乳癌の症状について解説!胸のしこりや痛みは乳癌なの?

ノーイメージ

ガンは、早期発見できれば今や完治する時代。一方で、発見が遅れれば人生を狂わせてしまいます。女性の場合、特に乳癌は心身ともにダメージの大きな病気ですので、早く見つけて早期治療するに越したことはありません。

そのためには、セルフチェックや検診も重要ですが、乳がんの症状についても知っておくことをおすすめします。

初期症状を含む乳がんの各種症状について知識を得ておけば、いざというとき素早い行動に結びつきます。大事な家族に悲しい思いをさせないためにも、この記事で乳がんの症状にはどんなものがあるのかチェックしてみてくださいね。

しこりだけじゃない!乳がんの症状にはどんなものがあるの?

乳癌の症状といえば、やはり「しこり」がよく知られていますよね。でも、その他にもいろんな症状が出ることがあります。まずは、どんなものが乳がんの症状として起こり得るのかをご紹介します。

乳がんの症状とは

乳がんの症状には、以下のようなものが挙げられます。

  • 乳房やワキのしこり
  • 乳房やワキのひきつれ
  • 乳頭の湿疹、ただれ
  • 乳頭からの分泌物
  • 乳房の皮膚の腫れやただれ等

これらは、セルフチェックでも見つけることのできる典型的な症状です。

このような症状が見られたら、すぐに病院を受診しましょう。

また、稀ですがしこりがないタイプの乳がんもありますので、バスタイムには乳房の皮膚の状態などもよく観察するよう習慣づけるとよいですね。

初期症状にはどんなものがあるの?

しこりや乳房のひきつれなど、見た目や触れたときに分かる症状が出ているときは、ある程度進行している乳がんである可能性があります。

一般的に、ごく初期の乳がんには自覚症状と言えるほどのものが無いことも多く、自分で気づくのは難しいものです。

しかし、乳がんになった女性が後から振り返ると、微熱や身体のだるさが続いていたというケースもあります。これらはちょっとした疲れなどが原因でも起こり得るものですし、乳がんの人全員が経験する症状ではありませんので、過度な心配には及びません。

とはいえ、乳がんではないにしても、何らかの病気が隠れているかもしれませんので、2週間以上微熱やだるさが続いたら、念のため病院へ行くと良いですね。

また、自覚症状がまったくない初期のごく小さな乳がんでも、マンモグラフィー検査を受ければ発見できることもありますので、やはり年齢やご自分のリスク要因等の状況に応じて、定期的に乳がん検診を受けることをおすすめします。
乳がんの症状って、しこりだけしか知らなかったけど、他にもいろいろあるんだね。

しかも、バストだけじゃなく、ワキにもしこりやひきつれなんかが出ることもよくあるとは!

こういう典型的な症状を知っておかないと、乳がんを見過ごしてしまうかもしれないし、すべての女性にとって大切な情報だね。私も勉強になったよ~。

胸の痛みは乳がんの症状としてあり得るの?

女性の多くは、バストに痛みを感じた経験があると思います。そんなとき、乳がんではないか心配になってしまうこともありますよね。では、乳がんの症状として「痛み」が出ることってあるのでしょうか?

乳がん自体に痛みはない?

先にもご紹介した通り、乳がんの典型的な症状は、しこり、皮膚表面のひきつれ、分泌物が出る等であり、乳がんのしこりに痛みはないのが普通です。

しかし、骨やリンパ節などに転移がある場合などは、乳がんでも痛みを感じることがあります。(転移や再発に関してはこちらの記事をご参考にしてください→本当に怖いのは骨転移?知っておくべき、乳癌の転移と再発とは

基本的な知識として、乳がんには痛みがないものだということは知っておくとよいですが、「痛いから乳がんではない」と思い込み、受診しないのは本末転倒です。

痛みが続くようなら、病院へ行くことをおすすめします。

胸が痛むときはこんな病気かも

通常、乳がんのしこりに痛みはないことをお伝えしましたが、「じゃあ、この胸の痛みは何なの?」と疑問に思う女性もいらっしゃるかもしれません。胸に痛みを覚える病気には実に様々なものがありますが、たとえば以下のようなものが考えられます。

中でも、乳腺症は、痛みの他にもしこりや乳頭からの分泌物など、乳がんと似た症状が出るものです。

また、乳腺炎は乳腺に炎症が起きて激しい痛みが出ることがあり、授乳中ではなくてもかかることがある病気です。

生理前に胸が張って痛いというような一過性のものもありますが、胸が痛いというのはなかなかストレスフルなものです。もしも病気なら治療をすべきですので、痛みを感じたら病院で診察を受けてみましょう。
乳がんの基本的な症状の中には、「痛み」が入っていないんですね。でも、乳腺症など、乳がん以外の病気の可能性は高いということなんですね。

私も胸がチクチク痛んで、乳がんかもしれないって心配になったことがあります。そのときはすぐに治まったので病院には行ってませんが、また痛んだら受診した方がよさそうですね。

痛みは何らかの異常が起きているサインだから、乳がんでなくても診てもらった方が安心よ。

それに、痛むからといって絶対乳がんじゃないとは言いきれないから、念のため病院に行った方がいいわ。

ワキから胸にかけて痛みがあって、気になって病院へ行ったら乳がんと診断されたというケースもあるのよ。

しこりや皮膚のくぼみなど乳がんの典型的な症状を知っておこう!

乳がんの症状は、胸や脇のしこり、皮膚のひきつれやくぼみ、乳頭からの分泌物などが主なものです。痛みは基本的にはありませんが、進行している乳がんでは胸や脇が痛むこともありますので、油断は禁物です。

このような典型的な症状を頭に入れて、普段から自分のバストをチェックしておけば、ちょっとした異常にも気づきやすいものです。もしも今までと違う部分に気づいたら、すぐに婦人科や乳腺科を受診しましょう。

また、異常がなくても、定期的に乳がん検診を受けることをおすすめします。初期に見つけて治療を受ければ、乳がんは怖い病気ではありませんよ!

乳がんの症状について、お分かりいただけたかしら?

しこりやくぼみ、分泌物、赤味などのよくある症状のほかにも、一般的ではないとはいえ、微熱やだるさ、痛みなんかが出ることもあるから、そんな様々な症状をひと通り知っておくといいわよ。

見た目的な美乳も大切だけど、バストの中身の健康はもっと大切よ!正しい知識を持って、あなたのバストを大事にしてあげましょうね。