胸の左右差を改善する方法

2017/05/22

美しいバストの条件は、大きさや形はもちろんのこと、乳房の位置や左右のバランスが整っていることも重要ですよね(こちらもご参考に!→理想の綺麗な胸とは)。大きさや形には満足でも、左右差があることだけがお悩みという女性も少なくないのではないでしょうか。

でも、貧乳を大きくする方法は雑誌やネットでたくさん見つかるけれど、それに比べると左右のバストのバランスを改善する方法は意外と少ないですよね。

そこで今回は、胸の左右差を改善する方法についてご紹介します。完全に左右均等にすることは誰にもできませんが、限りなく美しくバランスの取れたバストに近づけることは可能です。ぜひ、お読みになって美乳づくりの参考にしてくださいね!

姿勢を正して両腕をバランスよく使おう!

誰でも多少はバストに左右差があるものですが、目立ってしまっているならそこには何らかの原因があるはずです。中でも一番多いのが、左右どちらかの腕だけをたくさん使うことや、姿勢が悪いことです。

まずは、それを改善する方法から見ていきましょう。

身体の両側を均等に使おう!

人はいったん習慣になってしまったら、無意識のうちに同じ動作を繰り返してしまうものです。しかし、そうやって同じ側だけを使うことが長期間続くと、筋肉の発達も偏り、バストの左右差にもつながってしまいます。

そこで、以下のような点に気を付けてみましょう。

  • かばんや荷物をときどき左右に持ち替える
  • 片側に負担のかかるスポーツや仕事をしている人は反対側も鍛える

つまりは、両側を同じくらい使うようにするということです。

とはいえ、右利きの人は字を書いたり包丁を握ったりするのは右側になり、これを左側でもやるというのはちょっと難しいですよね。そこで、掃除機や布巾を使うときは左手で持つなど、利き側ではない方を使っても支障がない動作はそちら側を使うようにするとよいでしょう。

かばんを適宜持ち替えるというのも、すぐに実践できる有効な左右差改善法です。長く続ければ変化が見えてくるはずですので、ぜひ試してみてくださいね。

姿勢を正しくキープ!

姿勢を正しくすることも、両胸のバランスを改善するためには、とても重要なポイントです。姿勢が悪くて身体が歪めば、当然バストの位置も歪んでしまいますので、以下のイラストのように、まっすぐな姿勢を心がけましょう。

正しい姿勢と悪い姿勢

また、座っているときにも普段の姿勢のクセが出やすいので、以下のような点にも要注意です。

  • 座るときは足を組まない
  • 横座りやぺたんこ座りは避ける
  • 立っているときも足をクロスしない
このように、立っているときも座っているときも正しい姿勢を意識すれば、徐々にバストのアンバランスさも解消されていきます。身体のゆがみが取れれば、自律神経や女性ホルモンのバランスも良くなりますから、バストアップ効果も期待できますよ!
なるほど~。言われてみれば、カバンはいつも同じ手で持ってしまいがちだよね。反対側に持ち替えると、何だか妙に持ちにくかったりして…。

でも、これって片方にヘンな癖がついちゃってるってことだよね。できるだけ、意識して持ち替えるようにしなきゃね!

立ってるときも座ってるときも正しい姿勢を身につければ、左右のバランスがきれいにとれたバストになれるんだね。左右差が気にならない人にとっても、普通にバストアップ法として効きそうだね!

エクササイズで骨盤のゆがみを取る!

次にご紹介する左右差解消法は、骨盤のゆがみを取るエクササイズです。

姿勢のゆがみともつながりますが、骨盤が歪んでいる女性も決して少なくなく、それはバストの大きさや形の違いはもちろん、全身の不調にもつながることがあります。

ぜひ、エクササイズで骨盤のゆがみを取ってくださいね。

骨盤回し

まずは、基本的な骨盤回しからご紹介します。

骨盤回し

《骨盤回し:右回りと左回りで各30回ずつ一日2セット》
1. 両足を肩幅程度に開く(膝はまっすぐ)
2. 両手を腰に当てる
3. 右、後ろ、左、と順番にゆっくり回す(骨盤を動かすイメージ)

慣れてくれば腰の手ははずしてかまいません。歯磨きなどの合間にすると良いでしょう。

おしり歩き

次は、座って行うエクササイズです。


おしり歩き

《おしり歩き:10秒程度の前進と後進を、休憩をはさんで3セット》
1. 足を揃えてひざを伸ばして床に座る(背筋を伸ばす)
2. 上半身を大きく捻りながら左右のおしりで前進する
3. 10秒間前進したら今度は後ろ向きに戻る

おしり歩きもとっても簡単ですよね。毎晩テレビを見ながらの習慣にしてはいかがでしょう?

自宅でのエクササイズでは不足だという方は、骨盤矯正サロンやクリニックの利用もおススメですよ。

骨盤回しにおしり歩き、どちらも簡単だし、実際にやってみたら身体がほぐれて気持ち良かったです!毎日続けたくなりました。

骨盤矯正っていうと、専門家のところに通わなければならないイメージがありましたけど、こうやって自宅でできるエクササイズもあるのはうれしいですね。

そうね。これらのエクササイズは、いつでもできてお金もかからないから続けやすいわよね。

でも、自宅でのエクササイズをしばらく続けてみても、まったく左右差が改善されていないと感じたら、専門家の治療もおすすめよ。

専門家なら、姿勢や骨盤の状態からチェックしてもらえるから、バストの左右差も効率的に治りやすいわ!

授乳後のバストを左右差が目立たないようにするには?

赤ちゃんにおっぱいを飲ませることが原因で、左右のバストの大きさが違ってしまうこともよくあります。でも、だからといって母乳育児をあきらめるもの、もったいないこと。そこで、母乳を飲ませながらも左右差が出てこないようにする対処法をご紹介します。

できるだけ吸わせよう

授乳によって胸の左右差が大きくなってしまうのは、赤ちゃんにとって飲みやすい方だけをたくさん吸わせていることが原因です。

なので、できるだけ両側から均等に授乳することが、左右差を生み出さない秘訣です。

そのために、以下の点に気を付けましょう。

  • 妊娠中から乳首マッサージをする
  • 出にくい側もあきらめずに吸わせる
  • 小さい方のバストから先に吸わせる

乳首の形や硬さによって赤ちゃんが吸いづらいことがあるのですが、妊娠中からマッサージで乳首をほぐしておくことで、赤ちゃんに選り好みすることなく飲んでもらいやすくなります。

また、どうしてもよく出る方ばかり咥えさせたくなりますが、母乳の出の悪い方、左右差がすでにある場合は小さい方から吸わせるようにすることで、じょじょに左右差をなくしていける可能性が高まります。

授乳中の姿勢にも注意!

赤ちゃんを抱っこしておっぱいを飲ませるときは、どうしても猫背になりがちです。赤ちゃんが小さい頃は授乳の回数も多いですから、1日のうちでけっこうな時間を猫背で過ごすことになってしまいます。

また、赤ちゃんを抱っこするとバランスを取ろうとして反り腰になりがちなのもあって、育児期は姿勢のゆがみや骨盤のゆがみが起こりやすいときです。

正しい授乳の姿勢

上記のイラストを参考にしていただき、卒乳後もきれいなバストをキープしてくださいね。

授乳で胸の形が変わっちゃったとか、左右がアンバランスになっちゃったっていう話を聞くと、赤ちゃんにおっぱいをあげるのもちょっと不安になるよね。

でも、妊娠中から準備することや、出ない方を最初に飲ませることで、左右差を解消していくこともできるんだね。

妊娠する前に知ることができてよかったよ!でも、まずは相手を見つけないといけないけどね…。

左右差を目立たなくする豊胸手術もあります

姿勢の改善や骨盤矯正に取り組んでも左右差が気になったままで、どうしても解消したいという方には、最終手段としてバストのバランスを整える豊胸手術もあります。どのような手術なのか、簡単にご紹介しておきます。

どんな手術法があるの?

左右差を改善するための手術には、小さい方を大きい方に合わせるものと、逆に大きい方を小さい方に合わせるもの、そしてサイズを合わせながら両方を大きくするものの3通りがあります。

小さい方を大きい方に合わせる手術と、両方を大きくする手術は比較的簡単で、ヒアルロン酸注入法などがよく利用されます。その他、お好みによってシリコンバッグ挿入法や脂肪注入法などが選択されることもあります。

一方、大きいバストを小さい方に合わせて縮小する場合は、脂肪吸引や脂肪溶解注射など、豊胸術の範囲を超えた施術が必要となります。

いずれのケースも、医師にしっかりと希望を伝えたうえでよく相談して、後悔のないようにしましょう。豊胸手術については、ぜひこちらも合わせてお読みください。→豊胸手術方法一覧

豊胸手術って、大きくするための手術というイメージが強いですけど、左右差を解消する施術もやっているんですね。

片方だけ大きくするのは簡単そうですけど、小さい方に合わせるというのはちょっと難しそうですね。

どんなバストになりたいかという希望によっても、施術法や金額が大きく違ってきそうなので、じっくりカウンセリングを受けてからにした方がいいですね。

左右差の改善方法は姿勢の改善から豊胸術まで様々!

左右差のあるバストは、いったん気になりだすとどんどん大きなお悩みになってしまうものですよね。病気による左右差でなければ、ブラにパッドを入れて調整するという対応だけでも問題ありませんが、根本的に治したいならさらなる対策が必要です。

まずは、カバンを持つなどの日常的な動作を左右均等に行うよう意識することが、その第一歩です。そして、姿勢を正し、骨盤の歪みがありそうならエクササイズなどで矯正するなど、今すぐ取り組める改善法もいろいろあります。

授乳期の女性ならちょっとした工夫で左右差が出ないようにできますし、最終的には豊胸術という手段もあります。自分に合った方法で、コンプレックスを解消していきましょう!

バストの左右非対称は誰にでもあるものだけど、あまり気になるようなら改善するような対策が必要ね。

姿勢や骨盤が歪んでいることも考えられるから、あまり左右差が大きいようなら、たとえ自分では見た目的に気にならなくても、対策を取った方がいいこともあるのよ。

左右両方を使うようにするとか姿勢を正すとか、日常生活の中でちょっと意識を変えるだけで実践できる対策もあるから、思い立った時にすぐ始めてみてね。

完全な左右対称にならないとしても、気にならないレベルにはなれるから、普段の生活から専門家にお任せすることまで、希望に応じて最適な対策を実行していきましょうね。

この記事をシェアする!