乳首の黒ずみの原因は紫外線?SNSでこのバストケアが話題

2016/08/30

私の乳首、ちょっと黒ずんでいるかも?そんな悩みを持つ女性は、意外とたくさんいるようです。

特に、恋をしたり彼氏ができたりすると、これまで以上に自分磨きに精を出したくなるのが女心。いざ関係が深まった時のことを考えると、普段は人に見られないような部分まで気になってきますね。

また、妊娠・出産を機に乳首の色が変わってしまい、元に戻るのか不安……という方もいますよね。ここでは、摩擦・ホルモンバランスの影響、加齢・妊娠・紫外線が原因となる乳首の黒ずみについて説明していきます。

SNSで話題のバストケア方法を含めた、乳首の黒ずみ対策まで紹介していますので、最後までお付き合い下さいね。

乳首が黒くなる原因はメラニン色素!メラニン色素って何?

乳首が黒くなる原因はメラニン色素です。

メラニン色素と言えばシミやくすみの原因でも有名ですね。シミやくすみ、更には乳首の黒ずみの原因にもなるメラニン色素って一体なんなのか気になりませんか?

メラニン色素とは、実は紫外線から肌を守ってくれる大切なモノなのです。もし、メラニン色素がなければ、紫外線が細胞の中にある核にあたってしまい、細胞が死んだり皮膚がんを引き起こしたりする原因となってしまいます。

つまり、メラニン色素があるから、細胞の奥まで紫外線が届かないのです。

ましの皮ふ科クリニックによると、メラニンの働きは下記のようになっています。

メラニン色素とは

メラニンは、紫外線や外的刺激から皮膚を守る役割があるため、乳首のようなデリケートな部分ほど、メラニンが色素沈着を起こして黒ずみやすくなっているのです。

メラニン色素って乳首などデリケートな部分に多く集まってしまって、黒くなる原因になるんだよね。だから、メラニン色素が無くなるといいって思ってしまうけど、そうもいかないんだよね。

実はメラニン色素は、紫外線から肌を守ってくれるんだって。だから、メラニン色素が無かったら、紫外線が肌の奥まで入ってしまって、細胞が死んだり皮膚がんになったりする原因になるんだよね。

下着の摩擦もNG?メラニンが増える原因

乳首は身体の中でも、とてもデリケートな部分です。衣服や下着で擦れることで、メラニン色素が生成されてしまうことがあります。

また、手で引っ掻いたり、入浴時に強く擦りすぎたりしても、同じく乳首にダメージを与えてしまい、メラニン色素の生成につながってしまいます。

これで安心!下着の摩擦対策

普段から身体に合ったサイズの下着を正しく身に着け、衣服との摩擦を最小限にとどめることが大切です。ちなみに、下着によく使われているポリエステルやナイロンなどの化学繊維も、少なからず肌に刺激を与えます。

そこで、とことんこだわりたいなら、化学繊維のものではなく、絹や綿の素材の下着を選ぶと、肌への負担が少なくて済みます。

下着 素材
肌に優しい 絹、綿
肌に刺激がある ポリエステル、ナイロン等の化学繊維

これは乳首のケアだけでなく、おっぱい全体のスキンケアにもつながるのでお勧めですよ。特に、おっぱいが何だかざらざらしている、と感じる人はぜひ試してみて下さい。

また、乳首の黒ずみを何とかしたいからといって、入浴時に力を入れて洗うことはやめましょう。これも、乳首にとっては負担になってしまいます。洗う時はたっぷりの泡で、優しく洗ってあげて下さい。

それから、ピーリング剤でターンオーバーを促すという方法もありますが、これもやり過ぎは禁物です。必要以上に摩擦を与えることで、返ってメラニンの生成を促すことになりかねません。 

ピーリング剤を使ったケア方法

「ピーリング剤でターンオーバーを促す」というケア方法を紹介しましたが、具体的には、ピーリングで余分な角質を取り除き、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促すことがメラニン排泄に繋がるということです。

ピーリングで余分な角質を取り除く

肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促す

メラニン排泄

肌の色が明るくなる

肌のターンオーバーのサイクルが遅くなりますと、古い角質がいつまでも残って、肌が黒ずんで見えます。そこで、ピーリング剤を使って古い角質を定期的に除去することで、黒ずみが無くなるというケア方法ですね。

ピーリングをすることで、肌の色が黒ずんだ色から明るくなりますよ。ただし、やりすぎは肌に刺激を与えることになりますので、適度なケアが大切なのです。

ピーリング剤の種類と成分

ピーリング剤には、ピーリングジェル、ピーリング石けん、ピーリングローション、ゴマージュなどの種類があります。選ぶポイントは、ピーリングジェルやピーリング石けんなど洗い流すタイプが肌に優しく、使いやすくなっていますよ。

気になる成分は、グリコール酸、酒石酸、乳酸、リンゴ酸、クエン酸などのAHAと、サリチル酸などのBHAがありますが、AHAと表示されたものが低刺激で安心となっています。AHAはフルーツに見られることから、フルーツ酸や果実酸と表示されていることもありますよ。

二の腕でパッチテストを行い、かゆみや赤みがでないかチェックしてから使うと、不安なく使えますね。

下着の摩擦でもメラニンが増えるのですね。

ピッタリサイズの下着や、肌に優しい素材の下着が乳首の黒ずみ対策になるのだそうです。

ピーリング剤を使って、肌の新陳代謝を促して、乳首の色を明るくする方法もあるんですね。けれど、頻繁にピーリングを行うと、肌へ刺激となってメラニンが増える原因となる…。適度なピーリングが効果的ってことなんですね。

ホルモンバランスが影響する?メラニンが増える理由

女性の身体の変化には、エストロゲンとプロゲステロンという二種類のホルモンが深く関わっています。

女性ホルモンとは

女性ホルモンとは、先ほど紹介した2種類のホルモンの総称です。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)ですね。この2つの女性ホルモンのバランスが正しければ、生理、妊娠、出産のできる身体となるのです。

けれど、生理前や妊娠時に多く分泌されるプロゲステロンは、別名ブスホルモンとも呼ばれ、女性にとってはあまり嬉しくない様々な身体の変化をもたらします。その一つが、シミの素でもあるメラニンの発生を促します。

そのため、プロゲステロンが分泌される生理前や妊娠時は自然と乳首も黒ずんでくるわけです。

タナカコーポレーション株式会社によると、ホルモンの分泌量と生理周期は下記のグラフのようになっています。

ホルモンの分泌量と生理周期

ちなみに妊娠中に乳首が黒くなるのは、授乳に備えてメラニンを増やすことで、乳首の皮膚を強くするためだと言われています。また、生まれたばかりで目のよく見えない赤ちゃんが、すぐにおっぱいを見つけられるように黒くなっている、という説もあります。

つまり、妊娠中に乳首が黒くなるのはママのお肌のため・生まれてくる赤ちゃんのためということなのです。

これで安心!ホルモンバランスへの対策

生理前や妊娠中の黒ずみは、生理・出産が終われば自然と元に戻りますので、心配はいりません。特に妊娠中は、自分でも信じられないくらい、乳輪全体が黒く、大きくなると思います。

ですがたいていの方は、出産を終えて授乳をしているうちに、乳首の色も薄くなり、自然と元に戻っていきます。ただし、不規則な生活などでホルモンバランスが崩れてしまっている場合は要注意。生理や妊娠に関係なく、乳首がずっと黒ずんだままになってしまいます。

ホルモンバランスが乱れる原因を荘田レディースクリニックのサイトから引用して紹介します。

■ホルモンバランスが乱れる要因

女性の身体はとても繊細で、ストレスや不規則な生活、睡眠不足などちょっとしたことでもホルモンバランスは乱れてしまいます。

なぜホルモンバランスが乱れやすいかというと、女性ホルモンの分泌は脳(視床下部・下垂体)や神経からの指令で行われるからです。

脳に負担がかかるようなことがあると、脳や神経は適切にホルモン分泌の指令を出せず、結果的にホルモンバランスが乱れてしまうのです。
引用元:荘田レディースクリニック

ホルモンバランスを正常に保つためには、十分な睡眠をとること、ストレスを溜めこまないこと、バランスの良い食事をとること、などを心掛けましょう。

ホルモンバランスを整える食生活といえば、脂肪・糖質の摂りすぎに注意し、良質なたんぱく質・ビタミン・ミネラルといった栄養素を摂ることになります。そこで、ホルモンバランスを維持し、乱れを改善することに繋がる栄養成分と食べ物を紹介します。

栄養成分 食品例
大豆イソフラボン 豆腐・納豆・豆乳・みそ・しょうゆ
ビタミンB6 マグロなど魚や肉類のレバー・大豆製品・ナッツ類・バナナ
ビタミンE 植物油・アーモンドなどのナッツ類・うなぎ・たらこ・かぼちゃ
バントテン酸 肉類のレバー・干し椎茸・うなぎ・納豆・落花生・アボカド

これらの食品を積極的に摂取していきたいですね。

女性には、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンがあるのよ。生理前や妊娠時は、メラニンを作るプロゲステロンが分泌されるから、乳首も黒ずんでくるのよ。

だけど、これは生理や出産が終われば元に戻るから安心よ。ただし、ホルモンバランスが崩れてしまっている時は元に戻らないわ。

そんな時には、十分な睡眠・ストレス発散・バランスの良い食事などで、ホルモンバランスを整える必要があるのよ。

加齢に伴う新陳代謝の低下が原因?メラニンが残って黒ずむ

乳首の黒ずみの原因として「加齢」もあげられています。加齢と伴に新陳代謝が低下し、肌の再生能力が落ちてしまうため、メラニンがずっと残った状態になり、乳首が黒ずんだままとなってしまうのです。

加齢が黒ずみの原因となることをドクターシーラボのサイトから引用して紹介します。

加齢や紫外線などの影響でターンオーバーのサイクルが乱れると、剥がれるはずの角質細胞は正常に剥がれ落ちず、角質は厚くなり、しなやかさが失われ、透明感もなくなり、くすんだ肌になります。
引用元:ドクターシーラボ|顔のたるみ研究所

これで安心!新陳代謝低下の対策

新陳代謝の低下は加齢や運動不足、不規則な生活習慣などが原因で起こります。代謝機能を上げるためには、以下のことに気をつけましょう。

  • 規則正しい生活習慣を心掛ける
  • 日頃から身体をよく動かす(ウォーキング、スポーツ、ストレッチなど)
  • 血行をよくする(半身浴、リンパマッサージなど)
  • ストレスを溜めこまない
年をとってくると、新陳代謝が悪くなってきて、古い角質などが残ったままになってくるから、乳首もくすんでしまうんだって。新陳代謝のサイクルが乱れると、肌の透明感が無くなるんだね。

新陳代謝の低下は加齢の他にも、運動不足や不規則な生活が原因で起こるんだって。

加齢は避けることができなくても、不規則な生活習慣は整えることができそう。身体を動かしたり、血行を良くしたり、ストレス発散したりすることが大切だよね。

知らないとマズイ!服を着ていても紫外線の影響がある

乳首はブラなどの下着を付けているから、紫外線に当たっても大丈夫だと思っていませんか?「露出しているところ以外は紫外線から守れている!」そんな風に思いがちですが、実は乳首の黒ずみには紫外線も関係しているのです。

一体、どこから関係しているのかと言えば、「目」です。

目から紫外線を感じることで体がメラニン色素を分泌するのです。

そしてメラニン色素の分泌があれば色素沈着をおこし、乳首が黒くなる原因となるのです。株式会社エニックスによると、下記のように目に紫外線が当たると肌が黒くなります。

紫外線とメラニン

「目」から紫外線を感じることでメラニンが生成されることを、J!NSのサイトから引用して紹介します。

マウスを用いて行った実験※1では、眼から侵入した紫外線が原因でメラニンが生成され、肌が日焼けするという結果が確認されました。

眼が強い紫外線を感知すると、脳が周囲の日差しが強いと判断し、身体を守るためにメラニンを生成するというメカニズムだと考えられています。

人間の身体でも同様の作用が起こる可能性は否定できず、眼から入る紫外線にも十分な注意を払う必要があるのです。
引用元:J!NS

それでは、どうしたら良いのか、対策を見てみましょう。

これで安心!紫外線対策

目から紫外線を感じることでメラニン色素を分泌するので、目を守るサングラスの着用がオススメとなります。サングラスを選ぶ時にはレンズの色ではなく、紫外線カットの効果のあるものを選びましょう。

服を着ていれば紫外線から守れていると思っていたけど、目から紫外線を感じることで、体がメラニン色素を分泌するなんて驚きですね!

メラニン色素が出てしまうと、乳首の黒ずみの原因となりますよね。そこで、目を守るためにサングラスを使えば良いのですね。サングラスを選ぶ時には、紫外線カット効果のある者がオススメだそうです。

乳首の美白でバストケア!理想の乳首になる方法

いずれにしても、乳首の黒ずみの原因はメラニンの仕業です。このメラニンを撃退するには、上記の方法の他に、市販の美容液を利用してみるという手もあります。

ただし、中には刺激の強い成分が含まれるものもあります。最初に少し塗ってみて、乳首がヒリヒリしたりしないかテストしてからがよいでしょう。

また、口コミでよく登場する美白方法の一つに、トレチノインやハイドロキノンの使用があります。トレチノインはメラニン色素を剥ぎ取る効果があり、ハイドロキノンは肌を漂白する効果があります。

名称 効果
トレチノイン メラニン色素を剥ぎ取る
ハイドロキノン 肌を漂泊する

この二つは強い美白効果を持ちますが、その代わりに肌にとっては負担が大きく、副作用が出ることもあります。それもそのはず、この二種類は劇薬なのです。特にトレチノインは、妊娠中・授乳中は使用できないという制約もあります。

ですから、もし利用するとしても、必ず用法用量・注意事項を守るようにしましょう。金銭的に余裕があるなら、整形外科等で処方してもらうと安心です。

化粧品や医薬品とは違って、より安心でしかもお手頃な方法が、ここ数年口コミなどで話題になっている「ホエー」です。

ヨーグルトのふたを開けてみると、ちょっと黄色味がかった液体が上の方に溜まっていますよね。あれがホエーです。

ホエーの抽出方法は至って簡単。ボウルにザルとキッチンペーパーをセットし、そこにヨーグルトを流し入れて、冷蔵庫で一晩置くだけで、ボウルの中にホエーが溜まります。

もしくは、ヨーグルトを傾けて置いておいたり、一度冷凍してから解凍したりするだけでも、ホエーは抽出できます。

このホエーには美白効果とピーリング効果があるため、乳首に塗ることで黒ずみを薄くする効果が期待できます。もちろん乳首に限らず、顔や身体全体に使用することも可能です。

ちなみに、ホエーを抽出した後に残ったヨーグルトは「水切りヨーグルト」として、様々な料理に美味しく活用することができます。

意外に簡単!ホエーで美白する方法

①ホエーを抽出する 
②乳首に直接塗る or コットンでパックする
③3~5分ほどしたら洗い流す or 濡れタオルで優しく拭き取る

※注意!
乳首はデリケートな部分ですので、ホエーをつけた後はきちんと落とすようにしましょう。特にお肌の弱い方は、使用前に一度パッチテストをしておくと安心です。

よほど強い薬品を使わない限りは、乳首の黒ずみが「一晩で劇的に消える!」ということはなかなか無いかもしれません。

残念ながら黄色人種の乳首はたいてい薄茶色なので、薬や医学の力を借りない限りは、少女マンガのような「かわいいピンク色の乳首」になることもできません。

ですが、日頃からちょっとしたことに気をつけるだけで、完全なピンクとはいかないまでも、黒ずみのない、理想の「綺麗な乳首」に近付くことはできますよ。

さくらトップス

かわいいピンク色の乳首を目指すなら「さくらトップス」もありますよ。バストトップの色がつやつや明るくなって、塗るだけで桜色に変わります。使い方も簡単で、シャワーや入浴後に、添付のブラシを使って塗るだけです。キュラスから商品画像を添付しますね。

気になる成分も柿、ノバラ、ローズマリー、甘草、ホホバ、サクラ等、14種類の植物エキス配合となっていますので、安心して使えますよ。

へぇー。乳首の黒ずみの原因はメラニンなんだって。

メラニンを排泄する方法には劇薬を使ったり、ホエーを使ったりすると良いんだ!劇薬は使い方を間違えると、美白どころではなくなるから注意が必要だよね。

その点、ホエーならヨーグルトの上澄み液だから取り扱いも安心だよね。

だけど、かわいいピンク色の乳首にしたいなら、さくらトップスがおすすめみたいだね。植物エキス配合で安全みたいだけど、本当に安心して使って大丈夫なの?教えてよー。

さくらトップスは化粧品の安全性基準をクリアしているのよ。

具体的には急性毒性試験、皮膚一次刺激性試験、皮膚累積刺激性試験、感作性試験、光毒性試験、光感作性試験、眼粘膜刺激性試験、変異原性試験、ヒトパッチテストかしら。

だから、毎日のお手入れとして使って構わないのよ。バストトップ以外にもリップクリームとして使えるくらい安全よ!

これで気になる乳首の黒ずみにサヨナラ!

いかがでしたか? 気になる乳首の黒ずみを、理想の乳首に近づける方法はみつかりましたか。

黒ずみの原因となる「摩擦」「ホルモンバランスの乱れ」「加齢」「妊娠」「紫外線」を挙げて説明しましたが、改めて整理すると以下になります。

原因 対策方法
下着との摩擦 サイズの合ったもの、絹・綿素材の下着を選ぶ
妊娠・生理前等のホルモンバランス 自然と元に戻る
加齢 規則正しい生活習慣や運動で代謝機能を上げる
紫外線 サングラスなどで『目』を守る

そして、口コミで話題となっているバストケア方法は以下になります。

使用するもの 効果
トレチノイン メラニン色素を剥ぎ取る
ハイドロキノン 肌を漂泊する
ホエー(ヨーグルトの上澄み液) 美白
さくらトップス バストトップの黒ずみケア

どの方法を選ぶかはあなた次第ですが、トレチノインやハイドロキノンは成分が濃いものほど、効果が高くなります。そして、効果が高くなる程、副作用が出る可能性も高くなります。

まずは、ホエーで試してみて、効果が無ければトレチノインやハイドロキノンを試す方法をおススメしますよ。黒ずみケアにはさくらトップスも試してみたいですね。しっかりバストケアをして、理想の乳首を手に入れましょう!

乳首の黒ずみの原因となるのは、メラニン色素なのよ。シミやくすみの原因としても知られているわよね。

メラニン色素が分泌されるのは、下着による摩擦、ホルモンバランスの乱れ、加齢、妊娠、紫外線などですわ。

これらの対策として、ジャストサイズの下着を身につける、生活習慣を正してホルモンバランスを整える、サングラスの着用、ピーリング、美白、さくらトップスを紹介してきたわね。

まずはいろいろ試してみて、一番自分に合うものを見つけてちょうだいね!

この記事をシェアする!