りんごでバストアップする方法

2017/05/11

胸の大きさに悩む女性の方にとって、簡単にバストアップができる方法があれば嬉しいですよね。実は、普段している食事にバストアップに役立つものを加えることで、バストアップできる可能性があります。これなら、時間がない人でも手軽に取り組むことができますよね。

では、どんな食品を食べたらよいのかと言うと、その一つにりんごがあります。りんごにはボロンと言うバストアップに効果的な成分が含まれているのをはじめ、他にも健康に役立つ成分も含まれていますので、ぜひ積極的に食べたい食品です。

では、なぜりんごでバストアップできると言えるのか、どのように食べれば効果的なのか、詳しく見ていきましょう!

りんごに含まれるボロンやペクチンがバストアップの手助けをする!

最初にお話ししましたが、りんごにはボロンという成分が含まれていて、これがバストアップに役立ってくれます。

また、りんごにはボロンの他にもバストアップを始め健康の維持にも役立つ成分が含まれていますので、詳しく確認しましょう

エストロゲンの分泌を促進することでバストアップに役立つボロン

ボロンは、エストロゲンの分泌を促進する性質を持つことでバストアップに役立つ、ホウ素とも呼ばれるミネラルです。

女性ホルモンであるエストロゲンの名前は多くの方が聞かれたことがあるかと思いますが、エストロゲンには乳腺を刺激して発達させるという働きもあります。

乳腺は母乳を出すために欠かせない器官なので、周りに脂肪がつくことによって守られています。そのため、乳腺が発達すれば、発達した乳腺を守るためにさらに多くの脂肪が乳腺の周りにつくことになります。

つまり、ボロンがエストロゲンの分泌を促進すれば乳腺が刺激されて発達し、発達した乳腺を守ろうとより多くの脂肪がつくことでバストアップするということなんですね。

実は、ボロンは骨粗鬆症の予防にも役立ってくれますので、女性としては積極的に摂りたい成分だと言えます。

ボロンについてはこちらの記事でさらに詳しくご紹介していますので、合わせてご覧ください。→ボロンの効果について詳しく解説

血行促進効果を持つアップルペクチン

アップルペクチンは、血行促進効果を持つことでバストアップに役立つ、水溶性の食物繊維です。

女性ホルモンであるエストロゲンは血液によって胸に届けられるため、血行が良くなると胸まで届きやすくなります。エストロゲンが胸まできちんと届くと、乳腺を刺激する働きも活性化されることでバストアップ効果が得られるんですね。

アップルペクチンには、以下のような働きがあります。

  • 整腸効果
  • 体にとって有害なものを吸着して体外に排出する効果

アップルペクチンは、とても高い整腸作用を持ちます。アップルペクチンは小腸では消化されない性質を持っているので、大腸まで届いて腸内の善玉菌の餌になることで腸内環境が改善されます。また、アップルペクチンには便の容積を増やす効果もあるため、腸が刺激されやすいことで便秘解消に役立ちます。

実は、アップルペクチンに血行促進効果があると言えるのは、この整腸効果のお陰です。便秘は体の冷えや血行不良を招くので、便秘が解消されることで血行も良くなるというわけです。血行が良くなると代謝が上がるので、脂肪が燃焼しやすくなるという効果まであるんですよ。

さらに、アップルペクチンには人間の体にとって有害なものを吸着して排出する効果もあります。この働きによって、脂肪が吸着され、体外に排出されます。

さらに、放射性セシウムを除去する効果があることでも、りんごは注目を集めているんですよ。

ストレス解消効果を持つポリフェノール

りんごには、リンゴポリフェノールと呼ばれるポリフェノールが含まれていて、この成分がストレス解消効果などを持つことでバストアップに役立ちます。

ストレスがかかると血行が悪くなりますし、またホルモンバランスも崩れやすくなりますので、ストレス解消効果を持つポリフェノールを摂取することで、血行が良くなってエストロゲンが胸に届きやすくなり、ホルモンバランスも整えられることからバストアップ効果が期待できると言えます。

ポリフェノールには抗酸化作用もありますので、悪玉コレステロールの増加を抑えて血管が固くなったりもろくなったりするのを防ぐことによっても血流が改善されます。すると、血圧も下がります。

リンゴポリフェノールには、脂肪を分解したり蓄積したりするために働く酵素の働きを抑制する効果もあるので、脂肪が吸収されにくくなってダイエット効果を得ることもできます。さらに、メラニン色素が過剰に生成されるのを抑制する効果もありますから、女性としてはぜひ積極的に食べたいですよね。

りんごには、バストアップに関係するボロン・アップルペクチン・リンゴポリフェノールの3つの成分が含まれているんですね。

これらの成分には、他にも成長作用があったり、ダイエット効果が期待できたりもするので、毎日の食事に積極的に取り入れたいものですね。

栄養素をしっかり吸収するためにりんごは火を通さず皮ごと食べよう!

りんごの栄養素をしっかり吸収してバストアップに役立てる際には、食べ方にコツがあります。

では、どのように食べればいいのか、具体的に確認しましょう。

生のまま食べる

りんごに含まれ、バストアップに役立つ成分であるボロンは、熱に弱い成分です。ですので、例えば焼きりんごにするなどして加熱してしまうと、ボロンが壊れてしまいます。

りんごは加熱調理をせずに生のまま食べる方が、バストアップ効果が期待できるんですね。

皮ごと食べる

リンゴに含まれるアップルペクチンとポリフェノールは、りんごの果肉よりも皮や皮のすぐ下に多く含まれています。そのため、皮を剥いてりんごを食べると、これらの栄養素を十分に摂取することができません。そのため、りんごは皮ごと食べるのがお勧めです。

皮のかたい感じが苦手という人の場合、皮ごとすりおろしりんごにして食べる方法もあります。ただし、ポリフェノールは酸化しやすいので、すりおろしたら置いておかずにすぐに食べるようにしましょう。

実は、アップルペクチンとりんごに含まれる種類のポリフェノールは熱に強いので、これら2つの成分を摂取することを目的として食べるのなら、焼きりんごなどの調理法でも構いません。

ですが、ボロンも合わせて摂りたいとなると、りんごは皮ごと生で食べるのがもっともお勧めだと言えます。

ボロンって、熱で壊れちゃうんだ。それなら、生のまま食べる方がいいよね。それから、皮も食べた方がいいんだね!これはびっくりだよ。

りんごはそのまま食べられるフルーツだから、皮ごと生のまま食べるのってそんなに難しくないよね。皮のかたさが気になる時にはすりおろしりんごにする方法のあるのか。それはそれで美味しそうだね。

そうなの。バストアップに役立ってくれるボロンは熱で壊れてしまうから、りんごは生のまま食べた方がいいのよ。

それから、アップルペクチンやポリフェノールは皮に多く含まれているのよ。だから、皮を剥くのではなく、そのまま食べることでより多くの栄養素を取り入れることができるということね。

りんごには糖分が多いので朝食時に食べるのがお勧めです!

それでは、りんごのバストアップ効果をしっかり得られ、さらにその他の栄養素の働きも生かせるようにするためにするには、いつりんごを食べればよいのでしょうか。実は、りんごは朝食べるのがお勧めです。

では、なぜそう言えるのか、理由を確認しましょう。

りんごを朝食べた方が良い3つの理由

以下の3つの理由から、りんごは朝に食べた方がいいと言えます。

  • 空腹に時食べるとりんごの成分が吸収されやすいから
  • 吸収されやすい糖分が多く活力が得られるから
  • 朝食べる方がより便秘解消効果を得やすいから

まず、バストアップを狙ってりんごを食べるのなら、バストアップに役立つ成分をできるだけ効率よく吸収したいですよね。お腹がいっぱいの時よりも、空腹の時の方が栄養素が吸収されやすいので、寝起きでお腹がすいている時間に食べるのがお勧めです。

また、りんごには果糖やブドウ糖などの糖分が多く含まれているのですが、これらの糖分は吸収されやすい性質を持っているので、エネルギーに変換されるのも早いため、1日の活動を始めるために脳や体がたくさんのエネルギーを必要とする朝に向いていると言えます。

それから、りんごの便秘解消効果は朝の方が得やすいことも知られています。

これらの理由から、りんごを食べるなら朝が向いていると言えるんですね。朝以外に食べたらバストアップ効果がないというわけではありませんが、朝に食べる方がそれ以外の健康効果も得やすいのなら、ぜひ試してみたいところです。

りんごはどれくらい食べればいい?

ボロンの摂取目安量は1日に3mgと言われています。りんごの大きさによってだいぶ違ってきますが、りんご1個にはおよそ1mgのボロンが含まれていますので、りんごのみでボロンを必要量摂取しようとすると、カロリーが気になる場合もあるかもしれません。

そこで、りんごで摂り切れなかった分は他の食材で摂り入れようと考えて、食べ過ぎに注意しながらりんごを朝食に取り入れたいものです。

へえ、りんごの効果って食べる時間によって違うんだね。昼や夜に食べてもバストアップ効果はあるけど、朝食べる方が健康効果が高まるって言うんなら、朝食べた方がいいよね。

糖分が吸収されやすいから、1日の始まりのエネルギーになるとか聞くと、朝食べた方がいい理由がよくわかるよ。

1日のボロン摂取目安量で考えると、りんごを3個食べる必要があるのか…。これはちょっと多いかなあ。他の食材も合わせて食べることを考えた方が良さそうだね。

りんごと合わせて食べることでさらにバストアップできる食品

りんごはそれだけでもバストアップ効果が期待できる食品ですが、りんごと合わせて食べることでさらにバストアップ効果が期待できる食品もあります。

そこで、より効果的にバストアップを目指すためにどのような食品と組みわせればいいのか、いくつか例を挙げて見ていきましょう。

ヨーグルト

ヨーグルトには、タンパク質が豊富に含まれています。タンパク質は筋肉の元になる栄養素であるため、きちんと摂取することで胸を支える役目をしている大胸筋の元にもなってくれます。大胸筋に支えられた胸は垂れにくいので、見た目として大きく見える効果が出ます。

さらに、タンパク質は様々な細胞の元になる栄養素でもありますので、足りないと乳腺や脂肪が成長できません。

そのため、りんごにはあまり含まれていないたんぱく質を補うために、ヨーグルトと合わせて摂ることで、より高いバストアップ効果が期待できると言えます。

もちろん、ヨーグルトにこだわらず、タンパク質が豊富な他の乳製品や肉類と合わせて摂ってもいいのですが、りんごと合わせて食べることを考えると、ヨーグルトであればすりおろしりんごを混ぜて食べても美味しいですし、食べやすいですよね。そのため、今回はヨーグルトをお勧めしています。

ヨーグルトのバストアップ効果について解説している記事もありますので、ぜひ読んでみてくださいね!

キャベツ

キャベツには、りんごにも含まれているボロンが豊富に含まれます。また、りんごにも含まれているとはいえ、それほど量が多くないビタミンCが豊富に含まれている点でも、キャベツはバストアップに良い食材だと言えます。

ビタミンCはコラーゲンを作る時に必要とされる栄養素で、肌にハリを出すために欠かせません。ハリのある肌だと、胸全体にハリが出て綺麗に見え、なおかつ大きくも見えるという効果が期待できます。

キャベツとリンゴなら、生のまま合わせてサラダにして食べることもできますね。キャベツはカロリーも低いので、りんごだけでは摂り入れられないボロンを補うのにも向いています。

ちなみに、キャベツであれば約200gでボロンの必要量が補えます。大きなキャベツで言えば葉っぱ1枚くらい、小さなキャベツで言えば葉っぱ2枚くらいが目安量となります。

キャベツのバストアップ効果について詳しく解説している記事もありますので、こちらもチェックしてみてください!→キャベツでバストアップする方法

ホウレンソウ

ホウレンソウには、ビタミンCも含まれていますし、またエストロゲンや栄養素の代謝を促す働きを持つビタミンB群も含まれています。そのため、りんごをホウレンソウと合わせて摂ることで、よりバストアップ効果が高まります。

ホウレンソウのみでバストアップというのは難しいのですが、キャベツやりんごと合わせてサラダにするなどしてバストアップ効果を持つ食品と一緒に摂ることで、バストアップ効果を持つ食品の働きを高めることができます。

りんごと合わせて、バストアップに効果のあるタンパク質やビタミンB群、ビタミンCなどが含まれた食材を摂ると、相乗効果が期待できるということですね。

りんごヨーグルトにする、一緒にサラダにして食べるなどすれば手軽なので、用意するのが大変などといったことも無いのが便利です。

朝食にりんごを取り入れて健康的にバストアップを目指そう!

以上のことから、リンゴには次の理由でバストアップ効果があると言えます。

  • ボロンがエストロゲンの分泌を促す
  • アップルペクチンが血行を促進する
  • リンゴポリフェノールがストレス解消効果を持つ

手軽にそのまま食べられるりんごにバストアップ効果があるのは、嬉しいですね。その上腸内環境が整ったり、有害な物質を排出することもできたりなどの健康効果も得られます。

ぜひ、毎日の朝食にりんごを摂り入れてみてはいかがでしょうか?

その際には、生のまま、皮ごと食べることでより多くの栄養を摂取するよう気をつけましょう!

りんごにバストアップ効果があるのは、エストロゲンを促すボロン・血行を促進するアップルペクチン・ストレス解消効果を持つリンゴポリフェノールの3つの成分が含まれているからなの。

ボロンは火を通すと壊れてしまう性質があるし、アップルペクチンとリンゴポリフェノールは皮や皮の下に多く含まれているから、これらの成分をしっかり摂るためには生のままで、皮ごと食べることが大切よ。

りんごは朝食べるのに向いているから、朝食時にりんごを食べることを習慣にしてみてはいかがかしら?

この記事をシェアする!