胸の位置でバストの美しさは決まる!小さな胸でも美胸になる方法

2016/09/13

女性が抱えるバストの悩みと言えば、一番よくあるのは、やはり大きさに関することですよね。

でも、バストが大きい人には大きいなりの悩みがありますし、大きければ大きいほど良いというわけでもありません。では、私たちが理想とする美しいバストとは、いったいどんなものなのでしょうか。

大きさよりも美しさが大事だとするなら、やはり胸の位置が重要になってきます。大きくない胸でも位置が良ければ美胸と言えます。大きなバストもいいけれど、今回はちょっと角度を変えて、胸の位置から美乳を目指すためのバストアップ方法をご紹介します。

あなたの理想のバストとは?大事なのはサイズだけじゃない!

誰にとっても「なりたいバスト」というイメージがあるかと思います。あなたの理想とする「なりたいバスト」とは、どんなものですか?まずは、その辺りからお話を始めていきましょう。

大きい胸が理想?

「Aカップしかないから、せめてCカップくらいになりたい」「Dカップはあるけど、まだ物足りないからもっと大きくなりたい!」など、誰もが一番に思い浮かべるのは、やはりカップサイズについてではないでしょうか。

このように、バストをもっと大きくしたいというのは、一般的な願望ではありますが、実際のところ思うほど簡単には大きくできない人も多いようです。こうしてますます、大きさに悩む女性が生み出されていってしまうのです。

バストサイズ以外にも重要な要素が!

でも本当に大きさだけが大事でしょうか?先にも書きましたが、バストが大きい人にも悩みはあることを思えば、大きければ万事解決というわけでもないようです。それもそのはず。バストの美しさを決めるのは、大きさ以外の要素も大きいからです。

では、大きさ以外ではどんな要因が美胸にかかわってくるのでしょうか。

  • ハリの有無
  • バストトップ(乳首)の形・色
  • 高さ
  • 位置

ざっと挙げると、以上のものが考えられますね。さらに、この中でも一番重要なものは、どれだと思いますか?

バストの位置がとっても重要!

答えは「位置」なんです。意外でしたか?

もちろん全部重要ではあるのですが、「バストトップの形・色」は外見からは分からないため、優先順位は低くなります。

さらに、「形」、「ハリの有無」、「高さ」の方が重要だと思う人もたくさんいるかもしれませんが、実はこの3つはバストの「位置」によってカバーできる要因なのです。

というわけで、思うようなバストの大きさにまで育てられない小胸さんでも、胸の位置さえ問題なくできれば、見違えるほどの美バストを手に入れるのも夢ではないんです。

そっか!大きさにばかり目が行きがちだけど、バストの位置もすごく重要なんだね!

そういえば、この間観た映画『海街diary』は、出演女優さんたちのバストでも話題になったよね。

私も、長澤まさみさんや綾瀬はるかさんの美乳に目が奪われちゃったよ。でも、大きさはそれほどでもなかった広瀬すずちゃんもキレイな胸に見えたのは、きっと位置が高いからなんだね!

理想のバストの位置ってどこ? ポイントは正三角形が描けること!

美乳を作るためには胸の位置が大切だということをお話しましたが、それではどの辺にあるバストなら、きれいな胸と言えるのでしょうか?

胸に正三角形が描ければOK!

理想のバストの位置は、「右のバストトップ」と「左のバストトップ」と「鎖骨の真ん中のへこんでいるところ」の3点を線で結んだとき、正三角形を描けるところです。

美容外科における「理想のバスト」

つまり、バストが垂れていたり、下の方にある場合は、縦長の二等辺三角形が描かれてしまいますし、左右のバストトップが離れている、いわゆる離れ乳ですと、底辺が長めで平べったい感じの二等辺三角形になってしまいます。

どちらの二等辺三角形の場合も、たとえバストの大きさやカップ数に問題が無かったとしても、残念ながら美胸とは言い切れないですよね。そう考えると、バストは大きさよりも位置が重要だというのも納得がいきます。

自分の胸の三角形をチェック!

あなたの胸の三角形はどんな形ですか?可能であれば、今すぐ鏡を見て確認してみましょう。

どうでしたか?正三角形じゃなかった人は、ちょっぴり残念な気持ちになってしまいますよね。でもそんなに落ち込まないでください。

実際のところ、多くの女性は正三角形が描けないようです。

女性の身体を長年研究し続けているワコールが、歳とともに胸がどう変わっていくかを調べた結果を引用させていただきます。

加齢によるバストのかたちの変化
1 加齢で変化していく順序は全員同じ。
2 20代から下垂は始まっている(20代ですでにステップ2の人がいる)。
3 いったん変化したら元には戻らない。
引用元:ワコール人間科学研究所


垂れてしまうバスト

このように、若いうちは正三角形ができていた人も、年齢とともにバストが垂れていけば、どんどん正三角形から離れていってしまうのです。

二等辺三角形になる原因

二等辺三角形だった方は、もしもお時間があれば、もう一度ご自身のバストを観察してみましょう。一口に二等辺三角形といっても、人によってタイプがあるのです。具体的には、

  • 垂れ乳タイプ
  • 離れ胸タイプ
  • 元々の位置が下の方であるタイプ

などが、よく見られるタイプです。

加齢や授乳などによって垂れたことが原因で正三角形が崩れてしまったタイプの人は、対処が比較的カンタンです。元々は正三角形もしくはそれに近い形を描けていたのですから、その位置にまでバストを持ち上げてあげればよいのです。

また、元々の体型や加齢などによって、左右のバストが離れてしまったために二等辺三角形になってしまっている人もいます。このタイプでも、もちろん少しでも正三角形に近づける対処法はあります。

元々バストが下についているタイプ

中には、年齢とともにそうなったのではなくて、若いうちからバストの位置そのものが下の方についているという人もいます。

人間の身体は一人ひとりすべて違いますから、たとえば足が長い人がいれば短い人もいるように、生まれつきバストの位置が上についている人もいれば下の方についている人もいるわけです。

このような人は、垂れているわけではなく、大きさもハリも形も悪くないのに、なぜか貧乳に見えてしまったり、老けて見えてしまったりと、かなりもったいないことになっています。

このタイプの女性は、垂れてはいないものを持ち上げるという意味で、やや難しくはなってしまいますが、少しでもバストの位置自体を上げる方法はあります。

胸に正三角形が描けることが、きれいなバストの条件なんですね。正三角形になるためには、胸が左右に離れてしまっていないことや、垂れていないことが求められるわけですから、納得です!

今は正三角形やそれに近い形が描けても、誰でも歳をとっていけば下垂して二等辺三角形になりがちですよね。私も気を付けなければ!

そうね。若いうちから努力しておけば、年齢を重ねても正三角形に近い形をキープしやすいはずよ。

仮に二等辺三角形になってしまっても、人によってその形は様々よ。自分のバストをよく観察して、何が原因で二等辺三角形になっているのか見極めると、採るべき対策も見えてくるわ。

位置を上げればサイズもアップ!ブラでバストの位置を持ち上げよう!

美胸かどうかは、バストの位置が重要であることをお伝えしました。では、バストの位置を上げるにはどうしたらよいのでしょうか?ここでは、その方法のひとつとして、ブラジャーについてのお話をしていきます。

胸の位置を持ち上げてみよう

お時間がある人は、ぜひもう一度鏡の前に立って、バストを手で持ち上げながら想像してみてください。バストが下の方にある場合と、手で持ち上げた場合とでは、どちらが美胸に見えますか?

もちろん、持ち上げた場合の方がきれいな胸に見えますよね。しかも、きれいに見えるだけでなく、サイズも上がることにお気づきですか?つまり、元の大きさがどうであれ、バストの位置を適正なところにもっていくだけでバストアップ効果が期待できるのです。

女性の上半身は、ウエストに近づくほど細くなり、肩に近づくにつれて径が大きくなります。ということは、バストの位置が上にあればあるほど、トップバストが大きくなるということになります。アンダーバストもそれに伴って大きくはなりますが、トップとの差は往々にして、位置が低い場合よりも大きくなります。

ブラジャーのカップサイズはアンダーバストとトップバストの差で決まりますから、位置が上がればそれだけでカップサイズも上がる可能性が大きいのです。

正しいブラ選びで上げる!


バストの断面図

女性のバストは、このように

  • クーパー靭帯
  • 脂肪
  • 乳腺

で構成されています。このうちクーパー靭帯は、バストを支える役割を担っており、これが伸びたり切れたりすると、バストは下垂してしまいます。なので、ブラを着けてクーパー靭帯に余計な負担がかからないようにすることが、美胸を保つ秘訣なのです。

したがって、たとえば眠る時にはナイトブラ、バストが大きい女性はフルカップブラというように、日常生活の中でその時のシーンに合ったブラや、自分のバストに合ったブラを正しく選んで着ける習慣をつけることも、とっても重要なことなんです。

また、ノーブラもラクちんでいいのですが、バストの位置を高くしたい人にとってはNGです。最近は楽な着け心地のブラトップなども可愛いものがたくさん出ていますが、これもクーパー靭帯を守るという意味では望ましくありません。

正しいブラジャーの選び方をもっと詳しく知りたい方は、こちら美乳はブラで作られる!ブラジャーの種類と正しい選び方を紹介!の記事もおすすめですよ。

育乳ブラで上げる!

というわけで、バストの位置を上げるにはブラジャーを着けて持ち上げるのが一番簡単な方法です。これは、すべてのタイプの二等辺三角形に有効です。


普通のブラでも良いのですが、育乳ブラやボディスーツを選ぶと、特に垂れ乳タイプと離れ乳タイプには素晴らしき効果を発揮します。

元々下についていたタイプは、それ以外のタイプほどではないですが、垂れてさらなる正三角形の崩れを引き起こすことを防ぎ、少しでもバストトップを上に持っていくという効果はじゅうぶんあります。

きゃ~、私もブラトップを愛用してたよ!確かにものによっては、脇のお肉がうまくカップに入らない気がするけど、楽ちんだからつい着ちゃうんだよね。

でも、こんな生活習慣が、いつのまにかバストの位置を低くしてしまうことにもつながるんだね!ブラって大切なんだね。

これからは、リラックスタイムでも普通のブラを着ける時間を増やすことにしようっと。

内側からも鍛えよう!美乳を作る筋トレやバストマッサージをご紹介!

身体や状況に合ったブラを着けるのを基本として、さらに筋トレやマッサージなども組み合わせれば、より理想の位置をキープしやすくなります。簡単な方法をご紹介しますので、ぜひお試しください!

筋トレで大胸筋を鍛えよう!

バストの基盤となる大胸筋は、胸の位置を高く保つためにはとても重要な部分です。この大胸筋は、ちょっとした筋トレで鍛えることができます。

代表的な筋トレ方法は、やはり腕立て伏せです。普通の腕立て伏せがキツければ、膝をついてもいいですし、立った姿勢で壁に向かって腕立てをしてもOKです。胸に力を入れることを意識して行いましょう。

もっと簡単なものがいい!という女子には、やはり有名な合掌ポーズをオススメします。

に胸の前で手を合わせ、両側から押します。この場合も、腕ではなく大胸筋に力が入るように気を付けて行ってくださいね。

バストマッサージで上げる!

自分でできるバストマッサージも効果的です。マッサージにはいろいろな種類がありますが、ここではバストに正三角形を作るのに効果的なものをご紹介します。

①両手をクロスさせてバストの脇に置き、脇腹のお肉をバストの中心に向かって移動させるようにマッサージする
②腕をクロスさせてバストを下から持ち上げるようにマッサージする

マッサージは血行改善にもなるため、身体が温まり女性ホルモンの分泌も順調になるという効果も期待できますよ。

ピラティスで上げる!

運動の中ではピラティスがおすすめです。ピラティスはインナーマッスルを鍛えることができるので、バストを支える大胸筋も鍛えられます。

この動画にはピラティスの動きの中でも特に大胸筋を鍛えるエクササイズが紹介されているので、参考にしてみてください。

運動は、垂れ乳タイプと元々タイプには効果的ですが、離れ乳タイプにはやや効果が薄いようです。

自分のバストが二等辺三角形になっている原因を見極め、そのタイプに合った対処法を試してみてください。

バストがきれいに見える位置に持って行くためには、マッサージや筋トレ、ちょっとしたエクササイズも効果的ですよね。

適切なブラを着けてマッサージも並行すれば、内側と外側から同時に鍛えられますね。

時間がない人でも、合掌ポーズならすぐにできそうですよね。自分に合った方法で長く続けることがポイントだそうです!

位置を高くキープして、大きな胸より素敵な美胸を手に入れよう!

小胸さんにとっては大きなバストは憧れですが、大きさと同じくらいか、もしくはそれ以上に、胸が高い位置にあることが重要だということが分かりましたね。

元々高い位置にバストがあって、きれいな正三角形を描けていた人でも、何もしなければどんどん二等辺三角形に近づいていってしまいます。小さな胸でもゆくゆくは垂れていきますから、ケアが必要ですね。

正三角形さえ保てれば、小胸さんでも美胸を実現できるうえに、サイズにこだわらなくてもよくなるので、心理的にもとってもラクですよ。大きな胸より素敵な美胸を、あなたもぜひ手に入れてください。

バストの位置に注目するのは、美乳作りにはとっても重要なことよ。理想の位置は、鎖骨の中心と左右のバストトップを結んだラインが正三角形になること!さあ、今すぐ鏡でチェックよ!

バストを大きくしたいけど、なかなか思うようにサイズアップできないという女性にとっても、位置を適正なところに持って行くだけでバストアップになるというのは、目からウロコの情報なんじゃないかしら?

大きさだけにこだわらず総合的に育乳するためにも、ぜひバストの位置をきれいに保てるよう頑張ってみてね!

この記事をシェアする!