がどのように関わっているかを紹介しているデータです。

このデータを紹介している産婦人科では、以下のように指摘しています。

頻度は非常に低いですが、ピルを服用すると以下のような病気にかかる確率がわずかに高くなるという報告があります。 これらの病気は特に「ピルを服用してはいけない人」が服用した場合に多く見られます。
引用元:小阪産病院

最初にも触れましたが、経口避妊薬は、一般的にはピルと呼ばれています。

では、内容を見てみましょう。この数字は、健康に悪影響を与える副作用の発生リスクが、経口避妊薬を服用することでどれくらい高まるかを示しています。

副作用の内容 発生リスクがどれくらい高まるか
血栓症 3~4倍
脳血管障害 2~3倍
心血管障害 2~5倍
子宮頸癌 1.3~2.1倍
乳癌 1.24倍

これらを見られてどうですか?バストアップのために、これだけのリスクを負うのはどうか、と思われる方が多いのではないでしょうか。

飲み方にも気をつけて!バストアップサプリとの併用は危険!

経口避妊薬は、飲み方にも注意が必要です。経口避妊薬を飲んでいる人が飲んではいけないのが、プラエリア系のバストアップサプリです。

もし間違って併用してしまうと、危険な状態になることがあります。

では、経口避妊薬を飲んでいる人がプラエリア系のバストアップサプリを飲むと、どのように危険なのか、詳しく見ていきたいと思います。

バストアップサプリの成分はエストロゲンに似ています!

現在発売されているバストアップサプリの多くが、プラエリア系です。プラエリアは、プラエリア・ミリフィカというマメ科の植物由来の成分です。

プラエリアには、活性の強いタイプの植物性エストロゲンが多く含まれています。

エストロゲンという名前が付いていることから、想像がつくかもしれませんが、植物性エストロゲンは、女性ホルモンであるエストロゲンと、とてもよく似た構造や性質をしています。

プラエリア系のバストアップサプリは、植物性エストロゲンを体内に取り入れることによって、エストロゲンが体内に多くなったのと似たような状態を作り出すことで、バストアップを目指すものだと言えます。

経口避妊薬とバストアップサプリ、併用するとどうなるの?

経口避妊薬の成分は、これまで見てきたように、エストロゲンとプロゲステロンです。一方、プラエリア系のバストアップサプリの成分は、植物性エストロゲンです。

そう言われれば、もうおわかりなのではないでしょうか。両方を併用すると、エストロゲンのみをより多く摂取することになり、エストロゲン過多の状態になります。

経口避妊薬を飲むことでバストアップする理由として、エストロゲンが乳腺を増殖させる作用を持つことを最初に確認しました。

実は、この作用が危険を招くこともあるのです。エストロゲンを多く摂取すると、とても早く胸の細胞分裂が行われるようになります。

さらに、エストロゲン過多になると、ホルモンバランスの乱れによって体調が悪くなることも考えられます。

では、経口避妊薬とバストアップサプリを併用することで、エストロゲン過多の状態になった場合、どのような問題が起こるのかを具体的に確認しましょう。

エストロゲン過多の状態になると、乳癌に悪影響も

エストロゲン過多の状態になると、早く胸の細胞分裂が行われます。ということは、もし乳癌ができた場合、それに合わせてとても進行が早くなってしまいます。

さらに、乳癌のうちの3分の2は、エストロゲン性乳癌と言われるもので、癌細胞がエストロゲンの影響で発達してできたものです。

エストロゲン過多の状態になることが危険だと言われる理由が、よくわかりますよね。

さらに、エストロゲン過多になると、下記のような症状を引き起こすことも知られています。

  • 子宮筋腫ができやすい(すでにできている場合、悪化しやすい)
  • 生理痛がひどくなる
  • 偏頭痛や乳房痛など、痛みの原因になる

エストロゲンは、実は子宮筋腫を作り出す物質なのです。そのため、エストロゲン過多の状態だと、子宮筋腫ができやすくなります。

さらに、すでに子宮筋腫ができている人の場合、エストロゲンを吸収することによって、子宮筋腫が大きくなることが知られています。

エストロゲンは、子宮内膜を厚くする働きを持つホルモンですが、過多の状態だと、子宮内膜が厚くなりすぎてしまいます。

厚くなった子宮内膜は、妊娠が成立しないと剥がれ落ち、それが月経となるのですが、子宮内膜が分厚くなればなるほど、それを剥がすのは大変になります。

子宮内膜を剥がす役割をするのが、プロスタグランジンEとF2αという物質なのですが、これは実は痛みを感じやすくさせる物質でもあるのです。

そのため、プロスタグランジンEとF2αの量が多く必要になるほど、生理痛がひどくなるというわけです。

経口避妊薬を飲んでいる間も、薬を飲まない期間を作る、または女性ホルモンが入っていない錠剤を飲む期間を作る、のどちらかの方法で生理を起こさせます。

経口避妊薬を飲んでいても、生理が止まるわけではないため、影響があるということですね。

さらに、エストロゲンの影響で偏頭痛が起こることもありますし、乳管の量が増えるため、その間の部分の血管が拡張し、うっ血した状態になることで乳房に痛みを感じる場合もあります。

以上のように、エストロゲン過多の状態だと、様々な健康上の問題が起こります。そのため、経口避妊薬とプラエリア系のバストアップサプリを併用すると危険なのです。

効果に限界も!経口避妊薬を飲まなくなるとバストも戻ります

経口避妊薬を飲むことでバストアップしようと考えた時、健康に悪影響な副作用や、飲み合わせの問題など、気になることがたくさんありました。

さらに、経口避妊薬を飲むことによるバストアップには、効果に限界があり、薬を飲まなくなるとバストが元に戻ってしまいます。

では、なぜそう言えるのか、理由を確認しましょう。

胸が戻るのは薬を止めると女性ホルモンの量も戻ることが原因です

経口避妊薬を飲むとバストアップするのは、女性ホルモンの量が増えることが理由でした。薬を飲むのを止めると女性ホルモンの量が元に戻るため、バストの大きさも元に戻るわけです。

しかし、ここで疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。それは、乳腺の数が増えてバストアップしたのなら、薬を止めても大きさは元には戻らないのではないかということです。

胸が張ることによって大きく見える効果によるバストアップなら、薬を飲むのを止めると戻ることは納得できますが、乳腺の数は減らない気がします。

では、乳腺が発達することによるバストアップの場合はどうなのかというと、その場合も、元のサイズに戻ることが多くなっています。

乳腺を刺激するのはエストロゲンでしたが、この量が元に戻ると、乳腺への刺激も以前と同じになります。その結果、薬を止めてしばらくすると、バストの大きさも元の状態に戻るわけです。

例外として、経口避妊薬を飲まなくなってもバストの大きさが変わらない人もいるのですが、それは乳腺が未発達で、成長段階の人の場合です。

若いうちから何らかの理由で経口避妊薬を飲んでいる場合に、そのようなことが起こる可能性があります。

リスクが大きい経口避妊薬をバストアップ目的で飲むのはやめよう

以上のように、経口避妊薬を飲むことには、リスクがあります。そのため、バストアップ目的で経口避妊薬を飲むことはお勧めできません。

しかし、実際に経口避妊薬を飲んでいる人には、飲まなければいけない理由がある場合もありますよね。

まず、どうしても避妊したい場合です。そのための薬ですから、きちんと病院で処方してもらって飲むのであれば、それには問題はありません。

また、経口避妊薬を飲むことによって、病気の治療をすることもできるため、それを目的として飲んでいる人もいます。

それはどのような場合なのかを、確認しておきましょう。

経口避妊薬の副作用には病気治療に役立つものもあります!

経口避妊薬の副作用には、バストアップだけでなく、下記のような症状の治療に役立つ副作用もあります。

  • ニキビ治療
  • 月経不順の際に月経を起こす
  • 月経痛(子宮内膜症による痛みも含む)の緩和
  • 子宮内膜症の治療・再発防止
  • 月経前緊張症の緩和

意外に思われるかもしれませんが、経口避妊薬をニキビの治療に利用している皮膚科もあるのです。

これは、エストロゲンの効果によるもので、ある皮膚科では他の治療と併用しつつ、マーベロンという種類の経口避妊薬を処方して、ニキビの治療を行っています。

また、経口避妊薬を飲んでいる間は月経が起こらず、飲まない期間あるいは女性ホルモンが入っていない錠剤を飲んでいる期間には月経が起こります。

そのため、月経不順の人は、経口避妊薬を飲むことによって月経を安定させることができるのです。

さらに、子宮内膜症の治療方法として、経口避妊薬を利用して擬似的に妊娠したような状態を作り出すことが有効で、これによって治療ができるとともに痛みも軽減できます。

経口避妊薬は、子宮内膜症による痛みだけではなく、通常の月経痛にも効果があることもわかっています。

ロビーファイブレディースクリニックによると、経口避妊薬の作用と副作用は次のイラストのようになっています。
経口避妊薬の作用と副作用

子宮内膜症は、手術をしても再発しやすい病気なのですが、経口避妊薬を飲むことによって、手術後の再発の可能性を低くすることもできるのです。

それから、月経前になるとイライラ感やめまい、頭痛などの症状が起こる、月経前緊張症を緩和する効果もあります。

しかし、このように治療に用いることもできる経口避妊薬は、飲むことができない人もいます。

経口避妊薬を飲めないのは、こんな人です

経口避妊薬を飲むと問題があると考えられるのは、下記のような人です。先に紹介した、オーソ777-21錠の添付文章から、見てみましょう。

  • 乳癌や子宮頸癌などがある人…悪化する可能性がある
  • 肺塞栓症や脳血管障害などの既往歴がある人…悪化する可能性がある
  • 35歳以上で、なおかつ1日15本以上喫煙する人…心筋梗塞などが発生しやすい
  • 前兆を伴う偏頭痛持ちの人…脳血管障害が発生しやすい
  • 血管に病変がある糖尿病の人…血栓が発生しやすい
  • 高血圧の人…血栓が発生しやすい

これらは一例ですが、飲むと病気が悪化したり、重大な副作用が起こったりする可能性がある人がいます。高血圧など、身近な症状でも悪影響を与えることがわかりますね。

それを知らずに飲むと、健康に重大な影響を受けてしまいますので、飲めない人がいることを知っていることも大切です。

こうして見てみると、個人の判断で経口避妊薬を飲むのは危険だということが、おわかりいただけるのではないでしょうか。

さらに気になる、こんな副作用も報告されています

実は、オーソ777-21錠の、乳房に関する副作用の欄には、最初に紹介した乳房痛・乳房緊満感以外に、下記のものがあります。

  • 乳房萎縮

バストアップする人が多い中、逆に乳房が萎縮したという報告もあるのです。そう言われると、経口避妊薬を安易に飲む気にはなれませんよね。

経口避妊薬の本来の目的を知って医師の指導の元飲むことが大切!

経口避妊薬には、避妊ができる・特定の症状の治療に利用できるなど、いい面もたくさんあります。

しかし、飲み方によっては健康に影響を与えることもありますし、重大な副作用が起こることがあるものでもあります。

そのため、安易にバストアップを目的に自己判断で経口避妊薬を飲むのではなく、医師の指導の元、本当に必要な時に飲むことが大切だということが言えるのです。

バストアップがしたいのであれば、マッサージをしたり、効果的な食品を摂ったりするなど、健康的な方法を選びたいものですね。