紅茶でダイエットすれば胸も小さくできるかも!効果的な飲み方とは?

2017/01/23

「胸の大きさに悩みがある」というと「胸を大きくしたいの?」と思われがちですが、実は「胸を小さくしたい」という方も少なくありません。大手の下着メーカーが「胸を小さく見せるブラジャー」を発売して人気になっていることからも、そんな女性の心理がうかがえますよね。

そんな女性のために、胸を小さくする方法は色々提案されていますが、バストの脂肪を落とすためにダイエットして全身の脂肪を燃焼させるのも、効果的なサイズダウン法のひとつです。

中でも、今回は女性に人気の「紅茶」を飲んでダイエットしつつ、バストを小さくする方法をご紹介します。いったいどんな方法なのでしょうか?

ダイエットのポイントは紅茶!ポリフェノールの脂肪燃焼効果に期待!

紅茶によるダイエット法をご紹介する前に、バストの構造や紅茶の成分などについて学んでおきましょう。そうしてメカニズムを理解しておけば、モチベーションも高まります!

バストの構造

女性の乳房はこのような構造になっていて、乳腺・クーパー靭帯・脂肪によってできています。その割合は、乳腺1:脂肪9と言われています。そして、女性の胸の大きさは、乳腺の発達と周りの脂肪の量に左右されます。

バストの断面図

乳腺は女性ホルモン(エストロゲン)によって発達するので、女性ホルモンの分泌量が増える思春期に、バストはもっとも成長します。大人になると女性ホルモンの分泌量が徐々に減るので、バストの成長も落ち着きます。

なので、女性ホルモン量を減らせばバストを小さくしていくことは可能ですが、女性ホルモンは私たちの身体や心を健康に保つために大きな働きをしているものなので、分泌を抑えるのは良くありません。

したがって、胸を小さくしたければ脂肪の方に働きかけるのが一番効率的な方法であり、身体の脂肪を減らすこと(=ダイエット)が胸を小さくする近道なのです。

紅茶の製法

では次に本題の紅茶について、見ていきましょう。紅茶は、文字通り紅い(あかい)色のお茶で、豊かな香りも人気です。

発酵なし 緑茶(煎茶・玉露など)
半発酵 ウーロン茶(鉄観音茶など)
完全発酵 紅茶(ダージリン・アッサムなど)

紅茶は「茶の樹」の葉から作られますが、摘み取った葉を乾燥させ発酵させる度合いによって、上記のように同じ茶葉から様々なお茶が作られます。

紅茶は発酵の過程で茶葉中の酵素の働きにより、元の茶葉にはない様々な物質が生成されます。紅茶のあの鮮やかな赤褐色の水色もこの段階でカテキン類が酸化重合し、テアフラビンやテアルビジンという物質に変わったものです。また香気成分の多くもこの段階で生成され、上質なものには花や果物を思わせる優雅な香りと深い味わいが生まれます。
引用元:静岡紅茶株式会社

このように紅茶は、その製造過程で元のお茶っ葉にはなかった成分が含まれるようになるんです。色味も味わいも違う3種類のお茶が、同じ葉から作られているのは興味深い所ですね。

紅茶の成分と期待できる健康効果

次に、紅茶の主な栄養成分と期待できる健康効果をみていきましょう。紅茶(無糖)のカロリーはティーカップ1杯(200cc)で1~2kcal、カフェインは60mg程度です。

カフェイン 疲労回復・ストレス解消・利尿効果・脂肪燃焼効果
紅茶ポリフェノール 抗酸化効果・抗菌効果・糖や脂肪吸収を阻害する効果
ビタミンB1 糖質をエネルギーに換える働き
ビタミンB2 肌や粘膜などの保護をする
ナイアシン エネルギーを作る補助をする
カリウム 体内のナトリウムを排出する

ダイエットに良さそうな作用から美容健康効果まで、様々な効果が紅茶には期待できるんですね!

カフェインは身体を冷やす?温める?

身体の冷えは女性の大敵、ダイエットの大敵です。身体を温めて代謝をあげると、ダイエット効果があがります。「あれ?カフェインって身体を冷やすって聞いたけど?」という方がいるかもしれません。実はカフェインには「身体を冷やす」という説と、「身体を温める」という説があります。

「カフェインには利尿効果があり、尿と一緒に体温が奪われてしまう」「南国で育った植物は体を冷やす」というのが身体を冷やす説です。特にあてはまるのは、コーヒーや緑茶です。

そして、「カフェインの利尿効果により余分な水分が排出され、身体を温める」「カフェインが入っていても発酵食品は身体を温める」というのがもう1つの説です。完全発酵させてつくる紅茶は、こちらにあてはまるのです。

「紅茶」を薦めるもう1つの理由

紅茶の成分には脂肪を減らすのに役立ちそうな点がいくつもありました。もう1つ、紅茶をお薦めしたい理由があります。

紅茶を飲むようになったら、おそらく他の飲み物の量が減ると思います。

今まで糖分(脂肪分)の入ったコーヒー・紅茶、ジュース、炭酸飲料を飲んでいた分を無糖の紅茶に変えたら、その分のカロリーがカットされます。

人気のカフェのアレンジコーヒーは1杯で400kcal位あるので、その回数を減らしただけでも効果が期待できます。

紅茶は私も大好き!カフェインが入ってるのは知ってたけど、ポリフェノールも入ってて、脂肪燃焼効果や美容効果もあるなんて知らなかったよ。紅茶を飲んでダイエットできるなら、最高だよね!

でも、普段飲んでるのはペットボトル入りのちょっと甘みのある紅茶が多いな~。それだと糖分が入ってるから、ダイエットには向かないのかな?

その通りよ!ダイエットやバストのサイズダウンを目的に紅茶を飲むなら、糖分が入っていない紅茶にしないと意味がないわ。

理想は茶葉を使って自分で淹れる紅茶を飲むことだけど、なかなかそんな時間が取れない女子も多いわよね。

そういう人は、ペットボトルでも無糖の紅茶にしておけば大丈夫よ!

色々あるから飽きずに続けられる!美味しい紅茶の飲み方をご紹介

ここからは、紅茶のいろいろな飲み方をご紹介していきます。

ティーバッグ?リーフティー?

紅茶は自分で淹れることをお薦めします。茶葉は、ティーバックでもリーフティーでも、栄養成分に違いは有りません。

ただ、自宅で紅茶を飲む時、1人分の為にティーポットを使うのは面倒なことがあります。そんなときは、マグカップや耐熱ガラスのカップに「茶こし」(ティーストレーナー)が付いたものがあるので、活用するといいでしょう。

外出の際は、保温できるタンブラーに紅茶を作って持ち歩くと、ずっと温かい紅茶が飲めます。個別包装のティーバッグを持ち歩くと、追加の紅茶を淹れるのも簡単です。

お薦めしない紅茶はこれ!

ペットボトルの紅茶はお手頃です。ただ、含まれている糖分は100mlで30kcal前後あります。1本飲むと150kcal近くになってしまうので、あまりお薦めはしません。

もう1つ避けて欲しいのが、お湯に溶かす顆粒タイプの紅茶です。このタイプは砂糖の分量が多く、1杯分で50kcal程度あります。

糖分を含む紅茶は気分転換に飲む程度にして、普段は無糖のものを飲むようにしましょう。

暑い夏には水出し紅茶

いくら体を冷やさない方がいいと言っても、暑い夏には冷たいものを飲みたくなります。アイスティーを作るとき、熱い紅茶を作って氷で冷やす方が多いと思います。でも、水出しをすると、もっと簡単に冷たい紅茶が作れます。

【水出し紅茶の作り方】

(1) 冷水ポットに茶葉と水を入れます。
(2) 冷蔵庫で数時間冷やします。

使う茶葉はティーバッグが手軽ですが、リーフティーを使う場合はお茶パックに入れると片付けが簡単です。「水出し用」という表示のない普通の紅茶でも同じように作れます。

この方法で作ると、透明で色がキレイな紅茶になります。胃腸が冷えない様に適量を飲んでください。

寒い冬には生姜入り紅茶を!

雪が降るような寒い季節には、手足が冷えてしまう方も多いと思います。冷えが気になる時は、紅茶に「しょうが」をプラスしましょう。

しょうがの効果

このように、ショウガには基礎代謝や新陳代謝を高める効果があり、体が温まります。特に、天日に干したり、熱を通したショウガがいいと言われています。ぜひ、紅茶にプラスして相乗効果を得ましょう。

【ショウガ紅茶の作り方】

(1) ティーポットかマグカップに茶葉とスライスしたショウガを入れます。
(2) 熱湯を注いで2~3分待ちます。

ショウガは好みですりおろしても構いませんが、時間が経つと有効成分が減ってしまうので、飲む直前にすりおろすようにしてくださいね。スプーンの先がおろし金になったものは、そのままカップに入れられて便利です。

ショウガ紅茶を頻繁に作る方は、ショウガを買った時にまとめてスライスして一日天日干しをして、「乾燥生姜」を作って保存しておく事をお薦めします。乾燥生姜に水と鶏がらスープ、しょうゆを足せばすぐに生姜スープも作れますし、食事にも利用できてとっても便利ですよ。

酸味をプラス!梅干し紅茶

ショウガと並んで体を温める食材が「梅干し」です。風邪をひいた時にお湯や番茶に梅干しを入れて飲むのも、体が温まるからです。

そんな梅干しを紅茶に入れて飲んでいる方が増えています。

【梅干し紅茶の作り方】

(1) ティーポットかマグカップに茶葉と梅干しを入れます。
(2) 熱湯を注いで2~3分待ちます。

梅干しは丸ごと1個でなくても構いません。梅干しのクエン酸は疲労回復にも効果があります。梅干しの果肉は食べてしまっても構いませんが、塩分が気になる方は控えましょう。

そのまま飲んでもおいしい紅茶ですが、しょうがを入れるだけで、より身体が温まったり、脂肪燃焼効果が高まったりするのはうれしいですね。

実際、生姜入り紅茶を続けて、ダイエットに成功しただけでなく、便秘解消など嬉しい効果があったという口コミもたくさんあります。

バストを小さくしたい女性だけじゃなく、冷え症やお疲れ気味の女性にもおすすめですね。

貧血気味の方は注意!紅茶を飲む時に気をつけてほしいこと

ここまで紅茶の色々な飲み方を紹介してきましたが、気をつける事はあるのでしょうか?

妊婦さんはカフェインを控えて

今回紅茶を薦めているのは、胸を小さくしたい方に向けてです。妊娠中の方が実践することは少ないかもしれませんが、念の為に書いておきます。

流産、死産率については、カフェインの摂取量が1日150mg未満の妊婦に較べて300mg以上摂取する妊婦の流産のリスクが2倍に、コーヒー1日8杯以上で死産のリスクを高めるという報告があります。(中略)しかしカフェイン摂取と同時に喫煙をする習慣のある妊婦では明らかに胎児の発育の遅れがみられ、早産の傾向も認めます。
引用元:堀産婦人科

300㎎以上のカフェインを紅茶に換算すると、およそ4~5杯以上です。なので一日3杯程度ならそれほど神経質になる必要もなさそうですが、念のため、カフェインを取り除いた「デカフェタイプ」や「カフェインレスタイプ」を選んでおけば安心ですね。

貧血の方は少し気をつけて

女性は毎月の月経の影響もあり、貧血の方の割合が多いです。貧血の原因の1つに「鉄分不足」があげられます。

実は紅茶の成分「タンニン」は、鉄分の吸収を阻害する働きがあります。せっかく鉄分の多い食事をしても吸収を妨げてしまってはもったいないです。

貧血が気になる方が紅茶を飲むときは、食事の前後を避けるなどの工夫をするといいでしょう。

美味しくていろんな美容・健康効果がある紅茶だけど、妊婦さんや貧血気味の人は飲み過ぎないようにした方がいいわね。

それから、カフェインは母乳を通して赤ちゃんにも移行するから、授乳中の人も控えめにした方がいいかもしれないわ。

最近はデカフェの紅茶もたくさん出てるから、それもうまく活用してね!

紅茶以外に出来る事は?同時に試してさらなる効果アップを狙おう!

ここまで、胸を小さくするためのダイエットに「紅茶」を取り入れることを考えてきました。胸を小さくするために、紅茶以外に出来る事はあるのでしょうか?

有酸素運動を取り入れて!

体重や体脂肪を減らすには、入ってくるエネルギーより、使うエネルギーを多くすることです。

そこで、バランスのとれた食事と紅茶を取り入れた生活にプラスしたいのは、「有酸素運動」です。

全身を動かすウオーキングなどをして、より多くのエネルギーを使うようにしましょう。

有酸素運動をする時には、胸を保護するスポーツ用ブラジャーをするのが理想です。胸を支えるクーパー靭帯は、無理な力を加えると切れてしまい元に戻りません。できるだけ胸を揺らさないように運動をして下さい。

自転車で胸が大きくなる?足痩せだけじゃないその効果的な漕ぎ方とはの記事もございますので、ぜひ読んでみてくださいね!

筋トレで形をキープ

胸を小さくしたいといっても、胸の位置が下がってしまっては困ります。特に今まで胸が大きかった方は、方法を間違えると形が崩れてしまいます。

胸の土台になっている大胸筋を鍛えて、バストの位置や形をキープしましょう。そのためには、これらの筋トレ法をお薦めします。

  • 胸の前で両手のひらを合わせる「合掌ポーズ」
  • 膝を付いた状態で行う「腕立て伏せ」

ただし、バストが大きくなっては困るので、回数は控えめにしましょう。

バストマッサージも効果的

入浴時や風呂上がりのリラックスタイムにバストマッサージをするのも効果的です。バストやリンパの血行が良くなります。

乳腺を刺激するマッサージだとバストが大きくなってしまうので、下垂を防ぐマッサージのみ行いましょう。皮膚に無理な力を与えない様に、マッサージクリームやオイルを使いましょう。

バストアップマッサージの更に詳しい情報については下記記事を参照ください。
バストアップはお風呂でできる!一日10分簡単マッサージを大公開

朝晩、体重を測って記録しよう!

無理のないダイエットは時間がかかります。効果を実感するために、朝と夜、体重を測って記録することをお薦めします。

測定結果を手帳に書き留める人や、スマートホンやパソコンに記録する人、折れ線グラフを作る人など、記録方法は様々です。

体重と一緒にその日の感想や反省点を書く人もいます。記録する事で自分のことを客観的に見られるようになります。

元々胸が大きい人が痩せると、バストがただ小さくなるだけじゃなくて垂れてしまうというお話は、よく聞きますからちょっと怖いですよね。

形や高さはキープしつつサイズダウンさせるには、やはり紅茶だけじゃ難しいということですね。

運動や筋トレ、垂れないためのバストマッサージも同時にやっていくと良さそうです!

紅茶を美味しく飲みながらサイズダウン!同時にダイエットも!

女性は紅茶好きの方も多いですよね。そんな美味しい紅茶によってバストを小さくすることができるなら、大きすぎる胸にお悩みの方もうれしいですよね!

全体的に脂肪が多くてバストも大きいという方なら、紅茶を飲むことでダイエットしながらバストサイズもダウンさせることが可能です。ただし、この方法は効果が出るまでにちょっと時間がかかります。

体重は増減を繰り返しながら徐々に減っていくものです。数ヶ月経ってダイエットの効果を実感できた時には、胸もワンサイズ小さくなっていると思います。紅茶を飲んで胸を小さくするダイエットは、長い期間をかけるつもりで取り組んでみてくださいね。

バストを小さくしたいという悩みは、あまり共感されないけど、実はよくある悩みでもあるのよね。

そんな女性にとっては、ダイエットしてバストの脂肪も同時に落とすのが、一番ポピュラーな解決方法よ。

手軽にいつでも飲める紅茶が、そんなお悩み解消の手助けをしてくれるなんて、ちょっとうれしいわよね。紅茶には美容効果もあるから、糖分には気をつけながら、積極的に飲んでみましょう!

この記事をシェアする!