チーズでバストアップする方法

ノーイメージ

胸を大きくしたいと思った時には、運動をする・マッサージをするなど、様々な方法が考えられます。それから、食事内容に気を付けることも、バストアップを目指す時に試したい方法の一つです。

では、どのような食べ物を取り入れればいいのかということが気になるところですが、今回はバストアップに役立つ食品の中からチーズを取り上げて、バストアップできる理由をご紹介します。

また、ただチーズを食べるよりもさらに効果的にバストアップできる方法もありますので、チーズの効果的な食べ方についても合わせて見ていきましょう!

チーズに含まれるタンパク質が女性ホルモンの分泌を促してくれる!

チーズでバストアップできると言えるのは、チーズにタンパク質が豊富に含まれているからです。

では、タンパク質がバストアップにどう関わっているのか、確認しましょう。

タンパク質がバストアップに役立つ理由

タンパク質には、女性ホルモンの分泌を促す働きがあります。胸は1割の乳腺と9割の脂肪で構成され、クーパー靭帯によって大胸筋と繋がっているのですが、胸の1割を占める乳腺が発達すると、それに合わせて脂肪の量も増えます。

なぜかというと、乳腺は母乳を作るために必要な器官なので、それを守るために脂肪が必要とされるからです。

つまり、バストアップするには乳腺を発達させることが大切なのですが、乳腺は女性ホルモンの一つエストロゲンに刺激されることによって発達しますので、タンパク質が女性ホルモンの分泌を促すことがバストップと関係すると言えるのです。

もう一つ、タンパク質がバストアップに役立つ理由があります。それは、タンパク質は筋肉を作るもとになる栄養素でもあるので、胸を支える大胸筋を作る役割も果たしてくれるからです。大胸筋が弱くなると、胸を支えきれず胸が垂れて小さく見えてしまいます。

そこで、タンパク質をしっかり摂って大胸筋を鍛えることが、バストアップに役立つということなんですね。

こちらの記事でバストアップのためのタンパク質の役割について詳しく解説していますので、こちらも合わせてご覧ください。

チーズには必須アミノ酸も豊富に含まれます

タンパク質はアミノ酸から構成されるのですが、アミノ酸には体内で合成できるものとそうでないものがあり、体内で合成できないものは必須アミノ酸と呼ばれ、食べ物を食べることによって体外から取り入れる必要があります。

人間の体の約20%はアミノ酸からなるタンパク質でできているのですが、アミノ酸は細胞を構成するために必要なものなので、胸を育てるためにも当然必要とされます。そのため、バストアップするには、アミノ酸をしっかり摂り入れる必要があります。
アミノ酸

チーズには必須アミノ酸も豊富に含まれていますので、体をつくるのに役立ってくれるというわけです。さらに、アミノ酸にはホルモンのバランスを安定させる働きもありますので、そういう意味でもバストアップに役立つと言えます。

豊富な脂肪もバストアップに役立つ!

チーズには脂肪分も含まれていて、これがバストアップに役立ってくれます。

脂肪、と言われると女性としてはあまり良いイメージを持たないかもしれませんが、先ほどお話ししたように胸の9割は脂肪でできているため、脂肪分も取り入れないと胸を大きくすることはできないのです。

もちろん、脂肪分は胸だけにつくのではないので、取り過ぎは避けたいところなのですが、チーズには脂肪だけではなくビタミンBも豊富に含まれていることから、消化吸収されやすいのと共にエネルギーにも変わりやすい性質を持っていて、太りにくいのが嬉しいところです。

チーズには様々な栄養素が含まれ健康づくりにも役立つ!

チーズには、以下のように様々な栄養素が含まれていて、健康づくりに役立ちます。体の調子が悪いと、胸も健康に育つことができませんので、体調を整えることもバストアップのためにはとても大切です。
チーズの栄養素酸
ビタミンAは美肌作りに役立つ栄養素なので、バストを綺麗に保つためにも役立ってくれますよ!

また、カルシウムも豊富に含まれていますので、女性としては積極的にチーズを食べたいところです。

チーズがバストアップに役立つと言えるのは、ホルモンの分泌を促したり大胸筋の元になったりするタンパク質が豊富に含まれているからなのよ。その上必須アミノ酸も含まれているから、ホルモンバランスが整いやすいこともポイントね。

他にも美肌効果を持つビタミンAやカルシウムなど、女性に嬉しい栄養素がたくさん!ぜひ、積極的に食べたい食品ね。

そのまま食べてOK!手を加えなくてもバストアップ効果が得られます

チーズの種類にもよりますが、チーズはそのまま食べられる場合が多いので、特に難しく考えることなく、そのまま食べられるものはそのまま食べましょう。

溶かして食べるタイプのチーズならパンと一緒に焼いて食べてもいいですし、お料理にかけるタイプのチーズはかけるだけで構いません。

チーズの用途はとても広いので、様々な料理に使えるところが便利ですね。

では、中でもお勧めのチーズがあるのか、どれくらい食べたらいいのかなど、チーズの食べ方について確認しましょう。

特にお勧めなのはクリームチーズ

チーズにはプロセスチーズ・チェダーチーズ・カマンベールチーズなど様々な種類がありますが、その中でももっともバストアップにお勧めなのは、クリームチーズです。

なぜかというと、含まれている脂肪の量が他のチーズよりも多めなのに、カロリーは同等か少し控え目だからです。

クリームチーズはクラッカーにつけて食べたり、お菓子作りに使ったりすることができますね。他のチーズでももちろんバストアップ効果は得られるのですが、効果を高めるなら時々はクリームチーズを食べるようにしてみましょう。

バストアップエクササイズを行いながら食べることが大切です!

筋肉の元となるタンパク質は、もちろん大胸筋以外の筋肉の元にもなります。そこで、バストアップを目指してタンパク質を摂るのであれば、バストアップエクササイズを行って大胸筋の筋肉が鍛えられやすい状況を作る方がより効果が高まります。

大胸筋を鍛える運動方法としては、腕立て伏せや合掌のポーズなどがあります。これらのエクササイズを取り入れて、チーズから取り込んだタンパク質が大胸筋を作るのに役立つ状態を意識して作りたいものです。

大胸筋などの胸筋を鍛える方法は、こちらの記事で詳しく説明していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!→大胸筋の鍛え方

チーズの摂取目安量

チーズは、食べ過ぎるとどうしても肥満の原因になってしまいます。そこで、チーズを摂取する時には、30gから50gを目安に摂取しましょう。

チーズの種類によって重さは違いますので、内容量を確認してこの範囲に収まるくらいの量を食べるように気をつけたいものです。

チーズはいろんな食べ方ができるけど、普段やっているように食べればいいだけってわかって、これなら続けられそうな気がしたよ。

でも、ただ食べるだけだと大胸筋に筋肉がつくとは限らないのは、言われてみればそうだよね、って納得したよ。だからバストアップエクササイズをしながらチーズを食べることが大切なんだね。

チーズは空腹時や運動後に食べるとバストアップ効果が高まります

チーズは、基本的にいつ食べてもバストアップ効果を期待することはできるのですが、特にこのタイミングで食べた方がいいという時があります。

それが、空腹時と運動後です。

では、なぜそう言えるのか、理由を確認しましょう。

空腹時には栄養が吸収されやすい状態になっている!

空腹の時は、満腹の時と比較して摂取した栄養素が体に吸収されやすい状態になっています。そのため、お腹のすいている時にチーズを食べると効果的です。

チーズはそのまま食べることができますから、おやつの時に食べるとちょうどいいですね。

タンパク質は特に運動後に吸収されやすい!

運動後30分くらいの間は、体内ではタンパク質の合成能力が高くなっています。そのため、その時間内にタンパク質を摂るとより効率的に吸収することができます。

運動してすぐに食事、というのは難しい場合もあるかもしれませんが、運動後にチーズを食べることならそんなに難しくはなさそうです。バストアップエクササイズを行った後でチーズを食べるようにすると、さらに効果的にバストアップできますね。

チーズは、ただ食べるだけよりもタイミングのいい時に食べるともっと吸収されやすくなるんですね。空腹時や運動の後により効果的に吸収されるのなら、その時間を狙って食べたいものです。

その方が効率的にバストアップできそうですね。

そうなのよ。チーズの成分に限らず、栄養素は空腹時の方が吸収されやすい性質を持っているから、チーズのように食事以外にも気軽に食べられるような食品は、おやつ代わりに食べてもいいわよね。

それから、効率よく大胸筋にタンパク質が行き渡るようにするには、バストアップエクササイズが欠かせないわ。それを考えると、バストアップエクササイズを行ってからタンパク質を摂るという習慣にすると、より効果が表れそうよね!

さらにバストアップ効果を得るためにチーズと共に食べたい食品

チーズのバストアップ効果をさらに高めたい場合、一緒に食べたい食品があります。では、どのような食品と合わせてチーズを食べたらよいのか、確認しましょう。

赤ワイン

お酒が好きな方ならチーズをおつまみに赤ワインを飲む、ということをすでにされているかもしれませんが、この組み合わせはバストアップにとても効果を発揮してくれます。

ポリフェノールが豊富に含まれた赤ワインは、飲むことでストレス解消効果を得ることができ、ホルモンバランスが整います。ストレスがかかり続けると、体内では男性ホルモンの分泌量が増え、女性ホルモンの分泌量は減ってしまいます。そうなると、バストアップから遠のきますよね。

また、ストレスは血行を悪くすることにもつながります。エストロゲンは血液に乗って胸に届けられていますから、血流の悪化もやはりバストアップの大敵です。

赤ワインがストレス解消効果を持ち、チーズのタンパク質が女性ホルモンの分泌を促しつつ筋肉の元になる役割を果たすことで、相乗効果が出るということです。

赤ワインのバストアップ効果についてはこちらの記事で説明していますので、よかったらチェックしてくださいね。→赤ワインのバストアップ効果

キャベツ

チーズはとても栄養豊富な食べ物なのですが、ビタミンCやビタミンDはあまり含まれていません。中でもビタミンCは胸にハリを出して大きく綺麗に見せてくれることから、バストアップとも関係の深い栄養素なので、ぜひ合わせて摂りたいところです。そこで、キャベツとチーズを合わせて食べることをお勧めします。

キャベツにはビタミンCが豊富に含まれていますし、またエストロゲンの分泌を促進する効果を持つボロンという成分も多く含まれていますので、バストアップにはとても効果的なのです。

キャベツとチーズ、ハムを挟んだサンドイッチを作るなどすれば、手軽に美味しく食べられますね。キャベツに火を通すとボロンが壊れますしビタミンCも減ってしまいますので、キャベツは生で食べるようにしてください。
キャベツのバストアップ効果についてはこちらの記事で!→キャベツでバストアップする方法

鶏肉

鶏肉と言えばタンパク質が豊富な食べ物としてご存知の方も多いかと思いますが、鶏肉もチーズと同じようにタンパク質を豊富に含んでいますし、また皮の部分にはクーパー靭帯を強化するのに役立つコラーゲンも多く含まれています。

鶏肉とチーズでタンパク質をしっかり補いつつ、コラーゲンも美肌効果を持つチーズのビタミンAも補給することができますので、ぜひ一緒に食べたい組み合わせです。鶏肉をチーズ焼きにするなどの調理法が、味の相性もよくお勧めです。

鶏肉のバストアップ効果はこちらの記事を読んでみてくださいね!→鶏肉でバストアップする方法

チーズには入っていないビタミンCやボロンが補えるキャベツと一緒に食べたり、ストレス解消効果を持つポリフェノールがたくさん含まれる赤ワインと一緒にチーズを食べたりすることで、さらにバストアップ効果を高めることができるんですね。

それから、同じようにタンパク質を多く含む鶏肉と組み合わせるのも、タンパク質をしっかり摂るためにいい方法だとわかりました。

タンパク質や脂肪の働きでバストアップ!チーズを積極的に食べよう

以上のことから、チーズに次の成分が含まれているのでバストアップ効果があると言えます。

  • タンパク質
  • アミノ酸
  • 脂肪分

チーズを食べる時には、取り入れたタンパク質がバストアップに役立つように、バストアップエクササイズを行いながら食べる方が効果的です。空腹時や運動後にはタンパク質などが吸収されやすい状態になっていますので、そのタイミングでチーズを食べるようにしたいものですね。

他の食品と合わせることで相乗効果が期待できる場合もありますので、キャベツや赤ワインなどと組み合わせて摂る方法もお勧めです。

難しい調理が必要なく、そのままでも食べられる手軽な食品ですので、ぜひ積極的にチーズを食べてみてはいかがでしょうか。

チーズにはバストアップに役立つタンパク質や必須アミノ酸が豊富に含まれているし、他にも健康維持に役立つビタミンA・ビタミンB・カルシウムなども含まれているから、女性としては積極的に取りたい食品だと言えるの。

とはいえ、ただ食べるだけだとタンパク質が大胸筋についてくれるかどうかは疑問視されるところよ。だからこそ、バストアップエクササイズを取り入れながら、チーズを食べるようにするといいということね。

赤ワインを飲みながら食べたりなど、楽しみながらバストアップに繋がる食品の組み合わせもあるから、ぜひ試してみてほしいわ!