綺麗な胸は女性の魅力!より美しくなるためのメソッド

女性ならではの魅力として必ず挙げられる「バスト」。誰しもが美しく豊かなバストを手に入れたい!と思っているのではないでしょうか。

とはいえ、なかなか自分の理想のバストを手に入れるのは難しいもの。

また、悩んでいる部分もひとりひとり違います。胸の形で悩んでいる方もいれば、そもそも胸が小さいことが悩みであったりなんとなく垂れている気がして気になる…など、本当に女性の数だけ悩みがあるといってもいいかもしれません。

そんな、バストに関して何か悩んでいる女性のために、バストで考えられる悩みの原因や対処法などを集めました。

綺麗な胸はバランスから!左右の大きさの違いをなくしたい

美しい、綺麗な胸のイメージといえば左右の胸の大きさが同じで美しい形…という感じでしょうか?

特に左右で胸の大きさが違うと、いくら形が美しくても「なんか綺麗に見えない」となってしまいます。

女性の中には「左右で胸の大きさが違うことが悩み」という方もいるのではないでしょうか。しかし、これは実は結構難しい問題なんです。

そもそも左右で大きさが違うのは当たり前!

結論から言ってしまいますと、左右で胸の大きさが違うのは「当たり前」なんです。

その理由は

  • 左側には心臓があること
  • 筋肉のつき方が違うこと
  • 姿勢によって変わること

の3つが挙げられます。

まず、左側には心臓があります。身体は心臓を守ろうとするため、どうしても左側の胸が大きくなる(前に張り出すような)傾向にあります。そのため、わずかに左のほうが大きい…という場合はかなり均整が取れた状態だと言ってもいいかもしれません。

次に筋肉です。これは単純な話ですが、右なり左なり「利き手」はみなさんお持ちだと思います。つまり、よく使う方の筋肉が絶対にあるということなんです。

よく使う利き手側の筋肉は発達しやすい傾向にあります。そのため筋肉の土台が右と左で変わり、土台分が胸の大きさにも影響を与える…ということですね。

最後の姿勢です。これも人それぞれですが猫背であったり、左に傾いている傾向があったり…と、正直わたしたちの身体は何かしら歪んでいます。

その歪みによって骨盤が歪みます。骨盤が歪むとそれに釣られて背骨など他の部分も曲がってしまい、それが胸の大きさにも影響する…というものです。これは大きさだけでなく、位置にも関係することがありますね。

心臓があるのは当然としても、その他の2点についてはどちらか当てはまる、心当たりがあるところもあるのではないでしょうか?

次からは具体的な解決方法を見ていきましょう。

自分の「利き手」を意識して逆の方を使う!

まず最初にやってほしいことは「利き手」と逆の方を使うことです。とはいえ逆の手でお箸を持ってご飯を食べてください!…というわけではありません。

荷物を持つとき、カバンを肩にかけるとき…。いつも「同じ方向」で行っていませんか?

常に右の肩にカバンのストラップをかけて歩いている、買い物をした場合は左手で重い荷物を持っている…。思い当たる場合、意識して逆にしてみましょう。左の肩にカバンのストラップをかけ、右手で荷物を持つようにします。

…とはいえ、意識してずっと逆側で持つのもNGです。大切なのは「バランス」です。無意識に利き手の方で持ってしまったら次の時には逆側で持つようにしましょう。

左右のバランスを取るように意識することで、背骨や骨盤などの歪みが少しずつではありますが解消されて来ますので、左右の胸のバランスが取れるようになってきます。骨盤の歪みを直すエクササイズなども有効ですね。

ブラは大きい側の胸に合わせたものを使用する

これは心がけている方が多いと思いますが、ブラを選ぶときは大きい方の胸に合わせてください。

大きい方の胸に合わせると隙間が出来てしまうから…と、小さい方に合わせてしまうと右側の胸が締め付けられてしまい、胸周りの血流やリンパの流れが悪くなってしまいます。

血流が悪くなるともちろん美しい胸には大きなマイナス。胸自体が小さくなったり、ハリがなくなる原因にもなるんです。

小さい方の胸にはパッドなどを詰めて調整を。また、ブラをつけるときに小さい方の胸から脂肪を集めるように入れるようにするとバスト差が縮まってくる、なんてこともあるとかないとか…?

小さい方のバストをマッサージしてみる

胸の多くは脂肪でできています。ブラにワキのお肉を詰め込んで大きく!…なんてことをしたことがある方もいるのではないでしょうか。

しかしこれ、実は間違いではありません。ワキのお肉も「胸の脂肪なんだよ!」という気持ちで集めることで胸の脂肪として定着してくれることも…。(もちろん、逆に胸の脂肪が流れてワキ肉になってしまうこともあるのですが…)

小さい方の胸のみを、マッサージでより寄せ集めることを意識してみてはいかがでしょうか。毎日続けていくうちにいつの間にか左右差が無くなっていくかもしれません。

離れている胸を改善する方法について詳しくお伝えする記事もありますので、どうぞご参考に!

左胸の方が心臓があるから大きいってのは知ってたけど、姿勢とか生活習慣でも胸の大きさが変わるってのは知らなかったな、びっくり!

姿勢が悪いというか背骨が曲がってたりすると全身の歪みをうんじゃうから、胸のためってよりも身体のためにも歪みなんかは治すように意識していきたいところだね。プラスマッサージをしていくって感じがよさそう!

綺麗な胸の条件といえば「胸の形!」美しい形をつくる方法とは

綺麗な胸の条件として必ず挙げられるのはやっぱり「形」ではないでしょうか。

サイズが大きくても形がイマイチならその魅力はやっぱり減ってしまいます。美しいバストは美しいシルエットから!これはボディ全体に言えることですよね。

ここでは、美しい胸の形をつくるためのヒントをお教えしたいと思います。

あなたはどのタイプ?バストにはこんなに種類があった!

バスト、とひとくちにいっても人それぞれ形や性質はいろいろです。

まずはバストの「質」から。女性のバストは大きくわけて「乳腺質」と「脂肪質」の2つにわけられます。

乳腺質とは乳腺がしっかり発達しているちょっと筋肉質なバスト、という感じでしょうか。ハリがありボン!と出ている、欧米のセクシーな女性のバストのイメージです。

対して「脂肪質」は筋肉ではなく脂肪が多めのバストです。ふんわりしていて寝転ぶと横に流れてしまうような柔らかさを持つ、日本人女性に多いタイプです。

加えて、形も大阪梅田中央クリニックによると以下のように分類されています。

胸の形の種類

タイプ 説明
円盤型 円盤をバストに貼り付けたようなイメージ。
円すい型に比べると乳首の位置は下目
円球型 半円型・おわん型とも言われるバスト。
全体的にふっくらとした印象がある。
円すい型 横から見ると前に突き出しているような形。
ロケットおっぱいと言われるタイプ。
扁平型 いわゆる「貧乳」タイプ。皿型と言われることも。
ピラミッド型 バスト上部にはボリュームがないものの
バストの下側はしっかりボリュームがありつつバストトップは
上を向いているタイプ。釣鐘型と同じイメージ。
下垂型 全体的に加齢によって垂れてしまったタイプ。

「確実にこれだ!」と決まっているものではないので他の言い方や分類があることもありますが、だいたいはこのような感じですね。

この中で一般的に理想的だと言われているのは「円球型」と「円すい型」だそうです。あなたのバストはどうでしたか?

美しい形にするには「ブラ」はとても重要!

美しいバストを作るには、実はブラジャーはとても重要。もちろんすぐにバストの形を変えることは不可能ですが、ブラであれば自分の好きな形をつくるためのサポートをしてくれるんです。

例えば「離れがちな胸だから谷間が欲しい」と思ったら谷間メイクに強いブラを。「ボリュームが欲しい」と思ったら底上げしてくれるようなボリュームアップのブラを。

「自分の胸をどのような形にしたいのか」をしっかりと決めてブラを選ぶことが大切なんです。

もちろんサイズも大切です。ワコールによると、なんと自身のブラサイズを勘違いしている女性は71%!

ワコールによるブラサイズの勘違い

必ずブラは試着して、自分に合ったサイズのものを着用するようにしましょう。そうじゃないと胸が潰れてしまったり、逆に流れてしまったりと形が悪くなってしまう原因に。

なんと、バストサイズはたった1ヶ月でも微妙に変化しているそう。3ヶ月~半年くらいに一度はきちんとお店で測ってもらうようにするのがベストと言えそうです。

補正ブラを利用して、美しいバストを作ることも可能

バストの形を美しくしたり、離れ胸を解消することが出来る「補正ブラジャー」。少々お値段は張りますが、理想の形のバストを作りたいのなら視野にいれてもいいでしょう。

補正ブラジャーの形は立体的な構造となっています。 この構造がバストの下のお肉を上手にかき集めてカップの中に収めてくれます。

また、トップバストは内側に寄り、上向きに高くなります。 形が崩れて脇に流れてしまったバストの脂肪を持ち上げ、動きにくくしてくれます。 しかも、寄せて持ち上げ続けると、バスト自身の形や大きさが変わってきます。
引用元:ぴったりサイズのブラジャーを探せ!!|Le Parterre

マッサージやエクササイズなどと併用するのも悪くないかもしれませんね。

ブラで防ぐオバさん体型!肉が背中に流れるってホント?←こちらの記事も必見です!

女性のバストって、様々な形があったんですね。人の胸を見るってそうそうありませんしここまで色んな種類があるのは意外でした。

しかし形を整えるのは補正下着しか方法がないんでしょうか?何かセルフケアでも形を整えることができたらよさそうなのですが…。

そうね、やっぱり形はキレイにしたいけど補正下着はちょっと…って人もいると思うわ。

そんな人は普段から使うブラをちょっとこだわったものにするのがいいわね。上げて寄せるブラで離れ胸の解消に役立てる、とか。

あとは次のトピックでも解説されているけど、バストの位置を上げる行動をするのもオススメよ。特にピラミッド型だったり垂れ気味バストの人におすすめよ。

大きくても垂れては魅力半減!バストの位置も綺麗な胸に不可欠

バストがいくら大きくても、垂れている状態…いわゆる「垂れ乳」状態ではその胸は魅力的には見えませんよね。

「垂れているくらいなら、サイズが小さくてもいいから上向きバストの方がいいなぁ…」と考える女性も少なくないのではないでしょうか?

そう、綺麗な胸にはバストの位置がどこにあるかもかなり重要な要素!

美しく見えるバストの位置は一体どこなのか?そしてバストアップに必要なことは何でしょうか?

貴方の位置はどう?「ゴールデン・トライアングル」をチェック

一番美しく見える顔のパーツの配置「黄金比」があるのをご存知でしょうか。バストの位置も同じように、「ゴールデン・トライアングル」があるんです。

ゴールデン・トライアングル

具体的には鎖骨の真ん中と左右のバストトップを頂点とした三角形が正三角形に近ければ近いほどいい!というもの。

ブラでこの位置になるのはもちろんのこと、ブラなしでもこの位置をキープしておきたいですよね。

合わないブラをつけていたり、バストが垂れ気味だと三角形になっていない可能性があります。下着選びなどを見直す必要があるかもしれません。

スポーツをしている方は要注意!「クーパー靭帯」を大切に

バストアップに興味がある女性なら必ず一度は目にするであろう単語、「クーパー靭帯」。

バストの断面図

靭帯は基本的に一度伸びてもまた弾力を取り戻すのですが、クーパー靭帯は一度伸びてしまうともとに戻らないんです。

そしてクーパー靭帯はバストを支える大事な役目を担っています。つまり、垂れたバストの大きな原因になりうる…ということ!

クーパー靭帯が伸びてしまう原因は「上下運動」です。特にジョギングや縄跳びなどの激しい上下運動は要注意!スポーツを行うときは必ずスポーツブラをつけて、しっかりとバストを支えてあげるようにしましょう。

また、家でのノーブラは出来るだけ避けるようにする方がおすすめです。クーパー靭帯はバストの自重だけでもわずかながら伸びてしまうため、できるだけ伸びを抑えるなら出来る限り支えてあげることが大切。

ワイヤレスのタンクトップタイプで十分なので、らくちんなブラを着用しましょう。それだけでクーパー靭帯の伸びを防げます。

バストの位置を上げるなら腕立て伏せなどエクササイズがおすすめ

バストの位置を高くするなら、エクササイズがおすすめです。

その理由は、バストは筋肉を土台としているから。先ほどの画像にも「大胸筋」と書かれているのに気づいた方はいるでしょうか?

そう、バストの土台は大胸筋。大胸筋を鍛えることでバストの土台がしっかりし、バストの位置が上がるんです。さらに土台が厚くなることで胸自体が前に押し出され、相対的にバストの大きさが大きくなる=カップが上がる効果も期待できます。

そんな大胸筋を鍛えるのに効果的な運動は、やっぱり腕立て伏せです。

腕立て伏せはハードで出来ない!という方は膝をついて四つん這いの体勢で行うものや、壁に手をついて行う「立ち腕立て伏せ」でも同様の効果を得ることが出来ますので、自分がやりやすい・続けやすい方法で行ってみてください。

ポイントは大胸筋(胸の下の筋肉)を意識すること、まっすぐに身体を降ろすことです。正しいやり方でやれば二の腕や背中のシェイプアップ効果も見込めますよ。1日10回~15回出来ればOKです。

寝る前のベッドの上で行うなら、「お祈り体操」がオススメです。こちらは手のひらを顔の前で合わせてぐっと力を入れるエクササイズ。

場所を選ばず行える点と身体にかかる負担が少ない点がオススメポイントですね。特に回数は決まっていませんが、5回~10回程度を毎日こまめに続けることが大切です。

小胸さんでも美胸は目指せる!大事なのは胸の位置でした←こちらの記事も必見です!

バストの位置かぁ。確かに街で時々「なんか垂れてない…?」って思っちゃう女子っている!

本人は気づいてないのかもしれないけど、やっぱちょっとカッコ悪いよね。男の子ウケも悪そうだし。

腕立て伏せやお祈り体操ってどっちも簡単。なのに効果があるなんてとっても嬉しいよね。コスパが高い方法はありがたい!

こんなところにもムダ毛!胸に毛が生えてしまった時はどうする?

女性のたしなみと言われながらも「面倒だなぁ」と思ってしまうこと…それはムダ毛の処理ではないでしょうか。

よく見える手足は基本ですが、ワキや背中などの処理もしなければなりません。しかしついうっかり忘れがちなのがバスト周りの毛。

彼氏などに毛が生えているところを見られたら恥ずかしい、見られて彼氏がショックを受けていた…などのエピソードが事欠かない部分ですが、バスト周りの毛はどう処理するのがベストなのでしょうか?

セルフケアなら剃るか抜くか…しかし注意点も

セルフケアで行うのであれば「剃る」「抜く」のどちらかとなるでしょう。

とはいえバスト周り、とくに乳首や乳輪は非常に皮膚はデリケート。足や腕と同じような感覚で行ってしまうとヒリヒリしたり赤くなってしまう可能性もあります。

剃るのであれば電動カミソリのような産毛を剃るのに適したもの、抜くのであれば毛抜きではなくきちんとした光脱毛器のようなものを使う方がいいでしょう。特に毛抜きで抜いていると傷がつき、そこから細菌が入って炎症を起こす可能性もあります。

除毛クリームで毛を処理する方法もありますね。ただしこちらも刺激が強いことが多いので、敏感肌用を使用したりパッチテストを行うなどきちんと肌に合うかどうかチェックを行いましょう。

確実に、安全に処理したいならクリニックで

確実に、そして肌荒れなどを引き起こしたくないのならクリニック(美容皮膚科)にて脱毛してもらうのがいいでしょう。

脱毛サロンよりも医療脱毛(クリニックでの脱毛)のほうが確実かつ安全性も高いです。価格は一見高いですが、回数は脱毛サロンよりも少なく終わることもあるので総費用が変わらないケースも多いんです。

ただし乳輪に生えている毛は対象外となることが多いので、そこだけはセルフケアが必要となるでしょう。デリケートな部分なのであまり触らない方がいいかもしれませんが…。

価格は5回で約6万円~15万円と、クリニックによって幅がありますので選ぶ際は価格チェックもしっかりと。

豆乳ローションが効く?とりあえずケアしたいならここから

剃るのも抜くのもなんか怖い、だけどクリニックでお金をかけるのも…。という方は、まずは「豆乳ローション」を試してみてはいかがでしょうか。

一時期ムダ毛がなくなった!と密かなブームにもなった豆乳ローション。そのヒミツは女性ホルモンに近い成分「イソフラボン」の働きだと言われています。

お風呂あがりなどのケアのひとつとしてムダ毛が気になる部分に豆乳ローションを塗るだけ。効果が出るかどうかは個人差が大きいので必ずムダ毛がなくなる!とは言えませんが、相性がよければバストを傷つけることなくムダ毛が減る可能性があります。

「とりあえず」というテンションでもやりやすいので、一度試してみるのはアリかな?と思いますよ。

このカテゴリーには乳輪周りの脱毛!3つの方法を仕上がりの美しさから徹底検証について詳しくお伝えする記事もありますので、どうぞご参考に!

女性たるものやっぱりムダ毛の処理はきちんとしておきたいわよね。

だけどバスト周りは腕や足に比べたらずっとデリケートな部分なの。普段肌荒れはしない人でもこういったデリケートな部分は肌荒れしてしまうことも珍しくないわ。

肌を大切に、だけど確実に処理したいならやはりクリニックがおすすめよ。

どうしたらいい??胸の肌荒れやニキビの原因と対処法

あるときにぽつっと出来てしまう胸のニキビや肌荒れ。顔にはニキビが出来ないのになぜ?と疑問に思う方も多いのでは?

胸にニキビが出来てしまう原因は顔と同じな部分もありますが、実は全く違う原因である可能性も!

普段から意識できる対処法と合わせて、胸の肌荒れ・ニキビの原因を見ていきたいと思います。

胸の肌が荒れたりニキビが出来る原因は?

胸の肌が荒れてしまったり、ニキビが出来る原因は様々ですが

  • 皮脂の分泌
  • 蒸れ
  • 衣類による刺激

が多いと言われています。

意外に思うかもしれませんが、バスト周りは皮脂腺が多く皮脂の分泌量が多いんです。

そのため顔の保湿のように、しっかりと保湿ケアを行ってしまうことで逆に皮脂が過剰に分泌されてしまうことも。

そして「蒸れ」も原因のひとつです。どうしてもブラ周りは空気がこもりやすいので蒸れてしまう方も多いのではないでしょうか。

ニキビの原因と言われる「アクネ菌」は酸素が苦手ですが蒸れている状態だと酸素が届きにくく、アクネ菌の繁殖が加速してしまうとか。

そして最後に衣類による刺激です。汗を吸った衣類や、肌がチクチクする、締め付けるといった刺激によって肌が荒れてしまったりニキビの原因になってしまいます。他にも基本的なことで言えばお風呂での洗い残しも原因のひとつですね。

またニキビではなく小さなぶつぶつなどができている場合、

  • マラセチア毛包炎(カビの一種)
  • 接触性皮膚炎
  • あせも(汗疹)
  • 日光性皮膚炎

などニキビではなく他の病気・症状である可能性もあります。

今日から出来る!胸の肌をキレイにする対処法は?

胸の肌荒れやニキビを防ぐための方法はとってもシンプル。

  • 肌を清潔に保つ
  • 通気性を出来るだけ確保する
  • 不用意に日光にあてない
  • ストレスがたまらないような生活を心がける

この4つを守ればOKなんです。

肌を清潔に保つのはそのままですね。きちんと洗ったら清潔なタオルで拭く、基本ですが大事なことです。皮脂の分泌が多いからとゴシゴシ洗うのはNGです。皮脂がなくなりすぎると逆に過剰に分泌させようとするので逆効果。適度に優しく洗いましょう。

バスト周りの通気性を確保することも重要です。綿製品を多く着るなど、通気性の高い素材の服を選んでみて。また、日光性皮膚炎の方は特に、紫外線に肌を当てないことが重要になります。必要な時以外はできるだけ日光を当てないようにしましょう。

日光性皮膚炎とは、いわゆる「赤い日焼け」。紫外線の中でもUVB(紫外線B波)が引き起こす、日焼けしすぎて肌が赤くなりヒリヒリしてしまう炎症を起こしている状態のことです。

軽度なら冷やせば収まりますが、ひどいときにはステロイドなどの塗り薬を塗らなければいけないことも。

最後はストレスがたまらない生活。これはまた難しいのですが、きちんと睡眠時間を取る、栄養バランスの取れた食事をすることをまず心がけてみてください。

このカテゴリーには胸が痒いのはなぜ?4種類のバスト肌荒れ原因と対策!について詳しくお伝えする記事もありますので、どうぞご参考に!

確かに夏ってニキビができやすくて困ってたんだ!意外だけど胸って皮脂の分泌が多い部分だったんだね。

ブラにつける汗取りパッドみたいな商品もあるみたいだから、活用するとよさそう。特に夏は通気性のいい服にすれば爽やかに過ごせるしニキビや肌荒れもなくなるし一石二鳥だね!

気になる乳首や乳輪の大きさや色…。自力で解決は可能なの?

乳首や乳輪が人に比べて黒い気がする、大きい気がする…。こういった点も多くの女性の悩みですよね。

特に彼氏にそのことを指摘されたときにショックを受けた、という女性はとっても多いんです。デリカシーが無い!と言いたくなりますよね(笑)。

「乳首や乳輪はピンク色で小さめじゃないとだめ」なんて思っていませんか?

もちろんそんなことはありません。ですが少しでもピンクで小さめに近づけたい方のために、改善方法や原因などについて解説していきたいと思います。

それについては、黒ずみ乳首をピンクにしたい方必見!一番効果的な方法はこれ!←こちらの記事も必見です!

基本的に乳首や乳輪は茶色になりがち。理由は女性ホルモンや人種

そもそも、乳首や乳輪の色はどう決まっているかはご存知でしょうか?それは

  • 女性ホルモン
  • メラニン量

の2つなんです。日本人は黄色人種、いわゆる白人と黒人の中間といってもいいでしょう。肌の色は基本的にメラニン色素の量によって決まっており、黄色人種はそこそこメラニン量がある人種。つまり乳首や乳輪の色は基本的に薄茶~茶色程度になるんです。

もちろん色素が少ない人はピンクっぽい乳首や乳輪になる可能性もありますが、基本的にピンクの方は少ないと断言しちゃってもいいでしょう。

また、女性ホルモンの分泌量が増えることで乳首や乳輪の色が濃くなります。具体的には妊娠すると色が濃くなっていくんです。逆に年をとって女性ホルモンが少なくなるとピンク色になっていきます。ピンク色の乳首がいいならおばあちゃんを選ぶのがベスト、と言えるでしょう(笑)。

また、乳輪のサイズはバストの大きさに比例するそう。つまり、バストが大きければ大きいほど乳輪も大きくなる傾向にあるようです。

色は美白クリームなどで改善することも出来るが…

乳首や乳輪の色は、市販されている美容クリーム(美白クリーム)を使用すればその色を改善することも可能です。

特に乳首やビキニラインなどのメラニンが原因とされる黒ずみ(色)の改善には以下が含まれているクリームが使われることが多いです。

名称 効果
ハイドロキノン ビタミンCなどの10~100倍の美白効果がある。
メラニン合成酵素「チロシナーゼ」の抑制及び、メラニン色素を作る
「メラノサイト」を壊す働きがある。
長期で使い続けると白斑が出る可能性があるなど副作用も
トレチノイン 肌の角質を剥がす(ピーリング)、皮脂の過剰分泌を抑える、
コラーゲンの増加の効果がある

ただしクリニックなどで処方されるクリームなどに比べると効果は低く、長期的に塗布を続ける必要があります。

人によってはこれで症状が改善されないこともあります。

クリニックで処方及び手術にて改善するのが一番?

どうしても改善したい場合は、やはりクリニックで治療を行う必要があります。

乳首や乳輪の黒さをピンクにしたい、という場合は皮膚科もしくは美容皮膚科、美容形成外科などにいきましょう。

先ほどの「ハイドロキノン」や「トレチノイン」が含まれたクリームを塗る治療が基本となりますが、設備があるクリニックの場合「レーザートーニング」というレーザーでメラニン色素を除去する方法を使えることもあります。

乳輪・乳首の大きさを解消したいのであればやはり美容形成外科による手術での処置が一番確実と言えるでしょう。

乳輪縮小手術は「外側法」と「内側法」の2種類があり、

・外側法 … 乳輪の外側を切開し縮小します。大きく縮小することが可能ですが、傷跡が目立ちやすいです。
・内側法 … 乳頭の根本で切開し縮小する方法です。傷跡が目立ちませんが、縮小できる範囲が狭めです。

どちらの方法でも自分のニーズにあったものを利用することが出来ます。また、乳腺を傷つけることはありませんので授乳に問題はありません。

ただし保険が適用されない自由診療ですので、費用が10万円~30万円程度かかります。

乳首を小さくする手術「乳頭縮小手術」もあります。こちらは乳頭の根本の皮膚を切開し縫い付ける方法や、乳頭の先端の皮膚を切開して縫い付けるなど様々な方法があります。

乳首の状態や大きさによって手術方法が変わりますので、カウンセリングにて相談することが大切です。こちらの手術も自由診療となり、価格は15万円~20万円(片側)程度となります。

乳首や乳輪の色はセルフでもクリームなどを使えばなんとかなりそうですが、大きさとなるとやはり病院などで手術を受けないとだめみたいですね。

お金はかかってしまいますが…それでも自分が気にして温泉に行けない、彼氏に裸を見せることが出来ないといった深刻な悩みであるのなら少々お金がかかってでも思い切って手術を受けてみるといいのではないでしょうか。

セルフケアでも改善可能!陥没乳首の治し方を知ろう

バスト周りの悩みの中でも人に相談できないのが乳首や乳輪について。なかなかほかの人のモノを見る機会はありませんし、相談もしにくい部分ですよね。

その中でも乳首が陥没している状態、つまり「陥没乳首(陥没乳頭)」に悩んでいるという女性も多いんです。

このカテゴリーには仮性?真性?実は深刻な陥没乳頭の症状とその対処法について詳しくお伝えする記事もありますので、どうぞご参考に!

陥没乳首は珍しくない!その原因と問題点は?

周りから「自分は陥没乳首なんだ」なんて告白をされることはないと思いますので、自分が陥没乳首の場合「これは自分だけなのかな?」とついつい悩んでしまいますよね。

でも安心してください。成人女性の10人に1人がその症状に違いはあれど陥没乳首なんです(片側だけも含む)。決して珍しい症状ではないんですね。

陥没乳首になってしまう理由は様々なのですが、主に

  • 先天性のもの(乳頭の組織が未発達なため)
  • 後天性のもの(乳がんや乳腺炎などの治療や手術によるもの)

の2種類にわけられます。比率としては先天性のケースが多いので「生まれつきこうなってるから仕方ない」ということ。また、乳首に刺激を与えることで乳首が出てくるものを「軽度」、それでも乳首が出てこないものを「重度」と分けています。

ただし陥没乳首には問題点がいくつかあります。

  • 見た目が自分のコンプレックスになってしまう
  • 授乳がしにくい
  • 乳腺炎などの病気になりやすい

乳首なんて普段人に見せない部分ですが、だからこそ人と違うとコンプレックスを強く感じてしまうことがありますよね。

そして授乳がしにくい、乳腺炎などの病気になりやすいのは現実的な問題と言えます。刺激をすることで乳首が出てくる軽度であればいいのですが、重度の場合直接授乳することが難しいと言えます。

また、内側に乳首が入り込んでいる状態は傷がついた時に炎症や化膿などを起こしやすく、特に授乳期は乳腺炎になってしまう可能性が陥没乳首ではない人に比べると高くなります。

セルフケアでも改善出来る!陥没乳首を治す方法は?

陥没乳首の症状をマッサージにて緩和・改善する方法があります。自分の手さえあれば出来ますので、試しにやってみてはいかがでしょうか。

ただし必ず清潔な手で行ってください。また、妊娠中にもこのマッサージは避けるようにしましょう。

1.治したい方のバストを下から支えるように手で抱えます(右のバストなら右手、左のバストなら左手で)。
2.逆側の指を使い、乳首を表に出してつまみます(親指&人差し指、または中指を追加)。
3.つまんだ乳首に上下から圧力をかけます。結構しっかりと行って構いませんが、痛みを感じたらストップ。
4.位置をずらしつつ刺激を同じように与えます。こよりを作るようなイメージで。

軽度の方であればこのマッサージを続けることでだんだんと陥没が解消されてくる可能性があります。

ただし重度の方はなかなか乳首が出てこないと思いますので、その場合は陥没乳首のためのケアグッズを使用します。もちろん軽度の方でも使えますよ!

具体的には「乳頭吸引器」や「ブレストシールド」を使います。

乳頭吸引器 ブレストシールド
ポンプを使用して真空状態にし、
乳頭を引き出す(引っ張る)グッズ。
エステの吸引器みたいなものと
想像してくれたらOKです。
真ん中に円形の穴が空いており、
バストに圧力をかけることで
だんだんと乳首を表に出させるグッズ。
ブラの下(バストに直接)に
つけることが多い。

吸引器は500円~、ブレストシールドは2000円台での購入が可能なので、悩んでいるならこういった器具でセルフケアをしてみるのも手ですね。

どうしても気になるならクリニックでの手術も視野に

重度の陥没乳首で吸引器でもなかなか出てきてくれない、お金がかかってもいいから陥没乳首を解消したい…と考えているならクリニックで手術を受けるのもひとつの手段です。

形成外科や美容外科で手術を行うことが出来ますので、インターネットなどで検索してみるといいでしょう。

気になる価格ですが、ケースによっては保険が適用されます。ナグモクリニックによると

陥没乳頭(陥没乳首)の治療には、保険が適用される場合があります。対象となるのは40歳未満で、今後授乳の予定がある方です。陥没乳頭が原因で授乳に障害があると思われる場合、または授乳が困難であると疑われる場合に保険が適用されます。最終的には医師の診断によるので、まずはご相談ください。
引用元:陥没乳頭、陥没乳首の治療|バスト専門のナグモクリニック

とのこと。特に若くして悩んでいるなら保険が適用される可能性が高いので、治療の負担を減らすことが出来そうです。

費用は保険適用(3割負担)で「45,000円」程度です。適用外なら15万くらいでしょうか。手術時間は30分程度ですみますので、連休などを利用すれば誰にもばれずに手術を行うことが可能です。

ただし、手術内容によっては乳管を切除するケースがあること(これはもう授乳をしないと判断した場合のみ)、そして重度の陥没乳首の場合、再度埋まってしまう可能性があることは知っておきましょう。

「陥没乳首なんて気にしない」って、なってない人はいうけど当の本人からすると気になっちゃうところだよね。普段人に見せない部分だからこそなおさら恥ずかしいって人もいるかも。

セルフケアでもグッズやマッサージで解消できる場合もあるし、手術で治せることもあるから安心じゃないかな。

まずはセルフケアから始めてみて症状が改善するかチェックしてみるのがよさそう。

綺麗な胸には努力が不可欠。出来ることから始めてみて!

綺麗な胸をつくる・維持するためには何かしらの努力が不可欠なことがわかります。

日頃から簡単に出来ることから、クリニックの力を借りなければ出来ないことまで難易度はそれぞれ違いますが、自分の胸の悩みはどうしても解決できない…というワケではないことはおわかりいただけたのではないでしょうか?

離れた胸も補正下着をやナイトブラをつけることで改善が出来ますし、乳首や乳輪の色が気になるのであれば美白クリームから始めてみるのがいいでしょう。

いきなり難易度が高いことからする必要はありません。自分が出来そうな範囲からやってみましょう。

あまりにも「あれもこれもやらなきゃいけない」なんて思っていてはダメ。それはストレスの原因となり、逆にバストに悪影響を与えてしまいます。

「普段家に帰ったらすぐにノーブラになってるから、カップつきの服に変えてみよう」みたいなことからでOK。

出来ることをひとつでもいいから変えてみる、加えてみることでバストはあなたの期待に応えてくれるはずです。

女性の象徴であるバスト。だからこそ男性からの期待や夢、理想といったものも大きいし、女性もキレイにしておかなければいけない、って思っちゃうわよね。

確かに理想的なバストを作るのは並大抵ではないけれど、数年先も美しいバストを保っておくためには今の1日における努力が必須といえるわ。

もちろんムリをする必要はないけれど、美しい自分をキープするためにも出来ることはしっかりとやっていきたいわね。