プチ豊胸とは?手軽にできる簡単豊胸術

2017/03/07

バストアップを頑張っていても、なかなか成果が出ないこともありますよね。そんなときに誰もが思い浮かべるのが、豊胸手術ではないでしょうか。でも、手術となると怖いイメージを持っていたり、大げさな感じがしたりする人も少なくないはず。

そんな女性にもオススメなのが、今回ご紹介する「プチ豊胸」なのです。でも、プチ豊胸という言葉は一般的になってきましたが、実際はどんなものなのかよく分からなかったりしますよね。

そこで、プチ豊胸とはどんな豊胸術のことなのか、どんな人に向いている方法なのか等、プチ豊胸というものについて基本的な部分をバッチリご紹介します。できるだけ手軽に豊胸したいという女性は必見ですよ!

プチ豊胸ってどんなもの?メスを使わないカンタンな豊胸法です!

まずはプチ豊胸って一体何なのか、その定義というべきものについてお話します。

4つの豊胸法

豊胸手術には、大きく分けると以下の4つの種類があります。

そして、このうちの下ふたつ、つまり「ヒアルロン酸注入法」「献血豊胸」が、プチ豊胸に当たります。

献血豊胸には、クリニックによって「プラズマジェル注入法」「PPP注入」「PPP+PRPジェル注入法」などといった呼び方をするところもありますが、基本的にはどれも同じです。

プチ豊胸とは?

プチ豊胸という言葉で表される「ヒアルロン酸注入法」「献血豊胸」は、その他の方法とどう違うのでしょうか?

それは、やはり注射器だけで施術が完了するという点です。

脂肪注入法はバストへの注入は注射で行うものの、その前に脂肪を吸引する工程を必要とします。ましてや、シリコンバッグなどの豊胸バッグを挿入する方法は、メスで切開して縫合する必要があります。これらは比較的身体的・経済的に負担の大きな方法です。

つまり、プチ豊胸とは、メスの使用や縫合、注入以外の作業などがない、注射器だけでできるお手軽で負担の少ない豊胸術というわけなのです。

なるほど~。プチ豊胸って、メスを使ったり脂肪吸引をしたりしなくてもいい、注射器だけでできる豊胸法のことなんだね。

具体的には、ヒアルロン酸注入法と献血豊胸の2種類が、プチ豊胸ってわけだね!手術というほどでもない、簡単な方法でバストアップできるのはとっても魅力的!

施術時間もダウンタイムも短い!プチ豊胸にはメリットいっぱい!

前章では、プチ豊胸とは何を指すのかについてお話しました。次に、プチ豊胸のより具体的な面として、どんなメリットとデメリットがあるのかについてご紹介しておきます。

プチ豊胸のメリット

まずは、プチ豊胸のメリットからご紹介します。

  • 施術時間やダウンタイムが短い
  • 自由なバストデザインが可能
  • 麻酔も軽いもので済むので身体的な負担が少ない
  • クリニックによってはカウンセリング当日の施術も可能
  • 万が一しこりなどの後遺症が出ても治療が比較的容易
ざっと挙げるだけでもこれくらいのメリットがあります。注射器で施術できますから、軽い麻酔で済むので施術中の負担も少ないですし、施術後も大きな生活の変化がないままにバストアップが可能です。


色々なバストデザイン

また、図のように、注入量や注入部位を自由に選べるので、好きな形に整えることも可能です。

プチ豊胸のデメリット

このように、メリットがたくさんあるプチ豊胸ですが、同時にデメリットもあることを知っておきましょう。

  • 吸収されてしまうので効果が続かない
  • 繰り返せば費用が高額になってしまう
  • しこり等ができるケースもある

考えられるデメリットとしては、これらが挙げられます。

もっとも重要な点は、効果の持続期間は長くても1~2年程度であるということです。

お手軽な代わりに、比較的早く元のバストに戻ってしまうことを覚えておきましょう。

プチ豊胸は料金も比較的お手頃ですが、効果を維持させるべく複数回繰り返せば、かえって高額になるということもありえますのでご注意ください。

プチ豊胸って、施術も簡単だしダウンタイムも短いし、本当にお手軽にできるバストアップ方法なんですね!

でも、効果が続かないというのは、予約する前に絶対に知っておくべきことですね。結局もとに戻ってしまうなら、お金をかけてプチ豊胸するべきかどうか、よく考えた方が良さそうですね。

そうね。もとに戻るなら無駄だと考える人には、バッグ挿入法等、他の方法をオススメするわ。

でも、結婚式でドレスをきれいに着こなしたいなんていう時にはぴったりよ!むしろ永続的な効果はいらないっていうタイミングで利用するには、これ以上ない方法よ。

メリットとデメリットを合わせて考慮して、自分に合った方法を選びたいわね。

プチ豊胸は本当にカンタンなの?気になる実際の施術法とは?

プチ豊胸という施術法について、どんなものなのかおおむね見えてきたでしょうか。最後に、ヒアルロン酸注入法と献血豊胸の具体的な手順について、ごく簡単にご紹介します。

ヒアルロン酸注入法の施術方法

ヒアルロン酸注入法の手順は、とってもカンタンです。

カウンセリングで希望のバストデザインを決めたら、局所麻酔をしてバストにヒアルロン酸注射をするだけです。

施術時間としては30分程度で完了します。

麻酔が効いている術中はもちろん、術後もそれほどの痛みはありません。ダウンタイムも短く、身体的負担の少ないお仕事ならすぐにできるので、まとまったお休みを取る必要もありません。

ヒアルロン酸注入法についてさらに詳しいことは、こちらの記事に記載しています。ぜひお読みくださいね!

献血豊胸の施術方法

献血豊胸の手順は、以下のようになっています。

カウンセリングでバストデザインを決める

採血

血液をジェル状に加工する

ジェル化した血液をバストに注入する

このように、採血をしなければならず、また、採った血液をジェル化する工程があるため、ヒアルロン酸注入法よりもやや負担が増えます。

貧血の人には向かない方法ですので、ご注意ください。

献血豊胸についてもっと興味がある方には、こちら献血豊胸ってどんな方法?施術の流れや効果をご紹介!の記事もご確認くださいね。

へえ~、プチ豊胸って本当にカンタンなんだね!ヒアルロン酸注入法だったら麻酔とヒアルロン酸注射だけで終わるなんて、あっという間だね!プチ豊胸と言われる理由が分かったよ。

献血豊胸の方は、血液を採らなきゃいけないから、体質によってはやらない方がいい方法みたいだね。それも含めて、カウンセリングでじっくり相談してみると良さそう!

プチ豊胸はお試し感覚でバストアップしたい人にもオススメ!

プチ豊胸について概要をご紹介してきましたが、いかがでしたか?メスも使わずにできるお手軽な豊胸術である反面、効果が続かないというのがその最大の特徴と言えますね。

どこにどれだけ注入するかで、バストの形や大きさが比較的自由にデザインできるのも大きなメリットですが、その分医師のセンスがモノを言う方法でもあります。

ですから、口コミや各美容外科のサイトにある症例写真なども参考にして、評判の良い医師に施術をお願いすることをオススメします。その前に、このサイトの他の記事もご覧になって、しっかり情報収集をしてくださいね!

「プチ豊胸」という言葉は、美容に関心がある女性なら知ってるわよね。具体的には、ヒアルロン酸注入法とPPP+PRPジェル注入法などという名前でも呼ばれる献血豊胸のことよ。

短時間で終わるし、痛みや腫れも少ないから、忙しくてゆっくり休む時間がない人にも向いている豊胸法よ。

でも、いくらお手軽だからとって、何も考えずに施術を受けるのはよくないわ。じっくり情報を集めて、よく考えてからプチ豊胸を受けるようにしてね!

この記事をシェアする!