リーズナブルな料金も魅力!話題のプチ豊胸をご紹介

2016/03/02

胸が小さくて自信が持てず、何事にも消極的になってしまう自分を変えたくて、思い切って豊胸手術をやりたいと考えている方もいると思います。そんな女性は、バストアップできるといううれしさの反面、いろいろな不安や心配があることでしょう。

代表的な不安といえば、手術には痛みが伴うのではないか?費用がとても高額なのではないか?手術をしたことが他の人にわかってしまうのではないか?というようなことだと思います。

そこで、あらかじめ知識を得ておきたいという人のために、豊胸手術の基本的な所から、最近話題のプチ豊胸に至るまで、デメリットや料金など気になるところも交えながらお話します。

豊胸手術の種類とその方法とは?デメリットを中心にご紹介!

豊胸手術には、大別して

  • シリコンバッグ挿入法
  • 脂肪注入法
  • ヒアルロン酸注入法

3つの方法があります。それぞれの方法について、デメリットをメインにお話していきます。

シリコンバッグ挿入法

シリコンバッグ挿入法は、主にシリコン製のバッグを体内に入れる豊胸方法のことで、確実な効果を望めます。

他の方法のように、時間とともに効果が薄れていくことはありません。

一方、この施術法でのデメリットは、以下のようなものがあります。

  • 手術時の身体的負担が大きい
  • 手術時のメスの傷跡が残る
  • アレルギーや拘縮の恐れがある
  • 見た目や感触でバレる危険性がある

この方法に関しては特に、施術する医師やクリニックの選択が非常に重要です。なるべく施術例が多く、経験豊富で親身になって相談に乗ってくれるクリニックを選ぶことをお勧めします。

脂肪注入法

自分自身の脂肪を使って、その脂肪を乳房内に注入してバストアップするものです。次のような3種類の方法があります。

  • 従来の脂肪注入法:脂肪をそのまま乳房に注入する方法
  • コンデンスリッチ法:脂肪の不純物を取り除いてから注入する方法
  • セリューション法:幹細胞を濃縮した脂肪と混ぜて注入する方法

この施術法では、カップを2サイズ程度までしか上げることができませんが、自分の脂肪を使うのでかなり安全性が高いというのが最大の特徴です。

また、人工物では再現できない、本物のバストと同じ感触にできます。

デメリットとしては、このようなものがあります。

  • すべての脂肪がバストに定着するわけではない
  • 従来の方法では、しこりができることがある
  • 脂肪吸引箇所が崩れる恐れがある

従来の方法だと30%程度しか定着しないこともあったり、しこりが出来やすかったりといった問題がありましたが、この点を改善したコンデンスリッチ法やセリューション法が登場しています。

この新しい方法であれば、80%ほどは定着すると言われています。それでもバッグ挿入法に比べれば、やはり効果は減っていってしまいます。

また、脂肪を採取する身体部分には、採り方によっては目に付くほどの凹凸を生じるというリスクもあるので、医師やクリニックの選択は非常に重要です。施術の結果が医師の技量に左右されることは、この場合も言うまでもないことです。

ヒアルロン酸注入法


ヒアルロン酸注入法

いわゆるプチ豊胸と呼ばれる手術方法です。美容成分としても名高いヒアルロン酸を注射器で注入するだけで、身体に傷を残さずバストアップが叶います。

注射なので痛みに強い方は麻酔なしでも施術可能です。しかし、実際はより快適に豊胸するためにも、クリーム麻酔や局所麻酔、希望によってはガス麻酔を使うクリニックもあります。とはいえ比較的簡単な麻酔で済むので、より安全性が高くて気軽にできる方法です。

デメリットは、以下のようなものがあります。

  • 2カップまでのサイズアップしかできない
  • 吸収されてしまうので、効果が短い
  • 繰り返し施術しないとバレる恐れがある

ヒアルロン酸注入法は自由に注入箇所や量を選べますが、それは同時に、バストの形が施術する医師の技量に左右されることを意味します。そのため、技術の確かな信頼できる医師を選ぶことが大切です。

今の豊胸手術には、3通りの方法があるんだね。それぞれ効果やデメリットが違ってるから、どれを選ぶかは自分の希望やお財布事情によるね。

私がやるなら、痛いのが怖いから一番簡単なプチ豊胸がいいかな。でも大きくなったバストがずっと続くわけじゃないのが、ちょっと残念。う~ん、やっぱり迷うなあ。

豊胸手術の代金はどれくらい?方法ごとの相場はコレくらい!

豊胸手術の3つの方法と、それぞれの特徴とデメリットをお話しましたが、気になる代金はいくらくらいかかるのでしょうか。

豊胸手術にかかるお金は、方法によって大きな差があります。

施術法と代金

では、方法ごとのおおよその相場料金を見てみましょう。

方法 料金
シリコンバッグ挿入法 30~100万円程度
脂肪注入法 80~170万円程度
ヒアルロン酸注入法 10~40万円程度

バッグ挿入法は確かなバストアップを実現できる反面、まとまった金額が必要となります。

脂肪注入法は、従来の方法だとお安めなのですが、脂肪幹細胞を使う方法など新しい技術ではやはり高額になります。中には脂肪吸引は別料金となっている場合もあるので、よく確認した上で考えてみましょう。

ヒアルロン酸による方法は、比較的安価で1㏄ごとに価格を定めているところがほとんどです。

なので、どれくらいの量を注入するかによって金額は変わりますが、100㏄入れたとしても10万円程度からで済みます。

価値観は人それぞれ

上記のそれぞれの金額を高いと思うか安いと感じるかは、人それぞれです。

シリコンバッグに100万円かけてでも確実な効果があるならば安いと思うのも、海に行く日や結婚式の日だけ大きくなればいいからヒアルロン酸を数万円分入れるというのも、人によってどちらもアリです。

ただ、金額的なことを中心に考えるならば、「どうしても確実に大きくしたい!」という女性以外には、数回手術を受けたとしても比較的低価格で手軽に受けられるヒアルロン酸注入法も良いと思います。

そこで、次の章では、少し詳しくヒアルロン酸注入法についてお話します。

バッグ挿入法や、より高い効果のある新しい脂肪注入法では、場合によっては100万円を超える金額が必要なのですね!

相当な覚悟がないと払えない金額ですし、手術を受ける際には失敗のないように準備する必要がありますね…。

ヒアルロン酸によるプチ豊胸は1回だけなら安価だけど、「あとちょっとだけ大きくしたい」という気持ちが止まらなくなってどんどん追加注入してしまうと、結果的に大金を払うことにもなってしまうかもしれないので、注意したいですね。

料金と効果と施術法のバランスは一番!?プチ豊胸の魅力

ヒアルロン酸注入による豊胸法が「プチ豊胸」と呼ばれるのは、上記にもあったように金額も方法もお手軽だからです。でも、その他にもメリットはたくさんあります。

形も大きさも自由


色々なバストの形を作れる

自由なバストの形を作れるというのが、ヒアルロン酸注入法の大きな特徴の一つでもあります。谷間を目立たせたい、左右の胸の形を整えたい、バストそのものの位置を調整したいといったことが可能です。

注射によって行われる手術ですから、所要時間も20分程度と少なく済みます。

術後に特別に何かを意識する必要もなく、妊娠・出産にも悪い影響はありません。

手軽に、手頃にバストアップできるのがプチ豊胸のヒアルロン酸注入なのです。

プチ豊胸は永続しない?

先にも書いたように、ヒアルロン酸は身体に吸収されてしまうため、効果は長くても2年程度と言われています。ただし、効果の持続期間には個人差が大きいようです。また、使うヒアルロン酸の種類によっても、持続期間は異なります。

豊胸専門のヒアルロン酸を使っていないクリニックもあり、それだと注入量にもよりますが1か月程度しかもたないこともあります。

しかし、中には吸収されにくい「低吸収ヒアルロン酸」を使っているクリニックも存在します。

「低吸収ヒアルロン酸」は、その名の通り「低吸収」。ひとつひとつの分子が大きく、体内に吸収されづらいのが特長です。

施術後しばらくすると、注入した「低吸収ヒアルロン酸」の周りには、体が本来持っている生体機能によって、傷跡組織による「被膜(ひまく)」が形成されます。そして、人工乳腺(インプラント)でいうところの外側のバッグの役目を果たします。このことが、さらに吸収を遅らせるよう作用します。
引用元:ナグモクリニック

もちろん、この最新型のヒアルロン酸でも永続するというわけではありませんが、持続期間は2~3年程度と、従来の物に比べれば長い効果を期待できます。

ただし、その分お値段は高めになりますので、ご注意ください。

プチ豊胸におけるクリニックの選び方

プチ豊胸の魅力が分かってきたところで、「でもどうやってクリニックを決めればいいの?」と不安な方もいるかもしれません。そこで、クリニックの選び方のポイントを押さえておきましょう。

  • 施術数・症例数
  • ヒアルロン酸の種類
  • 料金体系
  • カウンセリング技術
  • 麻酔科医の有無

これまでにどんな方法でいくつくらい施術をしてきたのか、その数が多ければ多いほど実績のあるクリニックと考えることができるので、症例数を知るのはそのクリニックが信頼できるか否かの判断基準のひとつになります。必ず確認してみましょう。

また、どんなバストを希望しているのかしっかりと話を聞いてくれるか、不安点や疑問に丁寧に答えてくれるかといったカウンセリング技術も重要です。実際にお話をしてみて、「この医師になら任せられる」と感じたところにお願いするようにしましょう。

先述のように豊胸専門のヒアルロン酸を使用することも、効果を長持ちさせるために重要なので、どんなヒアルロン酸を使っているか確認することも必要です。そして、料金表示を分かりやすくしているか、後から追加料金などが発生する可能性があるのか等も、きちんとチェックしましょう。

さらに麻酔科医を配置しているかどうかも、確認しておきましょう。プチ豊胸には基本的に簡単な麻酔しか使わないのですが、大がかりな麻酔を使うバッグ挿入法なども実施しているところなら、麻酔科医がいることが信頼できる医院の条件と言えます。

プチ豊胸とその他豊胸手術の比較

方法 費用 安全性 手術時間 メリット デメリット
バッグ挿入法 大きくサイズを上げられる 傷が残る
術後の痛みやしびれなどが起こり得る
バレる危険性が一番高い
脂肪注入法 傷が残りにくい
無駄な脂肪を胸に回せる
脂肪を取った部分が崩れる恐れあり
脂肪の一部が胸に吸収される
ヒアルロン酸注入法 非常に安価
安全性が高い
手術時間が短い
数年しか持続しない

表にしてみると、いかにプチ豊胸が手軽に行えるものかがわかります。

持続期間が短いという点にさえ納得できれば、プチ豊胸ことヒアルロン酸注入手術はとても魅力あるものだと思います。

プチ豊胸は、効果が永続しないというデメリットはあるけれど、それ以外の点から見ると、麻酔も簡易なものだし、好きな形のバストが作りやすいし、何より心理的な抵抗が少なくて済むなど、メリットもたくさんありますね。

効果を持続させてデメリットを少しでも減らすためには、どんなヒアルロン酸を使っているところを選べばいいのでしょう?

効果を長持ちさせるためには、豊胸専用のヒアルロン酸を使っていることが、絶対条件よ!

豊胸専門のヒアルロン酸にはいくつか種類があって、「SUB-Q」、「ハイアコープ」などがあるわ。他にも、さらに改良を加えてクリニック独自に開発をしたヒアルロン酸を使っているところもいろいろとあるのよ。

どんなヒアルロン酸を使用しているのか、実際に問い合わせてみるのが一番確実ね!

お試しならプチ豊胸を!デメリットや代金を考えて術式を決めよう

豊胸手術は、どんな方法にしても何らかのデメリットがあり、費用も施術法や術後のケアなどによって変わってきます。ご自身が何を一番望んでいるのかをよく考えるのが、後悔のない手術につながります。

方法を決めかねるのであれば、ひとまず費用も手術法も手軽で、時間が経てば元のバストに戻ることができるプチ豊胸を試してみるのもオススメです。

いずれにしても、豊胸手術をするのなら、施術例の多さを基準に信頼できるクリニックを見つけ、各施術法の特徴とデメリットを勘案して、納得のいく施術方法を決めることが大切です。

いろんな豊胸術があるけど、その中でも一番気軽にできるのがヒアルロン酸注入によりプチ豊胸と言えるわね。

でも、気軽にできるからと言って、クリニック選びをいい加減にすると失敗しかねないから、くれぐれも慎重に信頼できる医師を選んでね。

長くても数年で吸収されてしまうのがプチ豊胸のデメリットだけれど、逆に考えれば自然に元の状態に戻せる唯一の豊胸法とも言えるわ。ちょっとだけお試しでやってみたいという人には、この上ない方法かもしれないわね!

この記事をシェアする!