アーモンドミルクで便秘解消とバストアップ!そのすごい効果とは

2016/08/10

女性の多くは、ダイエットやバストアップに悩まされているのでは?ちょっと気をつけるだけ、意識するだけで簡単に便秘解消!宿便デトックスで体重減少!そして、バストアップまで可能となる方法があれば知りたいですよね。

減量だけなら「絶食」すればできるけど、それって数字的に体重が落ちただけでホルモンバランスはさらにガタガタ・体型もガタガタ・・・。なんてことになったら痩せても「美」からは遠のくばかりですよね。

実は、ある食べ物・飲み物に便秘解消&バストアップの効果があることが分かっています。それは、ズバリ“豆乳”“リンゴ”“赤ワイン”“アーモンド”です!これらに秘められたパワーについてチェックしておきましょう!

女性ホルモンと似た役割を持つ!?良質な成分宝庫の豆乳

バストアップというと一昔前なら「牛乳」と考える人が多かったのですが、ここ最近牛乳以上に注目されているのが豆乳です。牛乳と比較すると低カロリーなうえ、良質なミネラル成分が多く含まれています。

そしてその効果はバストアップだけではありません。豆乳の持つ良質なミネラルは便秘解消にも効果絶大なのです!

大豆、最大の武器イソフラボンがバストアップに効果的!

豆乳の「豆」というのはご存知の通り大豆のこと。この大豆にはイソフラボンが豊富に含まれているのもご存じかと。

じゃあ、なんでこのイソフラボンがバストアップにいいのかを説明しましょう。

実は、イソフラボンは女性ホルモンと似たような構造であるために、女性ホルモンと同じような働きをするのです。

女性ホルモンと似た構造のイソフラボン

バストアップの為に必要だと言われている女性ホルモンは、乳腺を発達させる働きがあります。バスト=脂肪と考えている方も多いと思います。確かにバストは脂肪で包まれていますが、その脂肪の下には多くの乳腺があります。

ということは、バストを大きくするには脂肪を増やすのではなくて、脂肪の下にある乳腺を成長させればいいと言っても過言ではありません!

この乳腺に直接働きかけるイソフラボン!バストアップに効果大なのです!

イソフラボンは便秘に良いミネラルが豊富!

豆乳の嬉しい効果は、バストアップだけではありません。豆乳は、牛乳と比較しても天然のオリゴ糖やマグネシウムが豊富に含まれています。オリゴ糖やマグネシウムは便秘に効果大です。

便秘だけど薬に頼りたくない!そんな人が便秘解消法を調べてみると「オリゴ糖」や「マグネシウム」などの用語が何万もヒットするくらいです。

そして、そもそもの豆乳の原材料は「豆」です。豆なのですから食物繊維も豊富です。オリゴ糖にマグネシウム・食物繊維を含む豆乳は便秘解消を語るに外せないものです!

ここで、なぜ豆腐ではなく豆乳なの?と疑問に感じる人もいるかもしれません。どうせ同じなら、豆乳じゃなくても豆腐として食べた方がクセもないのに…と思う気持ちも分かります。

確かに、豆乳には少しクセがある為苦手な人も少なくないのですが、豆乳は簡単に言うと豆腐を液体にしたものなので体内への吸収がよくなり即効性が期待できます!

それに固形になったものを「食べる」よりも「飲む」方がお手軽ですしね!豆乳をそのまま飲むのに抵抗がある人は、まずカフェオレやココア、ミルクティーに入れていた牛乳を豆乳に変えてみることから始めるのも良いでしょう。

バストアップにはやっぱりイソフラボンなんだね。何となくいいとは思ってたけど、女性ホルモンと同じ働きをするって聞いて納得したな。

でも、イソフラボンが多く含まれている豆乳に便秘解消の効果も期待できるっていうのは知らなかった!ココアとかカフェオレなら豆乳も飲めるかもしれないから、さっそく買ってきてみようかな。

ボロンとペクチン豊富なリンゴは女性の味方!

離乳食を始めたばかりの赤ちゃんが便秘になるのはよくあること。だって生まれて初めての食べ物(異物)を体内に入れるわけですからね。

そして、バナナやヨーグルトをあげる、マッサーッジをするなど何をやってもダメだったのに、すりおろしリンゴをあげた途端に毎日スッキリ快腸になる赤ちゃん、けっこう多いんですよ。

そんなわが子を見て「あれ?リンゴってもしや便秘にいいの??」と感じたママさんもいるかもしれません。確かに、リンゴには便秘解消の効果があります!しかし、その効果は便秘解消だけにとどまりません。

子供だけじゃなく大人も試してほしい!実はバストアップにも良い成分があるのです。

バストアップに効くボロンが女性ホルモンを活性化!?

リンゴに含まれているボロンという成分は、これまた女性ホルモンの働きを促してくれる役割があります。

女性ホルモンは乳腺の発達に必要不可欠なものですから、その働きを促すことはバストアップに繋がるわけですね。

ボロンを含む食べ物は他にも果物をはじめ野菜や海藻などたくさんあるのですが、熱に弱いボロンは加熱調理よりもそのまま食べるのがおすすめです。そうなると、食材は限られてきます。

生で食べるのが自然で無理がない、まさしくリンゴです!リンゴはバストアップを助けてくれる優しい食材なのです。

リンゴで便秘解消!?その秘密はペクチンにアリ!

ペクチンは食物繊維の一種で、リンゴに多く含まれています。腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。

ペクチンというのは、果肉よりも皮に多く含まれているので、皮ごと食べるのが理想です。皮ごと摂取できるペプチン豊富な食べ物も限られます。

ですから、リンゴはすりおろして食べることがオススメなのです!

  • ボロンの効果を出すため加熱調理せずにそのまま食べられる
  • ペクチン摂取のため皮ごと食べられる

この2点をクリアすることで、リンゴのボロン、ペクチンの効果を最大限生かすことが可能となるのです!

毎日30gでOK!?とろろ昆布もボロンが豊富!

リンゴはボロンが豊富な食べ物であることを紹介しましたが、実はとろろ昆布にもボロンが含まれています。ボロンの1日の摂取目安量は3㎎と言われていますので、その量を摂取するためにはどのくらい食べればいいのか、それをリンゴと比較してみましょう。

  • リンゴ…1個
  • とろろ昆布…30g

でも、いくらボロンが豊富でもリンゴは便秘解消効果も高い食材と言われていることを考えれば、やっぱりリンゴの方がいいのでは?そう思うかもしれません。

しかし、とろろ昆布にはアルギン酸と呼ばれる水溶性の食物繊維も含まれています。ですから、便秘解消の効果も期待できるのです。

毎日リンゴを1個食べ続けるのは大変かもしれません。その際は、とろろ昆布も積極的に取り入れてバランスよく摂取するようにすると良いでしょう。

便秘が解消して下っ腹がスッキリすれば、バストサイズが変わっていなくても視覚的なバストアップ効果も期待できますよ。バストアップと便秘は、全く関係の無いものではありません。
リンゴは、赤ちゃんの便秘解消にも使われていることがありますから、大人でも効果があるというのは知っていました。でも、まさかリンゴにバストアップ効果もあるなんて驚きです。

バストアップと便秘解消、どちらの効果もあるなら嬉しいことですね。とろろ昆布も、リンゴと同じ成分であるボロンが含まれていることでバストアップ効果が期待できるということですから、色々と普段から取り入れてみたいと思います。

ほどよい量で効果実感!抗酸化作用が魅力の赤ワイン

アルコール飲んで便秘解消とバストアップ?そんな上手いことあるの?という感じですが、あるのです。ただし、アルコールならなんでもいいわけではありません。赤ワインだからこそ良いのです!そこには赤ワインの持つ成分に秘密があります。

赤ワインと言えばポリフェノール!血流改善がバストアップに

「赤ワイン=ポリフェノール」というのは誰もが知っていることですが、このポリフェノールってなんでこんなに注目されているのでしょうか?それはポリフェノールのもつ抗酸化作用が「若返りの効果」につながるからなのです。

人の体を老化へと導く活性酸素を、このポリフェノールは除去してくれます!

その為、血流が良くなり乳腺を通して多くの栄養が行きわたり、胸にハリを与え、バストアップ効果に繋がるというわけです。

赤ワインは、他の飲料と比較するとポリフェノール量が多いのは明らかです。赤ワインをポリフェノール効果、しっかり覚えておきましょう。

ほどよく腸に刺激の鉄分!便秘解消に効果アリ

「お食事中にごめんなさい」的な話ではありますが、赤ワインを飲んだ翌日、ちょっと黒っぽい便が出たりしませんか?そもそもお酒自体が水分なので大量に飲めば便通を促してはくれますが、お酒の飲み過ぎはデメリットもたくさんです。

そこで注目したいのが、アルコールの中で唯一鉄分を含む赤ワイン。実は赤ワインの翌日に出る黒っぽい便の「黒」は鉄が排出されている証拠なのです!

鉄は適度な量を摂取すれば腸にほどよい刺激を与えます。この刺激によって便通が促されるのです。空腹時に飲む方が効き目はありますが、アルコールなので食間や食後にたしなむ程度が良いでしょう。良いからと言って飲み過ぎてはいけません。

適量な赤ワインで上手にポリフェノールと鉄分を採り入れましょうね。

バナナダイエットの秘密もポリフェノールにあり!?

実は、よく聞くバナナダイエットもこのポリフェノールが関係しています。バナナにポリフェノールが含まれていることは、あまり知られていないかもしれませんね。

しかし、実はバナナは果物の中でもポリフェノールが多く含まれることが知られている食材なのです。バナナに含まれるポリフェノールによって、血流が促進されて脂肪燃焼効果が期待できるわけですね。

また、バナナに含まれる不溶性食物繊維は便の量を増やすことで、腸の働きを活発化させ、便秘解消効果も期待できます。女性に嬉しい効果がある食材であることは、間違いないでしょう。

赤ワインにもバストアップ効果と便秘解消効果があるなんてビックリ!大好きなお酒飲んでバストアップなんて魅力的すぎるよね。

バナナにもポリフェノールが含まれていてバストアップ効果が期待できるんだね。血流促進がバストにハリを与えるってことだから、さっそくいろいろと試してみちゃおうかな。

やっぱり外せない!人気急上昇中のアーモンド

最近巷で流行のアーモンドミルク。アメリカからやってきたスーパードリンクですよね!効能があり過ぎでここでは語り切れないくらいです。豆乳のドリンクとしての効果は先に書いた通りですので、ここではアーモンドの魅力に迫りたいと思います。

「アーモンドミルク試してみたものの、味がちょっと苦手かも…」という人はアーモンドだけでも効果絶大です!是非この機会にアーモンドについて知っちゃいましょう。

アーモンドと言えばビタミンE!バストアップの強い味方

ナッツ類に欠かせないのがビタミンEです。肌荒れに悩み皮膚科に行くとビタミンEの錠剤を処方されることもあるくらいビタミンEというのは美肌に欠かせません。

このビタミンEがアーモンドには多く含まれています。美肌を作るというのは、要するに血流をよくするということです。血流がよくなるのだから、バストへの栄養も行きわたりバストアップへの効果が期待できます!

血流を良くしてバストアップ、というのは赤ワインと同じですね。

オレイン酸や豊富なミネラルで便秘解消!

そして、次に注目したいのがオレイン酸という成分。このオレイン酸はかなり優秀な成分で体内の悪玉菌をやっつけてくれて善玉菌を減らすようなことはないのです。

オレイン酸の効果について、わかさ生活のホームページで次のように紹介されています。

オレイン酸は、腸の働きを活発にさせるため、便秘を解消する効果があります。オレイン酸は小腸で消化吸収されにくく、腸に刺激を与えるといわれています。
そのため、オレイン酸には便秘を解消する効果があります。
引用元:わかさ生活 わかさの秘密 成分情報 オレイン酸

オレイン酸は、胃に留まる時間が短いため胃に負担をかけずに直接腸に働きかけてくれます。アーモンドは便秘解消にもってこいの食べ物と言えますね!

意識して取り入れるのは大事!でも摂り過ぎると危険な成分も!?

ここまでバストアップと便秘に良い食べ物&飲み物を紹介してきましたが、それだけを食べてくださいと言うものではありません。自分の体を形成してくれる食事は何よりバランスが大事なのです。

特に、アーモンドを摂取しすぎてしまうと骨粗しょう症になったり下痢になったりするリスクがあります。骨粗しょう症を引き起こしてしまう原因としては、アーモンドに含まれるビタミンEが影響していると考えられています。

アーモンドに含まれるビタミンEが骨粗しょう症の原因?

ビタミンEと骨粗しょう症の関係について、日本薬学会ホームページで以下のように紹介されています。

ビタミンEは最も人気のある栄養補助食品(サプリメント)の一つであり、アメリカでは、特に、10%を超える成人が毎日ビタミンEのサプリメントを摂取しているという報告もあります。

なお、これまでビタミンEによる過剰症はほとんどみられないとされてきました。しかしながら、近年、慶応大学などの研究グループ(竹田ら)によって、ビタミンEの過剰摂取が骨粗しょう症を引き起こす可能性が報告されました。
引用元:日本薬学会 環境・衛星部会 環境・衛生薬学トピックス ビタミンEの過剰摂取と骨粗しょう症

ビタミンEを過剰摂取しまうと、骨粗しょう症になる恐れがあるという事が医学的に証明されつつあるという事ですね。

しかし、ビタミンEには抗酸化作用があり動脈硬化などに効果があるというのも事実です。ビタミンEが悪というわけではなく、過剰量を摂取しないよう注意することが必要なのです。大体1日20~23粒を目安と考えておけば、安心でしょう。

ビタミンEは美容にも効果的!?知っておきたいその秘密とは

ビタミンEは過剰摂取こそ避けなければいけませんが、実は美容にも嬉しい効果がある成分となっています。なぜビタミンEが美容に繋がるのか、その効果3つをご紹介しましょう。

  • 抗酸化作用
  • バリア機能
  • 血行促進作用

抗酸化作用があることで、シワやたるみの原因となる活性酸素を減少させる効果が期待できます。抗酸化作用にアンチエイジング効果があると言われているのは、この為ですね。

また、ビタミンEは皮脂に溶けた状態で肌の表面をカバーしてくれるバリア機能の役割も担っているのです。

血行促進作用は、身体の冷えを防ぐだけでなく、新陳代謝を活性化することでシミやそばかすを防ぐことにも繋がります。

ビタミンEは、過剰摂取することが怖いだけで適量を摂取することは何の問題もありません。むしろ、女性にとって嬉しい効果が期待できる成分なのです。

美容のために、普段の食生活の中でビタミンEを上手に取り入れるようにしていきたいですね。

アーモンドには色々な効果があることが分かって、一気に健康食品として有名になりましたよね。便秘解消、バストアップと女性にとって嬉しい効果があるなら積極的に取り入れたいところです。

でも、ビタミンEについては摂り過ぎは危険ということもあってどうしたらいいか困ってしまいますね。どうするのが良いのでしょうか。

確かに、ビタミンEにはたくさんの効果が期待できることが知られているわ。女性なら気になる美容面についても、シワやシミ、そばかすを予防できる可能性があるから、是非摂ってほしいものなの。

量に気を付けると言っても、少量食べたぐらいですぐに弊害が生じるわけじゃないわ。適量を摂れば、健康効果も期待できるし美容にも繋がるの。1日20腐部を目安に、怖がらず、上手に取り入れてもらいたいわね。

ラクダポーズでバストアップと便秘解消!?その方法とは

ラクダポーズを聞いたことはありますか?ヨガのポーズの1つなのですが、実はこのラクダポーズにはバストアップと便秘解消2つの効果があると言われているのです。

そのやり方をご紹介していきましょう。

1 両膝を腰幅に開いて、膝立ちになる
2 片手ずつそれぞれのかかとを掴む。
3 胸を天井に向けて上げ、おへそも突き出すイメージで20~30秒ほどキープ

このラクダポーズをすることで、内臓、特に腸の働きを調整します。それが、便秘解消効果に繋がることが期待されているのです。

また、ラクダポーズをすることで肩甲骨を動かし、肩甲骨周りの血流を促す効果も期待できます。これが、バストアップに繋がるというわけですね。

ヨガのポーズをするときには、決して無理をしないよう注意しなければいけません。痛みを感じるようなことがあれば、中断するように気を付けましょう。

ラクダポーズでバストアップと便秘解消効果があるなんて!ヨガってそういう効果もあるんだね。やることは簡単そうだから、毎日お風呂入った後とか初めて見ようかな。

痛いときは無理してやらない方がいいんだね。そこだけ注意して、とりあえず今日から始めてみようかな。

4つの食べ物・飲み物を上手に取り入れて理想のボディへ

バストアップを可能にする食べ物・飲み物は色々あります。どれか1つでも普段の食生活に取り入れれば、何もしないよりも確実にバストアップに近づくことが出来ると言えるでしょう。

ただし、栄養が偏りすぎてしまっては意味がありません。バストアップに必要な栄養は1つだけではありませんから、この4つの食べ物・飲み物に固執するあまり食生活が乱れてしまえばいつまでもバストアップ効果は得られないのです。

取り入れる方法は、特に難しく考える必要はありません。いつも牛乳で作っていたラテを豆乳で作ってみる、固形で食べていたリンゴをすりおろして食べてみるだけでもOKです。

また、「とりあえずビール」を「とりあえず赤ワイン」にしてみたり、おやつのポテトチップス1袋をアーモンド10粒に変えてみたり、簡単にできることは色々あるはずです。

自分に合った方法で4つの食べ物・飲み物を上手に取り入れて、理想のボディを目指しましょう!

バストアップと便秘解消2つの効果を持つ食品は色々とあるようね。でも、だからと言ってそればかりを食べてしまっては栄養バランスが乱れて、かえって美容や健康に良くないわ。

バランスの良い食事を摂る、それは最低限気を付けるようにして、プラスアルファで取り入れていくことが理想よ。あとは、摂り過ぎると健康に良くない成分もあるということには要注意ね。

この食品が良い!そう聞くと、どうしても飛びついてしまいがちかもしれないけれど、それだけを食べる、しかも短期間だけということでは意味がないわ。習慣として継続して取り入れる、そして適量を守り、他の栄養バランスも守る、これが大切ということは忘れないでほしいわね。

この記事をシェアする!