バストアップに欠かせないビタミンとミネラル!バスト維持にも効果的

2016/08/10

豊かなバストはいつの時代も多くの女性の憧れです。もっと胸を大きくしたいけど何から始めていいかわからない、そんな人はまずは食生活を見直してみませんか?

バストアップに欠かせないビタミンとミネラルをバランスよく摂取することでバストアップを実現することができます。ビタミンとミネラルがバストアップにどのような役割を果たすのか、わかりやすくご紹介します。

その他にもメディアで取り上げられた人気のバストアップ最新情報も満載です。

ミネラルはバストの栄養素!バストアップとバスト維持に欠かせない!

大きくて豊かな胸は女性の憧れですが、そんな理想の胸はよっぽどの努力をしないと手に入らないなんて半ばあきらめの気持ちを持ってはいませんか。理想のバストを手に入れることはそれほど難しいことではありません。

マッサージやエクササイズなどの効果的なバストアップ方法もありますが、今回ご紹介したいのはバストアップに欠かせないミネラルとビタミンの話です。ミネラル、ビタミンと聞くとなんとなく体によさそうというイメージはありますが、バストアップに関係あることはあまり知られていないと思います。

ミネラルとは一般的な有機物に含まれる4元素(炭素・水素・窒素・酸素)以外の必須元素のことを指します。ミネラルはタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンと並んで5大栄養素の一つと言われています。

おもなミネラルには亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・モリブデン・ヨウ素・リンなどがあります。

これらのミネラルは体内で作り出すことができないため、食物から摂取する必要があります。少なすぎてもいけませんが、過剰に摂取するのも問題です。沢山の効果をもたらすミネラルですが、摂取量には気を付ける必要があります。

これらのミネラルがどのようにしてバストアップに貢献しているのか見ていきましょう。

ミネラルは3つの働きによってバストアップを可能にします。

  • バストを構成しているタンパク質や脂肪、コラーゲンを作り出す働き
  • バストを維持するために必要な栄養を吸収して運ぶ働き
  • バストを構成しているタンパク質や骨、血液、組織を作るのに必要な成分を作る補助的な働き

バストを構成しているタンパク質を作り出す働きがある

バストはタンパク質である大胸筋と乳房内に含まれる脂肪、そして枝のように張り巡らされた乳腺とコラーゲンでできたクーパー靭帯によって構成されています。

乳房の中の乳腺や脂肪を支えているのがコラーゲンの束であるクーパー靭帯なのです。

女性向け雑誌を多数発行している集英社のオンラインメディア「Our Age」でもバストアップに欠かせないクーパー靭帯について紹介しています。

バストの断面図

バストアップをするためにはバストを形成しているタンパク質や脂肪、コラーゲンが生成されることで実現されます。これらの成分になったり、成分を作り出したり、成分を作り出すための補助的な役割を果たすのがミネラルなのです。

バストを構成するタンパク質の成分となっているミネラルはセレン、リン、カリウムなどが挙げられます。とくにカリウムはバストを支える大胸筋のたんぱく質を作る成分ですので欠かすことができません。

セレン、リン、カリウムはおもに魚介類や肉類、豆類に含まれています。カリウムは野菜、果物、イモ類にも含まれています。

またヨウ素は甲状腺ホルモンとして取り込まれ、タンパク質の合成、細胞の活性化、組織の成長などを促す重要なミネラルです。とくに成長期に胸を大きくする働きがあるので、成長期には積極的に海藻や魚介類などを摂取したいものです。

バストを維持するために必要な栄養素を吸収する働きがある

バストを形成するためにはタンパク質や脂肪が必要ですが、出来上がったバストを理想の状態で維持するためには常にバストに栄養素を運び、いきわたらせる必要があります。

タンパク質や脂肪の吸収を助けてくれるミネラルにはナトリウムや塩素、マンガンなどがあります。塩素やマンガンには栄養素の吸収に必要な酵素を活性化する働きがあります。塩素やナトリウムは食塩に、マンガンは穀物や木の実などに含まれます。

クロムや亜鉛、マグネシウムはタンパク質の代謝や合成に力を発揮します。亜鉛はビタミンCと反応してコラーゲンの生成を促しますし、マグネシウムはホルモンの活性化に役立ちます。クロムや亜鉛、マグネシウムは海藻、魚介類、豆類などに含まれます。

乳房のほとんどが脂肪で出来ていますが、脂肪酸や脂質の代謝を促すのが硫黄です。牛肉、羊肉、牛乳、小麦粉などが硫黄を含みます。

カルシウムは私たちがよく知るミネラルの一つですが、骨や筋肉を強化する働きがあります。筋肉が強化されるとバストを支えている大胸筋も強化されバストアップにつながります。また卵巣機能を高める働きもあり、これによりエストロゲンなど女性ホルモンの分泌が正常になり、バストアップ効果が期待できるというわけです。

カルシウムが多く含まれる食品といえば、魚介類や大豆、木の実や海藻が知られています。

鉄は赤血球に含まれるヘモグロビンとして全身に酸素を運び、冷えや疲労、貧血などを改善してくれます。またクーパー靭帯を形成するコラーゲン生成にも一役買っています。豆類、木の実、肉類、海藻などに含まれます。

またその鉄の吸収を助けてくれるのが銅です。銅は血液や骨、クーパー靭帯を作る組織の形成にも関係しています。魚介、レバー、木の実、大豆などが銅を含む食品です。

バストアップに必要な成分を作る補助的な働きがある

それだけでは直接バストアップとは関係はありませんが、バストアップに必要な補助的な働きをするものとしては他にもモリブデンやクロムなどがあります。

モリブデンは糖質の代謝をスムーズにしたり、銅の摂り過ぎを防いだりしてくれます。銅は血液や骨を作ったり、組織同士のつながりに関係しているため、モリブデンも無関係とは言えません。

クロムはホルモンの活性化に関係し、またインスリンの働きを助ける作用もあり欠乏すると代謝異常を起こしたりします。このようにミネラルはなんらかの形でバストアップに関わっているのです。

このようにミネラルは沢山の働きをしてくれます。豊かなバストを作るためのたんぱく質や脂肪のもととなり、また出来上がった理想のバストをキープするために休むことなく栄養素を運んだり、吸収したり、強化するなど様々な方法でバストアップに貢献しているのです。

こうやって見てみるとミネラルとは決してメインとなる成分ではなく、直接バストアップとは関係ない場合もありますが、体調を整え、健康を促すことでバストアップと関係のある機能の正常化、活性化にも大いに役立っていると言えるでしょう。

健康でなければ美しいバストが作れるはずがないのです。

バストを構成しているタンパク質や脂肪、コラーゲンなどを作るためにはミネラルがとても大事なの。ミネラルには様々な種類があって、タンパク質を合成したり、女性ホルモンの分泌を促したり、細胞を活性化させたり、栄養を運んだりと実に様々な役割を果たしているのよ。

ミネラルは常に補助的な役割だけど、バストアップにつながる働きをサポートする重要な栄養分ということをお忘れなく。

ビタミンでバストにハリと潤いを!老化を防いで若々しいバスト!

ミネラルがバストを作るたんぱく質や脂質の成分であるとすれば、ビタミンは美肌を叶えバストのハリや潤いを保つのに大切な役割を果たしています。

ビタミン=美容、美肌というイメージを持つ人は多いと思いますがまさしくその通りです。

ビタミンCはバストを支えるコラーゲンの生成に欠かせない!

バストを支えるクーパー靭帯はコラーゲンによってできています。私たちがコラーゲンを食物から摂取した場合、そのままでは大きすぎて吸収できないためいったんアミノ酸に分解されます。

その後、体の器官や組織、コラーゲンなどに作り直して必要な場所で吸収されます。体内でコラーゲンを作るために欠かせないのがビタミンCなのです。

ビタミンB群はタンパク質の代謝を促しバストのハリを保つ

ビタミンB群(B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)は皮膚や粘膜、髪の健康を守るビタミンです。

B群はさらに8種類に分けることができ、それぞれがお互いに補助的な役割を果たしながら作用するのです。

中でも主役級の働きをするのがビタミンB6です。ビタミンB6はタンパク質の代謝を助け、健康的な皮膚、粘膜、髪、歯、爪などを作ります。ホルモンバランスを整えてくれるので美容に効果のあるビタミンとしてよく知られています。

ビタミンB6はおもにカツオ、マグロ、サンマ、サバ、レバーなど赤みの魚や肉に含まれます。

ビタミンEは血行を良くしてバストに栄養を運ぶ

ビタミンEはアンチエイジングに効果のあるビタミンとして有名です。血行を良くし、体内の老廃物を排出するデトックス効果があります。肌につやとハリを与え、たるみを予防します。血行を良くし、体温を上げる働きがあるので冷えを改善し、ホルモンバランスを整えてくれます。

ビタミンを摂ることで肌のハリを保ちバストを上向きに支える力を維持できます。また同時に血流を良くしバストに必要な栄養素を運ぶなどの働きをしてくれます。

ビタミン=美肌っていうイメージがあるけど本当にその通りなんですね。ビタミンCはバストを支えるクーパー靭帯を構成するコラーゲンを作ってくれるし、ビタミンBは肌や粘膜、髪の健康を守ってくれます。

ビタミンEも美容成分が多いみたいだけど、具体的にどんな効果があるんですか?

ビタミンEは美肌を作るのに欠かせないビタミンと言われていて、血液やリンパの流れをスムーズにしてホルモンバランスを整えてくれるの。

肌にハリと潤いが出るから、しっかりとバストを支えることができるようになるのよ。ビタミンEはナッツ類に多く含まれるから積極的に摂るようしなきゃいけないわ。

毎日の食生活を見直そう!バストアップに効果的なおすすめ食材

ここまでミネラルやビタミンがバストアップに補助的な役割を果たしているという話をしてきましたが、ミネラルやビタミンを含む食品をまとめてみました。

下記の表を参考に献立を考えるといいでしょう。

ミネラルを含む食品

ミネラルの種類 含む食品
カルシウム 牛乳、干しエビ、イワシ、水菜、小松菜
マグネシウム 大豆、ナッツ類、海藻類、玄米、そば
レバー、あさり、ひじき、かつお、めざし
亜鉛 カキ、うなぎ、レバー、いわし、牛肉
シャコ、いいだこ、ナッツ類、カニ
カリウム さつまいも、大豆、昆布、ほうれん草、たけのこ

ビタミンを含む食品

ビタミンの種類 含む食品
ビタミンC 牛乳、干しエビ、イワシ、水菜、小松菜
ビタミンE 大豆、ナッツ類、うなぎ、しじみ、ほうれん草
ビタミンB1 豚肉、レバー、ピーナッツ、大豆、うなぎ、玄米
ビタミンB2 レバー、シジミ、うに、納豆、いわし
ビタミンB6 レバー、大豆、サケ、玄米、まぐろ、バナナ

またビタミンEは私たちが普段よく使うオイルにも多く含まれますので無理なく摂取できます。血液の流れを良くし、細胞を老化させる抗酸化作用を防ぐビタミンEについては「日清オイリオ」のHPでも詳しく紹介されています。

過剰摂取を防ぐためにも一つのミネラルばかりを摂取するのではなく、様々なミネラルをバランスよく取り入れることが魅力的なバストを作る秘訣です。バストアップのためには何より健康な体を作ることが大事なのです。

ミネラルもビタミンもたくさん種類があるし、さらにそれらを含む食品もいろいろあるんだね。バランス良く摂取するためにはどの成分がどの食品に含まれているかチェックして毎日の食事に気を付けることが大事だね。

私はレバーもナッツも好きだから積極的に食べるようにするよ。

メディアで取り上げられて大人気!最新の人気バストアップ法!

ビタミン、ミネラルを摂取するほかにもなにかできることはないかと思っている方におすすめなのが手軽に摂取できるサプリやハーブなどです。即効性はありませんが、長く続けることでバストアップを実感することができると思います。

今回はメディアなどで取り上げられているハーブをはじめとする人気の成分を含むサプリをご紹介したいと思います。

サプリはとても手軽に摂取できる上に医薬品とは違って副作用もほとんどないのでおすすめです。沢山の種類のサプリが販売されているので、成分を見て気になるものを試してみるといいでしょう。

ギャバ

GABA(ギャバ)は天然アミノ酸(Gamma Amino Butyric Acid)の略です。アミノ酸というとタンパク質の補助成分として知られていますが、GABAはイライラや興奮を落ち着かせる抑制性のある神経伝達物質です。

睡眠やリラックス効果も高く、成長ホルモンの分泌をサポートしてくれたり、新陳代謝を活発にすることでバストアップに貢献しています。きゅうり、メロン、トマト、かぼちゃなどに含まれることがわかっていますが、最近ではGABAを効率よく生産できる方法が開発され添加物として食品に加えることが可能となっています。

フェヌグリーク

フェヌグリークとはあまり聞きなれない名前ですが、ハーブや香辛料の一種です。タンパク質、繊維、ビタミンC、カリウム、鉄分などを含み、かつ女性ホルモンであるプロゲステロンに似た作用で乳腺を発達させてくれます。

レッドクローバー

レッドクローバーは大豆などに含まれることで知られるイソフラボンを多く含んでいます。イソフラボンは女性ホルモンエストロゲンに似た働きをするするので、バストアップが可能です。

ノコギリパルメット

ノコギリパルメット、別名ノコギリヤシはハーブの一種です。男性ホルモンの分泌を抑制することで女性ホルモンを優先することが可能です。同じく男性ホルモンを抑制する働きがある亜鉛と一緒に摂取することで効果がアップします。

ただし、ノコギリパルメットは便秘や下痢などを起こしやすいので過剰摂取は禁物です。

スッポン

スッポンはハーブではありませんが、お肌をもちもちぷるぷるにするため人気があります。バストアップに至るまでには時間がかかるようですが、バストの肌にハリが出たという口コミが多数あります。

スッポンにはたくさんの種類のアミノ酸が含まれています。

とくに成長ホルモンの分泌を促し、バストアップに効果があるというアルギニンが多く含まれています。

さらに吸収率の高い良質の天然コラーゲンを含みますので、摂取した翌日から肌の違いを実感している方も少なくありません。

サプリっていろいろ種類があるけどバストアップに効果がある成分は魅力的ですね。フェヌグリークやノコギリパルメットなんて初めて聞くハーブだけど女性ホルモンに似た作用があるみたいです。

スッポンは私の周りにもサプリを飲んでる人がいてもお肌がぷるぷるになるってすすめられました。

脇役でもバストアップに貢献!ミネラルを積極的に摂ろう

バストアップというと高価な器具やエステなどを思い浮かべますが、もっと身近なところにバストアップの方法はあったのです。

ミネラルやビタミンはバストアップに必要な女性ホルモンの分泌や乳腺の発達、肌のハリをアップするための補助的な役割を担います。

ミネラルには多くの種類があり、タンパク質の生成を補助したり、筋肉を強化したり、代謝を促したりしてくれます。

一方でビタミンは肌や粘膜を強くし、バストにハリを与えたり、血行を良くし必要な栄養分をバストへ運んでくれます。ミネラルやビタミンはお互いの働きを補いながら、バストアップに貢献してくれます。

ミネラルやビタミンは私たちの身の回りの食品に含まれていますので、ほんの少し意識するだけで毎日の食生活に無理なく取り入れることができます。

その他にも手軽にできるバストアップ法として、ギャバやフェヌグリーク、すっぽんなどバストアップに効果的な成分を含むサプリについてもご紹介しています。

バストアップにミネラルが関係することを知らなかった人も多いんじゃないかしら?ミネラルはバストを構成する成分を作るだけじゃなく、様々な補助的な役割をしているのよ。

ミネラルやビタミンは身近な食品に多く含まれているから毎日の食事に簡単に取り入れることができるわ。バストアップだけじゃなく、健康な体を作ることが基本なの。

フェヌグリークやレッドクローバーなどバストアップ成分の入ったサプリも手軽でおすすめよ。

この記事をシェアする!