豊胸手術にかかる値段はどれくらい?種類別費用一覧

2017/03/07

女性なら誰にでも、理想のバストというものがあるものです。しかし、バストだけをサイズアップしようと思うと身体全体が太ってしまったり、希望の形にはならなかったりしますし、形を変えるというのも困難です。

理想のバストになりたい!その方法として豊胸手術があります。豊胸手術であれば、サイズや形の希望に沿った手術を行うことで、理想のバストを手に入れる可能性が高いのです。

しかし、どうしても気になるのがその費用。豊胸手術にはどのくらいの金額がかかるのか、気になるお金事情について、手術種類別にご紹介していきましょう。

また、先におすすめのクリニックについて知りたい方は「おすすめのクリニック」をチェックしてみてくださいね。

豊胸手術は高額ってホント!?知っておきたい術式別の相場とは

豊胸手術をしようと考えたとき、一番気になるのは費用面ですよね。いくら完璧に理想のバストを手に入れられるとしても、その費用が高額なものであれば簡単に手術を決断することはできません。

豊胸手術は高額でなかなか手を出せない!そんなイメージを持つ人も多いかもしれません。では、実際豊胸手術を受けるとすればどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

豊胸手術の方法は、1つではありません。代表的な施術として、4つの方法が挙げられます。

これらの施術別に、豊胸手術の値段をご紹介していきましょう。

方法 平均価格 カップアップ目安
脂肪注入法 ・脂肪注入…50~70万円 
・ピュアグラフト法…70~90万円  
・コンデンスリッチ法…100~120万円
0.5~1.5
ヒアルロン酸注入法 1㏄ 3,000~4000円
1カップアップの場合
片胸で100cc必要
1
シリコンバッグ挿入法 70万円 1~3
献血豊胸(PRP/PPPジェル) 1カップあたり約10万円 1~2

これらの費用は、平均的にかかる金額です。豊胸手術は、高額になれば100万円を超える場合もあります。決して安い手術ではないのです。

手術法による価格差、そしてクリニックによる価格差があるという点を、しっかりと覚えておきましょう。

脂肪注入法にはいくつか種類がある!費用の違いも要チェック

脂肪注入法は、自身の体の脂肪を胸に移植するという豊胸方法です。

しかし、その方法には1つでなく、ピュアグラフト法やコンデンスリッチ法などの方法に分けられ、それぞれ価格が異なっているので要注意です。

安いものであれば、脂肪注入法で20万円代というクリニックもありますね。

詳しい内容は脂肪注入豊胸とは?定着率の高さと施術の流れを解説!で説明していますので、こちらもチェックしてくださいね!

比較的安価だが効果が限定的なヒアルロン酸注入法

どうしても安く抑えたい、初めての手術が不安、そういう人は、比較的安価なヒアルロン酸注入法が気になるかもしれません。

ヒアルロン酸注入法は、1ccあたり3,000~4,000円程度で済むことが魅力ですね。ただし、ヒアルロン酸注入法の場合は、その効果が1~2年と限定的なのがデメリットです。

ヒアルロン酸注入法の場合、価格表記として『1ccあたりいくら』という記載をしているクリニックも多くあります。じゃあ実際どのくらい豊胸で必要になるの?と疑問に感じることでしょう。

一般的に、ヒアルロン酸注入によるバストアップは1カップアップが目安となります。

1カップアップで必要となるヒアルロン酸量は100ccですから、1ccあたりの価格表記となっていれば単純に100倍した価格が豊胸費用となるわけですね。

つまり、平均1ccあたり3,000円~4,000円となっているヒアルロン酸注入法は、両胸を1カップアップしようと思うと60万円~80万円かかるのです。

こう見てしまうと、お得感は減ってしまうかもしれません。ただ、ヒアルロン酸注入量によって1ccあたりの価格が割引になることもありますし、0.5カップアップといった豊胸や、お試し少量の豊胸が割安で行うことができます。

また、左右のバランスを整えたいという人は、少量の注入で済めばそれだけ低い価格で施術できるのです。片胸10㏄程度であれば、両胸でも6万円~8万円程度で済みますからね。

クリニックによっては、『ヒアルロン酸注入法が〇万円』と価格を一本化しているケースもあります。ヒアルロン酸注入法の場合は、どのような価格表記になっているか、自分が希望する注入量だとお得になるのかどうか、しっかりと確認しておきたいですね。

ヒアルロン酸注入法についてもっと知りたい!という人は、こちらの記事も参考にしてみてください。
ヒアルロン酸注入法とは?効果の持続性や特徴をご紹介

ちなみに、ヒアルロン酸よりも体へ吸収する時間がかかる方法として、アクアフィリング豊胸という方法もあります。こちらも1ccあたり3,000円~4,000円が平均なので、ヒアルロン酸注入法と同じような料金帯となります。

しかし、その効果は3~4年とヒアルロン酸よりも長く効果を維持できること、そして2カップアップも可能ということで期待されているのです。

最もサイズアップが可能なのはシリコンバッグ豊胸

シリコンバッグ挿入法の相場は、平均で70万円ほどの施術です。

しかし、やはり使用するシリコンや、その大きさによって価格が変動するという特徴があります。

安ければ20万円ほど、高額になれば120万円ほどかかるケースもあるのです。シリコンバッグには、形や表面の膜の性質などの違いがあります。

もちろん安価なシリコンバッグを使用すれば安く済むわけですが、価格が安い広告を見てクリニックに行ったのに、来店後に高価なバッグを勧められるというケースも少なくありません。

どのシリコンを選ぶか、それは価格だけではなくそれぞれの特徴をしっかりと理解した上で選択するようにしたいですね。

こちらにシリコンバッグ豊胸について詳しく解説した記事もあります。正しい知識を身に着けておきたいものですね。–>

最新の豊胸術!献血豊胸(PRP/PPPジェル)

献血豊胸の相場は1カップあたり約10万円です。

クリニックによっては、注入量によって金額が違うところもあれば、一定金額で金額が決まっているところもあります。

自分の血液を使う方法ですので、副作用やアレルギーの心配もないですし、比較的手軽に受けられる手術方法です。

献血豊胸についての詳しい内容はこちらの記事で説明していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!
献血豊胸ってどんな方法?施術の流れや効果をご紹介!

モニター制度を利用すればお得に手術可能!

各クリニックでは、バストアップ手術のモニターを募集していることが多いですね。

モニターになれば、before・after写真をホームページや広告に掲載する代わりにお得な価格で施術を受けることが出来ます。

では、実際どのくらいお得になるのか、湘南美容外科を例にご紹介していきましょう。

豊胸手術内容 通常価格 モニター価格
コンデンスリッチ 88万円 78万円
ピュアグラフト 58万円 23万2,000円
シリコンバッグ挿入
Motivaエルゴノミックス
63万9,900万円 49万8,000円

このように、かなりお得になることが分かりますね。ただし、モニターを受ける際には気を付けなければいけないこともあります。

モニター、湘南美容外科を含め、多くのクリニックではモニター費用は次の条件で変わることがあるのです。

  • どのドクターが施術するか
  • どこの支店で施術するか
  • 顔出し可能か、バストだけの写真撮影か

ドクターによってモニター価格、そしてモニターの内容が異なるということ、そして対応している支店が異なり、支店によっても価格が違うケースがあるということは覚えておきたいところです。

モニター制度は便利なものですが、だからこそしっかりと内容を確認しておくようにしたいですね。

豊胸手術は、その施術方法によって価格が異なっているのですね。同じ脂肪注入法でも、いくつか種類があって価格も異なっているようですからしっかりと確認しておきたいものです。

モニター制度を利用すれば、通常価格よりもかなりお得に手術できるという情報はうれしいですね。担当するドクター等によって価格設定が異なるケースがありそうですから、こちらもじっくりチェックしてみたいです。

病院によって価格差があるのは何故?その理由をご紹介

豊胸手術を行うにあたって、平均的な価格をご紹介してきました。しかし、なぜクリニックによって価格差が生じるのでしょうか。

その理由として、主に次の4点が挙げられます。

  • 品質の差
  • 集客目的で広告価格を下げる
  • ブランド力
  • 運営費

この4点について、それぞれ簡単に説明していきましょう。

品質の低い材料を使用すれば低価格で豊胸が可能に!?

まず、施術を行う際に使用する材料の品質の差が、価格差に繋がっているという点が挙げられます。しかし、日本のきちんとしたクリニックであれば、特に品質に大きな差があるわけではありません。

しかし、粗悪なものを使用していれば当然身体にも悪影響が出てしまうリスクが生じます。安すぎる豊胸には注意したいところですね。

もちろん、すべての安価な豊胸手術が低品質のものを使用しているわけではありません。営業努力によって、低価格を実現しているケースもあります。

安心して利用できるクリニックを見極める目を持ちたいですね。

来店後に高額商品を勧める!?気を付けておきたい営業方法

かなり低価格で豊胸手術を行うことができるクリニックもあります。しかし、そのようなクリニックでは次のような可能性を考えておかなければいけません。

  • 集客を第一に考え、来店後に高額商品を勧める
  • カウンセリング代など追加料金が多くかかる
  • 実績が少ない医師が担当する

低価格なクリニックは、手術代以外の費用が追加でかかるケースがあるということに、最も注意しておきたいですね。

追加でかかる費用としては、次のものが挙げられます。

  • カウンセリング代
  • 血液検査代
  • 麻酔代
  • アフターケア代

また、脂肪注入法では脂肪吸引費と脂肪注入費で分かれていることもありますし、その注入量によって価格が異なるケースもあります。

一見高額に見える豊胸費用でも、必要な費用がすべて含まれているために、結果的にお得である可能性もゼロではないのです。

豊胸手術をチェックする際には、まず手術以外の費用がしっかりと含まれているのか、含まれていない場合はそれがいくらぐらいかかるのかをチェックしておくことが必須なのです。

やはり、費用面でのトラブルが少なくないことから、明瞭な価格設定をしているクリニックが望ましいです。不安があれば何度でも質問をして確認するようにしましょう。

知名度が高いクリニックはブランド力で高額になっている!?

高い手術を受けるのは大変ですが、もしそれが豊胸手術で知名度も実績も十分なクリニックであればどうでしょうか。少しぐらい高くてもお願いしたい、そう考える人もいるのでは?

ブランド力のあるクリニックは、高額でも手術希望者が集まるのです。ですから、高い価格設定になっている可能性があるということですね。

もちろん、大手クリニックのすべてがブランド力を売りに高額設定にしているわけではありません。あくまでも、そのような場合もあるということです。

豊胸費用はクリニックの運営費に左右される!?

クリニックを運営しているために必要となる資金、それは豊胸等の手術費用による収益からねん出していきます。運営費が高額になる原因としては、次の点が挙げられます。

  • 立地(クリニックの家賃等)
  • 広告宣伝費
  • 人件費
つまり、運営費が高額になればそれだけ手術費用を高額にしなければクリニックの運営が難しくなるということです。都心の一等地にクリニックがある、宣伝広告費に力を入れているといった場合は、費用が高額になる傾向にあるわけです。

豊胸費用の価格差には、このような要素が関係しているわけですね。

豊胸の費用に差があるのって、提示された費用に何が含まれているかっていうのが関係してるんだね。もちろん高い材料を使えば費用が高額になるっていうのも当然だし。

ただ価格だけ見て安い!って思っても、オプションで追加料金がかかれば高くなっちゃうこともあるし、だからといって最初から高額な豊胸費用はブランド料が含まれてるだけかもしれないし、価格でクリニックを選ぶっていうのは難しそう。

どうすれば価格的にも安心できる・信用できるクリニックって選べるんだろう?

確かに、クリニックによって価格表記の方法が違う場合は単純に比較するのは難しいわね。実績のある医師が施術をするときには価格が高くなるケースもあるし、もちろん運営費の部分で高額になってしまうクリニックもあると思うわ。

安いからダメ、高いからダメ、と単純な話じゃないの。どうやってクリニックを選ぶか、それは費用だけではなくて、実際話をしてみて信頼できるドクターがいる、不安点をちゃんと聞いてしっかり説明してくれる、そういうところが大事なの。

自分がここなら任せられる、このクリニックならこの値段で納得できる、そういうクリニックを選ぶようにしたいわね。

実際豊胸するならどこが良い?値段からみたおすすめのクリニック

豊胸をしようと思ったとき、豊胸手術を行うことができるクリニックは非常に多く存在しています。

では、実際施術を受けるとすればどこのクリニックが良いのでしょうか。クリニック選びのポイントとしては、次の要素があります。

  • 安心できる・信頼できる
  • 安さだけに惑わされない
  • ドクターの実績・経験

このポイントを踏まえた上で、今回はTHE CLINICをご紹介していきましょう。

THE CLINIC

THE CLINICで行っている豊胸手術の種類、そしてその費用は次の通りです。

豊胸手術法 価格
コンデンスリッチ法 108万円
ピュアグラフト法 58万円
ヒアルロン酸注入法 基本料金…10万円
1cc…3,000円
アクアフィリング豊胸 1cc…3,600円
ソフトバイオセルバッグ
(シリコンバッグ)
ラウンド型…75万円
ティアドロップ型…90万円

THE CLINICでは、初診料は無料となっています。ドクターとの無料カウンセリングができるというのは魅力ですね。

また、脂肪注入による豊胸手術の場合、コンデンスリッチ法・ピュアグラフト法、共に消耗品・麻酔・内服薬、脂肪採取料金、固定レンタル料金が含まれているので安心です。

先ほど紹介した一般的な価格と比較すると、コンデンスリッチ法、ヒアルロン酸注入法、アクアフィリング豊胸は平均、ピュアグラフト法はかなり低めの価格となっています。

また、希望する施術があればオプションとして追加することも可能ですし、その価格もウェブサイトで詳細に紹介されているので安心ですね。

THE CLINICの豊胸手術費用は、シリコンバッグ挿入法が平均よりも割高となっています。これはソフトバイオセルバッグという安全性の高いバッグを使用していることも要因として考えられます。

ソフトバイオセルバッグについて、THE CLINICのウェブサイトでは次のように紹介しています。

ソフトバイオセルバッグは、三重構造で破れにくい構造になっている安全性の高い豊胸バッグです。
型は、日本人に最も適しているラウンド型とティアドロップ型を採用。従来のアナトミカル型のデメリットであった硬さやデザインを、よりナチュラルに、より柔らかく新たに開発されたバッグです。
ラウンド型は、やや大きめのバスト向きで、本来のバストの美しさを重視し、重力でナチュラルな形状になります。ティアドロップ型は、Aカップ以下でも自然なフォルムになれるバッグの型です。
また、このバッグは以前のような痛みを伴うマッサージがほとんど要らないことも特徴です。
引用元:THE CLINIC

挿入するバッグの種類・材質等によっても、価格に差が出てくるということは覚えておきたいですね。

価格に何が含まれているのか、そして追加でどのくらいの費用がかかるのか、きちんと表記されているところを選びたいものです。何よりはまず無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

THE CLINICの無料カウンセリングはこちら

THE CLINICの無料カウンセリングはこちら

初診料が無料というのはとても嬉しいですね。安心して相談することが出来れば、自分の納得できる施術方法をしっかりと選択することができます。

価格に何が含まれているのか、オプションに何があっていくらかかるのか、それがはっきりと表記されているのも安心感がありますから、こういうクリニックを選びたいですね。

豊胸手術は100万円前後かかる場合も!方法ごとの特徴を要チェック

豊胸手術にはいろいろな種類があり、種類によってかかる費用も異なります。30万円程度から100万円を超える手術までありますから、施術内容の特徴、そしてその価格をしっかりとチェックすることが大切です。

また、同じ手術方法でもクリニックによって価格差がありますが、それは品質やドクターの技術、価格に何が含まれているのかということが影響しています。

提示されている手術費用には何が含まれて、何が含まれていないのか、最終的にどのくらいの費用がかかるのか、その確認をきちんと行うことで、予定よりも高額な費用がかかるといったリスクを抑えることが出来るのです。

豊胸手術は安ければ良い、高ければ良いというわけではありません。自分が安心して任せられるクリニックを選ぶことが重要だということを、しっかりと認識しておきましょう。

豊胸手術は術式によって、そしてクリニックによって大きな価格差があるようね。品質やドクターの技術、経験による差はもちろんだけど、運営費やブランド力も多少なりは価格に影響してくるわ。

価格だけに左右されないで、しっかりとその内容を、クリニックを、担当してくれるドクターを見極めることができる人になりたいわね。

女性にとって理想の胸を作りたいと思うのは自然なこと。そのためには費用も努力も惜しまないと考える人もいると思うわ。だからこそ、失敗しないよう、信頼できるクリニックを選ぶことが大切よ。

この記事をシェアする!