「巨乳あるある」とは?胸が大きいのも意外と大変!?

「巨乳あるある」とは?胸が大きいのも意外と大変!?

現代日本では、一般的に胸の大きい女性が良いとされていますよね。世間にあふれているバストアップ関連の情報量からも、豊かなバストへの価値意識がうかがい知れます。

確かに貧乳に悩む女性にとっては、大きなバストは憧れです。でも、大きな胸の女性当人は、みずからの巨乳をどう思っているのでしょうか。巨乳って、本当に得なんでしょうか。

そこで今回は、今回は胸が大きい人がつい「あるある」と頷いちゃう、胸の大きな人にありがちなことを、良いことも大変なこと併せてご紹介します。

羨ましく思うことこそあれ、デメリットなんて考えたことがなかったという人も、巨乳女性の「あるある」を知ってみると新たな発見があるかもしれません!

大きな胸にはこんな苦労が!困った巨乳あるあるとは

「あるある」にもいろんな側面がありますが、まずは、ネガティブな「あるある」から見ていきましょう。

あせもや肩こりは代表的な「巨乳あるある」!

「夏は胸の谷間に汗がたまって、気持ち悪い!」「毎年夏になると必ずバストや谷間にあせもができる」というのは、巨乳あるあるの中でもかなりポピュラーなもの。

いつでも汗を拭き取れる場所ではないですし、かゆみが出たりすることもあるそうで、確かに大変そうですよね。(あせものかゆみ対策はこちらの記事に詳しく解説しています→胸のかゆみの原因と対策

また、胸が大きいと肩が凝るというのは、昔からよく聞くあるあるです。

胸が小さくても肩こりに悩む女性はいますが、胸が大きいと重さや恥ずかしさで前かがみの姿勢になりやすく、肩や背中が凝りやすいという傾向はあるようです。そう考えると、肩こりも巨乳ならではのデメリットとも言えますね。

こちらの記事には、肩こりを解消する方法をご紹介しています。長年肩こりにお悩みの巨乳の方は、一度覗いてみてくださいね!

胸が大きいとスポーツに不利!?

「走ると胸が揺れて痛い」「胸が重くて思う存分スポーツに打ち込めない」という声も、巨乳女子には多いもの。

確かに、学生時代を思い出してみても、スポーツ万能女子はみんなスレンダー体型だった気がします。それに、オリンピック選手に巨乳女性はあまりいない気もしますね。

速く走るとか高く跳ぶには、物理的には重ければ重いほど不利なわけですから、大きな胸という錘を持つ巨乳女性が運動に向かないのは確かでしょう。

本来はスポーツ好きなのにバストのせいで諦めざるを得ないなら、これはけっこう悲しいことかもしれません。

ちなみに巨乳女子に限ったことではないですが、運動するときはスポーツブラが必須です。詳しいことは、こちらをご参考に!→スポーツブラの特徴や効果を解説!

着られる服やブラが少ない

「服を、身体のサイズに合わせると胸のところだけキツイし、バストサイズに合わせると裾や袖が長くてブカブカになる」、「Vネックや身体のラインが出る服だと、無駄にエロくなってしまうから着られない」…。

胸の大きな女性たちには、こんな不満も「あるある」のひとつです。

特に、前をボタンで閉めるシャツやブラウスは巨乳女性にとっての鬼門で、ボタンがきれいに閉まることはほとんどないそうです。スーツを着なきゃいけない時なんか、困りそうですよね。(そんな女性はこちらもご参考に!→胸が大きい人のスーツの選び方

また、大きなサイズになるとブラジャーの種類が少なくなり、値段も高くなるというのも巨乳女子あるあるです。しかし、最近は大きいサイズ専門の下着ブランドも増えてきましたし、これについては改善されつつあるようです。

将来的に垂れる不安

バストが大きいと垂れやすいというのも、よく聞くお話ですよね。実際、「今は若いからいいけど、将来垂れてしまうのが恐怖でしかない」という不安はたくさん出てきました。

小さな胸と比較すると、大きいバストの方が重みで垂れやすい傾向があるというのは事実のようですし、その恐怖感は同じ女性として理解できます。

実際そんな恐怖のあるあるにお悩みの方は、垂れ乳の予防と改善方法についてあらかじめ知っておくと安心ですね。

他人からの視線が気になる!

水着になりたくないというのと共通する部分もありますが、巨乳女性にとっては男性からの視線や評価に困惑することも少なくないみたいです。

「彼氏は巨乳好きを公言していて、私のことが本当に好きなのか、私の胸だけが好きなんじゃないのかって、不安になる」「私よりももっときれいな巨乳がいたら、そっちへ行ってしまうんじゃないかと考えちゃう」などなど、かなり切実な雰囲気です。

うーん…貧乳だからモテないとお思いの女性を敵に回しかねないお悩みですが、巨乳女性にとっては深刻な「あるある」なんですよね。確かに、男は結局おっぱいか…と思える場面も多々ありますしね。男性の皆さん、巨乳女性にも人格はあります!!

巨乳への偏見がイヤ!

「胸が大きい女性は頭が悪い」だとか、「大きい胸は鈍感」だとか、昔は根拠のない偏見がありました。

…と思ったら、今でもこんなことを真実だと思い込んでいる人も結構いるようで、偏見にさらされて悔しい思いをしている巨乳女性もいます。

さらに、産後なかなか思うように母乳が出ないとき、「そんなに大きいのに出ないのか」と夫や義父に言われたという女性も!これはひどいですね。ちなみに、胸の大きさと母乳の出具合には、まったく因果関係はありません。

でもこれは、「サイズは小さいのに母乳はよく出るんだね」と言われる逆パターンも存在することが確認されております。不快感は同じくらいでしょうが、母乳が出ない辛さがある分、巨乳さんのデメリットの方が大きいと言えそうです。

Fカップの私には、どれもすごく分かります!学生時代は、走ったり水着にならなきゃいけない体育の時間が憂鬱でした。 あせもや肩こりにも、ずっと悩まされ続けてます。

でも、こんな困った「あるある」は口にしづらいですね。自慢しているわけではなくて、悩んでるのは本当なんですけど…。

確かにそうよね。身体的にも精神的にも、巨乳ってなかなか大変なことが多いわよね。

でもそれを素直に話すと自慢してると捉えられるというのもまた、巨乳あるあるのひとつと言えそうね。

あと、胸が大きいと太って見られるという声も多いわよね。太ってると思われないためには、身体にフィットした服を着なくちゃいけなくて、そうすると今度は胸への視線が気になるから、堂々巡りなのよね~。

大きな胸でよかったことも!うれしい巨乳あるあるとは?

さてさて、意外なほどたくさんの困った巨乳あるあるをご紹介しましたが、次にうれしい巨乳あるあるの方を見ていきたいと思います。「巨乳でよかったな~」と思えるような嬉しいあるあるには、どんなものがあるのでしょうか?

男性に喜ばれる

「男性は大きな胸が好き」というのは、動かしがたい定説でしょう。

時々、「女性が思うほど男性のみんながみんな巨乳好きなわけではない」という言い分も耳にしますし、確かに好みに個人差は大いにあるでしょう。

それでもなお、男性は巨乳が好きというのが真実だと実感している人は男女問わずたくさんいます。だって、顔や性格よりもおっぱいで付き合う相手を選んでいるという人だっているし、合コンではまず女性陣の胸をチラ見するじゃないですか。

不本意なこともあるかもしれませんが、巨乳が男性にとって魅力的で、喜ばれるものであることは間違いありません。

友達からうらやましがられる

女性同士は意外とお互いを観察し合っています。温泉やプールなどではさりげなく相手のスタイルを偵察するという女性も多いはず。そこまで裸や薄着になっていない普段でも、相手を見て「足が細くていいなぁ」「ウエストが細くていいな~」なんて考えているもの。

それと同じレベルで巨乳さんは「胸が大きくていいな~」と思われているものです。

こんなふうに友達にうらやましがられるのも、数少ないポジティブな巨乳あるあるのひとつです。

人から誉められたり羨まれたりすることで自尊心や虚栄心を満たすところのある女性にとっては、これは見逃せないメリットではありますね。

うんうん、私もいつも胸が大きい人ってうらやましいな~って思ってるよ!実際は大変なことも多いみたいだけど、でも胸が大きいだけで女子力が高い気がする!

女同士でもそうなんだから、男性からするともっと魅力的に見えるんじゃないかな?

これは確かに、私たち貧乳女子には味わえない、うれしいあるあるだよね!

そんなこともあるの?ちょっぴり意外な巨乳あるある

困ったあるあるに比べて、うれしい巨乳あるあるがずいぶんあっさり終わってしまって、「巨乳ってやっぱり嫌なものだよね…」なんて自虐的になってしまう巨乳女子もいるかもしれません。

でも、そういうわけでもないんです。胸が大きいことで、ラッキーな事やちょっと笑ってしまうような事もあるんです!ここでは、そんな面白あるあるを見ていきましょう。

バストが水に浮く

胸は脂肪の塊です。脂肪は軽いですから、大きな胸は水に浮くんです。お風呂に浸かっていると胸がプカプカ浮いてくるのも、密かな巨乳あるあるなんです。

ちなみに、お風呂だけじゃなく、海でもプールでも浮きます。ちょうど胸元の水位の時が一番浮いているのがわかりやすいです。

浮くのが気になって海水浴が楽しめないなんて人もいるので、そんなときはホールド力の高い水着用インナーをつけることをオススメします。

おへそや胸の下が見えない

胸が大きすぎて、おへそやお腹、胸の下側が見えない!という巨乳女子も多いです。

おへそは見えなくてもあまり困りませんが、食事中にお腹の辺りにソースが飛んでたのに「見えないから気付かなくて服にシミができちゃった!」なんてこともあるみたいですね。

胸の下側、特にアンダーバストの辺りが見えないと訴える胸の大きい人も多いです。ブラジャーのこすれなどで色素沈着などを起こしやすい場所ですから、こまめに鏡でチェックするといいですね。

目の錯覚でウエストが細く見える

胸が大きいと、多少ウエストが太くても、くびれのあるナイスバディに見られます!実際のウエストサイズが細いわけではないのに、胸との落差でくびれて見えるという、ある種のお得な目の錯覚です。

胸の大きい人本人はそんなにくびれていないと思っていても、周りの人から「くびれてる!」と言われるというのも、巨乳女子あるあるです。

胸が大きければお腹についた多少の肉も許されるなんて、素敵過ぎますね!

確かにお風呂に入ってると、胸は浮きますね。そのせいで、肩まで浸からないと、冬場は胸の上の方が温まらなかったりもします。

それに、多少太っても、くびれの印象は変わらなかったりします。それって、胸が大きいおかげだったんですね!

困ることも面白いことも!いろんな「巨乳あるある」があった!

胸の大きい人に共通の「巨乳あるある」、いかがでしたでしょうか。服選びが大変だとか、肩が凝りやすくなるとか、本当に困ってしまう悩みも多いものなのですね。

でも、うらやましがられる等のうれしいあるあるや、胸が浮くとかおへそが見えないとか、ちょっぴり笑えるような面白いこともあります。

バストアップに励むみなさんが見事大きなバストを手に入れたら、これらの「あるある」を実際に体感してみてくださいね!

頭痛に肩こり、人々の視線や偏見、下着や洋服選びの大変さ…困った「巨乳あるある」は、数え上げればキリがないわね。

巨乳は得してると思われがちだけど、デメリットもたくさんあるものなのよね。バストアップを望む女性も、これを知っておくと少し見方が変わるんじゃないかしら?

でも困ったことばかりじゃなく、うれしいものや面白い「あるある」もあるのよね。身近に巨乳女性がいたら、他のあるあるも聞いてみたいわね!