黒ずみ乳首をピンクにする方法

2017/03/22

そうそう他人に見せる場所ではないものの、やっぱり見えないところまでキレイにしておきたい!というのが女の性。

とはいえ、どうすれば解決出来るのかわからない、というものもありますよね。

例えば「乳首の黒ずみ」。キレイな色にしたいけれど、具体的にどうすればいいのかわからないから放置…という方もいるのではないでしょうか?

でも!お手軽な方法からちょっとお金や手間がかかるものまで、乳首の色をキレイにする方法は実は色々あるんです。

この記事では、乳首の色をピンクにする方法をメリット・デメリットなども踏まえてご紹介します。明日から出来る方法もありますよ!

また、先に乳首をピンクにする方法を知りたい方は「人気の黒ずみ対策クリームランキング!」をチェックしてみてくださいね。

乳首の黒ずみ解消クリームを使ってピンクにする!

一番お手軽、といい切ってもいいかもしれない方法、それが「乳首の黒ずみ解消クリーム」を使用することです。

ネットで多くの商品が発売されており、デリケートゾーンやワキの黒ずみ向けの商品もありますが、多くはバストトップにも使用OKとなっています。

バストトップのケアをとりあえず始めたい!という方にオススメと言えるでしょう。

乳首の黒ずみ解消クリームってどんな商品なの?

多くの乳首の黒ずみ解消クリームは「医薬部外品」です。

医薬部外品とは、医薬品である「治療」の効果はないものの、厚生労働省が認可した効果・効能として有効と認められる成分が一定の濃度で配合されている商品です。

医薬品が治療のためのものという位置づけであれば、医薬部外品は「防止」という位置づけです。例えば「肌荒れを防ぐ」といった感じですね。黒ずみ解消クリームであれば「メラニン色素の生成を防ぐ」といった感じでしょう。

「アルブチン」や「トラネキサム酸」といった美白成分が入っており、加えて「コラーゲン」などの保湿成分も配合されている商品がほとんどなので、バストトップのケアにピッタリと言えますね。

乳首をピンクにするクリーム一覧の記事もございますので、ぜひ読んでみてくださいね!

美白クリームを使用する際のメリットは何がある?

次は黒ずみ解消・美白クリームを使用する際のメリットをご紹介します。

まずはきちんと美白成分が含まれていること。医薬品よりも効果は低いですが、きちんと有効成分が含まれているので効果を期待することが出来ます。

続いては種類が沢山あること!…それっていいことなの?と思われるかもしれませんが、「この商品しかない!」となると、効果が出なくても仕方なくその商品を使わなければならないかもしれませんし、身体に合わなかったらもうクリームでの対策が取れないことになります。

しかし種類が沢山あれば、Aという商品が肌に合わなくてもBという商品で効果がでた!なんてことも十分にありえます。

次に挙げられるメリットとすれば「お手軽に出来る」ということですね。クリーム以外にも美容液タイプやジェルタイプなど様々なテクスチャのものが販売されていますが、いずれも気になる部分に塗布するだけでOK。しかも朝・夜の2回なので大きな手間になりません。

ネットで簡単に入手出来るところもメリットと言えるでしょう。

多くの黒ずみ解消クリームはネット販売をしており、単品は9000円前後とちょっとお高めの価格ではあるのですが、「定期購入」サービス(毎月1本など定期的に自動で購入するサービスのことです)を利用すれば、半額程度で購入可能です。

発送時の梱包もバレないようにしてくれたり、商品のパッケージ自体も化粧品のようなデザインのものばかりなので、使っていても他人にバレにくい点も魅力ではないでしょうか。

まとめますと、

  • 医薬部外品が多いので効果も期待できる!
  • 種類が沢山あるので自分に合うものを選べる!
  • 使用方法が簡単で継続も手軽!
  • 定期購入を利用すれば5000円程度のコストでOK!

といったところでしょうか。

ちなみに私が実際に10本ぐらいいろんなクリームを試してみましたが、下のが効果バツグンでしたよ。
あの有名な湘南美容外科が共同開発したこのクリームは値段も手頃で医者が作っているので効果バツグンです。

メリットだけじゃない!美白クリームのデメリットって?

メリットをご紹介しましたが、続いては美白クリームの「デメリット」についてご紹介しましょう。デメリットはありません!…と言えればいいのですが、残念ながらデメリットと言える部分もないわけではないんです。

もちろん人によっては「これはデメリットには当たらない」ということもあると思いますので、あくまで参考程度に見てくださいね。

何よりも一番と言えるデメリットは「効果が出ないことがある」ことです。「治療」を目的とした医薬品ではありませんので、その効果が出るまでは一定の時間がかかります(人によっては早く出ることもあります)。

1ヶ月くらいで出る人もいれば、4ヶ月くらい経っても出ないこともあるでしょう。半年くらい使い続けても結局効果を感じられなかった、なんてこともあるかもしれません。

さらに、商品に含まれている成分によっては肌に合わず、逆に荒れてしまったり赤くなってしまうなどのトラブルを引き起こすこともあります。これは美白クリームに限らず起こることなのですが、こういった商品は基本的にサンプルがありません。

ですのでサンプルで試してから…ということはできず、試すためには一度購入しなければならないんです。敏感肌の方でも利用できますと多くの商品で謳われていますが、肌が弱い方からすればバクチと言えるかもしれません。

もちろん返金保証がついている商品ばかりですので、お金がムダになることはないのですが、やっぱりサンプルで試してから…という方にはちょっと不向きです。

加えて、安く購入可能な「定期購入」ですが、「最低でも2回は購入が必要」といった縛りがあります。仮に効果を感じられなくても最低2~3回は購入しなければならない点についてもちょっとストレスを感じる方がいるかもしれません。

こちらもまとめますと

  • 商品によっては効果が出ない
  • サンプルがないので購入するしかない(返金保証はあり)
  • 安く購入するなら縛りつきの定期購入で買う必要がある

となるでしょう。

商品の数が多いのも悩み!?ランキングを参考にしてみて

このような悩みを持っている女性は多いのか、非常に数多くの黒ずみ解消アイテムが販売されています。

しかし種類が多すぎて「どれを購入すればいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

それぞれのホームページなどを見て「これかな?」と自分で納得出来る商品を購入するのが一番ですが、他の人はどの商品を使っているんだろう…と気になることもありますよね。

そこで、こちらにランキングを用意してあります。先程のデメリットの点を考慮しても自分に合うかどうかは試してみないとわからない部分はありますが、多くの人が利用している=効果が高く、合わない人が少ないと考えることも出来ますので、参考にしてみてくださいね。

ホワイトラグジュアリープレミアム

バストだけでなく、全身どこでも使用可能!
価格
通常価格9,980円→5,980
内容量
25g(1ヶ月分)
使用方法
朝と夜の2回塗布
有効成分
ヒアルロン酸 プラセンタなど
  • 2016口コミ総選挙AWARD美白部門受賞
  • 最大90日間全額返金保証制度
  • 定期購入すればするほど割引率が上がる!
ホワイトラグジュアリープレミアムをご利用者の声
  • mammyさん(23歳) ★★★★★
    大学時代に付き合ってた彼氏に「乳首黒くない?」と言われて、その後にも2、3人の男性から同じことを言われて…。それからずっとコンプレックスだったけど、この「ホワイトラグジュアリープレミアム」を試したら、使い始めて3週間ぐらいで、少し色に変化が!
    今は自分の胸に自信が持てるようになって本当に感謝しています。
  • ユカさん(21歳) ★★★★☆
    友人のピンクの乳首が羨ましくて、思いきって聞いてみたらこの「ホワイトラグジュアリープレミアム」を勧められました。自然にピンクなのかと思っていたからびっくり笑。もっと早くから始めてれば良かった!と思うぐらい私の乳首はピンクになりました♪
  • ガチャピンさん(27歳) ★★☆☆☆
    温泉旅行で友達の胸をまじまじと見て、自分の乳首は黒いかも?と思い使い始めました。
    2週間ほどで効果を感じると他の口コミでありましたが、私はまだ効果が見えません…涙。もう少し継続が必要そうです…。

ホスピピュア

湘南美容外科と共同開発した乳首美白専用クリーム!
価格
通常価格9,000円→5,500
内容量
30g(1ヶ月分)
使用方法
朝と夜の2回塗布
有効成分
トラネキサム酸など
  • 自然な血色の良いバストトップを目指すため脱色剤を使用していない!
  • 2016年モンドセレクション金賞受賞
  • 最大90日間全額返金保証制度
ホスピピュアをご利用者の声
  • みかさん(29歳) ★★☆☆☆
    他の会社のクリームもいくつか試してみたけど、これが一番効果があった気がします。乳首だけじゃなくてデリケートゾーン周りにも使えるのがとても良いです。でも乳首以外のところにも使うとなると少しコストがかかるかな…。
  • yu-ko251さん(34歳) ★★★★☆
    「ホスピピュア」は湘南美容外科と作ったクリームということだったので買ってみました。そんなに期待しないで注文してみたのですが、ここまで色に変化があるとはびっくり!もっと早く出会いたかったです笑
  • ミクポンさん(18歳) ★★★★★
    まだ10代なのに、自分の乳首の色が本当に嫌でした。誰にも相談できなかったけど、ネットで「ホスピピュア」を見つけて即買いしました。少しづつだけど、色が気にならなくなってきました。まだ見せる相手はいないけど、彼氏ができた時のために準備しておきます(*^^*)
通販で購入できて、かつ定期購入である程度安く買えるなら、これから黒ずみ解消ケアをしてみよう!という時に気軽に始められますね。

まずは乳首専用クリームで試してみるのも良いかもしれませんね。

クリニックでクリームを処方してもらってピンクに!

もうちょっと本格的に、確実に効果が出る方法で乳首の黒ずみをなくしたい!という方であれば、クリニックでクリームを処方してもらう方法がオススメです。

ネットなどで簡単に入手出来る「黒ずみ解消クリーム」は、先程も説明しましたように「医薬部外品」でした。しかしクリニックで処方されるクリームは「医薬品」。治療のために高い効果のある成分を配合していますので、より高い効果をのぞめます。

どのような成分が配合されているクリームなのかを説明しつつ、価格や使用方法も合わせてご紹介します。

黒ずみに高い効果を発揮する成分「ハイドロキノン」

多くの医療機関で処方されるクリームには「ハイドロキノン」と「トレチノイン」という2つの成分が配合されていることがほとんどです。2つの成分が1つになったものではなく、2種類のクリームを処方される形になります。

まずは「ハイドロキノン」についてご紹介しましょう。こちらは下記画像のようにメラノサイト自体の活動を弱めることと、「チロシナーゼ」というメラニン色素を作るように命令する酵素の働きを抑える効果がある成分です。

メラニン色素が黒ずみの原因といっても過言ではないですから、その働きを抑えてくれるなんてまさに救世主!

メラノサイト

その効果は非常に高く、美白化粧品にも多く使われている「アルブチン」の10倍以上と言われています。

単体では肌に浸透する力が弱いため、黒ずみ治療の際は次にご紹介します「トレチノイン」と合わせて使用することが多いです。

ハイドロキノンはいわば肌の「漂白剤」。これからの黒ずみの予防だけでなく、現在の黒ずみに対してもかなり効果は高いものですが、その分副作用もあります。

副作用として代表的なものは

  • 白斑
  • 肌の赤み・かぶれ
  • アレルギー症状

などです。特に白斑は美白化粧品を使用することで引き起こされてしまったと昔ニュースになりましたので、知っている方も多いと思います。また、長期の使用はできず、3ヶ月使用したら1ヶ月程度使用を休止する必要があります。

ハイドロキノンは強力な分、使い方を誤ってしまうとリスクがある成分ですので、必ず医師の指導のもと使用するようにしましょう。

ハイドロキノンをサポートする働きがある「トレチノイン」

そしてそんな「ハイドロキノン」とタッグを組んで使われるのが「トレチノイン」です。

実は、ハイドロキノンには将来の黒ずみを減らす力はあっても、現在の黒ずみを減らす力はありません。そこでトレチノインの力を借りることになるんです。

トレチノインは「ビタミンA誘導体」のことで、ビタミンAは代謝の促進や皮膚の細胞を増やすなど、ターンオーバーを早める効果があるんです。

一般的なターンオーバー周期は約28日ですが、トレチノインを使用することで半分の14日に短縮することが可能!つまり、現在色素沈着している角質を普段よりも早いペースで排出することが出来るというわけです。

ハイドロキノンがメラニンの働きを抑制している上にトレチノインでターンオーバーを早めている…ということは、黒ずみ部分の皮膚がなくなり、ピンク色の皮膚が現れる、ということ!

ただ、トレチノインも肌に赤みが出る、ピリピリするなどの副作用を感じる人がいます。

パッチテストを受けることも可能かと思いますので、心配な方はまず自分の肌に合うか試してからにしましょう(医師から推奨されることももちろんあります)。

基本は自宅ケア。通院は1~2ヶ月で1回でOK!価格は高め…

こういった「ハイドロキノン」「トレチノイン」を扱っているクリニックは基本的に「美容皮膚科」ですが、総合的な美容医療を行っている「美容外科」でも扱っていることがあります。

基本はクリームを処方してもらい、自宅でケアをするという形なので1週間に1回通院しなければならない…ということはありません。ただ、どのようになっているか経過を見るために1ヶ月~2ヶ月に1度程度の通院は必要になります。

塗り方や量などは医師がきちんと指導してくれますので特別迷うことはないはず。

気になるのは価格ですが、そこは病院ですのでまず「初診料」が必要になります(無料のところもありますが)。加えて診療費やクリーム代…となるわけですが、こういった黒ずみ治療は「保険適用外の自由診療」となるため、価格がクリニックによってまちまちです。

使用するクリームもクリニックによって違い、輸入しているところもあれば独自の配合でオリジナルのクリームを作っているところもあります。

参考程度に、いくつかのクリニックでの治療費を表にしましたので、参考にしてみてくださいね。

クリニック名 価格
大宮中央クリニック 29,800円
高須クリニック 30,000~32,000円
東京美容外科 2,000円(ハイドロキノン配合オリジナル)
自由が丘クリニック ハイドロキノン
2%:800円/5%:1,300円
トレチノイン
0.05%:6,500円/0.1%:7,000円
浦安サンクリニック 2,200円(ハイドロキノン)
紀尾井町プラザクリニック 30,000~40,000円(東大式トレチノイン)
大西皮フ科形成外科 10,000円(東大式トレチノイン2種)

自由診療だけあって、価格はバラバラです。診療費が含まれているもの、ないものなどクリニックによって違いがありますので、詳しい価格は問い合わせるのが一番でしょう。

クリニックでのクリーム治療まとめ。メリットやデメリットは?

最後にこちらのトピックのまとめを作っておきましょう。

メリット デメリット
・医薬品なので効果が高い
(2ヶ月程度で実感可能)
・医師の指導の元行えるので安全
・市販のクリームより価格が高い
・通院する必要がある
・副作用が出ることもある
・妊娠中・妊娠予定の女性は
 絶対に使用できない

こんなところでしょうか。確実に効果を出したい!という方は多少高くてもクリニックで治療を受けた方がいいでしょう。

でも通院は面倒、お金をそこまでかけられない…という方はまず黒ずみ解消クリームを使ってみて、それから考えてみてもいいかもしれませんね。

ハイドロキノンって「肌の漂白剤」って言われるくらい効果が高いんだね。確かにそこまで強いと副作用が出てしまってもおかしくないだろうけど…。

でも、それだけ効果が高ければ自分でネット通販とかで買えたらよさそうなんだけどな。でも、これだけ効果が高いとやっぱり簡単に手に入れることはできないの?

ハイドロキノンやトレチノインも濃度が低ければ(2%以下)、個人輸入でクリームを手に入れることは実は可能よ。だけど使い方を間違えると肌がボロボロになったり副作用が出ることもあるから、個人的にはオススメしないわ。

きちんと医師の指導を受けて、病院で処方されているものを使うのが一番よ。

ちなみに、最近ではハイドロキノンの代わりに「ルミキシルペプチド」という成分が注目されているわ。天然由来だから妊娠中の女性でも使えるのもポイントね。まだ扱っているところは少ないでしょうけど、興味を持ったなら調べてみて。

美容クリニックでレーザーを照射してピンクに!

クリニックで受けられる乳首・乳輪の色の治療方法はクリームだけではありません。クリニックにて「レーザー治療」を受けることで乳首の色をピンクにすることも可能なんです。

レーザーというとちょっと怖い感じがしますが…どのようなしくみで色が薄くなるのか、どれくらいの価格なのか、そしてどのようなメリット・デメリットがあるのかご紹介したいと思います。

どうしてレーザーで乳首の色を薄く出来るの?

どうしてレーザーで乳首の色が薄くなるのか、ちょっと疑問!という方もいると思いますので、簡単にですが説明させていただきます。

レーザー、いわゆる光はその種類によって、吸収される色などが決まっています。紫外線であれば黒い服を着ていれば吸収される…といいますよね、それと同じです。

なのでくすみ(メラニン)に反応するレーザー光線を当てることで黒い部分だけが焼かれ、新しいキレイな皮膚が出て来る…という仕組みなんです。

シミの治療にレーザーが使われることが多いですが、それと同じ。乳首に残ったメラニン色素をレーザーで破壊することにより、キレイなピンク色の乳首をゲット出来る!というわけです。

クリニックによって使用するレーザー機器が違うので注意!

ここで注意しておきたいのが、クリニックによって使用しているレーザー機器が違う、ということです。

乳首の黒ずみ除去の場合、クリニックではたいてい

  • QスイッチYAGレーザー
  • ピコレーザー

のどちらかを使用しているはずです。

この2つの違いは「照射時間」です。レーザー光線はそもそもが強い光のため、長時間あててしまうと黒ずみを消したい部分はもちろん、それ以外の部分も炎症を起こしてしまうことがあります。

しかし照射時間が短いと、他の部分に与える影響が少なく、かつ効果的に狙った部分のメラニン色素を破壊出来るため「レーザー機器として質が高い」と判断されます。

QスイッチYAGレーザーは、「6ナノ秒」という1億分の1秒以下のみレーザー光線が出るように作られている機器で、ピコレーザーはそれよりも短時間(1兆分の1秒)の照射時間となっています。

ピコレーザーの方が最新機器と言えますので、「最新医療機器で治療を受けたい!」という方はピコレーザー「エンライトン」を所有しているクリニックを選ぶといいかもしれません。

レーザー治療のメリット・デメリットは?

続いてはレーザー治療のメリット、及びデメリットに言及していきましょう。

レーザー治療のなによりのメリットは、多くの方が効果を感じられることでしょう。

こちらの画像は「名古屋中央クリニック」にてBODYトーニングを受けた際のイメージ画像ですが、段階的にメラニン色素を破壊することでだんだんと理想的なピンク色に近づけていくことが可能です。

BODYトーニングを受けた際のイメージ画像

また、クリームなどに比べて効果の出が早いのもメリットと言えるでしょう。治療時間も1回5分程度と早く、施術当日でも入浴可能など制限が少ないのも嬉しいところですね。

しかしデメリットもそれなり…。まずは「価格が高い」ことが挙げられます。具体的な価格は次にしっかりとご紹介しますが、クリームと比べると10倍近くお金がかかります。

さらに、1回ですぐにピンクになるというわけではなく、効果が出るまでは5回~10回程度の照射が必要になるため、レーザー照射のために通院しなければならないといった手間もかかります。

加えてダウンタイム(腫れやかさぶたなどが出来、それが落ち着く期間)が1週間程度必要ですので、その間は人に見られることは避けたほうがいいですね。

そして、個人差こそありますが「余り効果を感じられなかった」という方も確実にいます。これはクリームもそうなので特別レーザー治療だけがそう!というわけではないのですが、お金をかけて効果がないと、ちょっと悲しいですよね。

価格はクリニックによって違う。しっかりと下調べを!

それでは、いくつかのクリニックのレーザー治療の価格をご紹介します。実際にかかる費用と違うこともありますので、あくまで参考程度にお考えください。

当たり前ですが「自由診療」にあたりますので、価格はまちまちです。

実は乳首の黒ずみにおけるレーザー治療は行っているクリニックが少なめです。

先程のハイドロキノンクリームのみを取り扱っていてレーザー治療を行っていないクリニックも多いので、住んでいる地方によってはちょっとクリニック探しが大変かもしれません。

クリニック名 レーザー種 価格
秋葉原中央クリニック ピコレーザー 1回/138,000円
(ルミキシル1本つき)
福岡博多駅前通
中央クリニック
Qスイッチ
YAGレーザー
1回/10,000円
6回/50,000円
名古屋中央クリニック ピコレーザー トライアル/16,200円
5回/108,000円
10回/162,000円
ルーチェ東京美容クリニック ピコレーザー 148,000円
※1回でOK
ガーデンクリニック Er:YEGレーザー 1回/40,000円
3回/90,000円
「ガーデンクリニック」にて使用されている「Er:YEGレーザー」はYEGレーザーであるものの水分に反応しやすいという特徴を持っていて、歯科医療や女性器(膣)の治療に使われることが多いレーザーです。中では珍しいものだと思い紹介させていただきました。

価格は本当にまちまちですので、「どのくらいの期間通院しなければならないのか」「照射回数は何回程度になるのか」「価格はどのくらいになるのか」など、カウンセリングでしっかりと聞いておきましょう。

シミにレーザー治療、というのはよくある話ですけれど、乳首やデリケートゾーンの黒ずみ治療にも利用することが出来るんですね。

肌を痛めることもなく、かつ効果が高いというのは大きなメリットに感じられます。でもその分お金がかかるので、簡単に決断は出来ないですね…。

肌質などによってはレーザー治療を受けられない方もいるようですので、その点も注意しないといけないですが、クリームなどを使っても効果がなかった、というタイミングで考えてみてもいい方法かもしれません。

他にも出来ることはある!黒ずみ防止のケアって?

黒ずみ専用クリームを使用する方法、クリニックでハイドロキノンなどを配合したクリームを処方してもらう方法、そしてレーザー治療で色を薄くする方法と、3つの方法をご紹介してきました。

いずれも有効な方法ではありますが、それなりのリスクがあるのも事実です(特に金銭面でしょうか…)。

「効果があるのはわかるけど、もうちょっと手軽な防止策や対策方法はないの?」という声もあるかと思います。

そこで、特別お金をかけたりすることもなく気軽に取り入れることが出来る、乳首の黒ずみ防止策をこちらのトピックではご紹介したいと思います!

美しさは内側から!ターンオーバーを促す食品を摂ろう

乳首や乳輪に限らず、ビキニラインなどの黒ずみや、顔に出来るシミも、全ての元凶は過剰に作られたメラニンがターンオーバーでも剥がれず留まってしまっているためです。いわゆる「色素沈着」というやつですね。

でも、いうなればきちんとターンオーバーが行えていれば黒ずみが肌にとどまる可能性はぐっと低くなると言えますよね。

そこで、ぜひとも取り入れて頂きたいのが「ターンオーバーを促進させる食材」。

さすがにケミカルピーリングやトレチノインのようにはいきませんが、現代の生活…いわゆる睡眠不足や栄養の偏りにより、ターンオーバーの周期が乱れてしまうことも多い中、正しいターンオーバー周期にすることは身体にとって大切なことです。

とはいえどのような栄養素を摂取すればいいのか?といいますと…「ビタミン(A・B・C・E)」「亜鉛」「タンパク質」など、様々な栄養素をバランス良く摂取することが大切になります。

具体的な食材はこちらの表にまとめました。

栄養素 含まれる食べ物
ビタミンA
(皮膚を修復)
レバー類・うなぎ・かぼちゃ・トマト・ほうれん草など
ビタミンB
(皮膚の発育促進)
レバー・魚(イワシ・さんま)・ナッツ類など
ビタミンC
(抗酸化作用・黒ずみの抑制)
柑橘類・ピーマン・ブロッコリー・緑茶など
ビタミンE
(抗酸化作用・血行促進)
アーモンドなどのナッツ類・小松菜・アボカドなど
亜鉛
(代謝の促進)
牡蠣・ホタテ・レバー類・チーズなど
タンパク質
(皮膚の材料)
卵・肉類・魚介類・乳製品・大豆製品など

黒ずみ以外にも様々な嬉しい影響がある栄養素ばかりですので、「最近偏った食事が多いな」「あんまりきちんとご飯を食べられてないな」という方こそ、きちんと食べていただきたいですね。

毎日は大変でも週末だけ、お昼は意識してその食材を摂る…というくらいからでも十分です。

摩擦は大敵!ブラのサイズや洗い方にも注意して

次に出来る対策は「出来るだけ摩擦を抑える」ことです。

もちろん生きている中で動きますから多少の摩擦は仕方ないことです。しかし、例えばサイズの合わない下着を着用していると身体が締め付けられ、乳首だけでなく背中やワキなどにも黒ずみが出来てしまう可能性も十分にあります!

それでなくとも、サイズが合っていないブラをつけるのはバストの形が崩れてしまう、バストサイズが小さくなる(可能性がある)…などなど、嬉しくないことばかりです。

年に1回程度のペースで、きちんとフィッティングして自分に合うサイズのブラを購入するようにしましょう。

そして、お風呂などでつい黒ずみが気になってゴシゴシこすってしまう…なんてことはやっていませんか?

これも黒ずみを増やしてしまう立派なNG行為!これまでやっていたという方は今すぐやめましょう。

お風呂で身体を洗う時は柔らかいスポンジか、泡たてネットを使って泡を立てて手で撫でるように洗うのがオススメです。きちんと汚れもとれますし、かつ肌を傷つけることもありませんよ。

自前の美白化粧品をとりあえず使ってみるのもアリ!

既に首やデコルテ、顔などに美白化粧品を使っている、という方でしたら、それを乳首にも使用するのも十分にアリ!です。

美白化粧品であっても有効成分は入っているわけですから、軽い黒ずみでしたらキレイに取れる可能性もあります。

ただし、化粧品は「医薬部外品」よりも効果レベルとしては低いので、いくら頑張って化粧品分類の美白クリームを塗っても、黒ずみ解消クリームと同等の効果を得られるというわけではないことは覚えておきましょう。

(もちろん化粧品と言われる商品の中でも医薬品や医薬部外品のものもあります。成分表示にきちんと書かれていますので、ご自身が使用している商品をチェックしてみてください!)

乾燥も大敵!きっちりと保湿ケアを忘れずに

お肌の乾燥は大敵、といいますが、乳首に関しても同じで乾燥は大敵!

乾燥していると摩擦のときの刺激がより強くなりますし、乾燥から肌を守るためにメラニン色素が生成されることもあるとか。

特にお風呂上がりは乾燥しやすいので、美白クリームでなくとも保湿クリームを塗るといったケアをしておきましょう。

ついでにバストアップのためのマッサージもしておけば一石二鳥!?

ストレスをためない生活を。ホルモンバランスも意識して

あとは…なかなか難しいことですが、ストレスをためないことも大事です。

特に女性はストレスが溜まることでホルモンバランスが崩れてしまい、それが原因で様々な不調を引き起こしてしまうからです。

黒ずみの原因のひとつにホルモンバランスの乱れもありますので、できるだけバランスは整えておきたいところです。

イソフラボンが含まれている食品…豆腐や納豆などを意識して摂るようにするなどしたいですね。

クリームを買ったり、病院にいかないとダメかな…とも思ってたけど、これだけ出来ることもあるんだね。

食材なんかはまだ簡単に取り入れられるし、どの方法も黒ずみを解消するだけじゃなくて他の効果も得られるから、どれもやって損はない!って感じ。

ストレスをためないってのは難しいけど…ま、出来る範囲でやるのがよさそうだね。これから納豆食べながらお笑いでも見ようかな!

黒ずみを薄くする方法は意外と多い。自分ができそうなものを

黒ずみを薄くするなんて難しい!そんなイメージを抱いていた人も多いかと思いますが、意外にもハードルが低く驚いた、という方もいるのではないでしょうか。

もちろん高い効果を得たい!という場合はそれ相応のコストやリスクが必要になりますが、それらの効果がより高く出るのも基本の身体があってこそ。

とりあえずはターンオーバーを活性化させる食品を食事に取り入れてみる、というところからでも始めてみてはいかがでしょうか。

それで効果が出ればそれに越したことはありませんし、その上で黒ずみ解消クリームを使う…といった併用もいいですよね。

「絶対にレーザー治療をしなければいけない」なんてことはありません。今回ご紹介しました方法を試したら黒ずみがすぐになくなる、ということはないとは思いますが、これから先の黒ずみの量を減らすことは今からでも十分可能です。

「自分の場合はダメかも」と諦めず、出来ることから始めてみてはいかがでしょうか?

黒ずみは1日2日出来るものじゃなくて、力としては小さいけど継続的な摩擦だったり、ホルモンバランスの乱れが続くことでターンオーバー周期が伸びてしまったり…と、これまでの自分の行動が現れているものとも言えるわ。

だけどそこで自分を責める必要は全くナシ!「ビキニラインの黒ずみを作らないために下着を履かない!」なんて出来ることじゃないし、今のわたしたちの生活にも残念ながら合ってないわよね。

すべてを完璧にする必要なんてなくて、「ここに気をつければ1ヶ月後には少しマシになっているかも」くらいからでOKよ。続けられるようにがんばりましょ。

この記事をシェアする!