離れ乳を改善する方法

離れ乳を改善する方法

あなたのバストはまっすぐ前を向いていますか?胸が左右に離れて、それぞれ外側を向いてしまっているという女性も、意外と多いのではないでしょうか。そんな離れ乳にお悩みの女性なら、この記事は必見です!

いったん離れ乳になってしまったら、すぐに元のバストに戻すのはなかなか難しいものです。しかし、あきらめてしまわずに日々努力すれば、改善していくこともじゅうぶん可能です。

離れ乳を少しでも改善していくためにはどうすればよいのか、その方法をブラの工夫や運動、生活習慣の改善など様々な角度からご説明していきますので、ぜひご参考にしてくださいね!

まずは自分の胸やシーンに合ったブラに替えてみよう!

ブラジャーは女性にとって欠かせない下着ですが、自分に最適なものを正しい付け方で使うことができている女性は、意外と少ないようです。ブラをきちんとつけることは、離れ乳の予防改善に効果的ですので、ぜひ正しいブラ選びと装着方法を知っておきましょう。

サイズを測って試着をしよう!

かつて一度ブラのサイズを測ったら、それ以降ずっとそのサイズだけで選んでいるという女性もけっこう多いのではないでしょうか。でも、これは美乳を目指す女性にはオススメできない方法です。

女性のバストは日々変化していますので、以前採寸したときのサイズとは変わってきていることもよくあります。つまり、サイズだけで選び続けていれば、必ずいつか合わないブラをつけるタイミングが来てしまうということ。

バストのサイズはもちろん、形や柔らかさに合わないブラをつけていると、離れ胸の原因となってしまいます。したがって、毎回サイズを測って試着をしたうえで、最適なブラを選ぶことが離れ胸の改善には有効なのです。

正しいやり方でブラを身につけよう

ブラジャー自体はバストや体型に適しているものでも、正しい方法で身につけることができないと、バストの形が崩れたり離れ胸になったりすることにつながってしまいます。

そこで、正しいブラの付け方を覚えて、毎回きちんと実践することも重要です。

こちらの記事にてブラの正しい付け方について詳しく解説していますので、ぜひともご参考になさってください!


いったん覚えてしまえば決して難しいことではありませんので、離れ乳を防ぎ美バストをキープするためにも、この機会にぜひマスターしておきましょう!

寝るときにはナイトブラを!

日中のブラを自分に合ったものにするのも大切なことですが、寝るときにもブラを工夫するというのもまた、離れ胸の改善には重要なんです。

ナイトブラ、おやすみブラなどという名前で販売されているブラジャーは、仰向け・横向きなど様々な睡眠時の姿勢に対応し、バストをやさしくサポートしてくれます。肩紐も幅広で食い込みにくく、やわらかく速乾性の素材が使われている物が多いです。

実際にナイトブラを着けている女性に聞くと、「ナイトブラを着けるようになったら、着けていないと逆に落ち着かない」「フィット感があるので苦しくない」「カラフルな物も多く、選ぶのが楽しみ」等と言う声が多いです。

自宅でのリラックスタイムや就寝時には、寝ている間にバストが流れてしまわないためにもナイトブラを着ける習慣をつけるといいですね。

運動するときはスポーツブラを!

眠るときには日中用のブラからナイトブラに替えるのと同じように、運動するときにはスポーツ用ブラに替えることをおすすめします。

運動するときはバストが揺れてしまうので、そのままにしておくとバストのハリを支えるクーパー靱帯を傷め、離れ胸につながってしまいます。したがって、胸が揺れるようなスポーツをする時には、スポーツ専用のブラジャーが必需品です。
ブラジャーって、ついつい可愛いデザインを基準に選んでしまいがちですけど、見た目やサイズだけで選んでしまうのは大きな間違いなんですね。

最近、バストサイズを測ってなかったので、近々専門店に測りに行きたいです!

ブラジャーを着けるときも、何となくテキトーにつけてしまわないで、脇に流れたお肉を集めると離れ胸改善にも良いんですね。

離れ乳が改善できるエクササイズやマッサージを紹介!

もっとも基本的な予防・改善方法であるブラについてお話してきましたが、「もっと本格的に離れ胸を治したい!」という女性のために、エクササイズやマッサージをご紹介します。

ブラを最適なものにするのに加え、これらのエクササイズなども行っていけば、バストの形や位置にかなりの改善がみられるはずですよ!

大胸筋アップの基本は「合掌のポーズ」

離れ胸を改善するには、バストの土台である大胸筋を鍛えることも有効です。

そこで、まずは基本の合掌ポーズをご紹介します。
合掌のポーズ

【合掌のポーズ・基本編】
(1)背筋を伸ばし、肘を張り胸の前で手のひらを合わせます。
(2)ゆっくりと息を吐きながら左右から力を入れて10~15秒キープします。
(3)息を吸いながら力を緩めます。
(4)これを2~3セット繰り返します。

合掌のポーズは、手のひらや腕ではなく胸を意識するのがポイントです。立ったままでもイスに座って行っても構いませんが、動作中は息を止めないでください。

合掌のポーズのバリエーション

余裕があれば、上記の基本的なものに加えて、合掌ポーズのバリエーションも一緒にやっていきましょう。
合掌のポーズ
合掌のポーズから左右に動かす方法です。左右のバストのバランスが違う方は、小さい側を重点的に行うことをお薦めします。

【合掌のポーズ・応用編1・左右】
(1)基本の合掌のポーズを5秒程度行います。
(2)合わせた手のひらを体の正面から脇の前にずらし、10秒程度キープします。
(3)手のひらを反対の脇の前に移動して同じように行います。
(4)これを2~3セット繰り返します。

合掌のポーズから上下に動かす方法です。

【合掌のポーズ・応用編2・上下】
(1)基本の合掌のポーズを5秒程度行います。
(2)胸の高さにある手のひらを、頭の上に出る位までゆっくりとあげます。
(3)もう伸びないという所まで行ったら、ゆっくりと胸の前に戻します。
(4)これを2~3セット繰り返します。

合わせた手を上下する時は、手のひらが体の前をまっすぐに通過するように意識してください。また、勢いをつけないで時間をかけて行ってください。

合掌のポーズに慣れてきたら、手のひらの間に雑誌などを挟み、負荷をかける方法にチャレンジしてみてくださいね。

両肘合わせのエクササイズ(バタフライ)

次に両肘(ひじ)を合わせるエクササイズをご紹介します。フィットネスクラブにある、バタフライマシンに似た動きです。
合掌のポーズ

【両肘合わせのエクササイズ】
(1)腕を左右に水平に伸ばし、肘から先を上に90度曲げ、手は軽く握ります。
(2)息を吐きながら腕を寄せて、手のひらから肘までを合わせるようにします。
(3)ゆっくりと腕を左右に戻します
(4)これを10セット程度繰り返します。

始めのポーズは体の両側にL字を作るイメージです。これも腕ではなく大胸筋を意識して行います。

壁を使った腕立て伏せ

離れた胸やバストアップに効果があるもう1つの方法は、大胸筋を鍛える腕立て伏せです。初心者の方でもできる壁を使った腕立て伏せをご紹介します。
壁を使った腕立て伏せ

【壁を使った腕立て伏せ】
(1)足を肩幅くらいに開いて壁から50センチ位離れた所に立ちます。
(2)胸の前あたりの壁に両手をつきます。
(3)腕立て伏せの要領でゆっくりと腕を曲げます。
(4)ゆっくりと元の姿勢に戻ります。

腕を曲げる時は、腕ではなく胸を意識します。壁からの距離が遠いと大きな負荷がかかります。
きついと感じてから2~3回頑張ると効果的です。動く時は、腰を反らない様に気をつけて行って下さい。

肩甲骨を回すエクササイズ

ここからは、大胸筋以外に効く方法を紹介します。

肩の後ろ側にある肩甲骨が堅くなってしまうと、バストの位置が下がったり離れたりする原因になりますので、こちらも動かしておきましょう。
肩甲骨を回すエクササイズ

【肩甲骨まわし】
(1)手の先を肩に付け、背中を意識しながら肩をグルグルと10回まわします。
(2)反対側にもグルグルと10回まわします。
(3)先ほどより肘を寄せた状態で同じように回します。

この動きはイスに座って行うことも出来ます。肩コリの解消にも効果があるので、デスクワークの合間などに行うのもいいですね。また、肩甲骨まわしを続ける事で背中のラインがキレイなることも期待できます。

反り腰を解消するエクササイズ

反り腰の人は胸部の骨格を開いた状態でいることが多いので、バストが離れがちです。腰の反りを解消するエクササイズをご紹介します。
★図作成中★

【反り腰を解消するエクササイズ】
(1)仰向けに寝て手は体の横に置き、足を曲げます。
(2)お尻を締める様にしてゆっくりと腰を上にあげます。(膝は開かない)
(3)ゆっくりと降ろします。これを5セット程度繰り返します。

理想的なのは、体と太ももが一直線になることですが、初めから無理をしないで様子を見ながら行いましょう。

はじめに仰向けになった時に、腰と床の間がどれ位開いているのかを確認しておいて、終わった時に比べてみると効果が分かると思います。

マッサージで相乗効果を狙おう!

ここまでご紹介してきたエクササイズだけでもじゅうぶん有効ですが、バストを寄せる効果のあるマッサージも合わせて行えば、さらなる相乗効果が期待できます。
バストを寄せる効果のあるマッサージ

1.胸の中央を上から下にマッサージします。

2.バストを下から上に持ち上げるようにマッサージします。

3.バストの周りに円を描くようにマッサージします。

たったこれだけでとっても簡単なので、バスタイムの習慣にすれば長い目で見たときに違いが出てきやすくなりますよ!

やっぱり離れ胸を治すには、エクササイズが欠かせないんだね。

エクササイズってなんだか難しいっていうイメージがあるんだけど、合掌のポーズやバタフライポーズ、腕立て伏せぐらいなら、わかりやすくて私にもできそう。

エクササイズをするときには、どんなことに気をつけたらいいの?

そうよ。離れ胸を治すためには大胸筋をはじめとする、バスト周辺の筋肉を鍛えることが重要なの。

エクササイズを行うときは、きちんと事前にストレッチをして、体が温まってから始めるといいわ。それから、エクササイズのやり過ぎや激し過ぎる動きは禁物よ。

ノーブラでやるとクーパー靭帯を痛めてしまうから、エクササイズの際には必ずブラジャーを着用するようにしてね。

毎日のちょっとした習慣を改善することも大切!

最後に、生活習慣に気を付けることで、離れ乳を予防したり改善したりできることをお話したいと思います。「そんなことが関係あるの?」とお思いの方も多いかと思いますが、日々の生活の積み重ねは決して侮れないんです。さっそく、具体的に見ていきましょう。

離れ乳のリスクを高める生活習慣とは?

では、どのような生活習慣が、離れ胸になりやすく、美乳の大敵となっているのでしょうか?

  • 睡眠不足
  • 喫煙
  • 運動不足
  • 過激なダイエット
  • 糖分の摂り過ぎ
  • 脂質の不足
  • ノーブラ
  • 卒乳後のバストケアを怠る

これらは、じわじわと離れ乳を作っていってしまうNG習慣ですので、思い当たる点がある人は改善が必要です。

習慣になってしまっていることはなかなか変えづらいかもしれませんが、少しずつでも改善していけるよう頑張ってみましょう。

ノーブラ、糖分の摂りすぎ、睡眠不足に運動不足…私の生活にも思い当たることがいっぱいあるよ。

それって、このままだと離れ胸一直線ってことだね!すぐ改善しなきゃ!

まずは、自分に合ったブラを買いに行くところから始めようっと。それから、筋トレも頑張ってみたいな!

ブラで支えてエクササイズに励めば離れ胸改善も夢じゃない!

上向きで正面から見たときにも形よく整ったバストは、とっても美しいもの。誰でも、できることならそんな胸になりたいと思いますよね。

しかし、間違ったブラジャー選びやノーブラ、激しい運動、睡眠中の体勢などはバストの形を崩し、左右のバストが離れてしまう原因になります。(詳しくはこちらを参照してくださいね!→離れ胸の原因を解説!

様々な角度からバストアップを考え、それに向けた生活習慣を送ることが、離れ胸を改善しバストアップしていくための第一歩です。余裕があるならマッサージやエクササイズを取りいれて、より美しいバストを目指しましょう。

離れ胸でバストに対する自信を失くしてた人も、エクササイズやマッサージ、ブラジャー選びで悩みが解消できるってことがお分かりいただけたかしら?

エクササイズで大胸肉を鍛えて、マッサージで筋肉をほぐすことでキレイなバストを手に入れることができるのよ。

今までサイズの合っていないブラジャーを着けてた人も、クーパー靭帯を保護してくれる正しいブラジャー選びや付け方に注意してね。

離れ胸を解消してキレイなバストの形を保つためにも、NG習慣をチェックして、生活習慣の改善も心がけましょうね!