胸の大きい人が着やせする方法!すっきりスタイルになるマル秘テク

2016/09/06

世の中に体型の問題で悩んでいる女性は数いれど、「胸が大きいことが悩みです」と言うと、「贅沢な悩みだ」で片付けられてなかなか理解されないものですが、当人にとっては案外切実なものだったりしますよね。

肩が凝る。走ると痛い…など色々あると思いますが、ファッションに困るというのも大きな悩みの一つでしょう。「背が低いのに胸だけ大きくて体型バランスが悪い…」「胸に合わせてゆったりめの服を着ると全体が太って見える」など、胸が大きいことは良い事ばかりではありません。

「少しでもスタイルよく見られたい!」その願望を叶えるために、着やせ術を徹底的に分析していきましょう。

あなたのトップス選びは大丈夫?着やせできるトップスあれこれ

まずトップスの選び方ですが「とにかく胸を強調するデザインのものは避ける」ということが重要でしょう。基本は横にラインの入ったデザインは極力避け、「縦のラインを作る」ということを意識しましょう。

胸が強調される!避けた方が無難なトップス

  • タートルネックなど襟の詰まったもの
  • 襟の小さなもの
  • デコルテが広く大きく開いたもの
  • 胸元にギャザーのあるもの
  • バストやウエストに切り返しデザインのあるもの
  • 柔らかく伸縮性のある素材のもの
  • フリルやレースなどの装飾が多いもの

小さな襟はそのすぐ下にある大きなバストを強調してしまいます。だからといってデコルテの大きく開いたトップスは、セクシーになりすぎてしまいます。

胸元にギャザーがあったり、バストのすぐ下もしくはウエストに切り返しデザインのあるものは、もちろん胸を強調してしまうのでこれも×。

身体にぴったりフィットするデザインは体のラインや胸の大きさがそのままわかってしまいますし、シフォンのような柔らかい素材でゆったりしたチュニックなども着膨れして見えてしまいます。

何より柔らか素材のチュニックは高確率でフリルやレースなども付いているので、バストの大きな方が着ると必要以上に装飾過多でたっぷりとした印象になってしまうのです。

とにかくトップス選びで注意して欲しいのは、身体のラインを強調しすぎるのも隠しすぎるのも×ということです。

胸に視線が集まらない!おすすめトップス

「では一体何を着ればいいの?」と困惑されるかもしれません。おすすめするのは以下のトップスです。

  • 襟の大きなもの
  • Vネックのもの
  • 伸縮性のあまりないハリのある素材のもの
  • 左右非対称のデザインのもの
  • 柄の大胆なもの
  • 縦にラインの入ったもの
  • 装飾が少なめでシンプルなもの

襟のデザインは断然Vネックがおすすめです。Vネックによって、自然な縦ラインができるからです。また、大きめで特徴のあるデザインの襟のついたものならば、そちらに視線が行くので胸の大きさを誤魔化すことができます。左右対称など、トップス自体に特徴のあるデザインのものを選ぶのもいいでしょう。

身長が高い方は、大きくて大胆な柄のトップスやワンピースがよくお似合いになるでしょう。柄によって視線が散るのでこれも大きな襟同様、胸の大きさを誤魔化す効果があります。

ワンピースの着こなしをもっと詳しく知りたい方は、胸が大きい人でも大丈夫!ワンピースを綺麗に着こなす方法は?の記事もございますので、ぜひ読んでみてくださいね!

色はモノトーンなど、抑え目の色にすれば下品になりません。白などの明るい色は膨張色なので、なるべく避けた方が無難です。

小柄な方は、縦ラインの入ったものがおすすめです。ボーダーとストライプでしたら断然ストライプです。

また、素材は身体のラインを拾いすぎないハリのある上質なものを選びましょう。上でも述べたようにフリルなどの女性らしい甘めの装飾はただでさえバストの豊かな方には必要以上に重たい印象になってしまいます。質のいいシルクなど、素材のシンプルなシャツが理想的です。

とにかく「デザインや柄に特徴はありつつ装飾はシンプルに」「縦長の線を作る」ことを意識しましょう。

トップス着こなしの小技

  • 長袖を着る場合はなるべくロールアップ
  • スカーフやストールなどを巻いてバストをカバー

袖をロールアップして細い手首を露出することによって「抜け感」を作ることも着やせのコツです。もともと胸大きい方はバストにサイズを合わせると袖が余りがちになるので、袖が長ければ捲くってしまいましょう。
★画像★依頼中
http://lier.jp/wp-content/uploads/2013/09/b05b4c24ba352b46755e26ca7b43f369.jpg
比較してみると左の方がスマートですね。

そして、スカーフやストールなどの巻き物は、胸元を隠す・視線をそらす・縦の線を作る という三つの効果を一度に発揮してくれるのでどんどん活用していきましょう。

バストが大きい人って色々大変だねー。着るものが限られてくるし、オシャレ度が試されちゃうってカンジ?シフォンワンピとかカワイイのにうかつに着られないよね。

でも小物とかでカバーすれば、ゆったり素材の服も着られそう。わー、ガサツな私には厳しいわー。服なら何でもいいじゃんって思っちゃう。

下半身にも気をつけて!ボトムズの選び方

ボトムズ選びにおける注意点はトップスほど多くはありませんが、何はなくとも「細身に」「コンパクトに」が基本です。上半身にボリュームがあるぶん、下半身はスリムなのだということを強調しましょう。よって、以下のものは避けた方が無難です。

避けた方が無難なボトムズ

  • サルエルなどのゆったりしたパンツ
  • ハイウエストデザインのパンツ・スカート
トップスとの兼ね合いもありますが、やはりパンツ・スカートに関わらずゆったりしたデザインや、ボリュームのあるデザインは避けた方がよいでしょう。特に注意すべきなのはハイウエストデザインです。腰の位置を高く見せる効果はありますが、同様にバストも強調してしまいます。

おすすめボトムズ

  • スキニーパンツ
  • 7分丈や8分丈のクロップドパンツ
  • ショートパンツ
  • タイトスカートやペンシルスカート

ボトムズもトップス同様、縦のラインが入っているものがおすすめです。柄物を選ぶときはストライプ柄が最適でしょう。7部丈くらいのクロップドパンツやショートパンツによって足首や膝下を見せ、抜け感を作るのも効果的です。

また、小柄な方がショートパンツやミニスカートを穿くときは少しでも脚長に見せるのが大切です。脚のラインが分断されないように、パンツ・タイツを同系色でまとめ、やはり同系色のロングブーツを履くのが良いでしょう。

まさに「あるある」です!私も胸が大きいから、トップスとボトムズのバランスとか、コーディネート考えちゃいます。うっかりすると着太りして見えて、彼氏から「太った?」とか言われたり…。正直好きな服が着られないってコンプレックスですよね。

上がボリューム感があるなら、ボトムズはタイトな感じがいいんですね。その逆でも胸の大きさがあるからバランスが取れそうです。

アウターですっきりラインを出そう

さて、トップスやボトムズはメリハリを強調するデザインは避けた方が無難だと述べて来ましたが、面積の大きいアウターは、むしろメリハリのあるデザインを選んだ方が○です。

一番避けた方がよいのは上から下まですとんとした線のIラインのコートや、上から下にかけて広がるデザインのAラインコートです。

これは一見縦ラインが作られてよさそうに思うのですが、胸がある分、太って見えるのでおすすめしません。特にニットワンピなどは胸を強調されてしまうのでNGです。

避けた方が無難なアウター

  • Aラインコート
  • Iラインコート
  • ノーカラーコート

襟元がシンプルなコートは胸が目立ってしまうという点はトップス同様です。なるべく大きな襟やファーのついたアウターが良いでしょう。

また、白や淡色などの膨張色よりも黒やネイビーなどの締まった色の方が野暮ったく見える危険性は低いと思われます。

おすすめアウター

  • トレンチコート
  • ベルト付きコート
  • ファー付きコート
  • ポンチョ

襟の大きなもの、もしくは襟にファーが付いていたりデザインに特徴があるもの、ベルトが付いていてウエストを絞るデザインのものがおすすめです。

上半身をゆったりとカバーできるポンチョもいいでしょう。その場合、下半身はスキニーやショートパンツ、細身のロングブーツなどで細さを強調することを忘れないで下さい。

これって冬場は困りますよね。胸が大きいとバストのトップからストンとシルエットがまっすぐになっちゃうんで、太って見られるし。

胸以外の場所でボリュームを出すか、ウエストを絞ってメリハリを付ければそういう心配もありませんね。これからは気をつけてアウター選ばなくちゃ。

確かにAラインとかIラインのアウターは人を選ぶわね。見た目カワイイからついつい買いたくなるけど、試着してみたら…ってことがホント多いわ。似合う人が羨ましいわ。

でも逆に考えれば冬場はアウターに気をつけていれば、トップスが隠れる分色々な服を試してみれるってことよね。好きだけど手を出せなかったデザインのトップスに挑戦してみるのもアリかもしれないわ。

服だけじゃない、小物・その他で視線をごまかす

さて、ここまで基本的な服の選び方を分析して来ましたが、最後は見落としがちな小物についてアドバイスさせて頂きます。

髪型や靴など、一見「バストを小さく見せるのに関係ない」と思われるものも、なかなかどうして馬鹿にできないものなのです。

ヘアスタイル

着やせ術として案外盲点だったりするのがヘアスタイルです。

バストの大きな方におすすめするのは髪型はすばり黒のストレートロングです。

派手な色の巻き髪など、「盛った」髪型にすると重心が上に集中してしまい、益々上半身にボリュームのある印象がついてしまうので得策ではありません。ですがロングのストレートヘアならば縦のラインも自然に作ることができるのでおすすめです。

「身長が低いのでロングヘアはバランスが取りにくい」という方は、なるべくシンプルなショートやボブにすると良いでしょう。どちらにせよ、断然黒髪を推奨します。

シューズ

そしてこれも見落としがちなのがシューズです。

避けた方がいいのは太ヒールや厚底や装飾の多い「ぱっと見で重たそう」と感じるデザインです。

足元が重たそうだと身体全体が重たそうという印象に繋がるからです。

おすすめなのはなるべくシンプルで装飾の無い、つま先のとがったデザイン(ポインテッドトゥ)のシューズです。

小物でのアクセント方法を知りたい方は胸を小さく見せる方法5選!ちょっとした方法でコンプレックス解消の記事もございますので、ぜひ読んでみてくださいね!

要するにポイントコーデも大事ってことだよねー。どっちかというとシンプルでまとめた方がいいのかな?シンプルコーデって結構難しいんだよね。

髪型まで考えるのは意外だったかな。でもパッと見髪型が決まってたらあんまり体型は見ないもんね。逆に髪型が決まってないと他のとこに目が行きがちだよね。普通体型な私でも勉強になるなー。

着やせのカギはとにかく引き算、そして良い姿勢

胸の大きな方がお洒落するにおいて心がけたいのはとにもかくにも「引き算の美」です。

お洒落というと、どうしても装飾やアイテムを足す「足し算」を連想しがちになってしまいますが、元から豊かなバストに恵まれた贅沢な身体をお持ちの方にはその必要は無いのです。

女性らしいファッションが好きな方にとっては、フリルやレースなどがたっぷりついたチュニックが似合わないのは残念かもしれません。しかし発想を変えてみて下さい。

豊かなバストがあるということは、何もしなくてももとから女性的魅力に溢れているということであり、シンプルな服装でも女性らしい魅力を演出することができる。それが胸の大きな方の最大の強みなのです。

そして最後に、これがお洒落において一番重要だと言っておきたいことがあります。それは「良い姿勢を心がけること」です。

大きな胸がコンプレックスだから、恥ずかしいからと言って猫背になってしまう女性のなんと多いことでしょう。これは胸の大きさに関わらずどんな方にも言えることなのですが、あなたがどんな体型であろうと猫背でいて魅力的に見えることなんて万が一にもありません。

世のお洒落上手な女性全てに共通していること、それは自分に自信を持つこと。自分のスタイルを肯定することです。何よりもまずはしっかりと背筋を伸ばすことから初めてみて下さい。

何だか色々決まりごとがあって大変!と思った人も多いでしょう。でも大きい胸の人に少しでも参考になれば幸いですわ。

それにこれは普通体型の人でも応用が効くコーデ術なので、参考にして試してみてくださいね。基本的にスタイルが良く見えるためのコーディネートですわ。

そして最大の基本は「背筋を伸ばす」ことです。これだけでもスタイルが良く見えますわよ。バストサイズの大きい人は抵抗があるかもしれませんが、猫背よりも断然キレイですわ。

この記事をシェアする!